スルーされる人の特徴や性格|スルーされない人になるには?

スルーされる人について、紹介します。

あなたの周りにも、スルーされる人はいませんか。

もしくは、あなた自身が周りからスルーされていて、悩んでいるのかもしれませんね。

ここでは、そんな「スルーされる人」の特徴や性格、スルーされたときの対処法について詳しく見ていきたいと思います。

また、スルーされない人になる方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

スルーされる人に共通する特徴

まずは、スルーされる人に共通する特徴について、紹介します。

同じように人に話しかけても、スルーされる人もいればスルーされない人もいます。

LINEを送ったり、好意を示したときにスルーされる、自分の誕生日をスルーされる人にはどんな特徴があるのか、見ていきましょう。

存在感が薄い

スルーされる人に共通する特徴には、存在感が薄いことが挙げられます。

故意にスルーされるわけではなく、「存在感がないために気づかれない」のです。

いつも発言をスルーされてしまうようなら、目立たない、声が小さい、見た目が地味など存在感が薄いのかもしれません。

上から目線

スルーされる人に共通する特徴には、上から目線であることが挙げられます。

自分は偉いという気持ちが全面に出てしまうと、どうしても上から目線で人を見下した態度になってしまうもの。

また、自分の話ばかり自慢げに話すのも、周りからスルーされてしまう原因です。

マイナス思考

スルーされる人に共通する特徴には、マイナス思考であることが挙げられます。

極端にマイナス思考でネガティブな人の発言は、聞いているだけで自分まで気持ちが下がってしまうもの。

「聞きたくない」と周りが思ってしまうため、マイナス思考の人が話し始めると、意図的にスルーするのかもしれません。

なんでも否定する

スルーされる人に共通する特徴には、なんでも否定することが挙げられます。

人の話を、何でもかんでも否定する人っていますよね。

口を開けば否定の言葉ばかり言うのであれば、関わりたくないと思ってしまうのも無理はありません。

みな、自分にとって都合の悪いこと(否定されること)は聞こえないのです。

話が合わない

スルーされる人に共通する特徴には、話が合わないことが挙げられます。

考え方が突飛であるなど、周りから「話が合わない」と思われている人も、スルーされやすくなります。

なぜなら、その人の言っていることがなんなのか分からないから。

話についていけないため、スルーするしかないのです。

スルーされる人の性格

続いて、スルーされる人の性格について紹介します。

スルーされる人の特徴については先程紹介したとおりですが、スルーされる人はどんな性格をしているのでしょうか。

職場でスルーされる人、ママ友の間でスルーされる人など様々ですが、スルーされる人はこんな性格をしていることが多いです。

大人しい

スルーされる人の性格には、大人しいことが挙げられます。

大人しくてあまり発言もしないようなタイプの人は、はっきり言って存在感が薄いです。

大人しい上に自分の意見が言えない、人に合わせてばかりという性格の人は、職場などでもスルーされやすいと言えるでしょう。

物静か

スルーされる人の性格には、物静かであることが挙げられます。

大人しいことと似ていますが、物静かな人も発言などに気づいてもらえないため、必然的にスルーされやすくなってしまいます。

自己主張ができない人であるなら尚更、物静かであるために周りに気づいてもらえないことが多くなるでしょう。

平和主義

スルーされる人の性格には、平和主義であることが挙げられます。

争いごとを避けたい性格の平和主義者は、目立つことを嫌います。

自分が目立つことで標的にされたり、余計な争いが起こることを懸念するためです。

目立ちたくない人は発言も控えめになりますから、スルーされやすいと言えるでしょう。

しつこい

スルーされる人の性格には、しつこいことが挙げられます。

ここまで、スルーされる人の性格として、どちらかというと控えめなタイプの人を紹介してきましたが、真逆の「しつこい人」もスルーされやすいと言えます。

故意にスルーされるのは、しつこい人やうるさい人など、「関わりたくない人」だからです。

自己中心的

スルーされる人の性格には、自己中心的なことが挙げられます。

自分勝手で自己中心的な人も、スルーされやすいです。

なぜなら、「話を聞くのがウザい」から。

自分のことしか考えていないような話や自慢話など、聞いていても何のメリットも面白みもありません。

