友達がいない人の特徴とは?恋愛や休日の過ごし方、末路をご紹介!

友達がいない人の特徴とは?恋愛や休日の過ごし方、末路をご紹介!

友達がいない男の特徴

口が軽い

みんなに秘密で真剣に相談を持ちかけたのに、いつの間にかその内容が全員に知れ渡っている。

誰でも一度は経験していると思いますが、そんな事態になったときは心の底から怒りを覚えますよね。

そしてもしその相手が男性なら、おそらく彼には友達がほとんどいないと考えられます。

どうしてかというと、「口が軽すぎる」ことは、友達がいない男の典型的な特徴だからです。

女性は比較的他人の噂話などが好きですし、そういった意味での口の軽さにはある程度みんな納得しています。

ですが、男なのに口が軽すぎるのはあまりにもいただけません。

特に男性同士の友人関係は、お互いしか知らない秘密を守ることで成り立っていますので、ペラペラと何でも喋ってしまうのは完全にルール違反なのです。

したがって、そのルールを完璧に無視している口が軽すぎる男は、友達がいなくても当然だといえるでしょう。

コミュニケーションが苦手

自分から話しかけることはまずしないし、こちらから話しかけてみてもリアクションが極端に薄い。

あなたの身近にも、そんな男性がひとりくらいいるのではないでしょうか。

友達がいない男によく見られる特徴なのですが、そういった人は基本的に「トークが苦手」な傾向にあります。

他人とコミュニケーションをはかる上でトークスキルは最も重要なものですから、それが苦手とあっては、友達が少ないことにも頷かざるを得ません。

本人は意識して他人を遠ざけようとしているわけではないのですが、話しかけてみても全く会話が弾まないとなると、自然と相手に対して興味を失っていくのが普通です。

すると気が付いたときには周りに誰もいない状況になり、たとえ友達が欲しくても作れないことになってしまいます。

このように、友達がいない男の主な特徴は、そのトークスキルのなさにあるといえるでしょう。

心を開かない

あの人はいつもひとりぼっちでいるし、何を考えているのか全くわからない。

周囲から見てそんな風に映る男性は、ほとんどのケースにおいて友達がいません。

つまり友達がいない男には、「心を開かない」という大きな特徴があるのです。

ただ、同じ心を開かない男であっても、そのタイプには二種類の人が存在します。

ひとつめは、「本当は友達が欲しいのに心が開けないタイプ」です。

そういった人は心の中に何らかのコンプレックスを抱えていることが多く、他人と接する中で自分が傷つくのを極度に恐れているため、結果として友達ができません。

そしてふたつめは、「そもそも他人に全く興味がないタイプ」です。

こちらはひとつめのタイプとは違い、全く友達を作りたいと考えていません。

つまり本人は何も困っていないわけですから、友達がいなくても誰も損をしないといえるでしょう。

理屈っぽく議論好き

男性には人と議論することが大好きという人が少なくありません。

こういうタイプの男性は理屈っぽく、自分は頭がいいと思っています。

そのため、人と話をしている時、人が自分と違う意見や考え方を持っていることがわかると、「自分の意見のほうが正しい」ということを強く主張しようとします。

いわゆるディベート好きで、自分の論理的思考に自信がありますので、強く自己主張をして、相手を言い負かそうとするのです。

そこには負けず嫌いな性格も影響しているわけですが、そんな議論をされては、相手は楽しい気分には到底なれないでしょう。

学校でも職場でも、そういうタイプの男性はクラスメイトや同僚から敬遠されるにちがいありません。

「彼と話していると疲れるし、いやな気分になってしまう」と人から思われるわけです。

そういう男性に友達ができないのは無理ないでしょう。

理屈っぽく議論好きというのが、友達がいない男の特徴なのです。

自分の損得ばかり考える

人間は自分本位なところが誰にでもありますが、それがあまり強いと友達はできません。

自分本位なところがあっても、同時に人のことも考え、時には相手本位の言動をすることができて初めて、人と友達関係になれるといっていいでしょう。

男性の中には、「合理的な生き方をしたい」と考える人が少なくありません。

そういう考え方をする人は、自分の損得ばかりを計算して行動しがちです。

何をするにも、「これをすることは自分にとって得か損か」を考えるわけですが、自分にとって得なことが、人に迷惑をかけたり、人にとって損になることもあるでしょう。

時には自分の損得は度外視して、人のためになることをすべきシーンもあるに違いありません。

しかし、自分の損得しか考えない男性は、そうした利他的な行動をすることはないのです。

これでは、友達を作るのは難しいと言わざるをえないでしょう。

自分の損得ばかり考えるというのが、友達がいない男の特徴なのです。

ケチでお金を使うことが大嫌い

友達を作り、交際をしていくには、それなりにお金がかかるものです。

たとえば、学生同士の場合、そんなにお金をかけたつきあいはむずかしいでしょうが、それでも、友達とつきあえば、いっしょに飲食をしたり遊びに行ったりするのに、まったくお金をかけないというわけにはいきません。

時には、複数の友達でパーティをしたり、合コンをするというようなこともあるでしょう。

社会人であれば、なおさらそうした友達とのつきあいにかかるお金は増えていきます。

ですから、ケチな男、とにかくお金を使うのが大嫌いな男は、友達がいないということになるわけです。

倹約家というレベルならいいのですが、それが度が過ぎて、徹底してお金をつかわないようにしている男には、友達づきあいはむりと言っていいでしょう。

ケチでお金を使うことが大嫌いというのが、友達がいない男の特徴なのです。

ケチな男の特徴・心理・性格・デート・結婚とは?

