隙がある男と隙がない男の特徴の違いとは?隙がある彼女も!

隙がある男と隙がない男の特徴の違いとは?隙がある彼女も!

隙がある男の特徴

普段はクールだが酔うと親しみやすくなる

女性から見て隙がある男性は魅力的なものですが、特に魅力的に感じられるのが、酒を飲んで酔った時でしょう。

たとえば、職場にクールなタイプの男性がいるとします。

人一倍ばりばり仕事をし、なんでもそつなくこなしてしまうクールな男性が、飲み会などでお酒が入ってふだんのクールさが消え、親しみやすい一面、あるいはかわいい一面を見せた時、女性はそこに大きな魅力を感じるに違いありません。

ふだんのクールさとの落差が大きいだけに、人間的な意外な一面が魅力的に感じられるわけです。

酔って、ちょっと甘えて見せたり、少年っぽい一面を見せたりすることが、つまりはその男性の見せる「隙」にほかなりません。

仕事をしている時、しらふでいる時はそつなくクールであるだけに、酔った時の親しみやすさやかわいい一面が魅力的に感じられるというのが、隙のある男性の特徴と言うことになるでしょう。

明るく振舞っているのに、ふと寂しげな表情を見せる

どんな時でも明るい笑顔を絶やさない男性、心の中ではつらい思いをしているのに人前では明るくふるまえる男性は、「隙」を見せない男性と言っていいでしょう。

周囲の人を明るい気分にさせるために、そのようにふるまうというのは、つまり自分の本音を隠して生きているわけです。

本音を隠すことが、隙のなさにつながっているのです。

隙がある男性は違います。

明るい性格で、いつもは明るい笑顔を見せている男性が、ふとした時にさみし気な表情を見せたとしましょう。

それを見た人は、「彼にはそんな一面もあったのか」ということを知るに違いありません。

さみし気な表情というのは、その人の心の中を如実に表しているものです。

つまり、さみしい表情をすることで、その男性は自分の内面を無意識のうちにさらけ出していると考えていいでしょう。

無意識に自分の内面を人に見せてしまうということが、その男性の「隙」ということになるのです。

女性との物理的な距離が近い

女性が男性に対して隙があるかないかを判断する一つの基準が、その男性との物理的な距離でしょう。

たとえば、女性が職場の男性から仕事のレクチャーを受けるとします。

その際、男性が女性のデスクへきて、女性に体を密着させて女性のデスクのパソコンを操作するというように、女性との距離がきわめて近くなる男性に対して、女性は「隙がある」と感じるのです。

