元彼に復縁の告白するときのセリフとは?成功率をアップさせる言葉!

元彼に復縁の告白するときのセリフとは?成功率をアップさせる言葉!

復縁したい元彼に告白するときのセリフや言葉に悩んでいませんか?

人によってはそのまま伝えればいい!という人もいますが、やはりある程度決めてから臨んだほうがいいでしょう。

なぜなら、言葉の選び方一つで与える印象が変わるからです。

印象が変われば、復縁の気持ちが無かった元彼の心境に変化ができるかもしれません。

そうしたことを加味するとやはり復縁の告白というのは大事でしょう。

そこでここでは、元彼に復縁の告白するときのおすすめのセリフや言葉をご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

元彼に復縁の告白するときのセリフ

「あなたが好き」

元彼に復縁の告白をするときのセリフとして、素直にあなたが好きだというのが一つです。

何となく別れてしまった人や、軽い気持ちで彼氏と別れてしまう人もいますが、大抵は明確な理由があって別れに至ります。

一度別れているというのは、何らかの問題が発生し、解決できなかったということが言えるのです。

一度愛し合って別れたのですから、二人の間には拗れて複雑な部分があります。

そこをしっかり解消できれば一番良いのですが、下手に触れて相手の心証を悪くしてしまうこともあります。

また男性は女性と比べて共感能力が低いので、複雑な感情を理解しきれない部分があります。

ですから、素直に「あなたが好きです」と言ったシンプルなセリフが伝わりやすいのです。

気持ちを伝えるときは複雑にしたり長々と喋るのではなく、分かりやすく端的に伝えることが大切になります。

しかし、元彼の中にも別れた時のネガティブな感情や傷ついたり嫌な気持ちになった記憶はしっかりと残っています。

酷いことをしてそれが無かったかのように振る舞うと、人は憤りを増します。

必要以上に卑屈になることはありませんが、もし元彼を深く傷つけたり激しく怒らせて別れた場合は、心から謝罪しましょう。

「別れてからあなたの大切さに気付いた」

元彼に復縁の告白をするときのセリフとして、別れてから元彼の大切さに気付いたと伝えるというのが一つです。

これは、復縁を望む人にとっては非常に分かりやすい言葉です。

一度は別れたということは、それなりの理由があったからです。

それでも復縁したいという気持ちになるには、その理由よりも相手への気持ちが勝ったからに他なりません。

もし元彼にも復縁したいという気持ちが少しでもあるなら、共感してもらえる可能性が高いです。

もし元彼の方に原因があって彼女から別れたという場合は相手が折れて容易によりを戻せるので、元彼にとっては渡りに船です。

しかし、下手に出すぎると元彼の問題行動や物事の認識を傲慢な形にねじ曲げてしまう恐れもあります。

もし過去に酷いことをされたり問題を起こしていた場合は、そのことについて傷ついたことや今も許せない気持ちがあるということも伝えましょう。

「色々辛いこともあったし、今も苦しい。けど、別れてからあなたの大切さがよく分かったんだ」

このように過去について指摘することで、問題をうやむやにしないで済み愛情も示すことが出来ます。

もし自分の方に問題があるのなら、「辛い思いをさせてしまった」ということを付け加えましょう。

そうすることで独りよがりにならず、相手からも共感を得やすくなります。

「これからも一緒にいたい」

元彼に復縁の告白をするときのセリフとして、自分の落ち度を謝罪してこれからも一緒にいたいと伝えるのが一つです。

一度別れているということは、二人の間に複雑な事情や拗れがあります。

そのためネガティブな感情が残っているのにいきなり復縁を迫られても、気持ちがついていかない場合があります。

むしろ、怒りや憎しみに駆られて逆効果になってしまう可能性もあります。

そうならないために、まず元彼のネガティブな感情を解消する必要があるのです。

そのためには、別れる時にもし元彼から指摘されたことがあるなら、それについて落ち度を謝罪したり改善していく気持ちを言葉にすることが大切になります。