友達がいない男が恋愛対象外な理由

性格に問題があるから

友達がいないということは、単純にその人の性格に問題があると考えられます。

性格が良ければ自然と周りに人が集まりますが、性格に難があればその限りではありません。

人を大事にしない、人に共感できない、すぐに怒る、このような性格であれば人が離れていきます。

常日頃その性格が透けて見える人であればそもそも恋愛対象にならないですが、一見優しそうな人で、すぐには分からない人がいます。

そういった時に、友達の有無が判断材料になります。

友達というのは長い間付き合い、友情を育むものです。

一見優しそうな人にその友達がいないと言うことは、長く付き合っていくと難のある性格をしているということです。

このような男性と付き合っても、大事にしてもらえる可能性は皆無、それどころか思いやりのない発言で喧嘩ばかりすることが目に見えています。

人との付き合い方が下手だから

人は誰でも生まれながらに人付き合いが上手という訳ではありません。

もちろん中には生まれ持ってコミュニュケーション能力が高い人もいるかもしれませんが、そうでない人もいます。

だからと言ってそうでない人が悪いと言う訳ではありません。

友達と付き合っていく中で、喧嘩をしたり、仲直りをしたりしながら人との付き合い方を学んでいくのです。

ですが、友達がいない人はそのような経験が乏しいと言えます。

共感を尊重する女性とは違い、男性は論理的に正しいと思ったことを言う傾向があり、それゆえに人と対立する機会が多いです。

対立したとしても、後で謝るなど、関係を修復できる人間であれば、人との付き合いも続きます。

友達のいない人は、友達ができても喧嘩をしたらそれきり、仲直りせずに関係が終わっているということで、人との関係を修復する力を習得していません。

喧嘩したらそれっきりという男性は恋愛対象にはならないでしょう。

趣味や仕事で忙しいから

友達がいないということは、人と話したりどこかへ出かけたりせず、一人でも楽しく過ごせる人だとも言えます。

このように表現するとポジティブで明るい性格の魅力的な人に思えます。

ですが、誰しも一人で何もせず部屋で過ごしていて楽しい訳ではありません。

一人でも楽しく過ごせると言うことは、趣味や仕事など、没頭しているものがあるということです。

趣味や仕事に没頭している姿がかっこいいなんて思う人もいるかもしれません。

ですが、友達がいない程没頭するということは、大金をかけるほどの趣味を持っていたり、家庭を顧みない程仕事に身を捧げている可能性が高いです。

そんな男性と付き合っても、自分の関心のない趣味や仕事の話に付き合わなければいけなかったり、一緒に過ごす時間がなく付き合ってる意味がないなんてことになったりしかねません。

身なりに無頓着すぎるから

友達のいない男性の最も顕著な特徴になるのは、他人からどう見られても構わないと考えていると言う物で、ファッションにしても髪型にしても気を遣っている方のほうが少ないとまで言われています。

これは一緒にいて恥ずかしい思いをする方がいない事が理由になっており、通常友人がいればどこかの段階で一緒に居る人に恥をかかせてはいけないと言う事が学べるのですが、友人のいない男性にはその機会がないのです。

その為、仮に女性とデートする事があったとしてもいつも着ているジャージ姿で現れたり、髪もボサボサで寝癖がついていてもお構いなしであるケースは多々見られるようになっています。

また、基本的に他人の気持ちを考えるという事がありませんので、その時に女性から指摘されたとしても改善される事はないです。

会話のさじ加減が分からないから

一般的にコミュニケーション能力というものは、子供の頃から家族や友人と接していくうちに育まれていくものであり、友達のいない方はこのコミュニケーション能力が十分に育っていない方が多くなります。

例えば、女性との会話でも一方的に自分の事ばかりを話してしまう方は多いですし、それを指摘されると今度は一切喋らなくなってしまうと言った、1か0かのコミュニケーションしか取れない方がほとんどです。

また、上記のように他人の気持ちを考える機会が少ない事から経験が不足していて、言ってはいけない言葉でも平気で口にしてしまう事があり、この場合は本人がコンプレックスに感じているような事でも構わず口にします。

その為、他人を深く傷つけてしまう傾向が見られる事が多く、この様に会話の調整ができない点が女性から敬遠される大きな理由です。

自分が一番だと考えているから

友達のいない男性は、常に「自分のしたい事をしたい時にしたいようにする」と考えてますし、誰かと行動を共にする機会がほとんどないと事からそれが問題になるケースはほぼ皆無と言えます。

その為、仮に誰かと一緒に行動する事があった場合、まずは自分の意見が最優先される事が当然であると考え、自分の意見を曲げてまで誰かの意思を尊重するという事はないのです。

また、これは協調性が無いとも言い換える事ができるのですが、そもそも友達のいない男性は自分の意見を曲げる理由が分からない事が多く、協調する意味が不明な事から場合によっては一人だけ別行動を取ろうとする事もあります。

