水瓶座(みずがめ座)の恋愛傾向とは?鈍感であまり気づかないタイプ!

水瓶座(みずがめ座)の恋愛傾向とは?鈍感であまり気づかないタイプ!

クールで器用な水瓶座は恋愛ではどんな面を見せるのでしょうか。

ミステリアスな水瓶座の雰囲気の虜になる異性は少なくないのですが、当の本人は自分の魅力に気がついていないことも…。

今回はそんな水瓶座の恋愛傾向をご紹介します。

水瓶座の恋愛傾向

相手の気持ちに疎い

ミステリアスな雰囲気でありながら、何でも器用にこなしてしまう水瓶座を密かに慕うファンは多いのですが、本人はそのことに全く気が付いていません。

というのも、好奇心と探究心が強過ぎて、自分が周囲にどう思われているのかを気にして生きていないのです。

ですから、異性から愛の告白を受けた時、水瓶座にとって青天の霹靂だったりします。

お付き合いが進んでも、相手が不満に思っていることに気が付かず、趣味に没頭したり、相手の心変わりに気が付かないで過ごすこともあるでしょう。

意外かも知れませんが、器用な割には、相手の気持ちに鈍感なところがあります。

恋をしても割と冷静

恋をしたからといって、仕事や勉強が手につかないとうことは水瓶座の場合、まずないでしょう。

誰かにドキドキときめいても、恋が上手くいかなくて落ち込んでいても、自分がやるべき事を疎かにすることはなく、側からみれば何事もなく過ごしているように見えます。

確かに恋する気持ちはあるのですが、自分の事を客観的に見ることが出来るので、日常生活での自分のペースを乱すことはないのです。

むしろ、自分の日常生活が侵されるのを極端に嫌うので、心が乱される恋からは自ら距離を置こうとするでしょう。

好きなタイプはハッキリ自覚している

こだわりが強い水瓶座は、好きなタイプの異性は自分の中でハッキリと自覚があります。

イケメンだから、美人だからとか、お金持ちだからといった一般的な魅力よりも、体のパーツに執着したり、自分の個性を認めてくれる人を求める傾向が強いでしょう。

しかし、好みのタイプがハッキリとしているからといって、お付き合いする人が全て理想通りというわけでもないのです。

水瓶座は押しに弱いところがあり、意表をついた告白をされると、相手への好奇心が湧いてきて、お付き合いに承諾することもよくあります。

恋愛はいつも受け身

水瓶座の恋愛の始まりは、告白されてお付き合いがスタートすることが多いでしょう。

クールな水瓶座は、理性が働き、好きな気持ちが高まってもなかなか自分から好意を打ち明けることが出来ません。

それでも、好きな人から話しかけられれば、精一杯の笑顔を見せるなど、自分なりに好意があることは示しているつもりなのですが、自分の口から告白するまでには至らないのです。

水瓶座はクールに見えて、人に対しては謙虚なところもあります。

誰かに好意を打ち明けられると、タイプでなくても真剣に考えてみようかな?という気になり、自分の個性を受け入れてくれそうだと感じたら告白にOKして付き合う事に。

水瓶座にとって受動的に始まる恋愛の方が楽でもあるので、相手の告白から始まる恋愛はいつものパターンなのです。

面倒くさい恋愛は初めからしない

水瓶座は賢くサッパリとした性格なので、面倒なことが起きそうなときは、早めに気がついて面倒な道を回避して歩きます。

それは恋愛面でも同じで、友達と好きな人が同じだったり、既婚者だったり、すでに恋人がいる人から略奪しなきゃいけない面倒な恋には初めから首を突っ込むようなことはしません。

