気遣いできない女の特徴は?

気遣いできない女の特徴は?

気遣いが出来ないと、仕事が上手くいかなかったり、周囲との関係がぎくしゃくしてしまうことがありますよね。

女性の場合は特に協調性が求められる風潮があります。

そのため、気遣いが得意なタイプでなくてもある程度の気遣いは出来るようになりたいものです。

気遣いが出来ないなどと言われないように、ここでは気遣い出来ない女の特徴をチェックしていきましょう。

気遣いできない女の特徴

注意力がない

気遣い出来ない女の特徴として、注意力がないことがあげられます。

気遣い出来ない理由には様々なものがあります。

しかし、注意力がなく、気遣いする場面で気付けないことが大きな要因としてあげられます。

気遣い出来ない女は注意力がないので、タイミングを逃すのはもちろん、そのシーンで気遣いが必要かどうかさえも分からないという傾向があるのです。

そのために、気遣いをした方が良いというタイミングで何もせずに、後から責められたり批判されてようやく認知します。

気遣いが出来ない女は注意力がないため、気遣いが出来ず何度同じようなトラブルを起こしても見過ごしたり後手に回ってしまい、あまり成長が見られません。

内向的で人見知り

気遣い出来ない女の特徴に、内向的で人見知りということがあげられます。

気遣いが出来るタイプには、様々な性格の人がいますが、共通点としてある程度外向的なところがあげられます。

気遣いというものは然り気無く行う方が良いのですが、実際に行うのはとても難しいのです。

内向的でも気遣いが出来るタイプはいますが、大抵の場合、自分の優秀さをアピールするために気遣いしているという外向的なタイプが多いです。

内向的で人見知りな場合、気遣いのタイミングに気付いても、それを上手く行うことが出来ません。

気遣いが迷惑になったり、余計なお世話になってしまうことが嫌なので、せっかく良く気が付くタイプでも上手く生かせないのです。

しかし、内向的で人見知りなタイプは、一度気を許した相手にはとても細やかな気遣いをしてくれるので、友人やパートナーとしては有り難い存在と言えます。

自己中心的な性格

気遣い出来ない女は、自己中心的な性格ということも特徴の一つです。

気遣い出来ないタイプは様々なのですが、自己中心的な性格の場合は、最も質が悪く厄介な人と言えます。

自己中心的で人の気持ちや迷惑を考えないため、何もしないタイプと違い、自分の利益のために積極的に周囲にダメージを与えてしまうからです。

たとえば、自分のストレス発散や利益のために、人の失敗や触れられたくないことを敢えて口にしたり、人の邪魔をしたりもします。

大きな損害が出ると分かっていても、自分の利益にならないからと何もしないこともあります。

そして、このタイプの最も厄介なところは、気遣いをしようと思えば出来るため、自分の利益になることに関しては気遣いが出来るところです。

そのため、目上の人の前では気遣いしたり、人の手柄を横取りしたりします。

しかし、気遣いの本質は人への優しさや献身性です。

自己中心的で気遣いしないタイプは我が儘で優しさに欠けるので、周囲の人から冷ややかな目で見られてしまいます。

損得勘定で動く

気遣い出来ない女は、損得勘定で動くという特徴があります。

損得勘定で動いてしまう人は、人の気持ちに寄り添ったり、自分の得にならないことに一生懸命になったりしません。

そもそも気遣いというのは基本的には自分のためにするものではなく、他者や全体の利益のためにやることです。

そのため、究極の利己主義とも言える損得勘定で動くタイプは、気遣いするという概念や視点が欠けているのです。

損得勘定で動く人は気遣いするという行動の選択肢がないため、気遣い出来ない女になってしまうのです。

幼稚で社会経験が乏しい

気遣い出来ない女の特徴に、幼稚で社会経験が乏しいことがあげられます。

気遣い出来るかどうかは、精神的な問題と親からの躾や習慣といったものが複雑に絡み合って決まります。

それらのどちらかが欠けてしまうと、気遣いが出来ない人間になる傾向が見られます。

幼稚で社会経験が乏しい人は精神的にも未熟で、気遣いをするという習慣がないため、他者への振るまいや意識が未熟な部分があります。

過保護に育てられたり、箱入り娘で世間をあまり知らないというケースが多い傾向があります。

ただし、このタイプは必ずしも内面的に問題があるという訳ではありません。

本人の性格や向上心次第で、経験とともに精神が成熟したり、だんだんと人への気遣いが出来るようになります。

遠慮してしまう

気遣い出来ない女の特徴に、遠慮してしまうということがあげられます。

気遣いが堂々と出来る人は、人たらしだったり、目上からの評判が良いというタイプが非常に多いのです。

そういったタイプは、ある意味人に対して遠慮がなく、自然体で親切にしたりフォローしたりすることが出来ます。

一方で遠慮がちなタイプは、たとえ人の気持ちをよく理解したり様々なことに良く気が付くとしても、行動に移すことが出来ません。

相手に迷惑だと思われる可能性を考えたり、自分が手柄を立てるよりも誰かに手柄を譲ることを望んでしまうのです。

やや内向的な人や、神経質なタイプにこの傾向が見られます。

遠慮してしまうタイプは、自分が気遣い出来る場面でも行動に移さないので、結局は気遣い出来ない女だと言われてしまうのです。

気遣いのみならず、様々な場面で遠慮してしまうため、本人の能力より評価が低い傾向も見られます。

失敗を怖れて動けない

気遣いが出来ない女の特徴として、失敗を怖れないということがあげられます。

気遣いが出来ない理由には色々ありますが、気遣いすべき所で鈍感で全く気付かないタイプと、気付いていても何も出来ないタイプに分けられます。

失敗を怖れて動けないタイプは、後者にあたります。

このタイプは気遣いが失敗して裏目に出たり、目立って叩かれてしまうのがとても怖いために、結局は何も出来なくなってしまいます。

気が弱かったり内向的なタイプに多く、自分の能力をアピールすることもありません。

そのため、人からの好感度も芳しくありません。