逆に、飲み会などで隣の席になった似もかかわらず、一定の距離を維持してそれ以上女性に近づこうとしない男性には、そのような「隙」を感じることができません。

その場合は、女性はその男性に拒否されているように感じるため、隙がない男性だと判断するわけです。

「隙」というのは、相手に対して無防備になることと言っていいでしょう。

物理的距離が近くなればなるほど、相手に無防備になっているわけですから、その相手に「隙がある」と思われるのです。

女性との物理的距離が近いこと、これも隙がある男性の特徴です。

天然なところがある

隙がある男の特徴として、天然なところがある人が当てはまります。

天然というと女の子のイメージが強いのですが、男にも天然さを持つ人がいます。

天然な人は、素直でユーモアがあり空気を場をなごませたり、相手の緊張や警戒を解くことが得意です。

そのため、様々な人から親しまれます。

天然な人は良い意味で隙があるので、天然の男も女の子同様にモテます。

しかし、女の子と違い、男は天然なところがあってもなるべく隠そうとしますのであまり目立たないことか多いですよね。

天然と言われて嫌な思いをしている人は天然の面を無理に出す必要はありません。

しかし、人に親しまれる天然はチャームポイントの一つですし異性から見ても良い意味で隙になります。

ただし、考えが至らなかったり、衝動的な発言で人を不快にしたりする人も天然と揶揄される場合があります。

それは影でKYと言われるので、少し注意が必要です。

ノリが良い

ノリの良さも隙がある男の特徴として挙げられます。

ノリが良いと会話が弾み、コミニュケーションが円滑になります。

ノリが良いと初対面の人ともすぐにコミニュケーションが取れるので、人との出会いにも恵まれます。

ノリが良い人は人を楽しませたり安心させるのが得意で、相手から親しみを持たれたり好感を持たれやすいのです。

また、誰かと楽しそうに盛り上がっている姿は、それを見ていた人にも楽しい空気が伝わります。

すると、直接話したことかない人にも親しみや好感を持たれやすくなり、必然的に人の輪に組み込まれます。

また、人の輪に入るのが上手い人は異性からの関心も高いです。

ノリが良いからといって、あからさまにモテるという話ではありません。

しかし、近づき難い印象もなく初対面でも話しやすいため、良い意味で隙があると言えます。

弱音を吐く

弱音を吐くというのも隙がある男の特徴として挙げられます。

弱音を吐くというのは自分の弱点を晒すということでもあり、中々勇気がいることです。

ですが、人の心を開いたり自分を理解して相手から近づいてもらうには、自分の心の内側を晒すのは非常に効果的です。

人に昔の恋愛で傷ついた経験を打ち明けたり、悩みや苦しみを晒すことで、相手に親身になったり応援する気持ちが湧き起こるからです。

ただし、弱音を吐くことはあまり好ましくないことだと思う人も少なくありません。

あまりに弱音を吐きすぎたり、自分の過去の過ちについて反省の色を微塵にも滲ませず、不満ばかり言う人は、単なる愚痴やネガティブな人だと言われます。

弱音を吐くときはネガティブな人などと思われないように、本心から辛い時に、愚痴愚痴せず話すことが重要になります。

隙がない男の特徴

仕事ができる

仕事が手際よくできるのが、隙がない男の特徴の一つです。

上司からの指示の通り仕事をするだけならだれでもできることですが、隙のない男は与えられた仕事をただこなすだけでなく、どのようにしたら短い時間で終わらせることができるのか考えて計画的に行い、またより高いクオリティを求めて工夫をして仕事を行います。

一連の動きをまわりの人たちはよく見ているのでまわりにどんどん認められていき、立場が上がってより重要な仕事を任されていくことになります。

隙が無い男は、立場が上がるとまわりの人間を使うことがうまくなります。

あいつの得意分野はこれだからこの仕事を任せてみようかとかあいつには経験を積ませるために能力よりも高いこの仕事を任せてみようかとか考えます。

まわりがよく見えているものです。

目上の人をヨイショ・目下の人には同じ目線で話す

仕事ができるだけでは、まわりから妬みにも似た視線を注がれることがあります。

隙がない男はそんなことは分かっているので、まわりとうまく付き合っていくために、目上の人には尊敬のまなざしを持って付き合います。

仕事ができると、疎まれることが多くなり、意地悪もされることもありますが、決して聞こえる範囲内の人間には不平不満を言うことはありません。

そういう言葉は、どうしたって本人の耳に入ることは分かっているのです。

目上の人が興味を持っていることに自分も興味を持って話しを合わせます。

まっすぐな態度を示していれば、目上の人の態度も変わります。

反対に目下の人には、偉そうにすることをせず、同じ目線で話しをします。

下の人間から信頼されれば、仕事がしやすくなることを分かっているのです。

どの人に対しても平等に付き合うのが隙のない男の特徴です。

女性も平等に扱う

目上・目下の人、どの人に対しても平等にみるだけでなく、女性も平等にみるのが隙のない男の特徴です。

男ですから、女性の好みは当然存在します。

しかし、それを態度に思いっきり出してしまうと、まわりの人間からはあいつあの子にだけ優しくしてひどくない?と思われてしまいます。

隙のない男は、合コンなどで気になる女性がいたとしても決してそれを振る舞いに出すことは決してせず、すべての女性に喜んでもらえるようにサービスをします。

飲み物がなくなっていたら気づいてあげたり、料理をすすんで取り分けたりします。

つまらなそうに女性がしていたら声をかけてあげたり、体調が悪そうだったら介抱したりします。

すべての女性に優しくしていたらチャンスが広がることが分かっているのです。

隙の無い男は女性にモテるのです。

基本的に無口

いわゆる隙がない男には、「基本的に無口」という大きな特徴があります。

ただし同じ無口でも、そのタイプは二つに分かれるといえるでしょう。

まず一つめは、単純に「他人と話すのが苦手」といったタイプです。

会話をするのが苦手なわけですから、当然のことながら口を開いたときでも、必要最低限な内容しか話しません。

すると結果として、余計なひと言やうっかりした発言が少なくなり、そのことが隙のなさを生み出します。

そしてもう一つのタイプは、「あえて口を堅く閉ざしている」タイプになります。

たとえばチャラい男は、他人から伝え聞いた話の内容を、すぐにでもベラベラと喋ってしまう傾向がありますよね。

その中にはもちろん実は話してはいけない内容のものも含まれており、そういった軽い一面が他人から嫌われる原因にもなっています。

ですが隙のない男は、決してそんなことはしません。

秘密にすべきことはきっちりと秘密にするといった寡黙な姿勢を貫き、そのことが隙のなさをより強固なものにしているのです。

自分に厳しい

あの人は自分にストイックすぎて、見ているこちらの方が何だか怖くなる…

あなたもそんな男性を目の当たりにして、どこか近づきがたい印象を受けたことはありませんか?

