シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由は?

シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由は?

自分の気持ちをあまり表現しないという男性は多いものですよね。

シャイな男性も感情を表現しないことが多く、何を考えているのか分かりにくいタイプと言えます。

ここでは、そんなシャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由について詳しく解説していきます。

シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由

照れ隠しをしている

照れ隠しをしているというのが、シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由の1つです。

シャイな男性はとても恥ずかしがりやで、恋愛に積極的でない面があります。

自分から恋愛をリードすることだけでなく、相手からの誘いに乗るというのも苦手です。

もし好きな人からアピールされたり誘いを受けても、嬉しさよりも恥ずかしさが上回ってしまうのです。

相手に自分の気持ちがバレてしまうことも、周囲の人にからかわれたり冷やかされることも我慢できません。

そんなとき、シャイな男性は冷たい態度を取って必死に自分の気持ちを隠そうとしてしまいます。

こうならないためには、シャイな男性を刺激しないようにして、あまりおおっぴろな態度を取ることを控えるのが無難です。

傷付いている

シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由に、傷付いていることがあげられます。

シャイな男性は自分の気持ちを表現するのが得意ではありません。

これは相手への好意や照れなどの恋愛感情だけでなく、ネガティブな感情にも同じことが言えます。

シャイな男性が冷たい態度を取るとき、実は傷付いているという可能性も決して低くはないのです。

こんな時には、男性の心やプライドを傷付けるようなことをしていないか、1度よく考えてみるのがおすすめです。

もし心当たりがあるという場合は、すぐさまフォローをするようにしましょう。

シャイなタイプだから照れ隠しだろうと決めつけて胡座をかいたりしていては、取り返しのつかない溝が出来てしまいます。

シャイな男性の心はとても繊細ですから注意が必要です。

精神的に追い込まれている

シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由に、精神的に追い込まれていることがあげられます。

シャイな男性は感情をあまり出すタイプではないので、何を考えているのか分かりにくいところがあります。

本来は人の好き嫌いや物事への執着もあまり見せないようにするタイプです。

そんなシャイな男性が感情をあらわにしている時は、本人にとって大きな理由が隠れているケースが多いのです。

特に、冷たい態度を取るという攻撃的な態度に関しては、何らかのストレスを抱えていて精神的に追い込まれている可能性が高いです。

このケースは、聞き役に徹してフォローしたり、男性に寄り添うことで心理的な距離を縮めることが出来ます。

もし原因がこちら側にあるという場合は、フォローや謝罪をした後、落ち着くまで少し距離を置きましょう。

幻滅している

シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由に、幻滅していることがあげられます。

シャイな男性は自分の気持ちをなるべく出さないようにしますが、何か不快だったり嫌なことがあったときに曖昧な態度を取るという優柔不断なタイプではありません。

むしろ、普段から自分の内面をしっかりと把握しているため、受け入れられないことははっきりと拒否するケースが多いのです。

もしシャイな男性と出会って間もないのに冷たい態度を取られたという場合、相手の好みでないか嫌がられている可能性があります。

また、最初は良い関係だったのに急に冷たくなったという時は、何かがきっかけで男性を幻滅させてしまった可能性が高いのです。

もし思い当たる節があるなら、改善する努力をして、改めて評価してもらえるように頑張りましょう。

他に好きな人がいる

シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由に、他に好きな人がいることが考えられます。

シャイな男性は恋愛に不馴れで優柔不断なタイプに思われがちですが、実際はそうではありません。

むしろ、自分自身の内面に関心が向きやすいので、自分の気持ちも明確に把握し、しっかりと自分の考えを持っている人が多いのです。

そのため、もしアピールしてきた相手が恋愛対象でなければきちんと態度に表します。

シャイな男性に冷たくされるという時は、もちろん恥ずかしさを隠している可能性も低くはありません。

しかし、他に好きな人がいて自分が恋愛対象外なために、冷たい態度を取られるということも十分考えられるのです。

なぜ冷たくされるのか判断するために、男性に好きな人がいるかどうかも注意深く観察しましょう。

怒りを押し殺している

シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由に、怒りを押し殺しているということがあげられます。

シャイな男性は感情的に振るまうことを好まないために、人に理解されにくい面がありますよね。

楽しさや異性への好意といったものから、不快な感情まで隠してしまうので、シャイな男性を理解するには時間がかかるのです。

普通の人でも好きな人への感情を隠すことは良くありますが、不満や怒りなどは表に出すことが多いです。

しかし、シャイな男性はそういったネガティブな感情を剥き出しにしたりはしません。

普通の人なら声を荒らげたり人を罵ったりしてしまうような場面でも、感情を抑えてしまいます。

そう簡単に感情を出さないシャイな男性が冷たい態度を取ってしまう時には、見た目以上に激しい感情が心を支配している可能性が高いのです。

怒りを押し殺しているときも、冷たい態度になって表れます。

優しくして欲しい

シャイな男性が冷たい態度を取ってしまう理由に、優しくして欲しいという気持ちが隠れていることがあげられます。

シャイな男性は繊細で豊かな感性を持っていますが、やや不器用なところがあり感情を表に出すのは不得意です。

そんなシャイな男性が冷たい態度を取るときは、すぐに単純に相手に対する拒絶だと判断してしまうと誤解が生じてしまうことがあります。

シャイな男性は繊細な心の持ち主が多いので、人知れず傷付いていることがよくあります。

しかし、言葉にしたり分かりやすく態度て表現するのが苦手なので、冷たい態度を取ってしまうのです。

シャイな男性が冷たい態度を取るとき、本当は傷付いていて、優しくして欲しいという気持ちが上手く表せないというパターンがあります。

冷たい態度を取られれば嫌われているのではないかとショックを受けてしまいますが、優しさを持って一歩踏み込んでみましょう。

もし相手が心を開いてくれれば、ぐっと距離を近づけることが出来ます。