したがって、行動を共にしている方からみれば自分勝手と映るようになり、その結果として敬遠されてしまう事が多くなるのです。

友達がいない女の特徴

彼氏最優先でつきあいが悪い

友達がいない女には、恋愛体質で彼氏がいることが多く、彼氏を最優先にしてしまうという特徴があります。

とにかく、恋をしていることが大好きなため、積極的に彼氏を探しますから、自然に「恋愛中」の期間が長くなります。

そして、彼氏ができると彼氏最優先の生活になります。

友達の多い女性は、彼氏ができても友達とのつきあいも大切にするものですが、友達のいない女はそうではありません。

彼氏ができると彼氏に夢中になるため、生活の多くの時間を彼氏のために費やそうとします。

できるだけ長い時間彼氏といっしょにいたいと思うのですから、当然、友達との時間は少なくなるにちがいありません。

ですから、たとえ友達ができたとしても、彼氏を優先するため、友達とのつきあいは極端に悪くなり、友達は離れていってしまいます。

彼氏最優先なためにつきあいが悪いというのが、友達がいない女の特徴と言うことになるでしょう。

自慢話ばかりで人の話を聞かない

女性はおしゃべり好きな人が多いため、話していて楽しい人は友達が多くなるに違いありません。

逆に、話していて楽しくなく、不快に感じることも多いというような女性は、友達が少なくなるでしょう。

では、どういう女性が話していて楽しくないのか、それは自分の話ばかりする女性です。

口を開けば自分の話ばかり、しかも、こういうタイプの女性は自慢話が大好きです。

人の自慢話ほど、聞いていてつまらないものはありません。

また、こういうタイプの女性は、自分の話をするばかりで、相手の話を聞かないという傾向があります。

相手が話している時でも、次に自分が話すことを考えていますから、相手の話は右から左に聞き流してしまうのです。

自慢話ばかりで、人の話を聞かないのですから、これほど話していてつまらない人はいないでしょう。

その結果、友達がいないということになるわけです。

自慢話をする男女の心理と自慢話がうざいときの対処法とは?

協調性がなく自己中心的

自己中心的で自分の都合で勝手な行動をするというのも、友達がいない女の特徴と言っていいでしょう。

こういうタイプの女は協調性がありませんから、集団の中にいても人に合わせて行動することができません。

たとえば、クラスメイトたちと休日に遊びに行くとしましょう。

その場合、それぞれがほかの人に合わせて行動するようにすれば、うまく行きます。

しかし、協調性のない自己中心的な女は、自分の気分次第で勝手な行動をしますし、自分の希望を押し通そうとします。

こういうタイプの女性はわがままなところがありますので、クラスメイトたちと遊びに行った先で食事をする時、ほかのメンバーが「パスタがいい」と言っても、自分が和食を食べたいと思えば、「何が何でも和食が食べたい」と主張するのです。

こんな自分勝手な女に友達がいないのは当然でしょう。

人より優位に立とうとする

女性というのは多かれ少なかれ、人と自分を比べるものですが、友達が少ない女性の特徴として、人より常に優位に立とうとするということが挙げられます。

多くの場合はそれを悪いことだと思い、そんな自分の気持ちを隠そうとし、人には言わないようにします。

また、そんな自分を変えないといけないと思い、改善しようとします。

ところが、友達が少ない女性は直接相手に言ったり、知り合いに嬉々として伝えたりします。

「Aさんの給料が下がったらしいけど、ざまあみろと思った」「Bさんの家は旅行に行くお金がなくて可哀想」などど伝えられた日には、この人と仲良くなりたいとは思えません。

自分も比べられて貶められる対象となるかもしれないからです。

人より優位に立とうとして人のことを言いふらす、そんな人が友達のいない女性の特徴と言えます。

表と裏がある

表の顔と裏の顔がある女性というのも、友達がいないものです。

女性は家庭を支えて来た歴史が長く、現代でもキャリアウーマンとして上の立場に立って引っ張って行くというよりは、どこかの会社に所属して、経営者の元で長く安定して生きていく女性が多いです。

このような環境の中、一部の女性は上の立場の人に気に入られ、自分と同じ立場の人を排除しようとします。

そうすると、一見上の立場の人にも自分と同じ立場の人にもいい顔をしていますが、その実は自分と同じ立場の人が不利になるようなことを上の立場の人にだけ伝えていることがあります。