隙がない男の最大の特徴は、「とにかく自分に厳しい」ところです。

ひと言でいえば完璧主義者なわけですが、それを実現するのは言葉でいうほど簡単ではありません。

普通の男性なら全く気にしないようなミスであっても、隙がない男性の場合はその原因をとことん突き詰め、同じ過ちを二度と繰り返さないよう準備を進めるのです。

どうしてそこまでするのかというと、それは「他人から何か指摘されることが許せないから」に他なりません。

隙がない男は常に完璧でありたいと考えているため、そういった意味で他人から干渉されることを極度に嫌うのです。

もしもあなたが隙がない男になりたいなら、かなり難しいことではありますが、そんな特徴を真似ていくしかないでしょう。

遊びでは女性と付き合わない

女性関係の乱れは、自分にとって大きなウィークポイントになる。

隙がない男は、他の誰よりもそのことを知っていますし、同時に大きな警戒心を持っています。

なぜなら、たとえば派手な女性関係が他人にバレてしまった場合、それが自分の評価を下げることを理解しているからです。

ですから隙がない男には、「遊びでは女性と付き合わない」という特徴が備わっています。

ただし、女性を嫌っているわけではありませんので、そこは誤解しないようにしましょう。

あくまで隙がない自分を保つため、軽々しく付き合ったりしないというだけです。

また、たとえ女性と付き合うようになったとしても、自分を全てさらけ出すようなことはしません。

少し言い方は悪いかもしれませんが、付き合っている女性の前では、ある程度「もう一人の自分を演じている状態」になります。

そしてそれは何も女性を騙そうといった意図ではなく、自分を全て見せることによって隙が生まれるリスクに対して、慎重に準備をしているだけなのです。

隙がない男がモテない理由

完璧主義過ぎてしまうから

完璧主義な男が多いのが隙がない男の特徴ですが、それが度を行き過ぎてしまいモテなくなります。

あれやこれやとダメ出しされてしまう上に、確固たる自分ルールができてしまい融通が全く利かなくなり、こちらの意見や提案、要望は完全に通らなくなるからです。

具体的には、掃除や洗濯のルールや、一日のサイクルの徹底、計画に計画を練ったデートプラン、等々、機械のように全てが徹底されています。

そうなってしまうと、この人と一緒にいると余裕が保たれない上に疲れきってしまうので、自然と女性が去るようになりモテなくなるのです。

また、それ以外にも完璧主義過ぎる故に仕事や勉強ができるので、その分だけより隙がなくなり、一緒にいててプレッシャーとなり疲れます。

完璧主義過ぎる人は、打算的・計算付く・理論的なことが多いので、打算を無くすようにすると人間味を感じるようになり好かれるようになります。

打算的な人の心理的な特徴とは?付き合い方や直し方をご紹介!