「私の○○のせいで、傷つけてしまってごめんなさい。これからは○○にならないように努力をしていきます。だから、これからもあなたと一緒にいたいです」

また元彼に指摘されなかったとしても、自分に落ち度がなかったかしっかりと考え、あれば謝罪して改善していく約束をしましょう。

その上で、これからも一緒にいたいということを伝えましょう。

自分の落ち度のせいで、元彼が傷ついたり激しい憤りを感じている場合は、これでネガティブな感情を解消できる可能性が高くなります。

上手くいくかどうかは元彼次第ですが、もし復縁しても二人のコミニュケーションと努力が大切なのはいうまでもありません。

「別れたことをすごく後悔している」

元彼に復縁の告白をする時に、ぜひ伝えるべきなのが「謝罪の気持ち」でしょう。

別れたのには当然何らかの理由があるはず。

喧嘩別れになったり、自分がほかの男性に乗り換えたりした場合は、自分の非をすなおに認め、元彼に謝らなくてはなりません。

もし、元彼がほかの女性に乗り換える形で別れたとしても、つきあっていた時の自分の至らなさを謝ったほうが、元彼の心を動かすことができるのです。

そのように自分の非を元カレに伝えて謝った上で、別れたことを後悔していることを伝えるといいでしょう。

「なんであんなことをしてしまったのか、どうしてあんな状況を作り出してしまったのか、今ではそのことを大いに後悔している。別れなければよかったと思ってる」と、率直に伝えるのです。

その話の流れで、「だから、できたらまたつきあいたい」と告白すれば、自然な形で復縁にもっていけるはずです。

「楽しかったあの頃が忘れられない」

別れることになったとはいえ、一定期間恋人同士だったわけですから、当然、ラブラブの時期もあったに違いありません。

つきあいたてでお互いに恋愛感情がヒートアップしているころや、関係が安定してきずなが強まった時期など、二人が恋愛を楽しんだ時期もあったはずです。

ですから、元彼にそうしたラブラブの頃の楽しかったエピソードの話をした上で、「あの頃が忘れられない」と伝えることをおすすめします。

あなたの話を聞けば、元彼も当時のことを思い出すに違いありません。

そうした思い出は時間がたつうちに美化される傾向がありますから、元彼の中の思い出もより美しい形でよみがえってくるのではないでしょうか。

二人で楽しい思い出話を語るうちに、心のわだかまりが解けて、「あの頃」のような感覚に戻る可能性は小さくないはずです。

元彼の意識を、ぜひ「あの頃」に連れて行ってあげてください。

「最初からやり直せないかな」

元彼が復縁にあまり積極的でない場合、「復縁しても、また同じことの繰り返しになるのではないか」と考えているケースが少なくありません。

ですから、「復縁したい」とか「元さや戻りたい」という言い方をしても、元彼の心を動かすのはなかなかむずかしいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「最初からやり直せないかな」というセリフです。

復縁した後、二人の関係を良好に保つためには、関係を一度リセットする必要があります。

関係をリセットしたのちに、元の関係に戻るのではなく、新しく一から関係を構築していくという意識を持った方が、うまく行きやすいに違いありません。

「また、同じことを繰り返しになるかも」と思っている元彼に、「一からやり直す」と伝えることで、「それならうまく行くかも」と思わせるわけです。

これは、「前回の関係は一度リセットして、これから新しい関係をスタートさせたい」と伝えて、復縁の成功率を高めるというやり方です。

「元彼に復縁の告白するときのセリフ」に関する記事の紹介

元彼と復縁するためのベストなタイミングとは? 復縁したい元彼から告白させる方法とは? 元彼と復縁する夢の意味とは? 元彼と復縁してもまた別れる理由とは? 喧嘩別れした元彼に送る復縁メール・LINEとは?例文つき! 遠距離恋愛で喧嘩別れした元彼と復縁する方法とは? 喧嘩別れした元彼とうまく復縁するには?