また、同じ立場の人の中でも、特に気に入らない人についての悪口を他の人に言っていることもあります。

しかし、相手によって違うことを言っているというのは、回り回って分かるものです。

分かった時点でそれ以上仲良くなるのは躊躇われ、友達になる人がいなくなるのです。

心を開くことができない

何でも話し合える友達というのは理想ですが、友達がいない女性の特徴として、心が開けないという点があります。

心が開けない理由は様々です。

自分に自信がなく、こういうことを言ったら嫌われてしまうのではないか。

人に言えないような趣味があり、迂闊に話したらその趣味がバレてしまうのではないか。

隠しておきたい過去があり、過去のことを訪ねられたら困ってしまう。

などです。

このような女性は人と話していても、話せることが少ないため、会話が弾まずすぐに終わってしまいます。

また、この人はあまり会話をしたくないのだなと相手が察すると、それ以上踏み込んだ会話をしなくなります。

そうすると会話をしていても楽しくなく、それ以上仲良くなることができません。

このように、心が開けない女性は人と話していて楽しいという環境を築けないため、友達がいない特徴の一つとなるのです。

友達がいない女が恋愛対象外な理由

男性に媚びた態度をとるから

男性の目線を常に意識して媚びた態度をとる女性は、友達から距離を置かれがちです。

男性の前と女性の前とで態度を変える女性は、影でぶりっ子と悪口を言われている可能性があります。

ぶりっ子な女性はかわいく見えるかもしれませんが、浮気性の可能性大。

このタイプは彼氏がいても合コンに参加したり、不倫へのハードルが低かったりと、恋愛にルーズな傾向が見られます。

あちらこちらの男性に粉をかけ、ふらふらとしている女性との恋愛は、常に不安がつきまといます。

安定した幸せな恋愛を求めている男性には、不向きな相手です。

積極性があるので恋愛に発展しやすいタイプですが、腰を据えた恋愛は難しいと言えます。

また、ぶりっ子タイプの女性は自分のことを「かわいい」と思っているナルシストかもしれません。

SNSで自撮りを頻繁にアップしている女性はナルシスト度が高いので気を付けましょう。

媚びる女とは|特徴・心理・モテる理由・嫌いな理由・対処法を解説!

わがままな性格をしているから

友達がいない女性は、わがままな性格をしている可能性があります。

「自分が話題の中心にいないと気がすまない」「気分次第で機嫌がコロコロ変わってしまう」「他人にすぐに嫉妬したり自慢話が多い」。

こんなわがままな性格をしていると、友達ができてもすぐに去ってしまいます。

こうった自己中心的な女性と恋愛に発展すると、男性は振り回されて疲れてしまいます。

ちょっとしたわがままは男性からするとかわいく感じられますが、度を越したわがままを言われると、次第に愛情が冷めていきます。

男性は恋愛相手から安らぎを得たい、と思う生き物。

男を振り回すタイプの女性は一見モテそうに見えますが、男性が本気になる相手ではありません。

常に気を遣ってチヤホヤする必要があるわがままな女性は、恋愛対象外になってしまうのです。

一人で楽しむ方法を知っていて恋愛に向いていないから

一人で楽しめる趣味を持っていたり、休日は自宅に引きこもって一人で過ごすことを好む女性は、友達が少なくなってしまいます。

性格的に大きな問題がないタイプが多いのですが、こういう単独行動が得意な女性は恋愛ベタな傾向があります。

内向的な性格をしているので恋愛に発展しづらく、男性側から積極的にアプローチをかける必要があります。

無事に付き合うことになっても一人で過ごす時間を大切にするので、男性から誘いをかけ続けないと、フェードアウトしてしまいがちです。

人に合わせて行動をとることが苦手な性格をしているため、女性のペースに合わせる努力も必要となってきます。

趣味が一致していて一緒に楽しめる時間が持てるなら付き合ってもうまくいくかもしれませんが、付き合っていくうちに男性が疲れてしまう可能性があります。

人間関係を上手に作れないから

世の中の多くの男性は、本能的に友達がいない女を避けようとするものです。

それはどうしてかというと、「人間関係を上手に作れない」ことがわかっているからだといえます。

恋愛は確かに男女の1対1の関係ですが、実際に付き合いを始めてみると、それ以外の人たちがよりたくさんかかわっていくのが普通です。

男性目線からいうと、たとえば自身の友達の存在だったり、恋愛関係が順調に続いた場合は、親と彼女を会わせたいと考えることもあるでしょう。

ですが友達のいない女は、残念ながらそういった大切な人たちと、上手く関係を築くことが困難なのです。

男性からしてみれば、自分が大切に思っている人と上手くやっていけない女を、わざわざ彼女にしようとは思いません。

ですから結果として、友達のいない女は恋愛対象外になりやすいのです。

人一倍嫉妬深いから

自分に彼氏ができてからというもの、急に彼女の態度が冷たくなった。

あなたも女友達から、そんなグチを聞かされたことはありませんか?