いつもピリピリしている雰囲気があるから

隙が無いだけあってか他人に弱みを見せたくないので、いつもピリピリしている雰囲気が出ています。

これを出されると、近づきにくい、接しにくいと思われて、自然と疎遠になってしまいます。

これが男女共通なので、女性からも避けられるようになり、モテなくなります。

そもそもピリピリしている雰囲気でさえ何だか機嫌悪そう、怖そうというオーラが出ているので、関わりたくないのはどんな人でも当然です。

その分だけさらに壁ができて、人から好かれない分だけ自分自身にさらに余裕が無くなり、さらにピリピリするという悪循環に陥ります。

その繰り返しが起こり、他人からの距離がより遠くなるばかりです。

そうなる前に、思い切って他人に弱みを見せるようにするのが良いしょう。

ピリピリした雰囲気がほぐれて人から好かれるようになります。

また、隙ができる分だけ女性からも好かれるようになります。

人付き合いを避ける傾向があるから

隙が無い人は、自身の隙を他人に見せたくないがあまりに、人付き合いを避ける傾向にあります。

その為、自分から人と関わろうとせずモテなくなります。

どれだけの人と関わるかで異性と巡り合え、出会えるかという物理的な要素もあるので、単純に人と関わらなければ関わらない程に女性からはモテません。

出会いが不足すれば、その分だけ異性の経験値も乏しくなり、結果的にさらにモテなくなるのです。

隙を見せたくないがあまりに人一倍弱さをさらけ出したり傷つくことを恐れたりし、その分だけ傷つかない方法で人と接しようとします。

誰だって傷つきたくないのは一緒ですが、それが度を過ぎると人と関わるその一歩すら踏み出せなくなるのです。

どんな不格好でも人と接するようにしてみることで、出会いが生まれて、人との温もりを感じることができるようになり、次第と他人に隙を見せられるようになります。

そうすれば、隙を見せられるようになると同時に、女性にも出会うようになり、好かれるチャンスが巡ってくるようになります。

亭主関白タイプが多いから

隙を感じさせずいつもしっかりしているタイプは、親密になってみると亭主関白タイプが多い傾向にあります。

プライドの高さから人に弱みを見せることがまずないので、虚勢を張って威張りがちで、女性に対して上から目線で対応することが多いのです。

ですから、女性からしてみればあまりお近づきになりたくない、お付き合いをしたくないタイプだと敬遠されがちで、一瞬だけ女性が寄ってくるもののそうした一面を知られて自然とモテなくなっていきます。

根は気がよく優しいところもあるのでしょうが、素直にそういった部分を表に出すこともないので、女性からしてみると気が利かない、当たりがキツいと思われてしまいがちです。

いつもツンケンしていて何を考えているのか理解できない、気も遣ってくれない、それでは女性の評判が下がってしまって当然でしょう。

女性にあまり関心を示さないから

そもそも余り女性に対して関心を示さず、自分が熱中している趣味や仕事が第一であり、誘いを受けたところで全くなびかないことから、女性からそっぽを向かれてしまうというのも理由に挙げられます。

隙がない男性本人はそれを全く気にしておらず、誰かとの交際費にお金や時間を費やすより、自分の好きなことのために利用したいという欲求のほうが強く、それで幸せを感じているのです。

もし女性とお付き合いをすることになったら、自分が関心を持っていることに利用できる時間が少なくなり、そのことが気がかりでなりません。

だからこそお誘いを受けたところでそっけなく返してしまうことが多く、女性から隙がないと見られ、そのうち「この人は落ちない」と判断されてモテなくなるのです。

女性からアプローチを受けても反応が鈍いのはもちろん、自分から気になる人に声をかけることもあまりありませんし、交際に発展するようなことがあってもまず長続きをしません。

素の部分が見えないから

カッコいいと思っていた人のちょっと気の抜けたところを見ると、いわゆる「ギャップ萌え」をしてますます好きになってしまうということもあるでしょう。

また逆に、普段はパッとしない冴えない人なのに、緊急事態にキリッとした表情を見せててきぱきと動くところを見て惚れてしまうということも良くあります。

しかし、隙のない男性というのは良くも悪くもいつも同じ印象です。

本人も自分自身の印象を崩してしまうことを良しとしていないので、いつどんな時でも同じように振る舞うようにしていることが多く、他者から見るとその人の素の部分が見えにくいのです。

