セルフコントロールできる人の性格や恋愛の特徴|セルフコントロールするための訓練方法とは

あなたは自分をコントロールすることが出来ていますか?人間は様々な感情を持っており、その時々に抱いた感情によって行動や考えが変わってきます。時には感情任せにした言動に悩まされることもあるでしょう。

そんな悩みを軽減するために身につけると良いのが、セルフコントロールです。今回はセルフコントロールについて紹介していきます。セルフコントロールできる人はどのような人なのでしょうか。

あなたはどのような人になりたいですか?理想通りな人になるには、我慢をしたり努力をしたりと、簡単にはいかない時もあります。そんな時自分の気持ちや行動を、上手くコントロールして理想に近づける人もいます。

今回はセルフコントロールができる人について紹介していきます。セルフコントロールが上手な人は、どのような人なのでしょうか。

セルフコントロールの意味とは

セルフコントロールとは、自分の感情や周りの誘惑に負けず、自分の理想と目標に向け気持ちをコントロールして行動を起こすことを指します。人は魅力的なことなど誘惑があると、自分に甘くなってしまい、ついつい理想からかけ離れた行動をしてしまうことがあります。

そんな甘い考えを持ちそうになる自分を、上手くコントロールできる人をセルフコントロールできる人と呼びます。セルフコントロールできる人は高い評価を受けやすいです。

セルフコントロールできる人の特徴

セルフコントロールできる人にはどのようなイメージがありますか?セルフコントロールできる人は様々な特徴を持ちますが、ここでは特に当てはまりやすい特徴を紹介していきます。

ぜひ参考にして、自分または周りの人と見比べてみてください。

切り替えが早い

セルフコントロールできる人は気持ちの切り替えが上手で早い特徴があります。特に男性に多く見られ、何か仕事で失敗しても引きずってしまうのではなく、すぐに気持ちを切り替え今自分が何をすべきかを考え行動することができるのです。

このタイプの人は、仕事で評価されやすいと言えるでしょう。

ルールを守る

物事のルール・人との約束など、決められたことはしっかり守ることができます。自分の睡眠を取るという欲求のために遅刻をしたり、面倒という感情を優先してしまうなど、自分を優先することはないです。

考えがぶれない

その時の感情や思いで考えがぶれてしまうという人は少なくありません。特に女性は感情的になってしまう人が多くいられ、その時々で言っていることが違うということがあります。

しかしセルフコントロールができる人は自分をコントロールできているので、感情に合わせて考えがコロコロと変わってしまうということはありません。感情の変化が少ないので、考えを変える必要がないのでしょう。

自分を理解している

自分がどのような行動をとりやすいか、どんな感情を抱きやすいかなど、自分がどのような特性を持つのか理解しています。理解しているからこそ事前に予測し、悪い方向に向かわないように防止することが可能なのです。

自分を客観視できているということなのでしょう。

目標達成ができる

セルフコントロールできる人は、自分が定めた目標を達成する力を持っている傾向にあります。自分が達成できる目標を細かく立て、徹し間を味わえるように調整できます。その為、モチベーションが高いまま大きなことをやり遂げることができるのです。

セルフコントロールできる人の性格

セルフコントロールをすることは簡単なことではありません。性格的にセルフコントロールをすることが難しい・向いていないという人も中に入るでしょう。

ではセルフコントロールできる人はどのような性格の人が多いのでしょうか。

ポジティブ

嫌な思い出がなかなか忘れられないという経験をしたことがあるでしょう。ネガティブな感情になると、自分の気持ちを抑えるのが難しくなってきます。

セルフコントロールできる人はポジティブな性格で、どんな状況でも良い方向に捉えることができます。その分感情のコントロールもしやすいのです。

自信がある

セルフコントロールできる人は、自信がある人が多いです。自分の考えや意見に自信があるので、周りの意見や誘惑に流されずに自分を貫き通すことができます。

そういったことからも、自然とセルフコントロールできる人になっているのでしょう。

穏やか

自分の感情をコントロールしていることもあり、常に穏やかで優しい性格をしています。自分の感情が顔に出てしまったり、思わず語気を強めてしまうということもみられません。

