一生独身の男性の6つの特徴とは?

一生独身の男性の特徴

あなたは「もしかしたらこのまま一生独身かもしれないなぁ」と思っていないでしょうか。

そうした漠然とした不安を抱えていると、もっともっと思考がネガティブになり、ますます女性から見て魅力的では無い男性になってしまいます。

男性は自信がなくなると輝きを失っていく生き物なので、一生独身かもしれない路線から抜け出そうと一念発起しても、時すでに遅しというケースが少なくありません。

今回は一生独身で終わる男性の特徴をご紹介していきますので、あなたに当てはまるものがあるかどうか確認してみてください。

そしてもし当てはまるものがあれば、今すぐにでもそれを改善するようにしましょう。

また、男性が生涯独身を覚悟する瞬間にも触れていますので、参考にしてみてください。

一生独身の男性の割合は?

一生独身の男性の特徴を紹介する前に、生涯独身の男性の割合はどれくらいかを見ていきましょう。

厚生労働省の調査結果によると、50歳までに一度も結婚したことがない男性は、2015年の時点で24.2パーセントになってています。

そしてこれは増加の一途をたどっており、2035年までには29パーセントに増えるだろうと予測をしています。

つまり現時点で男性の4人に1人は生涯未婚と推測されます。

またこれは50歳までの統計なので、本当の意味の生涯を考えるとまた別の結果でるかもしれませんが、間違いなく言えるのは生涯未婚の男性が、これからはほぼ当たり前になりつつあるということです。

それではそれを踏まえたうえで、一生独身の男性の特徴や共通点を見ていきましょう。

また、生涯独身女性の割合についてはこちらで触れていますので、気になる方はご覧ください。

一生独身の男性の特徴とは?

一人でいることが一番気楽

結婚をすれば家族として一つの家に一緒に住むことになることが一般的ですが、一生独身でいる男性の多くは、いくら好きな人とはいえ必要以上に誰かと一緒にいることが苦痛だという、極端に一人が大好きなタイプが多くなります。

誰かと生活のリズムを合わせるのも気を遣うのも苦痛なので、それならば結婚などせずに自由に過ごせるほうがいいだろうと考えるのです。

全く恋愛をしないタイプもいますが、恋人を作ってある程度異性との交流を楽しみながらも、自分のテリトリーである家にはなかなか入れなかったり、深い付き合いになることを嫌う傾向もあります。

ですから、誰かとお付き合いをしても大抵の場合長続きせず、こうしたことを繰り返しているうちに自分は結婚に向いていないと判断し、独身でいることを貫くのです。

女性に夢を見すぎている

結婚をしたいわけではなく、女性に求める理想が高すぎて結婚ができずにいる男性は少なくありません。

アイドルのようなビジュアル、絵に描いたような良妻賢母、一歩下がって男性を立てることができていざという時には頼りになる、自分の中で「こんなお嫁さんが欲しい」という夢が具体化しすぎてしまっており、それから少しでも外れてしまう女性は結婚相手として相応しくないと対象外になります。

理想を問えばそんな人なんているわけないと誰からも突っ込まれるような女性を延々求め続けてしまうことで、結果、どんどん結婚から遠ざかってしまうのです。

現実をしっかりと見ることができず、お眼鏡に適わないその他大勢の女性に対しては冷たかったり、横柄な態度を取るタイプも少なくなく、嫌われがちです。

結局、肝心の女性からも相手にされていません。

極度のマザコン

自分の母親が大好きすぎてしまい、理想の女性が母親という極度のマザコンタイプの男性は、まず結婚が難しく一生独身でいることが多い傾向にあります。

結婚できなくても母親が身近にいることが幸せで、いつまでも実家に住み続けて身の回りのお世話をしてもらっていたり、何不自由なく過ごしていくことができるので、結婚自体必要だとも考えていないのです。