ひょっとしたらこんな人かもしれない、こういったタイプかもしれないという想像が働きにくく、隙のなさが近寄りがたさを感じさせてしまいます。

安易に距離を縮められない存在だと見られてしまうのです。

隙がある彼女の特徴

押しに弱く彼氏がいても男についていく

隙がある彼女の特徴として、押しに弱過ぎるといったところが挙げられます。

押しに弱過ぎるとその分だけ、男性からの雑なアプローチでもホイホイとついていってしまいます。

そうなると、たとえ彼氏がいても、押された男性について行ってしまう傾向が挙げられます。

大体の女性は押しに弱い要素はもっています。

また、押しに弱いとはいえ彼氏がいるのであれば、いくら男性から押されても精神的に落ち込んでいたり彼氏に不満がない限りは、男性について行くことは無いでしょう。

しかし、隙がある女性の場合は押しに弱過ぎてしまうので、彼氏に不満が無くてもついていってしまうのです。

そういう事態を避ける為に、嫌な場合はきつく釘を刺しておくようにしましょう。

いくら押しに弱過ぎるとはいえ自覚症状はあると思うので、彼女もさすがにいけないなと思い、男性からアプローチされた時はきちんと対処するようにはなるでしょう。

彼氏がいても男性とすぐ仲良くなる

隙がある彼女の特徴として、男性と簡単に仲良くなることができます。

隙があるせいか、男性に対する警戒心が少ないので男性と接するときにカベを感じず、相手の心にすっと入っていき、すぐに仲良くなれるのです。

また、喜怒哀楽がしっかりと表現できるので、その素直さからすぐ仲良くなる理由のひとつとも言えるでしょう。

その為、彼氏がいても男友達が増え、余裕の無い彼氏だったらいたたまれなくなります。

さらに、男友達が増えることにより、彼氏がいても男性から好かれる傾向が高くなるのも、隙がある彼女の特徴とも言えます。

極力男性が多い場所に行かないように伝えることで、辛く悲しい気持ちから避けることができます。

また、「他の男性と仲良くなったり好かれるのが辛い」と素直な気持ちを伝えることで、彼女は男性からの距離を少し取るようになります。

ただし、隙のある彼女は自由に生きているケースが強いので、あまり束縛が強すぎると嫌がられる傾向が高くなるでしょう。

時間や生活スタイルにルーズ

隙がある彼女は細かい事は気にしないので、様々な面においてルーズな傾向が強いです。

例えば、彼女の部屋に入ってみたら部屋がものすごく汚かったということが挙げられます。

部屋が汚いのは仕方ないとしても、彼氏に対しても平気で生活感丸出しの汚い状態を見せるので、彼氏側からしたら幻滅する恐れがあります。

また、遅刻してくることも多々あるので、時間にルーズでない人からしたらイライラするかと思われます。

そのようなことが積み重なると、彼氏も段々と嫌になってくるかと思うので、イライラや喧嘩を引き起こす原因となるでしょう。

当の本人として、「これが普通のこと」と思っているので、その細かさがゆえにイライラするかと思われます。

あんまり注意するとスネる傾向があるので、やんわり嫌だと態度に出すようにして、彼女自身から「そのルーズさが嫌なんだなと」気付くようにすれば、改善されるようになるでしょう。

男性に対する警戒心が薄い

他人からの干渉を許してしまう、隙というのは油断から生まれます。

身の回りのことに対して常に気をはって、警戒心を持って生活していれば、他者に簡単に付け入られることはありません。

隙のある女性というのは、基本的に男性に対する警戒心が薄い状態にあります。

他人の善性を疑わない、その盲目的ともいえるほどの厚い信用が、警戒心の薄さに繋がっているのです。

隙の多い女性の、人を信じる心は美点であり欠点にもなります。

隙のある女性は、その信用に付け込んで、意に添わぬ行為を強要しようと企む悪意ある男性が世の中には存在するということを、本質的には理解していません。

隙のある恋人を悪意から守っていくためには、男性がもつ悪意の可能性を、まずしっかりと教えていくということが重要になります。

異性間交遊におけるリスクを説明せずに、軽率な行動だと咎めるだけでは、警戒心をもって予防に努めてもらうことはできません。

トラブルに巻き込まれやすい

隙のある女性というのは、えてして直情的なものです。

理性よりも感情が先立ってしまう、その性格によって、行動には隙が生まれることになります。

考えるよりも体が先に動いてしまう性質であるため、隙のある女性はトラブルに巻き込まれやすく、またトラブルを起こしやすい特徴を持ちます。

隙のある女性と交際することで、男女関係の諍いと初めとしたトラブルに、恋人として否応なく相対することになるでしょう。

トラブルを一緒に乗り越えていける強い心がなくては、隙の多い彼女の彼氏としては務まりません。

隙のある人はその隙によって、注意深く行動していれば回避できるはずのトラブルを避けられずに、失敗を必要以上に繰り返してしまう傾向にあります。

相手のそうした態度に対して、直情的に怒ってしまえば、収拾は永遠につかなくなりますので注意しましょう。

彼女がトラブルに巻き込まれないよう、先回りして注意を促していく冷静さとマメさを持つことが大事です。

好奇心が旺盛で気が多い

他人から付け入られやすい隙の多い性格をしていても、悪意を持って付け入ってくる他人から距離を置いていれば、トラブルに発展することはありません。

隙のある彼女との交際で、問題が発生することが多いのは、彼女たちが持つ悪癖が影響しています。

隙のある女性は総じて、好奇心が旺盛で気が多いという特徴を持ちます。

彼女たちは面白いもの、自分を楽しませてくれるものに目がなく、人生を彩ってくれるものを日夜探しています。

気の多い、興味の対象がころころと変わる性格は、決まった恋人ができても簡単に落ち着くことはありません。

好奇心の赴くままに動くことを許し、隙の多い彼女を自由にしてしまえば、直ぐにその隙に漬け込もうとする誰かの手によって、彼女との関係にヒビが入ってしまうことになります。

隙のある彼女の好奇心や気の多さまで、丸ごと愛したいというのであれば、全力で愛情を示して、彼女が他に気を向ける隙も無いくらいにその欲望を満たしてあげなければなりません。