相手に指摘をする時でもあらわにすることなく、柔らかい物言いをする傾向にあります。

忍耐強い

セルフコントロールは、時に我慢が必要になってきます。自分の欲求を抑えたり感情を押し殺す必要があるのですから、忍耐強い性格の人でなければ、セルフコントロールを続けることは難しいと言えるでしょう。

冷静

自分の感情をコントロールし冷静に判断することができるのが、セルフコントロールできる人です。人は動揺したり感情が高ぶると、冷静な判断がしづらくなります。

セルフコントロールできることによって、常に冷静さを保つことができるのです。

セルフコントロールできない人の特徴

ここではセルフコントロールできない人の特徴を紹介していきます。

セルフコントロールがどうしてもできない人は、ここで紹介する特徴に当てはまっている可能性があります。ここで紹介する特徴に当てはまっていないか確認してみましょう。

完璧主義

セルフコントロールができない人の特徴として、完璧主義があげられます。イメージとしては逆で、完璧主義な人はセルフコントロールをしっかりできそうに感じるでしょう。

何でも完璧にこなそうとするあまり、ストレスをためやすく感情が爆発してしまうのです。締めるところと緩めるところを分けないと、疲れてしまうのでしょう。

愚痴が多い

自分の感情を抑えることができないので、ネガティブな発言が目立ちます。特に仕事に対しての愚痴を言うことが多く、内部事情を知っている職場の人をはじめ、内部事情がわからない友人にまで愚痴を言い続けることがあります。

あまり付き合いの長くない人からすると、印象の良いものでは無いと言えるでしょう。

人を傷つける

自分の思うままに行動し発言するので、人を傷つけてしまうこともしばしばです。恋愛では浮気をしてしまったり、友人に対して余計な一言を言ってしまうこともあります。

空気が読めないタイプにも当てはまるのではないでしょうか。

体調を崩しやすい

自分をコントロールできないので、飲み過ぎてしまったり食べ過ぎてしまい、体調を崩しがちです。次の日に予定があれば、控えめにしておこうとするものですが、お構いなしでお酒を飲み過ぎてしまうこともあり、寝坊して遅刻することもあります。

自分の限界よりも感情を優先してしまうのです。

諦めが早い

自分で決めた目標ですが、最後までやり遂げることができないのが、セルフコントロールができない人の特徴としてあげられます。ちょっとでも無理と感じると、すぐに諦めてしまうのです。

目標を達成するためにはある程度我慢が必要になってきますが、我慢することができないのでしょう。

セルフコントロールできる人の恋愛傾向

セルフコントロールできる人は、どのような恋愛をするのか気になりませんか?ここではセルフコントロールできる人の恋愛傾向を紹介します。

セルフコントロールできる人との恋愛に悩む人はぜひ参考にしてみてください。

長続きする

恋愛ではお互いの思いやりが長続きのコツになってきます。セルフコントロールできる人は、相手に自分の感情をぶつけたり、自分の考えを押し付けることはしません。

また相手の意見を受け止めることも上手なので、長続きさせることができるのです。

一途

周りの誘惑に惑わされることがないのが、セルフコントロールできる人です。それは恋愛においても当てはまることで、付き合っている人がいれば、周りにどんなに魅力を感じる人がいても、惑わされ浮気に走るという行動はしません。

一度相手を見つければ、一途に思い続けることができる誠実な恋愛をします。

喧嘩が少ない

恋愛では価値観の違いや考え方の違いから、相手に気持ちをぶつけ合うために喧嘩が起こります。片方がセルフコントロールができる人だと、大きな喧嘩は少ないでしょう。

なぜならセルフコントロールできる人は、相手を受け入れる大きな心の持ち主だからです。

誠実

相手に嘘をついたり駆け引きをするという姿はみられません。相手と向き合い誠実な恋愛をする傾向にあります。自分の気持ちも素直に伝えることができるので、何を考えているか分からないということはないでしょう。

計画的

恋愛から結婚やデートの予定など、計画的に進めます。どこかに出かけるとなれば、しっかりと予定を組みますし、結婚までも真剣に考え行き当たりばったりな恋愛は好みません。

将来を見据えたお付き合いになるでしょう。

セルフコントロールできるメリットとデメリット

セルフコントロールできることは、多くのメリットがあります。もちろんメリットだけとは言えません。

ここではセルフコントロールすることでおこる、メリットとデメリットを紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