また、自分の母親よりも素敵な女性なんているはずがないと思っているので、他の女性とも距離を置いている男性は少なくありません。

どんな人といるより母親といる時が安らげますし、結婚をして母親と少しでも離れてしまうことが嫌なのです。

自分よりも母親が先にいなくなってしまってから、いざ母親以外に依存できる女性を探そうと思ってもすでに手遅れ、残りの人生は一人で生き続けるしかないという状況になってから寂しさを感じます。

思い込みが激しい

世の中には、収入も見た目も性格も悪くないのに、結婚できない男性がいます。

このような人たちには、友人や知人が、女性を紹介してあげることも多いのですが、なかなかうまく行きません。

紹介者にとっては、その男性は良き友人であったり、良き知人であったりするので、不思議なのですが、男性本人の「デートはこうあるべき」「お見合いはこうあるべき」などの思い込みが強すぎて、紹介された女性との「次のデート」に進むことができなくなっている場合が多いのです。

例えば、女性の側は、男性に「一目惚れではないけれども好印象を抱いて、もう一度会って、もっと深い話をしてみてから、交際したいか考えたい」と思っていても、男性のほうが「もう一度会いたいと女性に伝えることは、結婚に向けて進みたいということなのだ」と思い込んでいて、今後どうしたいか長く考えすぎて、女性の側から脈なしと判断されて、先にお断りされてしまったりするわけです。

マイペース過ぎる

女性から見て、電話やメールでのやり取りも楽しく、実際に会ってみても楽しいと思えるのに、いつまでも独身の男性がいます。

こういう男性は、女性に限らず、友人など、他者すべてと、自分の生活パターンを変えないで付き合いたいと思っているようです。

例えば、女友達が、気持ちが落ち込んで、その男性と少しおしゃべりしたいなあと思って電話をしても、「オレ、今からジョギングする時間だから、また今度ね」などと言って切ってしまうのです。

仕事ができて、同性の友人が多い人でも、こういう対応をしてしまう人がいます。

女性が落ち込んでいるときの男性の対応で、恋愛や結婚に進めるかどうかといっても過言ではないので、結婚相手として考えてもいいかなと思える相手には、多少イレギュラーな対応もできるようにしておくべきでしょう。

周囲に素直になれない

友人のほとんどがまだ独身の若いコミュニティでは、誰が誰を狙っているかわからないので、個人プレーのほうが安全かもしれませんが、既婚者のほうが多く、既婚者の友人が結婚を応援してくれる環境にいる場合は、素直になって周囲の既婚者の友人たちを味方につけたほうが絶対に物事がうまく運びます。

好きな女性、気になる女性がいる場合、その女性と友人としては気軽に話せる関係であれば、自力で恋愛に持っていくことは可能でしょうが、一対一ではまだ話したことがないような場合、周囲の友人に協力を仰いだほうがいいでしょう。

といっても、飲み会の途中で露骨に二人きりにするような動きをしてもらうのではなくて、その女性が「どんどん押してほしいタイプ」なのか、「じっくり友人から始めたいタイプ」なのかを、周囲の共通の友人に確かめてみてから、作戦を立てるとよいでしょう。

男性が一生独身を覚悟する瞬間とは?