スルーされた時の対処法

ではここで、スルーされたときの対処法について紹介します。

自分が発言したときや、異性へのデートの誘いをスルーされてしまったら、とても悲しいしショックですよね。

もしスルーされたときは、以下の方法で対応してみてください。

もう一度言う

スルーされたときの対処法には、もう一度言うことが挙げられます。

もしかしたら、あなたの発言が「聞こえていない」だけかもしれないので、相手の目を見てもう一度言ってみましょう。

二度目に言ったあとの相手の反応で、「聞こえていなかった」だけなのか、「故意にスルーした」のかが分かるはずです。

気にしない

スルーされたときの対処法には、気にしないことが挙げられます。

たとえスルーされたとしても、気にせずいつも通りを貫くのもあり。

そもそも、スルーに関しては基本的にする方が悪いので、「気に入らないからってスルーするなんて、幼稚だな」くらいに思っておきましょう。

原因を考えてみる

スルーされたときの対処法には、原因を考えてみることが挙げられます。

頻繁にスルーされるようなら、それはあなたに「スルーされる原因」があるのかもしれません。

気づかないうちに相手を傷つけていたり、相手を不快にさせている可能性もありますから、一度自分の言動を振り返ってみることをおすすめします。

仕事で結果を出す

スルーされたときの対処法には、仕事で結果を出すことが挙げられます。

職場でスルーされるのであれば、努力して仕事で結果を出し、スルーした人を見返してやりましょう。

仕事で結果を出していれば、誰も文句は言いません。

やるべきことをちゃんとやり、結果を出すことはあなたの評価アップにも繋がりますよ。

自分磨きして見返す

スルーされたときの対処法には、自分磨きして見返すことが挙げられます。

異性に好意を伝えたり、デートに誘ったときにスルーされてしまったら、相手に「スルーしなければ良かった」と思わせましょう。

そのために自分磨きをして、相手が「勿体ないことをした」と思えるようになってくださいね。

スルーされない人になるには

最後に、スルーされない人になるにはどうすれば良いのか、その方法について紹介します。

わざわざスルーされたいという人など、恐らくいませんよね。

スルーされない人になりたいのなら、以下のことを意識してみてください。

自分の芯を強く持つ

スルーされない人になるには、自分の芯を強く持つことが挙げられます。

スルーされる人は、人任せであったり他人の意見に流されるなど、「自分」がないことも多いです。

自分の芯がしっかりしていれば、堂々と意見を伝えることもできるでしょう。

そうすれば、周りもあなたをスルーしなくなるはずです。

自信をつける

スルーされない人になるには、自信をつけることが挙げられます。

自分の芯を持つことと似ていますが、スルーされない人になるためには自信をつけることも欠かせません。

自信がないと声も小さくなりますし、どんなに発言しても相手の耳に届きませんから、自信をつけることが大切です。

相手の気持ちを考える

スルーされない人になるには、相手の気持ちを考えることが挙げられます。

スルーされる人は、相手の意見を全否定したり自分勝手な発言ばかりしているなど、周りに対して思いやりがないのかもしれません。

「こういう言い方をされたら相手はどうおもうだろうか」と、相手の気持ちを考えてから発言する癖をつけましょう。

ポジティブになる

スルーされない人になるには、ポジティブになることが挙げられます。

あまりにもネガティブでウジウジしている人は、一緒にいる方まで気分が滅入ってしまうため、周りから避けられがち。

発言もネガティブなものばかりですから、必然的にスルーされやすくなるので、ポジティブに考えることを意識していきましょう。

身だしなみを整える

スルーされない人になるには、身だしなみを整えることが挙げられます。

身だしなみがちゃんとしている人の話は、なぜか「しっかり聞こう」と思えますよね。

しかし逆に、身だしなみすらできていない人の話は聞く気になれないもの。

まずは身だしなみを整え、話を聞いてもらいやすくすることが大切です。

まとめ:スルーされる人は原因を知って改善しよう

スルーされる人の特徴や性格、スルーされたときの対処法、そしてスルーされない人になる方法について紹介しました。

スルーに関しては、故意にする人が間違いなく悪いのですが、「スルーされる原因」があなたにある可能性も高いです。

もし頻繁にスルーされるようであれば、一度自分自身を見直してみてください。

自分にスルーされる原因があると分かったら、それを直す努力をしていきましょう。