男性が恋愛対象になる女性を探すとき、最も注意するポイントは「嫉妬深いかどうか」です。

なぜかというと、いざ付き合い始めたとき、嫉妬深い女は激しい束縛をしてくるからになります。

ですから、なるべくそんな嫉妬深い女を避けたいわけです。

そして友達がいない女が恋愛対象外になる理由も、まさにその点にあります。

そもそも、どうしてその女性には友達がいないのかを考えてみてください。

近くにいる人が彼氏を作ると、なぜか嫉妬の炎を燃やしてつらく当たり、誰かが仕事で成功した話を聞くと、わざとその人の悪い噂を広めたりする…

そういった原因で友達がいないわけですから、わざわざそんな女を恋愛対象にしようと考える男性などいるはずがないのです。

嫉妬深い人とは|男女の特徴・原因と嫉妬しない方法を解説

思いやりが足りないから

友達がいない女は、どうしても人と話したりする機会が少ないため、基本的に空気が読めません。

そしてその空気が読めないという特徴は、残念ながら「思いやりが足りない」ことにもつながってしまいます。

思いやりの心を持つためには、相手がどんな気持ちでいるのかを把握する必要がありますから、空気が読めない人にそれができないのは、むしろ当たり前だといえるでしょう。

目の前にいる女性が恋愛対象になるかどうかを判断するとき、男性はこの「思いやり」の部分を非常に重要視します。

つまりほとんどの男性は、自分の彼女になるかもしれない人に対して、最低限の優しさを求めているわけです。

したがって、友達がいなくて思いやりの心を上手く学べていない女性は、残念ですがほとんど男性の恋愛対象になることはないでしょう。

友達がいない女がモテる理由

フリーの時間を全て恋活に当てられるから

友達がいる場合、プライベートの時間の何割かは、友達のために割かなくてはなりません。

友達との楽しい関係を維持するためには、日頃から友達の悩みを聞いたり、頼みを聞いてあげたりする必要があります。

その時間が苦痛でなく、充実した時間であったとしても、その分恋愛に当てられる時間が短くなるのは確かなことです。

友達がいなければ自分磨きに使ったり、合コンに参加して恋活に励んだりとできるはずの時間は、友達がいることによって友達のために費やされてしまいます。

友達付き合いの良い人がモテない原因は、友達のためにプライベートな時間を費やし過ぎてしまうことにあります。

友達のいない女性なら、フリーの時間は全て恋活のために当てられます。

気になっている異性から、食事や遊びに誘われた時、他の都合を気にせずOKできるのは友達がいない女性の強みです。

寂しさから恋愛に積極的になれるから

恋に対する欲求は、満たされない心から生まれます。

仕事ばかりの毎日にむなしい気持ちを抱えていたり、1人の時間が寂しく思えたりする時に、人は恋人という存在を求めてしまうものです。

友人関係が充実している女性は、恋人がいなくても楽しい毎日の中で、寂しさを感じる余裕がありません。

恋愛ドラマなどを見て、時たま恋に対する欲求が芽生えたとしても、忙しい毎日や友達との賑やかなおしゃべりの中で、欲求を忘れてしまうことができます。

直ぐ近くに心地よい人間関係があるせいで、エネルギーを使ってまで、恋を求める気にならなくなってしまうのです。

友達のいない女性は、恋人の代わりに心を満たしてくれるものがないので、恋に対する欲求に貪欲に向かっていくことができます。

恋人が欲しい、男性にモテたいという望みのために、脇目もふらず一生懸命になれるからこそ友達のいない女性はモテるのです。

最初から男性に恋愛対象としてみてもらえるから

友達の多い女性は、男性との出会いも多いですが、その大半は友達としての出会いになります。

友達の友達であるという意識が、初対面であっても互いにあるので気安く、スタートから友達という関係性を簡単に築いてしまうことになります。

一度友達になってしまえば、恋愛関係に発展するためには大きなエネルギーがいります。

どちらか片方の強い思いがなければ、つかず離れずの距離のまま、その関係は顔を合わせたら周囲の仲間と一緒に楽しく食事をする、という程度のもので終わりです。

友達のいない女性の場合、出会いというイベントは仕事上やコンパといった、極限定された場面の下でしか発生することはありませんが、その時は必ず女性として男性の前に立つことができます。

友達でもない女性と、もっと深く近づきたいと思うなら、男性は恋愛対象としてアピールしていくより他ありません。

友達のいない女性は、男性と友人にならないからこそモテるのです。

2人きりになりやすいから

これは学校にしろ職場にしろ多く見られる傾向になりますが、男性は男性で固まり女性は女性でグループになるというのはよくある話になっており、これが恋愛の妨げになるケースは多々見られます。

というのも、男性から声をかけようと思った場合、女性が複数人でグループになっていると男性側も人数を合わせる必要がありますし、そもそも複数人でいるグループはある種の威圧感を持っている事が多いです。

したがって、男性が声をかけにくくなってしまうのですが、友達のいない女性はその様な問題がクリアされていますので、男性が声をかけやすくなりそれがモテるという評価に繋がっています。

なお、声をかけられやすいと言う事は元々魅力的な女性ではあるのですが、その回数が多ければ多いほどより魅力的であろうと考える女性は多い事から、友達のいない女性は自分磨きにも力を入れている方が多いというのもモテる理由の一つです。

一人でも行動できる芯の強さがあるから

女性は複数人で集まってグループを形成する事が多いのですが、これはグループに所属していない事を「仲間外れ」だと認識する方が多いというのが最も大きな理由になります。

しかし、最初から友達のいない女性はグループを形成する必要はありませんし、何よりも無理をしてグループに所属する必要があるとは考えていませんので、基本的に一人で行動する事を苦痛だとは感じていないのです。

したがって男性への依存度も低くなり、もちろん彼氏と一緒に居ればより楽しいが一人でも十分に楽しめるという考えの方は多く見られ、それは男性にとっては付き合いやすい女性と言えます。

その為、一般的な男性はこの様なある意味では自立した女性に好感を持ちやすく、特にグループ行動が目立つ女性だからこそ一味違った魅力的な女性に映る可能性が高いです。

人の悪口を言わないから

女性特有の怖いポイントと言われているのは「そこにいない人物の悪口で盛り上がる」という点で、この様な行動に嫌悪感を抱く男性は非常に多く、この特徴がある事からグループ行動をしている女性は避けられる事があります。

