塩対応な女性の特徴や性格|塩対応な女性への対処法や接し方とは

塩対応な女性に対してのイメージは、良くも悪くも人によって様々な意見があるでしょう。「冷たい」という印象を持っている人もいれば、中には「かっこいい女性」と、憧れの気持ちを持っている人も少なくはありません。
今回は、塩対応な女性について紹介します。
塩対応な女性の意味・特徴・性格や、恋愛傾向・塩対応な性格の直し方など、その他にもあらゆる観点から深掘りしていきます。

目次

塩対応な女性の意味とは

塩対応には、「そっけない」「愛想がない」「冷たく淡泊な接し方」「しょっぱい対応」という意味があります。「塩=しょっぱい」ということから、表情に不快さが表れている様を指し、その様子が相手を舐めているように見えることから、「塩対応」と言われるようになったのです。
つまり塩対応な女性とは、「人に対して愛想がなく冷たく感じられる接し方をする女性」を指します。塩対応の反対語は「神対応」と表現されます。
塩対応という言葉はアイドルの握手会などでよく用いられていましたが、今では一般的にも広く使われる表現方法となりました。

塩対応な女性は褒め言葉?

「塩対応な女性」というのは、ほとんどの場合が褒め言葉であると考えられます。
愛想がないなどマイナスイメージな意味を持つ言葉ではありますが、基本的には相手への好意がある場合に使われる言葉で、悪意が込められていることはほとんどありません。
「塩対応だよね」と言われた場合は、「そっけないけど可愛い」といったふうに、「可愛い」「好き」といった気持ちが大前提にあると言えるので、落ち込んだり腹を立てる必要はないでしょう。

塩対応な女性の特徴

塩対応な女性に対して、「ドライ」「クール」といった印象を持っている人は多いでしょう。塩対応な女性が持つ特徴が、周囲の人にそのような印象を与える原因となっているのです。
ここでは、塩対応な女性の特徴を紹介していきます。

サバサバしている

塩対応な女性は、サバサバしていることが特徴です。
女の子らしい女性は誰にでも愛嬌を振りまきますが、それとは反対にサバサバしている女性は基本的に誰に対しても塩対応をする傾向があります。
悪気があったり相手を嫌いというわけではなく、本人にとってはごく普通の対応なのです。

人見知り

塩対応な女性には、人見知りという特徴もあります。
人見知りの人は、やはり人と接するのが苦手なことが原因で、慣れない環境やあまり面識のない人の中に入ると、どうしても塩対応と思われるような態度をとってしまいます。最悪の場合、単純に「感じの悪い人」と思われてしまうこともあります。

マイペース

塩対応な女性はマイペースであることも特徴的です。
マイペースなため誰かに合わせるということがないので、面白くもないのに場の雰囲気に同調して愛想笑いをしたり、オーバーなリアクションをとることもなく、塩対応と言われても全く気にすることもありません。

表情が乏しい

塩対応な女性は、表情が乏しいのも特徴的です。
特に女性には喜怒哀楽の感情をとても豊かに表情に表す人は多いですが、女性にしては珍しいくらいに、あまり自分の気持ちを顔に出すということがありません。
そのため、塩対応な女性は「クール」「冷めてる」と言われることもあります。

人に媚びない

塩対応な女性は、どんな人に対しても媚びることがないのも特徴の一つです。
職場の上司など、気に入ってもらえれば得をする相手に媚びることは、多少なりとも誰もがする行動です。しかし、塩対応な女性は媚びることを面倒に思うタイプなので、誰に対しても淡々と対応します。

塩対応な女性のLINEの特徴と返し方

塩対応な女性は、対面するときと同様にLINEのやりとりも塩対応であることが特徴的です。そっけない対応に、どのように返信すれば良いのか…と悩む人も多いでしょう。
ここでは、塩対応な女性のLINEの特徴と返し方について紹介していきます。