そんな面倒な恋に足を踏み入れたら、自分の心や生活が掻き乱されるので、自ら予防線を張っておくのです。

その甲斐あって、恋のトラブルに巻き込まれる可能性は12星座の中で最も低いでしょう。

安全なルールの中で、極めて健全な恋愛を密かに楽しむのが水瓶座の恋愛のセオリーなのです。

気心の知れた友達が恋人に変わりやすい

今まで友達として付き合ってきた異性と恋人になりやすいのも水瓶座の特徴です。

実は相手の方は友達とは思っておらず、初めから異性として意識してきたのかもしれません。

しかし、相手の気持ちに鈍感なこともあって、自分だけが友達だと思っていたケースがよくあります。

それに、相手のルックスよりも、価値観などの中身を重視したい水瓶座は、友達として親交があった異性の方が安心かもあり、自分が変わり者なこともあって、それを知っている異性と一緒にいる方が居心地が良く、お付き合いも長続きしやすいのです。

モダンな結婚観を持っている

ユニークな発想を持ち、新しい価値観を柔軟に取り入れることができる水瓶座は、モダンな結婚観を持っています。

例えば、お互いに仕事を抱えていて忙しい2人なら通勤などを考慮して、週末婚を選択することもあるでしょう。

結婚したからといって、同じ家に住み、毎日顔を合わせるよりも、2人にとって最も心地良い結婚スタイルを選択します。

従来の日本の結婚の様式に自分たちを当てはめないのが水瓶座の結婚観です。

そんな水瓶座は、外国人との結婚にも縁があるでしょう。

また、仮に離婚することになっても上手く立ち回るのが水瓶座です。

もともと自立心が強いので、結婚生活に暗雲が立ち込め、家庭でリラックス出来ないなら、早めに切り替えて1人になる事を選びます。

これも人生の勉強だと、明るく前を向いて、自分らしい生き方を追求するのが水瓶座の結婚観であり、人生観です。

血液型別の水瓶座の恋愛傾向

水瓶座A型

水瓶座A型の恋愛傾向は、かなり気分や恋人をよく振り回しがちです。

その行動だけをみると相手に「本当に自分のことが好きなのかな?」と不安にさせてしまうことも多いでしょう。

しかし、なかなか素直に自分の気持ちを伝えたりするのがとても苦手なタイプなのでこのような愛情表現になってしまいます。

水瓶座A型の恋愛傾向とは?気まぐれやさんで振り回す傾向が! 水瓶座A型の恋愛傾向とは?気まぐれやさんで振り回す傾向が!

水瓶座B型

水瓶座B型の恋愛傾向は、束縛されるのも束縛するのも大嫌いです。

つまり、相手に依存してしまうな恋愛関係は望んでおらず、さっぱりした恋愛観を持っていることが多いです。

また、一目惚れすることはあまりなく、友達関係から次第に恋愛関係になっていることが多いのも水瓶座B型の特徴です。

水瓶座(みずがめ座)B型の恋愛傾向とは?束縛はするのもされるのも嫌い! 水瓶座(みずがめ座)B型の恋愛傾向とは?束縛はするのもされるのも嫌い!

水瓶座O型

水瓶座O型の恋愛傾向は、穏やかな人がとてもタイプでよく好きになります。

そのため自身も穏やかなタイプなので、合コンなどのコンパではよく声をかけられモテる傾向があります。

相手がまともな人であればそのまま穏やかな日々が続くのですが、相手が少し変わった人だと、それに合わせてしまう傾向があり、いつの間にかハマってしまうこともあります。

水瓶座(みずがめ座)O型の恋愛傾向とは?穏やかな人がタイプ! 水瓶座(みずがめ座)O型の恋愛傾向とは?穏やかな人がタイプ!

水瓶座AB型

水瓶座AB型の恋愛傾向は、とてもフラットな付き合いを大事にする特徴があります。

つまり、お互いが束縛して愛情を確かめ合うのではなく、一人の人間として対等に付き合っていく関係を望んでいるのです。

ただし、意外にも秘密主義な部分があるのであまり恋愛に興味がないと思われてしまうこともよくあります。

水瓶座(みずがめ座)AB型の恋愛傾向とは?束縛されるのは苦手! 水瓶座(みずがめ座)AB型の恋愛傾向とは?束縛されるのは苦手!