好きだった女性が家庭を築いているのを見た時

男性は女性よりもロマンティックだったり、一度好きになった相手のことを中々忘れられない傾向が強いです。

そのため、何年も前に失恋した相手のことをずっと想っていたり、破局した相手が実は自分のことをまだ好きなんじゃないかと、非現実的な妄想をしてしまいがちです。

特に恋愛経験が乏しく、過去に付き合ったり、好きになった女性の数が少ない男性ほと、過去に関りがあった女性に対して、過度な期待を持ってしまいます。

そんな男性が、ふとした時に、自分の元カノが別の男性と結婚していて大きな子供がいることなどを知ってしまうと、大きなショックを受けてしまいます。

浮気されたわけでもないのに、勝手に女性に裏切られたような心境に陥ってしまうのです。

その結果、女性の考えていることが分からない、女性は恐ろしいと女性や恋愛への不信感を募らせてしまい「一生独身でいよう」と覚悟してしまうのです。

母親が亡くなった時

これは母親と仲が良い男性に多い傾向なのですが、母親と息子の関係が良好であればあるほど、男性はなかなか結婚しようとは考えられません。

男性の頭の中では、女性はみんな母親レベルで自分のことを考えてくれたり、世話を焼いてくれるものだと信じこんでしまっています。

ですが、現実ではそんな女性はなかなか現れることはないので、長年独身生活を続けてしまいます。

母親が元気な間は良いのですが、母親が亡くなってしまうと、無条件で自分のことを大切にしてくれた相手を無くしてしまい、男性は自信を失ってしまいます。

そこで、初めて母親のような女性は世の中にはいないと実感するのです。

しかし、理想の女性=母親という希望を捨てることができないので、結婚を諦めてこのまま独身のまま一生過ごそうと決断してしまいます。

弟や妹の子供が大きく成長したと感じた時

自分より年下の弟や妹が結婚して、その子供が小学校や中学校に入学、または就職などをした瞬間に、自分と年下の兄弟との格差を目の当たりしてしまい、男性は結婚を諦めてしまいます。

年下の兄弟が結婚しただけでは「そのうち自分も結婚できる」と楽観的に考える男性は少なくありません。

ですが、その子供である甥や姪がどんどん成長する姿をみるうちに、自分が同じように今から結婚して子供を育てていけるのだろうかと悲観的になってしまいます。

その結果、自分は弟や妹たちのような人生を送ることはもう無理だと諦めてしまい、一生独身を決断してしまうのです。

一生独身を決断した男性は、将来的に甥や姪に世話になる可能性があると考えるようになるので、お祝い事を手厚くしたり、常にコミュニケーションを取ろうとするようになります。