塩対応な女性のLINEの特徴

基本的に短文

塩対応な女性のLINEは、基本的に短文であることが特徴です。
1行、2行くらいならまだ良いほうで、「うん」とか「ふーん」などといった、相手が返信に困ってしまうような一言だけのLINEも平気で送ります。
相手によっては「嫌われてるのかな?」とショックを受けてしまいます。

スタンプだけで対応してくる場合も

塩対応な女性は、文章を打つことなくスタンプだけで返答してくる場合もあります。
LINE上のやりとりでスタンプは欠かせないものですが、大抵の場合メッセージにプラスしてその内容に紐づいたスタンプを送り合うのが主流です。
しかし、塩対応な女性は文章を打つのが面倒な気持ちもあり、スタンプのみで対応しようとすることが多いです。

既読無視も当たり前

塩対応な女性は、当たり前のように既読無視をするという特徴もあります。
相手のことが嫌いなわけでも、メッセージの内容に腹を立てたというわけでもなく、何の悪気もなく既読無視します。
メッセージを見て「そうなんだ」と自分の中で納得し、そのまま返信することなく一方的にやりとりを終了させてしまうのです。

塩対応な女性へのLINEの返し方

気にせずいつも通り送る

相手が塩対応だからといって、遠慮する必要はありません。他の人に送るメッセージのように、自分らしいいつも通りの返信をしましょう。
塩対応な女性は相手に冷たいと思わせてしまう対応をしがちですが悪気は一切なく、また長文が来たからといってうざいとも思いません。

調子を合わせる

相手に調子を合わせたLINEの返し方をするのも、塩対応の女性の気を引くには良い方法でしょう。
仮に相手がスタンプだけ送ってきたら、あなたもスタンプだけで返答するなど、完全に相手のペースに合わせることで、塩対応な女性から「波長が合う」と好印象を持たれる可能性があります。

無視されたら電話するのもあり

LINEを返したのに既読無視されたら、思い切って電話するのもありです。
そもそも塩対応な女性が平気で既読無視をするのは、相手のことが嫌いというわけでなくLINEに対して無頓着であることが原因と考えられます。
そのようなタイプの人は、電話をしたら案外普通に対応してくれるものです。

塩対応な女性の性格

塩対応な女性が悪気なく周囲の人達に対して冷たくドライに接してしまうのは、性格に原因があると考えられます。しかし、冷たいからといって決して性格が悪いというわけでもないのです。
ここでは、塩対応な女性の性格について詳しく紹介していきます。

恥ずかしがり屋

塩対応な女性は恥ずかしがり屋な性格のため、つい冷たい態度をとってしまう傾向があります。
特に誰かに褒められたりすると、照れ隠しでついそっけない対応をしてしまいます。しかし、照れているのがバレバレなため、周囲の人から「可愛い」と良い印象を持たれます。

冷めている

塩対応な女性は冷めた性格なので、人に対しての対応もドライになり、表情も乏しくなりがちです。
感情的にならず冷静に物事を考えられるのは良いことです。しかし、恋愛においては難点であり、恋人がプレゼントやサプライズをしても良い反応がないなど、彼氏を悲しませてしまいそれが原因で関係が悪くなることもしばしばあります。

自由を好む

塩対応な女性は人に同調することや束縛を嫌い、自由を好む性格です。
女性にしては珍しく友人達と群れるということがなく、女子会などの集まりも苦手な傾向にあります。無理して人間関係を構築しようという気がなく、外食やショッピング・旅行などに一人でも平気で足を運び、楽しむことができます。

自立心が強い

塩対応な女性は、自立心が強い性格でもあります。
自由であるためにはしっかりと自立している必要があります。人に依存することで自由度が減ることが嫌なので、自分のことは自分でしようと心に決めているのです。
このような性格であるため、結婚に対しての興味が人より薄いというのも特徴的です。

人に興味がない

塩対応な女性の中には、そもそも人に対しての興味があまりないという人もいます。
関心のない人に対して対応がドライになってしまうのは誰にでもあることですが、このタイプの塩対応の女性は関わるほとんどの人に対してドライに接します。
その反面、親友や家族など深い関係の人をとても大切にする傾向があります。

