バツイチ子持ちの彼女と付き合って辛い思いをする瞬間は?

バツイチ子持ちの彼女と付き合って辛い思いをする瞬間は?

もしも好きになった女性が「バツイチ子持ち」という事情を抱えていたら、あなたはどのような対応を取るでしょうか。

「自分には抱えきれないから、付き合うのは無理」という人も居れば、「そんな事情は関係無い」とお付き合いを始める人も居るでしょう。

しかし、独身には到底理解出来ないほどの複雑な事情を抱える彼女とお付き合いをすると、そこには様々な障害が待ち受けています。

では、バツイチ子持ちの女性とお付き合いをする上で、辛い思いをするのはどのような瞬間なのでしょうか。

バツイチ子持ちの彼女と付き合って辛い思いをする瞬間

会える時間が少ない

バツイチ子持ちの女性を彼女に持って辛い思いをする瞬間の一つ目は、「会える時間が少ない」と感じた瞬間です。

彼女が抱えている事情が「バツイチ」だけであればまだしも、「子持ち」という事情がある以上、彼女の生活の中心は子どもです。

さらには、シングルマザーには「女手一つで育て上げないといけない」という責任がある為、仕事をしながら子育てをする忙しい毎日を過ごしています。

だからこそ、彼女達はたとえ恋人が出来たとしても、恋人の為に割く時間は限られています。

そんな彼女とのお付き合いだからこそ会える時間は少なく、「もっと会いたいのに」「制限されたくない」と辛く感じるのです。

子どもが心を開いてくれない

バツイチ子持ちの女性とお付き合いをする以上、最もデリケートな存在は「子ども」ですよね。

独り身同士とは違い、どちらかに子どもが居る場合の恋愛は、それはもはや二人だけの問題ではなくなります。

やはり子どもからしてみれば、母親が恋人を作って外に出て行く様子を目の当たりにするのは辛いものです。

さらには、恋人の存在が原因で寂しい思いをする事もあるでしょう。

そんなリスクが予測されるからこそ、子どもに心を開いてもらえるよう積極的にコミュニケーションを取る男性も多いのではないでしょうか。

しかし、いくらコミュニケーションを取ろうとも結局赤の他人同士である為、子どもがいつまでも心を開いてくれない事もあります。

そんな時、「あからさまに突き放されると辛い」「接し方が難しすぎる」と辛く感じるのです。

価値観が合わない

「バツイチ子持ち」という、結婚・出産の経験がある彼女と、「ただの独身」という自分では、価値観が大きく異なる事は目に見えています。

やはり、彼女はすでに様々な人生経験を積み、結婚に対してはそれなりの学びを得た上で生きてきています。

一方で自分には結婚経験が無い為、彼女達が言う結婚や子育ての大変さが理解出来ません。

だからこそ、彼女とのちょっとした喧嘩の際に「結婚を甘く見ないでよ」「あなたには分からないよ」と言われてしまうと、返す言葉が何も無いのです。

「人生経験」という観点では彼女の方が一歩先を歩んでいるからこそ、時には話が合わず辛い思いをする事もあるでしょう。

親に反対される

20代であればまだしも、30代、40代ともなる男性であれば、もちろんそこについて回るのは「結婚」の二文字ですよね。

年齢を重ねるにつれ、周囲の友人は次々と結婚を決め、親や親戚に「良い人は居ないの?」と執拗に聞かれる事も日常茶飯事となっていきます。

そんな中、バツイチ子持ちの女性とお付き合いをしている事を親に話すと、親は高確率で「やめておいたら?」と反対してくるでしょう。

やはり、親からしてみればバツイチ子持ちの女性をわざわざ選ぶ意味が理解出来ない為、簡単には応援出来ないものです。

その為いくら真剣に結婚前提の交際をしていようとも、親を説得させるには一筋縄ではいきません。

断固として応援の姿勢を見せない親が目の前に立ちはだかると、どうしても辛い思いをしてしまうでしょう。

結婚への壁が厚い

様々な事情を抱える彼女とお付き合いをしてみて、「やっぱり思った以上に重荷だった」と別れを決める人も居れば、「自分が責任を取ってこの人を幸せにしたい」と覚悟を決める人も居るでしょう。

しかし、この後者のパターンの場合、結婚をしようと思ってもなかなか一筋縄ではいかないのが現実です。

やはり、どうしてもマイナスな印象を持たれがちな「バツイチ子持ち」という条件がある以上、まず自分の親から反対される事は明白です。

さらには、場合によっては相手の親に反対をされたり、何よりも彼女の子どもが結婚を嫌がる場合もあります。

何かと上手くいかない彼女とのお付き合いだからこそ、「何でこんなに辛いんだろう」と頭を悩ませる日が多いのです。

あらぬ噂を立てられる

自分ではどれだけ彼女の全てを愛していようとも、周囲の人々の中には「何でわざわざバツイチ子持ちの女性を選ぶのだろう」と感じる人も居るでしょう。

やはり、「人の不幸は蜜の味」という言葉もあるように、他人の噂やスキャンダルをネタにして楽しんでる人は多く存在するものです。

そんな人から見れば、「バツイチ子持ちの彼女を持つ男性」は格好の的でしかありません。

その為、どこからか情報が漏れてしまい目を付けられたが最後、あらぬ噂を流されたり、根掘り葉掘り情報を探られるでしょう。

そんな事態に陥ってしまうと、どんなに精神力が強くとも心にダメージを受けてしまいます。

堂々と交際宣言が出来ない

バツイチ子持ちの女性を彼女に持った際、当初は「絶対に幸せにする!」「事情なんて関係ない!」と気合いが入るものです。

しかし、いくら自分が張り切っていようとも、どうしても「世間からの目」から逃れる事は出来ません。

彼女側の友人や親からしてみれば「彼氏が出来た=再婚してもらえるかも」とプラスに感じますが、自分の周囲の人は「何でバツイチ子持ちなの?」「幸せに出来るの?」と反対してくる事も多いでしょう。

だからこそ、どんな場所に行っても堂々と交際宣言をする事が出来ず、「バツイチ子持ち」という条件を隠して「彼女が居る」とだけ宣言する人も多いのです。

世間に堂々と宣言出来る事情ではないからこそ、「肩身がせまい」「人の目を気にするのが辛い」と感じます。