気遣いできない男の特徴は?

気遣いできない男の特徴は?

気遣いというと、特に女が身に付けていないといけないものという風潮が強いですよね。

しかし実際に社会に出てみると性別を問わず様々な立場の人と関わるため、男でも気遣いが求められる場面は多いものです。

気遣いが苦手だと、仕事も人間関係も上手くいきにくくなります。

ここでは、そんな気遣いできない男の特徴を具体的に見ていきましょう。

気遣いできない男の特徴

プライドが高い

気遣いできない男の特徴に、プライドが高いということかあげられます。

気遣いは様々なことに気付き、相手のことを思いやる気持ちがなければ成り立ちません。

しかし気遣いができない男は、そのどちらも持ち合わせてはいないのです。

プライドが高いため、自分が相手のために動くことは相手に負けたように感じてしまいます。

その高すぎるプライドのせいで、気遣いできないだけではなく、自分が気遣いをされるのは当然と考えてしまうふしがあります。

相手に気を遣わせるのが当然という態度なので、人からの評価はあまり高くありません。

甘やかされて育った

気遣いできない男の特徴に、甘やかされて育ったということがあげられます。

気遣いできないのは生まれつきの気質というものも影響しますが、環境も大きな要因となります。

小さいころから甘やかされて育った男は、大人になっても自分に甘く、根拠のない自信を持ち続けてしまいます。

人に気を遣ってもらうのが当然と考えてしまうので、自分が気を遣うという経験がとても乏しくなってしまうのです。

人を気を遣うことは、とても高度な思考力とコミニュケーション能力が必要とされます。

そのため、たとえ穏やかな気質の人でも、ある程度の経験の積み重ねが必要です。

気遣いできない男は、小さいころから甘やかされて、気遣いをするための必要な能力と経験が不足しています。

横柄で人を見下す

気遣いできない男の特徴に、横柄で人を見下すということがあげられます。

気遣いできない原因は、大きく二つに分けられます。

一つは注意力がなかったり気がきかないため、気遣いが必要な場面でそもそも何も思い浮かばないというものです。

そして、もう一つはたとえ様々なことに気付いても敢えてやらないというものです。

横柄で人を見下す男は後者のタイプと言えますね。

横柄で人を見下すタイプは、たとえ細かいことによく気づいたり、気遣いが必要な場面だと分かったとしても、実際に人のために動くことはありません。

自分は相手より格上だと思い込んでいますから、相手を馬鹿にすることはあっても、寄り添ったり相手のために動くことには大きな抵抗があるのです。

そのため、気遣いできない男は横柄で人を見下すタイプも多いのです。

空気が読めない

気遣いできない男の特徴に、空気が読めないということがあげられます。

気遣いをするというのは、気がきいたり細かいことによく気づくタイプでないと難しいものです。

しかし、思いやりを持っていたり人の気持ちに敏感な場合、気がきくタイプほど器用ではなくても気遣いをすることは可能です。

しかし、気遣いできない男の中には、そのどちらにも当てはまらない特徴をもつ人がいます。

それは、空気を読めないタイプです。

空気が読めないと、今何が必要とされているのか、相手がどんな気持ちなのかということにとても鈍感になってしまいます。

そのため空気が読めない男は、必然的に気遣いもできないのです。

損得勘定で考える

気遣いできない男の特徴に、損得勘定で考えるということがあげられます。

気遣いというのは、お金や時間、精神力などの何らかの労力が必要とされますから、自分の利益ばかりを考えている人にはできないことです。

他者を思いやる気持ちを持っていたり、精神的に成熟していて余裕がある人が、自分の利益にならなくても人のために動くことができるのです。

気遣いできない男は物事を損得勘定で考えるので、労力がかかって自分の得にならないため、気遣いをすることはありません。

本人は気遣いをしないで無駄を省き、得をしていると思い込んでいます。

しかし、人からの信頼や人望などの価値のあるものを失っています。

頑固で負けず嫌い

気遣いできない男の特徴に、頑固で負けず嫌いということがあげられます。

気遣いできない男は、自分の存在や価値観を絶対的なものだと思い込んでいます。

とても負けず嫌いで、やむを得ない理由がない限りは、他者に追従したり、優しさをもって接するということもありません。

そのため、自分と同等の立場か、それよりも下の立場の人に対しては、自分の意見を決して曲げず、とても頑固で尊大な態度を取ります。

人に気遣いをすることが自分の負けになるという認識になるので、人から気遣いをされても自分からは決してしません。

このタイプは頭が良かったり優秀なところがある人も多いのですが、とても扱いづらいために周囲から浮いている傾向があります。

コミニュケーション能力が低い

気遣いできない男の特徴に、コミニュケーション能力が低いということがあげられます。

気遣いするためには、他者に対する思いやりや優しさといった精神的な要素と、今何が必要とされているのか理解する機転の良さが求められます。

どちらか一方があれば気遣いをすることが可能ですが、不器用だったり鼻についたりして人から喜ばれないということにもなるのです。

人から喜ばれるような気遣いをするには相手の気持ちを理解した上で、スマートに行動する必要があります。

そのため、高度なコミニュケーション能力が必要になるのです。

気遣いできない男は、コミニュケーション能力が低い傾向が見られます。

このタイプは、まず人の気持ちが分からなかったり、自分なりに気遣いをしてみてもスマートでない方法をとってしまいます。

そのため、反対に人に気を遣わせてしまうというタイプが多いのです。