塩対応になる女性の心理

塩対応になる女性の心理は、その人の性格や、状況などによって様々なものがあります。場合によってはどんな人にでも、つい人に塩対応してしまう心理状態になるときはあると考えられます。
ここでは、塩対応になる女性の心理を紹介していきます。

対応に困っている

相手への対応に困っているという心理から、塩対応になる場合があります。
特に恥ずかしがり屋な女性は、自分のことを過剰に褒められたり、異性から好意をアピールされると、どう反応していいのかと戸惑ってしまいます。そして相手からすると塩対応に思えるそっけない対応をついしてしまうのです。

素直になれない

素直に自分の気持ちを表現することができず、塩対応になってしまうという場合もあります。
このような心理で塩対応する女性は、特に好きな人を目の前にすると自分の気持ちを悟られないように、わざと冷たく対応してしまう傾向があります。そのため相手に「嫌われている」と誤解させてしまうことも珍しくはありません。

相手に心を許している

塩対応になる女性の心理は、相手に心を許しているということも考えられます。
心を許している相手だからこそ、愛想を振りまいたり、面白くもないのに笑うなど、取り繕うことなくありのままの自分で接することができる…それはどんな人にも言えることでしょう。本質的にサバサバしている女性は、仲の良い人に対してはより塩対応になるのです。

相手に関心がない

塩対応になる女性の心理として、相手に全く関心がないということも考えられます。
このような心理で塩対応する女性は、好きな異性にだけ愛想よく振る舞い、他の男性にはとても冷たく接する…という、かなり嫌な女に該当する行動をとる傾向があります。
また、恋人に対しての気持ちが冷めたら急激に対応も冷たくなるなど、分かりやす過ぎて相手を傷つけてしまいがちです。

相手のことが生理的に無理

相手のことが生理的に無理で、関わりたくない…そのような心理から塩対応になる女性もいます。
このような女性は、男女問わず自分が苦手な人に対して、あからさまに態度で嫌いなことを示します。良く言えば自分の気持ちに正直な人ですが、いつまでたっても子供な大人気ない人なのです。

塩対応な女性の恋愛傾向

一般的に女性は、好きな男性に振り向いてもらうために自分を良くみせようと愛嬌を振りまきますが、塩対応な女性にはそれができません。そのため、基本的には恋愛下手と言えるでしょう。
ここでは、塩対応な女性の恋愛傾向を詳しく紹介していきます。

自分からアプローチできない

塩対応な女性は、自分から好きな男性にアプローチすることができない傾向にあります。
恥ずかしがり屋な性格のため、自分から告白するなんて考えられません。また、思考が基本的に冷めているので、恋の駆け引きで相手の心を揺さぶる方法も思いつかないのです。

片思いで終わることが多い

塩対応な女性は、好きな人ができても恋が実らず、片思いで終わってしまう傾向が強いです。
自分からのアプローチができないことも原因の一つですが、好きな人に対して緊張のあまり冷たく接してしまうことも恋が実らない大きな要因です。そのせいで相手は「嫌われてる」と誤解し、離れていってしまうのです。

告白してくれた人と付き合う

塩対応な女性は、片思いの人との恋愛は成就することがほとんどないため、告白してきてくれた男性ととりあえずお付き合いを始める傾向があります。
塩対応な女性は全くモテないというわけではなく、特有の魅力に惹かれてアプローチしてくれる男性も少なくないのです。その中からなんとなく気の合いそうな男性を選び、交際するうち愛着がわくというパターンが多いです。

恋愛への関心がそもそも薄い

塩対応な女性の中には恋愛への関心がそもそも薄く、彼氏を作ろうともしない傾向にある人もいます。
恋愛に関心がない塩対応な女性は、恋愛をめんどくさいものと考えているのです。束縛・嫉妬・喧嘩…それらのことが、冷めた性格であるため煩わしく思えてしまうのでしょう。