また、この特徴的な行動はグループの中でのみ見られる行動になりますので、友達がいなくて一人で行動しているような女性が行う事はなく、このポイントは男性から見れば非常に重要かつ大きな物です。

さらに、人の悪口を言わない方は他人から悪口を言われる事も少なく、ほとんどの場合は可も不可もない人物として周囲の女性から認識されていますので、余計なトラブルに巻き込まれる可能性も低くなります。

なお、科学的な根拠は無いとされていますが、他人の悪口を常に言っているような女性はそれが顔に現れると言われており、実際には友達のいない女性の中には目を見張るほど美しい女性は多いです。

友達がいなくて孤独で寂しいときの対処法

ペットを飼う

たまには旅行にでも行きたいなと思うけど、自分には声をかけられる友達もいない。

いざ楽しい計画を立てても、それに同意してくれる友達がいないことは、本当につらいですよね。

そういった人には、「ペットを飼ってみる」ことを強くおすすめします。

ペットの種類は、ポピュラーな犬や猫、またハムスターなどの小動物でも構いません。

大切になるのは「自分がどれだけ思い入れを持てるか」ですから、あえて高価なペットを飼う必要など全くないのです。

ペットを飼うことになると、当然ながらお世話をする時間が必要になるため、その分自身が自由に使える時間については減ることになります。

ですが、友達がいなくて孤独で寂しいと感じている人にとっては、そんな時間が何物にも代えがたい癒しの瞬間になるのです。

ただし、ペットを飼うからには最後までお世話してあげる必要がありますので、その点だけには十分注意しておきましょう。

仕事に没頭する

自宅にひとりでいると、友達がいないことから来る孤独感にさいなまれてしまう。

外にいるときはそんな一面を見せない人も多いですが、実はその陰でそういった悩みを抱えている人たちも多数存在します。

だからといって、友達はある日突然できるものでもありません。

ではいったいどうすればいいのかというと、代わりに「仕事の鬼になる」方法があるのです。

あえて「友達と遊んでいる時間はムダな時間だ」と考えるようにし、自分に友達がいないことをまず肯定します。

そして、友達と遊んだりする時間を確保しなくていい分、徹底的に仕事に打ち込むのです。

仕事に集中していれば孤独感もずいぶんと軽減されますし、さらにその副産物として、得られる収入が増えるといったメリットもあります。

慣れるまでは多少たいへんかもしれませんが、仕事の鬼になることは自分のためになると考え、一心不乱に取り組んでみましょう。

ネット上やネットゲームなどで友達を作る

友達がいないことで孤独感に襲われる瞬間というのは、いったいどんなときに訪れやすいのでしょうか?

それは、「誰とも関われていないと感じたとき」です。

仕事が終わっても誰からも誘われることなく、帰宅したらひとりでご飯を食べて、あとはシャワーを浴びて寝るだけ…

そんな生活を繰り返すことは、友達がいない自分の心に塩を塗りこんでいるようなものです。

ですからそういった人は、まず「インターネット上でのつながりを強化する」ところから始めてみましょう。

インターネット上で関わりを持つ人たちは、確かに友達とまでは呼べないかもしれません。

ですが、誰とも関われていないという思いを消し去るためには、それでも十分頼りになります。

あくまで表面上の付き合いだけになりますが、どうしても孤独感から解放されない人は、インターネット上の広い世界に目を向けてみましょう。

新しい趣味を作る

誰でも一人でいる時間が長くなれば、孤独を感じて寂しいと思うものです。

ですがそれをそのままにして、ずっと同じ状態を続けていても変わることはなかなかありません。

ですので、まずは何でもいいので自分が興味のあることに色々と挑戦してみるとよいです。

絵を書いてみてもいいですし、ブログを始めてみてもいいと思います。

とにかくやってみることが大切で、それが自分に合わなければやめてしまっても構いません。

楽しいことをしている時や目標にむかってがんばっている時は、人は一人でいても孤独を感じにくいものです。

子供の頃は夢や目標がたくさんあったので、それに向かってがんばることで孤独だとはあまり感じなかったのではないでしょうか。

実は大人でもそれと同じことが言えるのです。

新しいものにどんどん挑戦していく中でやりたい事も見つかるかもしれませんし、新しい友達ができるなんてこともあると思います。

大人の習い事・趣味でおすすめのものとは?