今までは甥や姪のことを邪険に扱っていた人でさえ、自分が一生独身と決断すると急に手の平を返したように優しくなります。

ペットを飼ったとき

独身の時間は、やはり寂しいと感じる男性が大半です。

帰宅した瞬間、ふと真っ暗でしんとした部屋を見て、結婚したいと感じる人も多いです。

しかし、それを解消してくれる存在がペットです。

帰宅したあと、ふと寂しい気持ちに襲われそうになっても、朝から晩まで一日中一緒にしてくれる存在。

しつけやエサの苦労はあるものの、人間同士のような相性の悪さや衝突はありません。

愛情をかければ、全力を応えてくれますし、愛らしいルックスであなたに癒しを与えてくれるでしょう。

言葉での会話こそ成り立たないものの、ふれあいをはじめとした独自のコミュニケーションを取り、仲を深めていくことも可能です。

ペットショップに行ってお金を出せば、誰でも手に入れることが出来るのもポイント。

寂しさを埋め、癒しをくれる存在がいれば、たとえ一生結婚相手がいなくても、幸せに暮らしていけると感じやすいのです。

既婚者の苦労を見たとき

結婚生活は、必ずしも順風満帆で、幸せなことばかりとは限りません。

結婚した二人の問題はもちろん、義両親との関係や、子育ての問題など、様々な苦労が絶えないものでもあります。

外部からそれらのトラブルを見ていたとき、一生独身でいようと決意する男性はとても多いです。

特に、出産や育児関係は多い傾向にあります。

子どもが出来たところまでは良いものの、実際に産まれるまで、奥さんのケアを全力で行わなければいけません。

共働きで家計を支えていても、奥さんが産休に入れば、一家の経済的な責任は、いっきに男性ひとりのもの。

出産後は、育児に積極的に参加しつつ、産後すぐで体力が回復していない奥さんを手助けしながら、やはり外で仕事も続けなければいけません。

そんな既婚者の苦労を目の当たりにしたり、ちょっとしたタイミングで零れた愚痴などを聞いてしまうと、結婚したい気持ちが薄くなってしまうパターンが多いのです。

自由気ままに暮らしているとき

仕事にもある程度慣れて来ると、自然と収入も安定し、プライベートも過ごしやすくなってきます。

休みの前の日は、同僚と朝まで飲み会をして、次の日は昼過ぎまでだらだら眠っていることもあるでしょう。

適当に脱いだシャツをそのまま放置しておいても、独身ならば誰にも怒られませんし、迷惑もかけません。

そんな自由気ままな生活が、結婚すれば変わってしまうことは、男性はよく知っています。

メリットが多い結婚生活でも、やはり自分以外の誰かを気遣う必要が生まれるのは当然です。

趣味に打ち込み、好きな時間に食事を取って、休みたいときに眠るというライフスタイルは、独身だからこそ実現しているものです。

もちろん、プライベートを気にせず、バリバリ働けるのも、独身だからこそ。

早く帰らなくてはいけない理由もないので、いくらでも残業が出来ますし、休日出勤も自分のやる気次第で可能になります。

この時間が必要だと深く感じたとき、一生独身を決意する男性は、とても多いです。

独身男性の末路とは?

仕事が恋人となる

独身男性の特徴として仕事が恋人になり、趣味の時間を惜しんで仕事をしていきます。

「結婚相手を探すよりも仕事」といった具合に、人生で優先されることが仕事になります。

弊害として、恋をするように仕事ばかりのことを考えますから、定年退職後の生活スタイルに悩むことになるでしょう。

ずっと仕事に打ち込んできたので家での過ごし方さえ分からず、人生における目標も失っている状況です。

一種の燃え尽き症候群のような状態で、強い孤独を感じるでしょう。

孤独を打ち消すために仕事をしていたので、気晴らしができる手段を失ってしまいます。

様々なことにチャレンジするには年齢は関係ありませんが、ある程度の限界を感じて挫折する人も存在します。

仕事しか取り柄がない人間になってしまい、他の人生を豊かにしてくれる目標や趣味を持つことも難しくなります。

血縁の親しい人間がいなくなる

結婚により家族が増えることて老後の生活も変わってきます。

可愛い孫に囲まれることや、自分を心配してくれる血縁者の有無など、人生を安心して送れる環境が結婚によって生まれるのです。

生涯独身を貫くデメリットは、そのような幸せな老後を送ることは難しいことではないでしょうか。

独身でも楽しく充実した日々を送る方も存在しますが、仕事ばかりに熱中することで誰も頼れる身内がいない状況や、素敵な異性と出会いのない生涯を経験することになります。

男性の場合は顕著で、生涯孤独に一人で過ごす環境に耐えられない人も多いです。

友人などのコミュニティも形成しづらいため、身内以外の他者に頼ることが増えていくでしょう。

より資金が必要になりますし、心から本音をが言える関係を築くのは難しく、人間関係面で苦労する恐れもあります。

心の支えが必須になる

人間は何かに依存する、または支えとなる存在が必要になります。

気分が優れない時も人生に孤独を感じた時など、何か支えになる存在がいれば生きていけるものです。

男性の場合はパートナーとなる女性と生涯を共にすることで幸せを感じ、お互いの欠点を補う関係性を築いていけば人生が豊になるでしょう。

独身男性にはパートナーがいないので、他者の気持ちを理解する能力に乏しい方が存在します。

好きな女性と生活することで、意見を出し合える関係性は心の支えとなります。

またお手本となる人が近くにいるので、間違った言動を正すと同時に生涯安定した人間関係を保つことも可能です。

一人だけ一方的な意見でも自己肯定してしまうので、他の存在と行き違いが発生しやすくなります。

パートナーの有無により、心の支えを失くして悲惨な末路を迎えてしまうのです。

友達がいない人の特徴とは?恋愛や休日の過ごし方、末路をご紹介!

