好きな人と恋バナする時の注意点は?

好きな人と恋バナする時の注意点は?

好きな人と二人きりになれた際、とにかく聞きたいのは「好きな人の恋バナ」ですよね。

「自分の事をどう思っているのか」「どんな人がタイプなのか」という事を聞き出す為にも、好きな人と恋バナが出来るチャンスは貴重です。

しかし、そんな好きな人と恋バナをする際には、気を付けておかなければならない注意点もあるのです。

今回は、そんな「好きな人と恋バナする時の注意点」を紹介していきます。

好きな人と恋バナする時の注意点

過去の恋バナはしつこく聞かない

好きな人の恋バナに興味があるからといって、過去の事をしつこく聞き出すのはやめましょう。

やはり、誰しも「触れられたくない過去の思い出」が必ずあるもので、出来ればその事は話したくない人がほとんどです。

その為、過去の事をしつこく聞いてしまうと、相手は「そっとしておいてほしい」「あまり聞かないでほしい」と感じてしまう可能性があります。

過去については、相手から話を振ってくるまでそっとしておくか、軽く話を振ってみて相手が嫌そうな表情をしたら、早めに切り上げるようにしましょう。

何事もストレートに聞きすぎてはいけない

好きな人の事が深く知りたいからと言って、「好きな人はどんな人?」「過去の恋人は何人?」とストレートに聞いてしまうと、相手がたじろいでしまう可能性があります。

知りたい事がある時は、ストレートに聞きすぎるのではなく、まずは自分の話をした後、「あなたはどう?」と聞くなど、自然な流れに持っていく事が大切です。

このように「相手が答えやすい流れ」を作る事で、相手の警戒心を解いてあげる事が出来るでしょう。

何でもストレートに聞いてしまうと、相手は警戒心を持ってしまいますので、要注意が必要です。

自分の話はほどほどに

好きな人と恋バナが出来る事が嬉しいからと言って、自分の事を話しすぎては逆効果です。

やはり、「自分はあなたの事が好き」という事を遠回しに伝える為にも自分の話を沢山したくなるものですが、相手はあなたに興味が無い可能性もあるのです。

相手もあなたに好意があれば良いものの、興味が無い場合は「どうでもいい」「話が長い」と感じてしまいます。

その為、基本的には相手の話の聞き役に回り、相手から質問があった場合のみ自分の話をするなど、少し控えめな体勢を取る事が大切です。

深入りはしすぎない

好きな人の恋バナは聞けば聞くほど興味深く、「もっと知りたい!」と感じてしまいますよね。

しかし、相手の事を深く知りたいからと言って、あまりにも深入りしすぎると、相手に不快感を与えてしまいます。

あまりにも様々な事を根掘り葉掘り聞いてしまうと、相手は「いつまでこの話をするの?」「どこまで聞いてくるの?」と不審に感じてしまうのです。

その為、恋バナの内容は基本的には「広く浅く」を心がけ、くれぐれも深入りしすぎない事が大切です。

特に、デリケートな内容については相手は話したがらない可能性もある為、相手から話を振られるまではそっとしておきましょう。

下手に誤魔化さない

好きな人を目の前にして、緊張しない人はほとんど居ないのではないでしょうか。

やはり、好きな相手を目の前にすると、誰しも緊張したり挙動不審になってしまうものです。

しかし、「自分の気持ちがバレたら恥ずかしい」という感情から、「○○から頼まれたんだけど…」などと言って、他人に頼まれた体で好きな人の情報を聞き出そうとする人が居ます。

確かに、他人に頼まれた・他人が知りたがっているという体であれば、自分の気持ちがバレる事なく情報を知る事が出来ますよね。

しかし、このように下手に回りくどい誤魔化し方をすると、相手は「何で直接聞いて来ないの?」「何であなたがわざわざ聞いてくるの?」と不審に感じてしまいます。

好きな人の事が知りたいという気持ちがあるのなら、誤魔化す事はせず素直に聞きましょう。

茶化すような事は言わない

好きな人と話をする時、緊張や恥ずかしさから空回りをしてしまう人は非常に多く存在します。

そんな人は、好きな人の恋バナ一つ取っても、「そんなに付き合った人数多いの?意外だね!」「見た目よりも意外な恋愛してるね!」など、良かれと思って相手を茶化すような事を言ってしまいますが、もちろんそれは逆効果です。

好きな人の話を聞く時は、基本的には真剣な姿勢で聞き、余計な事は言わないようにしましょう。

発言をミスしてしまうと、相手はあなたに悪印象を抱くだけでなく、「この人とは出来るだけ話をしたくない」「馬鹿にされているのかな?」と感じてしまいます。

好きな気持ちを露わにしすぎない

「好きな人と恋バナが出来る」という絶好のチャンスでは、自分の気持ちをやんわり伝えたくなる人も居るでしょう。

しかし、付き合っていない段階では、相手が自分をどう思っているかはまだまだ判断出来ません。

その為、明らかに「自分はあなたが好きです」という態度を取りすぎると、相手は反応に困ってしまいます。

その圧が強ければ強いほど、相手は「どう反応したら良いんだろう」「好意が無いから、そんな事を言われても困る」と感じてしまうでしょう。

好きな人が目の前に居るからと言って、勢いのまま身を任せてしまってはいけません。

まずは落ち着いて話をし、相手が自分の事に対してどのような印象を持っているのかをじっくり探り、それから行動に出る事が大切です。