目標を持ち長期的な計画を立てる

趣味と似ているのですがこちらは少し方向性が異なる対処法であり、孤独を感じにくくする予防的な側面もあります。

孤独で寂しい気持ちというのはある種の空虚感のようなものです。

この虚しさに対処、予防することで孤独で寂しい気持ちを感じなくすることができます。

具体的には、長期的に実現可能な計画を立てることです。

わかりやすい例でいうと、旅行などがそれにあたります。

旅行をするとなったら、目的地から当日のスケジュール、必要なもの、必要な金額など様々なことを考えなければなりませんし、それに向けて準備をする必要がでてきます。

そして長期的な目標を持つ一番のよさは、この計画を立てるというところにあります。

順序立てて頭をフル回転させる必要があるので寂しさを感じる隙間がなくなり、それに向かってがんばることで虚しさも感じることなく充実した毎日を送ることができるのです。

友達がいない人の休日の過ごし方

自分の好きなことをして過ごす

友達がいない方の休日の過ごし方といえば、自分の好きなことをして過ごすと言うものになりますが、この時には趣味に没頭する方が比較的多く見られるようになっています。

例えば釣りを趣味にしている方ならば道具を持って魚釣りに行く事もありますし、釣竿やルアーなどの手入れをして過ごす方も大勢いて、中には釣り専門の情報誌やインターネットで穴場スポットを探すような方も多いです。

また、料理を趣味にしているならば上記の様な道具の手入れはもちろんですがそれに加えて食べ歩きなど、とにかく自分の趣味に役立つような事をしているケースがほとんどになります。

なお、趣味を持っていない方の場合でも自分がやりたい事をして過ごす傾向が見られますので、ただ寝て過ごすだけでも好きなことをしていると言えるのです。

家族と過ごす

一般的に休日は友人とどこかに出かける方が多いのですが、友達がいない方の場合は家族と出かけるケースが多々見られ、女性であれば母親とショッピングに行く事もありますし、男性の場合は兄弟姉妹と出かける事が多くなります。

また、友達と違って特に気を遣う必要もありませんし、何でも気兼ねなく言える関係である家族と出かけた場合は満足度が高くなると言われており、休日ごとに家族と出かけると言う方は多いです。

さらに、家族の中が良いのであればまるで友達と出かけたかのような感覚になれますので、休日を家族と過ごすと言う方は大勢見られる上に、中には休みの度に実家に帰って過ごすと言う方もいます。

ただ、このパターンで休日を過ごしている方は、とても満足度が高いので友達がいなくても困らないと考える傾向が見られますので、その点には本人も家族も注意が必要です。

友達を作る努力をする

友達と過ごす事の出来ない休日を友達を作る努力に当てるというのはそれほど珍しい話ではないとされ、この場合は主に自分磨きと出会いの場を探す事に重点が置かれています。

例えば自分磨きの場合は、ファッション雑誌などを読んで流行りの洋服を着用してみたり、ウケの良い仕方などを話し方講座などで学んでいる方もいて、友達を作りやすくなるために自分を成長させる努力をするのです。

また、出会いの場としては自分磨きの一環として料理教室に通えば友達ができる可能性は高いですし、何らかのコミュニティに参加すればそこで友達になれる人物と出会える事もあります。

つまり、本当は友達と休日を過ごしたいのですが、現段階ではそれが難しいので友達と過ごせるようになる為の準備を行っていると言える過ごし方です。

自由なショッピングを楽しむ

誰かと一緒に行くショッピングはそれはそれで楽しいものですが、一人でいることはどこまでも自由です。

欲しいものができたら休みに日に好きなタイミングで、誰かの都合を気にせずに気になるお店で好きなだけ買い物をすることができます。

何を買おうと何も言われませんし、友達に付き合って興味のないお店に入るよう面倒臭さもありません。

似合いもしない洋服を気を遣って褒めてあげたり、いらないものを無理矢理買わされるような流れになることもないでしょう。

一人だからこそ気楽にショッピングに出かけ、飽きたら帰ってくることができますので、友達がいない人ほどアクティブに出かけて買い物を自由に楽しんでいるケースは珍しくないのです。

買い物はストレス発散になりますし、誰の目も気にせずに何でも購入できるので、友達がいないことがネックになりません。

副業で収入を増やす

休みの日だからこそチャンスとばかりに、副業に手を出しているかたが多く見られます。

友達がいなければ休日の予定が入りませんから、休みの日にどのくらい稼いで月にいくら収入を得るつもりか、計画を立ててコンスタントにお小遣い稼ぎができるのがメリットです。

休日だけ稼ぐ方法は多岐に渡っており、それぞれの得意分野をお金に換えることができます。

外出したくない場合にはインターネットを利用したクラウドソーシングが気軽に始められますし、アフィリエイトで稼いでいるかたも多く見られます。

株やFXでまとまったお金を得ているかたが増えてきましたし、本業とは別に単発のアルバイトに入って外で働いているかたもいます。

休日を無駄にせずに週に一日、二日副業を行えば、月に数万円を稼ぐことはそう難しくないでしょう。

貯金をしたり好きなものを購入する資金にしたり、生活にゆとりができます。

一人で旅に出る

一人旅行は、計画を立てて目的地に好きなことをしに出かけられる面白さがあります。

友達がいない人の中には毎週の休日に小旅行を楽しんだり、有給や長期休暇を利用して一人でふらりと海外旅行に出かけるかたも珍しくありません。

友達がいなくても現地でたくさんの人と知り合うことができますし、友達にはなれなくても多くの人と触れ合って交流を持てる楽しさを味わえるのです。

同行者がいると同じ目的を持っている人を探すだけではなく、どのくらいの費用で旅行をするのか金銭感覚も合わせなくてはならなかったり、何よりも休みの都合をつけなければならないのが手間です。