恋人ができても自由に振る舞う

塩対応な女性は、恋人ができても相手に振り回されることはなく、付き合う前となんら変わりなく自由に振る舞う傾向があります。
恋人がいるのに男遊びや夜遊びをする、といったことではなく、変わらずマイペースに行動します。付き合ったからといって彼氏からの連絡にマメに対応するということもないので、相手は不満に思うこともあります。

好き避け?女性に塩対応された時に脈ありか脈なしか判断する方法

塩対応の女性に恋をしている男性にとって、相手の反応から脈ありか脈なしかを判断するのはとても難しいことですよね。そっけない態度の裏であなたへの好意を秘めている場合には、必ずその思いが態度に現れているので見逃さないようにしましょう。
では、女性に塩対応された時に脈ありか脈なしか判断する方法を解説していきます。

顔が赤くなっていた

塩対応で笑顔も少ないけれど、自分と話すときは顔が赤くなる…そんな場合は脈ありと判断して良いでしょう。
塩対応の女性は、好きな人に対して他の人よりも冷たく接してしまうこともあります。そんな中、自分の意思でなく無意識のうちに出てしまう好意のサインの一つが、顔を赤らめるということなのです。

常に笑顔だった

塩対応な女性があなたと会話しているときだけ常に笑顔である場合には、脈ありだと考えられます。
塩対応な女性は基本的に表情が乏しく、面白くもないのに笑うことはありません。あなたが特別笑えることを言ったわけでもないのに、ずっとニコニコ笑顔で接してくれるのであれば、好意を持っているのは間違いないでしょう。

じっと見つめられた

じっと見つめられた・あるいはよく目が合う…という場合も、脈ありの可能性は非常に高いです。
人間は好意のある異性を無意識のうちに目で追って、じっと見つめてしまうものです。対話しているときは塩対応でも、そこにあなたへの思いははっきりと表れています。

名残惜しそうにしていた

塩対応で会話が特別弾んでいるわけでもないけれど、その場を立ち去ろうとすると「もう行くの?」などと名残惜しそうにされた場合、確実に脈ありだと言えます。
たとえ会話が盛り上がらなくても好きな人にそばに居て欲しいという、塩対応な女性からの好意の気持ちの表れと考えられます。

自分だけに塩対応する

あなただけに塩対応してくるという場合は照れ隠しである可能性が高く、脈ありと判断できます。
他の人とは笑って会話しているのに、自分には冷たい…それは典型的な好き避けと考えられます。塩対応女性はそれほどにシャイなのです。「嫌われてるからそっけなくされてる」と誤解してはいけません。

塩対応だけどモテる女性とモテない女性の違い

塩対応の女性は、時折見せる笑顔などギャップが魅力的でモテると言われていますが、性格や行動の違いでモテる・モテないが真っ二つに分かれます。
ここでは、塩対応だけどモテる女性とモテない女性の違いについて紹介していきます。

優しさがあるか・ないか

塩対応だけどモテる女性とモテない女性の違いは、優しさの有無で決まります。
塩対応でも人に対してのさりげない気遣いができる女性は、そのギャップも相まって異性の心を掴みます。
しかし、塩対応で気遣いもなく性格的にもキツイという場合は、モテないどころか男性から敬遠されるでしょう。

裏表があるか・ないか

塩対応だけどモテる女性とモテない女性の違いは、裏表の有無でも決まります。
塩対応ではあるけれど、人の悪口・陰口は決して言わない女性は、裏表がない素敵な人と判断されます。
塩対応で誰にでも冷たく、その上平気で陰口を言ったり、自分にとって有益な人には媚びるというタイプは、男性からはもちろん同性からも嫌われます。

女子力があるか・ないか

塩対応だけどモテる女性とモテない女性、その最大の違いは女子力の有無にあります。
塩対応でサバサバしているけれど、ファッションや髪型が女性らしく、また身の回りの整理整頓も行き届いている女性はとても魅力的です。
反対に清潔感がない・言動が男っぽいという場合は、友人としては良いけど彼女にはしたくないと思われてしまいます。

