バツイチ子持ちの彼女と別れてよかった理由は?

バツイチ子持ちの彼女と別れてよかった理由は?

「バツイチ子持ちの女性を好きになってしまった」という出来事に直面すると、「そんな事は気にしない!絶対に乗り越えてみせる!」という強い気持ちが働きますよね。

しかし、そんな彼女といざ交際を始めてみると、そこには想像以上の困難が立ちはだかります。

その為、「結局別れてしまったけど、今考えてみると分かれてよかったと思う」と語る男性は非常に多いのです。

では、彼らが語る「バツイチ子持ちの女性と別れてよかった理由」とは、一体何なのでしょうか。

バツイチ子持ちの彼女と別れてよかった理由

余計なストレスから開放される

バツイチ子持ちの女性と交際をすると、もちろんそこに待ち受けているのは様々な重圧です。

やはり、「バツイチ子持ち」というデリケートな事情を抱える彼女を恋人にするという事は、もちろん普通の恋愛のように順風満帆にはいきません。

例えば、彼女の子どもに気を遣ったり、周囲の目を気にしたり、彼女に対する態度に細心の注意を払ったりと、想像以上に多大なストレスが溜まってしまいます。

だからこそ、そんな彼女と別れた後は肩の荷が降り、「ストレスから開放された!」という清々しい感情を持つのです。

「結婚」という圧から逃れられる

バツイチ子持ちの彼女を恋人に持つと、もちろんそこに付きまとうのは「結婚」という二文字です。

やはり、彼女からすれば「こんな私と付き合ってくれるという事は、結婚も考えてくれているのかな?」と期待をしてしまうのは仕方がありません。

さらには、彼女の親や周囲の人々からも「結婚する気はあるの?」という目を向けられる事も多い為、安易な気持ちで過ごす事は出来ません。

その為、「彼女の事は好きだけど、結婚までは…」程度の気持ちで交際を始めてしまったが最後、とんでもない圧をかけられる羽目となります。

だからこそ、別れを決めた後は「別れて自由になれた!よかった!」と感じるのです。

誰にも気を遣わなくていい

普通の女性、つまり結婚経験の無い独身の女性と交際をする上では、特に大きな問題が起こる事はそうそうありません。

しかし、バツイチ子持ちの女性と交際を始めると、そこには必ず「周囲の目にさらされる」というリスクが待ち受けています。

例えば、自分の親や友人からは「何でわざわざバツイチ子持ちと?」「ちゃんと責任持てるの?」と言われてしまったり、時には好奇の目を向けられる事もあるのでしょう。

また、彼女の周囲の人々からは「ちゃんと結婚する気あるの?」「将来の事も考えた上で交際しているの?」という圧をかけられる為、その生活は非常に窮屈です。

だからこそ、彼女と交際する上では常に周囲の目が気になり、計り知れないほどのストレスを溜める羽目となるのです。

彼女と別れるという事は、そんなストレスから開放されるという事でもある為、「こんなに自由なんだ!」「誰の目も気にしなくていいなんて最高だ!」と嬉しく感じるのは当然です。

子どもの事を気にしなくていい

バツイチ子持ちの彼女と交際をする上で最もデリケートな問題は、もちろん「彼女の子ども」の存在です。

彼女と交際をするという事は、決して二人だけの問題ではなく、最大限子どもの事に気を回さなければならないという事です。

やはり、彼女の子どもからしてみれば、「母親の恋人=母親を奪う存在」という認識を持ってしまう事もあるでしょう。

その為、彼女との交際の上では、子どもに出来るだけ気を掛ける事が最重要なのです。

しかし、いくら彼女の子どもと言えど、自分の子どもではない為、お互いに気まずい日々が続いてしまう事は明白です。

だからこそ、彼女と別れた後は「もう子どもに気を遣わなくていいんだ!」とホッとするのです。

親に文句を言われなくなる

一言に「バツイチ子持ちの女性」といっても、一概に彼女達の性格に難があるとは言えません。

しかし、どうしても世間では「バツイチ子持ち=何かしらの問題がある」という偏見を持たれがちで、特に年配の人ほどその考えを強く持っています。

その為、親に「バツイチ子持ちの女性と付き合っている」と明かした時、親は高確率で「やめておいたら?」と反対してくるでしょう。

やはり、親からすれば息子が不幸になる事は耐えられない上、赤の他人の子どもを可愛がる事の難しさもよく理解しているのです。

だからこそ、彼女と別れた後は「これで親を安心させられる」「もう何も言われなくて済む」という安心感を抱くのです。

堂々とできる

バツイチ子持ちの女性と交際をする上で、意外にもネックになるのが「知り合いにデートを目撃される事」です。

バツイチ子持ちの女性と交際をすると、時にはデートの際に子どもが付いて来る事もあるでしょう。

そんな時、もしも知り合いにデートの現場を見られると、「あの訳アリの彼女だ!」と茶化されたり、事情を知らない人からは「誰の子ども?隠し子でも居るの?」という余計な噂を立てられる事もあるのです。

やはり、複雑な事情を持つ女性と交際をすると、「勝手な噂を立てられる事」からは逃れられません。

そして、そんな周囲からの噂に気を取られる肩身の狭い生活を送っていれば、相当なストレスが溜まってしまいます。

だからこそ、独り身になった際は「なんて自由なんだ!」「これで堂々と出来る!」と安心するのです。

金銭面に余裕が出る

バツイチ子持ちの女性と交際をすると、意外にも負担となるのが「お金」です。

彼女だけでなく子どもにも食事をご馳走したり、時には子どもにプレゼントを贈ったりと、バツイチ子持ち女性との交際では想像以上の出費が必要になります。

さらに、場合によっては彼女に金銭面の援助をする事もあるでしょう。

そんな生活を送っていると、知らず知らずのうちに多額の出費がかさんでしまいます。

だからこそ、彼女と別れた際は「もうお金を使わなくていいんだ!」「やっと自分の事にお金を使える!」と嬉しく思うのです。