全て自分の希望通りとはいかず、ある程度は妥協をすることになってしまいます。

そんな疲れる計画を立てなくても、お一人様の旅行なら何もかもが思いのままです。

友達がいない人の末路

社会に適応できなくなる

友達とが一人も居ないと言う方は、その状態が長期的に続くようになると次第に社会に適応できなくなっていく可能性が高いとされ、これは他者とのコミュニケーションを取らない方のアンテナが狭くなる事が理由になります。

例えば、休日に友達と過ごすような方は流行り廃りに敏感で、その時々に応じて情報を仕入れて流行りの場所に出かけたりしますし、日常会話でもトレンドなどに詳しくあろうと努力している方は多いです。

しかし、友達がいない方は基本的に自分の事しか考える必要が無いので、新しい情報を仕入れる必要もなければ流行に敏感である必要もなくなり、それが結果的に社会に適応できないということに繋がります。

また、この場合は家族が居ても良い方向に影響する事がなく、いわゆる引きこもりなどが改善されにくいのは家族と友人の在り方の違いとされるのです。

全てにおいて無気力になる

常に自分を中心に考えて過ごすことが多いのが友達のいない方の特徴ですが、これが進行してしまうと非常に内向的な性格になってしまい、外出する事に億劫さを感じるようになってしまいます。

また、外出が面倒になってしまうと身なりなどにも気を使う事が無くなりますし、自分が不快だと感じない限りは入浴なども後回しにしてしまう方が多いです。

そして、この様に何事にも関しても面倒だと感じるような状態が続いてしまった場合、面倒だと感じていたのが「する意味が無い」という考えに変わり、全ての事柄においてやる気などを失ってしまいます。

さらに、友達がいない方はそれを注意してくれる方もいない可能性がある事から、全体的に無気力になってしまう事は周りが食い止めにくいという非常に危険性の高い状態です。

孤独死

たとえ友達がいなくても恋人はいるという方もいらっしゃいますが、この様なケースはとても珍しく基本的には友達がいない方は恋人もいない事が多く、生涯独身という生き方を選ぶ方も珍しくはないとされています。

その為、友達のいない方は自分の知り合いに看取ってもらえる可能性が低いとされ、この場合は老人ホームの職員や病院のスタッフなどが最期を看取るケースがほとんどです。

また、家族がいる場合でも連絡が疎遠になっている事が多く、これは上記のように全体的に無気力になってしまう方が多いと言う点が理由で、コミュニケーション自体が面倒になっているので家族に対しても密に連絡を取る方はほどんどいないと言えます。

したがって、友達がいない方は家族にも友人にも看取ってもらえる可能性は極めて低く、場合によっては孤独死などのケースも考えられるのです。

頑固で融通の利かない性格になる

気の合う友人であっても、長く一緒にいれば意見がぶつかることはあります。

地球上に存在する、誰しもが唯一無二の存在であり、似通った性格の2人がいたとしても、嗜好や趣味の何もかもが一致するということはありません。

得難い友人を失わないためには、交流の上で少なからず我慢や忍耐の心は必要になります。

譲れる部分は譲り、喧嘩の後には謝罪と許容を行うことが、友人関係を末永く築いていくためのコツなのです。

友達のいない人は、友人のためにそうした我慢をする必要がないので、いつでも自分に正直に生きていくことができます。

人間は楽な方へ楽な方へと流されていく生き物であるので、自分本位の生き方は段々とその人の普通の生き方になってしまい、次第に他人への配慮の仕方を忘れてしまうようになります。

人の意見を受け入れられない、頑固で融通の利かない性格の人間へまっしぐらです。

家族に依存してしまうようになる

人間は習性的に孤独を嫌います。

大勢の人といるよりも1人でいる方がいい、という人ももちろんいますが、友達を持たない人間の皆が皆、そうした孤独を愛する性格をしているわけではありません。

孤独が嫌いなのに、友達がいないという人は、友達の代用品として親や兄弟を求めます。

毎日一緒にいることは難しい友人とは違い、血のつながった家族とは、同じ屋根の下で四六時中一緒にいることができます。

その距離の近さは、寂しい気持ちを埋めるにはぴったりのものですが、ぴったり過ぎて関係は仲の良い家族を飛び越し、依存へと進んでしまうことが少なくありません。

依存というのは、対象のものなしではいられなくなる状態のことです。

一緒にいたいという気持ちが、離れたくないに変わってしまった時が、依存の始まりです。

依存が進み、家族以外のコミュニティが閉じてしまえば、新しい人間関係の構築はもはや望めません。

引きこもりがちになる

友達がいなくても、人の行動が制限されるわけではありません。

友達と一緒でなくても、テーマパークで遊んだりショッピングをしたりと、人は外で様々な楽しみを見つけることができます。

ただそのためには、外に出て遊びたいという、確かな意思が必要です。

友達がいれば、今日はちょっと気分が乗らないといった時でも、友達が外に連れ出してくれますが、1人なら外へ行く気分になれないまま引きこもっていることになります。

出かける理由がなくても、友達に呼ばれればそれが外出の理由になりますが、呼ばれなければ外に行く意味を見いだせないまま、家にいるしかありません。

年を取って動くのがおっくうになったり、新しいことに興味が持てなくなってしまえば、友達のいない人は外出の意義を見出せなくなり、家に引きこもりがちになります。

引きこもっているから新しいものにも出会えない、という悪循環です。