塩対応な女性のメリットとデメリット

人に塩対応することでそれがプラスとなることもありますが、マイナスイメージや誤解を生んでしまうことが少なくないのは大きなデメリットと言えるでしょう。
ここでは、塩対応な女性のメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

メリット

人からなめられにくい

塩対応な女性は、その冷静な対応が「大人で賢い人」という印象を周囲の人に与えることもあり、そのおかげで人からなめられにくいというメリットがあります。
八方美人で愛嬌を振りまく女性は目上の人からは可愛がられますが、同性や年下の人達からはなめられやすくもあります。
塩対応な人にその心配はなく、尊敬や憧れの気持ちを持たれることもあるでしょう。

信用されやすい

塩対応な女性は、人から信用されやすいというメリットもあります。
明るくお喋りな女性はとても楽しい存在ではありますが、秘密や大事な相談事を話そうと思える相手ではありません。
それとは反対で、物静かで淡々としている塩対応な女性は「口が堅そう」という印象を人に与えます。実際に口が堅い女性が多いので、周囲からの信用度はかなり高くなります。

どこでも一人で行ける

塩対応な女性はどこでも一人で行けて、何でも一人で楽しむことができるのも、大きなメリットです。
一人行動できることで何にでも気軽に挑戦することができます。「ぼっちと思われたくない」という女性は多いですが、実は一人で飲食店で食事する女性を魅力的に思う男性は多いのです。自立心の強さが垣間見えて異性からモテるのも、一人行動のメリットなのです。

デメリット

とっつきにくい

塩対応な女性のデメリットは、周囲の人からとっつきにくいと思われてしまいがちなことです。
塩対応な女性は常に冷静沈着で表情も乏しいため、第一印象は「怖い人」と思われることが多いです。そのせいで異性が寄り付かなくなってしまう場合もあるので、恋愛面では特に大きなデメリットと言えるでしょう。

一緒に居て楽しくない

塩対応な女性は、感情の表現が下手で淡々としているため、一緒に居て楽しくないと思われてしまうときもあります。
これも特に、恋愛関係では大きなデメリットとなってしまいます。片思いの男性となんとかデートまでこぎつけたのに、全く盛り上がらずその後のデートの約束をすることなく終了…ということも起こってしまいがちです。

誤解されやすい

塩対応な女性のデメリットは、そのそっけない対応のせいで相手に誤解されやすいことです。
自分では全くそんなつもりはないのに、相手は冷たくされたと感じ「嫌われてるのかな」と思ってしまうことは少なくありません。仲良くなればほとんどの人がその性質を理解してくれますが、初対面ではマイナスイメージがつきやすいです。

塩対応な女性への対処法や接し方

塩対応な女性と接する際には、積極的に仲を深めようとすればするほど、相手との心の距離が開いてしまう傾向があるので、その点には注意が必要です。
ここでは、塩対応な女性への対処法や接し方について詳しく紹介していきます。

干渉しない

塩対応な女性には、根掘り葉掘りプライベートなことを質問するのはあまり良くありません。干渉せず、適切な距離感を保つのが良い接し方です。
塩対応な女性は会話が苦手なこともあり、基本的に自分のことを話すのがあまり好きではありません。グイグイ質問攻めすると苦手意識を持たれてしまう危険性があります。

塩対応されても気にしない

塩対応な女性と接する上で、冷たくされても過剰に気にする必要はありません。
「女性は愛嬌が良いもの」と考える人は少なくありませんが、その思い込みのせいで塩対応な女性の態度にショックを受けてしまいがちです。
あなたのことが嫌いなわけでも悪意があるわけでもないので、気にせず接していきましょう。