メリット

正しい判断ができる

その時の感情で左右されないので、正しい判断ができます。仕事においては冷静かつ正しく判断できるかが重要になってくる為、セルフコントロールできることは、メリットになるでしょう。

また役職が上がれば上がるほど、困難な状況に立たされることも増えます。そのためセルフコントロールを身につけることはおすすめです。

ストレスを軽減できる

人はミスをすると考え込んでしまい、ネガティブな感情でいっぱいになってしまいます。悩み続ければ、ストレスが溜まり心の健康が保てなくなります。

セルフコントロールで、気持ちの切り替えを早くすれば、悩み続けることもないのでストレス軽減に繋がると言えるでしょう。

無駄な時間が無くなる

セルフコントロールできる人は、計画的に物事を進めることができるので、時間に余裕をもてます。気持ちが乗らず進みが遅くなる、後回しにしてしまうなどがないので、無駄な時間を過ごすということが無くなるのです。

デメリット

いつでも受け入れる側になる

接する人が全員セルフコントロールできる人であれば問題ないですが、残念ながらそんな環境はありません。セルフコントロールできる側は、必然的に相手の負の感情を受け入れる側になってしまうのです。

必要以上に我慢してしまう

常に感情を抑えたり我慢をすることは、疲れてしまいます。セルフコントロールを続けることで、必要以上に我慢をしてしまうことがあるのです。

自分が感情を抑えすぎていないか、時に見つめなおす必要があると言えるでしょう。

人生の波がない

人の人生は山あり谷ありで、様々なことが起こるので面白いのです。セルフコントロールすることで、人生の波が起こりにくいと言えるでしょう。

その時の感情のままに動いてみる、感情を爆発させるといった、コントロールしない生活は波乱があるかもしれませんが、人生の面白さを感じることではないでしょうか。

セルフコントロールできるための訓練方法とは

セルフコントロールできるようになりたいと考えた時、何から始めますか?「どのようにすればできるようになるのかがわからない」という人がほとんどでしょう。

ここではセルフコントロールできるための訓練方法を紹介します。

細かい目標設定をする

大きな目標を立てることも、もちろん大切なことではありますが、その日ごとに何をどこまで行うか、細かい目標を立て確実に達成することが重要になってきます。あまりにも大きな目標を掲げてしまうと、挫折しやすくなってしまうからです。

細かい目標を達成し続けることを習慣化させましょう。

誘惑を隠す

テレビ・ゲーム・お酒・タバコ・お菓子といった嗜好品を制限することは、一番身近でセルフコントロールが必要なのに難しいことではないでしょうか。これらの誘惑に対してセルフコントロールできるようにする為には、目に付かない所に隠し手を出さない環境を作り出し、なれるしかありません。

慣れていけば隠さなくても自分でコントロールすることが可能になると言えます。

客観視する

自分自身がどんな時に感情的になってしまうのかを知っておかなければ、感情のコントロールをすることはできません。1日を振り返り自分の行動を客観視してみましょう。

どんな時に感情が変化しやすいのかや、その時自分がどのような行動をしてしまいがちなのかをしっかり見つめなおし、同じ状況になった時に繰り返すようなことがないように備えるのです。

変えられない物があることを認識する

世界情勢や会社の根本的な体制など、自分で変えることができないことに悩み感情を揺さぶられるのは時間の無駄です。自分が変えられるものに集中した方が有意義であると言えるでしょう。

変えられない物があるということを認識して生活することで、自分のことだけに集中することができ、セルフコントロールしやすいと言えます。

失敗を必要以上に気にしない

失敗は誰にでもあります。反省しないことはいけないことですが、必要以上に気にしすぎてもいけません。セルフコントロールできる人は気持ちの切り替えも早いということを念頭に置き、次は失敗しないようにしようと前向きに挑戦しましょう。

セルフコントロールは心の余裕を生む

自分の感情のままに動き、思った通りに行動することも、刺激的で楽しい毎日かもしれません。しかし自分の感情に自身が振り回されてしまったり、周りの人を巻き込んでしまうことになります。

目標達成もできにくくなるので、上手くいかないことに悩み疲れてしまうでしょう。セルフコントロールすることで、余裕をもって生活することができます。刺激は少ないかもしれませんが、その分ストレスの少ない穏やかな生活を送ることができるでしょう。