心身共に健康でいることの難しくなる

独身男性の末路というのは不安だらけなのですが、実はそうしたことをあまり感じていない人は現実をあまり見ていないのかもしれません。

30代くらいであれば気楽で自由で誰にも束縛されることのない人生を楽しめるかもしれませんが、40代50代になるとそう安易に考えてよいことでもありません。

それは独身でいることによる健康問題ということです。

どうしても外食中心の生活になってしまうことで栄養が偏ってしまう、野菜が少ない、脂分を摂取し過ぎる問題は若い時には平気でもやがて出てくるものであり、糖尿やメタボ、その他の病気にかかりやすいリスクが高くなるでしょう。

そして精神的にも一人というのは思い詰めてしまうことがあり、バランスの取れた考え方が難しくなりやすいのです。

それは相談できる相手がいないことや自分の悩みを打ち明けることができない環境に身を置くことで自分だけの思考で考えてしまうことがあるからです。

配偶者を持つとそうした点ではバランスが取れることは多いし、家庭料理で栄養豊かな食事を楽しめるのです。

自由に恋愛できる希望が無くなる

誰にも縛られず自由に恋愛を楽しむことができるし、風俗にも行けるかもしれませんがその自由は本当に楽しいものなのでしょうか。

確かにある時期はそう感じるかもしれませんが、それも若いときまでです。

40代も過ぎている独身男性というのは、若い女の子にはあまり相手にされないことが多く、くせのある男性と見られてしまうことは少なくありません。

大好きなかわいくて若い女の子と遊びたくでも、実際にはなかなかそんなことできないのが現実であり、むしろフラれてしまう悲しさとか相手にされない寂しさを強く感じて自分に自信を持てなくなってしまいやすいのです。

自由な恋愛を楽しむどころか、空しく風俗で性欲を満たすような寂しい人生になってしまう可能性が高いのであり、想像していたようなハッピーライフではないのです。

生涯かけて孤独と闘う

独身男性の末路というのは、結局孤独との闘いということになります。

中には素直にそれを認めて親と一緒に同居するようになる男性もいますが、プライドが高い男性というのはそれができずにいつまでも一人暮らしをしていることでしょう。

年を重ねるごとに遊び相手もいなくなり、自分にはメールをくれる人さえいない、メールが来るのは通販サイトといった企業の宣伝だけかもしれません。

怪我をしても助けてくれる人がいないし、ここままもし夜眠りについて明日の朝、目を覚ますことなくそのまま眠り続けて心臓が止まってしまっていても誰も気がついてもらえないのです。

街を歩いても楽しそうにしているカップルや中年の男女が仲良く買い物をしている姿と自分を比べて虚しさだけが募ってきてしまいます。

孤独感に襲われることのつらさは言葉にできないほどであり、老後はいったいどうなってしまうのか、極度の不安を抱えるようになるかもしれません。

一生独身でいい男性は増加している

いかがでしょうか。

一生独身で終わる男性には、やはりいくつかの共通点があります。

そのどれもが女性から見て魅力的でないものばかりです。

中にはもう結婚しなくていいやとあきらめて、生涯独身を覚悟する男性も少なくありません。

もしあなたもそうであれば、以下の記事が参考になるはずですので、一度目を通してみるのがおすすめです。

  • 一生独身を覚悟した人が準備するべき6つのこととは?
  • 一生独身への不安を解消する6つの方法とは?

また、結婚したいけれど、その可能性が無いから生涯独身で終わってしまう男性と、あえて結婚したくない・一生独身でいいやと思っている男性も最近では増えつつあります。

そういった男性は結婚にメリットを感じない、デメリットしかないと感じているため、一生独身を貫きます。

結婚のデメリットというのは、金銭面であったり、離婚のリスクだったり、生活が縛られたりなど、挙げらればきりがありません。

1人で生きていくのに十分な力を持っている男性や、いくつになっても魅力的で恋愛を楽しむことができる男性は、一生独身でいいと感じていることでしょう。

最終的に、どのような選択が正しいのかは最後までわかりません。

なので、あなたが生きたいような人生を送ることが最も重要なことと言えそうです。