調子を合わせてあげる

塩対応な女性には調子を合わせてあげるのも良い対処法です。
冷静沈着な人に明るく騒がしく接してしまうと、相手は委縮してしまう可能性が高いです。仲良くなりたいと思っているのなら、できるだけ塩対応な女性に波長を合わせることを意識し、心を許してもらえるようにしましょう。

賑やかな場には誘わない

塩対応な女性をなるべく賑やかな場には誘わないようにしましょう。
塩対応な女性は人見知りである場合が多いので、不特定多数の人がたくさんいるパーティーや飲み会は苦手です。
関係を深めたいと考えているのであれば、少人数の食事会のお誘いにとどめておくのが良いでしょう。

無理に仲良くなろうとしない

塩対応な女性が苦手で気が合わないと思うのであれば、無理に仲良くなろうとするのはやめましょう。
職場で仕事を一緒に進行しなければいけないのであれば、仕事のことだけやりとりすれば良いだけのことです。無理に仲良くしようとすればするほど、相手も引いていってしまいます。そのうち何かのきっかけで仲が深まる場合もあるので、無理に距離を詰めないようにしましょう。

塩対応してしまう性格を直したい女性がやるべきこと

恋人や友人に塩対応だと言われた…相手は悪気なく言ったことでも、自分的にはあまり喜べず、改善したいと考えている人も少なくないでしょう。
ここでは、塩対応してしまう性格を直したい女性がやるべきことを紹介していきます。

常に笑顔で人に接する

塩対応する性格を直すためには、常に笑顔で人と接することが大切です。
塩対応な女性は表情が乏しいことが大きな特徴なので、まずは笑顔でいることを心掛けましょう。それだけで周囲の人からの印象は大きく変わり、「冷たい人」というイメージは確実になくなります。自分自身も明るい気持ちになれるので、性格改善にも効果的です。

リアクションをオーバーにする

塩対応改善のためには、リアクションをいつもよりオーバーにすることもポイントの一つです。
塩対応な女性は「へー」とか「ふーん」という反応をしてしまいがちです。相槌の言葉数をもう少し増やし、更に身振り手振りを加えるのも良いでしょう。そうすることで、人と会話することが徐々に楽しくなってきます。

人との交流を増やす

人との交流を増やすことで、塩対応する性格は徐々に改善されていきます。
塩対応な女性は人見知り・恥ずかしがり屋というのが特徴的ですが、それを改善するためには今よりもっと人と接するしか方法はありません。
パーティーや飲み会など積極的に参加しているうち、人に慣れて塩対応も自然としなくなります。

連絡にはマメに対応する

LINEを既読無視したり、そっけない返信メッセージをするのはやめて、人からの連絡にはマメに対応するように心掛けましょう。
連絡にマメに対応するのは面倒なことではありますが、それも人との交流の一環です。LINE慣れして楽しくやりとりできるようになれば、塩対応は順調に改善されていっているということです。

素直な気持ちを伝える

相手に素直な気持ちを伝えることも、塩対応な性格を直す良い方法です。
塩対応な女性は恥ずかしがり屋のため、恋人に「好き」などと自分の気持ちを伝えることは基本的にないでしょう。最初は慣れなくても、定期的に言い続けることで習慣化し、いつの間にか塩対応はしなくなり素直な女性へと変化することができます。

塩対応な女性になるには

塩対応な女性のようにクールでかっこいい女性になりたい…そう考えている人は少なくないでしょう。塩対応な女性の行動・思考を真似ることが、憧れに近づくポイントです。
ここでは、塩対応な女性になるためにすべきことを紹介します。

人と群れない

塩対応な女性になるには、必要以上に人と群れないのがポイントです。
塩対応な女性は基本的に人と群れることがなく、一人で行動しています。仕事終わりは必ず同僚と飲みに行く、休日は友人や恋人と会う…そのように常に誰かといる生活を見直し、一人の時間を持つようにしましょう。塩対応な女性になるためには、一人を楽しめるようになるのが肝心です。

愛嬌を振りまくのをやめる

誰にでも好かれようとして、愛嬌を振りまくのはやめましょう。
塩対応な女性になるためには、常に凛とした態度でいることが大切です。人から良く思われたいがためについ八方美人になってしまうのであれば、勇気を出してその行動をやめてみましょう。人の評価を気にせず堂々としていれば、塩対応な女性のような一目置かれる存在になれます。

感情的にならない

感情的にならず常に冷静に物事を考えるように心掛けるのが、塩対応な女性になるための方法の一つです。
何かトラブルが起こったときも、気持ちを落ち着けてパニックを起こさないように心がけましょう。そうすることで、塩対応な女性のように自分で何でも解決できる女性になれます。

SNSから離れる

塩対応な女性になるための方法として、SNSから離れてみるのも良いでしょう。
SNSも人との交流の一つですが、過剰にのめり込みすぎるとやはり自分の時間を無くしてしまうことになります。
また、SNSと離れることで、塩対応な女性のように自分にとって本当に必要な人間関係だけを大切にしようと思えます。

精神的に自立する

塩対応な女性になるためには、依存心を捨てて精神的に自立する必要があります。
誰かにどうにかしてもらおうとか、人をあてにする気持ちは塩対応な女性にはありません。だからこそ誰に対しても媚びることなく、自分らしくいられるのです。
依存心をなくすことで、塩対応な女性のように自由に生きられるようになります。

塩対応な女性を振り向かせる方法や落とし方

塩対応な女性を振り向かせるためには、まず簡単に諦めないことがポイントです。時間がかかるのを覚悟の上で、じっくりと彼女の心を掴んでいきましょう。
ここでは、塩対応な女性を振り向かせる方法や落とし方を紹介していきます。

めげずに関わり合いを持つ

塩対応な女性を振り向かせるためには、冷たくされてもめげずに関わり合いを持ち続けることが大切です。
そっけない態度に心が折れ諦めてしまう男性は少なくありませんが、塩対応な女性は冷たいからといって相手のことが嫌いなわけではなく、好意を胸に秘めている場合もあるので、すぐに諦めてしまうのはかなりもったいないことなのです。

良き相談相手になる

塩対応な女性の良き相談相手になれるようにすることが、振り向かせるための良い方法です。
塩対応な女性は感情を表に出すことがあまりなく、自分の悩みなど人に相談することもあまりありません。「いつでも相談に乗るよ」と言ってくれる人が居ると心が救われて、異性として惹かれることは間違いありません。

尊敬の気持ちを伝える

塩対応な女性を落とすためには、見た目の可愛さなどを褒めるのではなく、尊敬の気持ちを伝える方が効果的です。
塩対応な女性は自立心が強く男性に対しても依存するタイプではないので、女性としての可愛さより自分の頑張りや行動を褒められる方が心にグッとくるのです。

時間を掛けて距離を詰める

塩対応な女性を落とすためには、焦らずに時間を掛けて距離を詰めていくことがポイントです。
いきなりグイグイアプローチを仕掛けると、苦手意識を持たれてしまう危険性があります。まずは良い友達になり、それから親友を目指し、最終的に恋人になる…といった具合に、段階を踏んでいくことを意識しましょう。

ストレートに気持ちを伝える

塩対応な女性の心をしっかり掴むためには、駆け引きせずにストレートに自分の気持ちを伝えましょう。
ある程度彼女の気持ちが自分にあると確信が持てているのなら、迷うことなくあなたから告白しましょう。塩対応な女性から告白することはほぼ確実にないので、あなたから伝えない限り関係が進展することはありません。

塩対応な女性は魅力に溢れている

塩対応な女性は、「冷たい」「怖い」と第一印象では思われてしまいがちですが、仲良くなると魅力がたくさん見つかります。
誰かれ構わず愛想を振りまかない分身近な友人・家族・恋人をとても大切にし、人に依存することなくしっかりと自立していて、そして時々見せる笑顔がとってもかわいらしい…このような、人を引き付ける多くの魅力に溢れているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA