シャイな男性がやりがちな好き避けの行動は?

シャイな男性がやりがちな好き避けの行動は?

普通、好きな人が居ると「好きだからこそ近付きたい」と感じるものですが、その反対の「好き避け」という行動を取ってしまう人が存在します。

「好き避け」とは、「好きだから避ける」という独特な行動で、特にシャイな男性ほどその行動が目立つ傾向にあります。

やはり、普段から女性慣れしていないシャイな男性は、好きな人に対する態度すらも、常に消極的なのです。

では、そんなシャイな男性がやりがちな好き避けの行動には、一体どのようなものがあるのでしょうか。

シャイな男性がやりがちな好き避けの行動

目を見て話さない

シャイな男性がもっともやりがちな好き避けの行動は、「目を見て話さない」です。

そもそもが恥ずかしがり屋な性格の彼らは、好きな人の顔を見て話をする事が出来ず、目を見て話す事などもってのほかです。

その言動には「恥ずかしいから」「どんな顔をすれば良いのか分からないから」という心理もありますが、「そんな自分を見抜かれたくない」という自信の無さが表れているのです。

だからこそ、そんな自分を隠したいが為に相手と目を合わせず、「好きだからこそ逃げる」という、まさに好き避けそのものの行動に出るのです。

会話を早々に切り上げる

恥ずかしがり屋でシャイな彼らは、好きな人と会話をする際にも好き避けの行動を見せます。

それは「会話を早々に切り上げる」という、普通の人からすれば「何でせっかくの機会を無駄にするの?」と、ほとほと謎にも感じられる行動です。

では、なぜ彼らがそんな行動を取るのかというと、「下手な発言をして嫌われたくない」「面白い話が出来ない」というマイナス思考が原因なのです。

その為、せっかく好きな人と会話が出来るチャンスにも関わらず、彼らはそんな緊張心から逃げるように早々に会話を切り上げようとします。

この事からも、「好きだからこそ逃げる」という行動には、彼らのデリケートな性格が災いしている事が分かります。

好きな人が居る場所をあえて避ける

普通の人から見て謎に感じる最大の行動は、「好きな人が居る場所をあえて避ける」という行動です。

その行動を取る心理には、またしても「どうせ話が出来ないから」「他の男性と仲良くしている場面を見たくないから」というネガティブ思考が働いています。

その為、好きな人が居るなら積極的に近寄ればいいもの、彼らは頑なにそれをしようとしないのです。

それどころか、「はるか遠くから眺めているだけで十分」という消極的すぎる価値観を持っている為、思わず「その恋、発展させる気あるの?」という疑問を感じてしまいます。

声を掛けられてもそっけなくする

日頃から好きな人の存在からなるべく逃げている彼らは、いざ好きな人を目の前にしても、どのような行動を取るべきなのかが分かりません。

その為、当然好きな人に声を掛けられると、喜ぶどころか逆にパニックになってしまう為、思うように会話をする事が出来ません。

そんなシャイすぎる彼らは、好きな人から声を掛けられてもどこかそっけない態度を取り、その態度はどう見ても好きな人に対する態度ではありません。

彼らは、「好きだという事がバレたくない」「カッコ悪い自分を見せたくない」という謎のこだわりがあるからこそ、好きな人と堂々と接する事が出来ないのです。

あえてLINEを返さない

好きな人が居る人にとって、「好きな人から届くLINE」ほど特別なものはありませんよね。

相手からの返事を今か今かと待ったり、その返事の内容に一喜一憂する事こそ、恋愛をする上での醍醐味の一つであるとも言えます。

しかしそんな中、シャイな男性は「あえてLINEを返さない」という驚きの行動に出る傾向があります。

それは、彼ら特有の「何と返事をして良いか分からない」「余計な発言をして嫌われたくない」「迷惑かも」という消極的な考えが原因で、そうこう悩んでいるうちに返事をし損ねるのです。

そうして余計な事ばかりを考えているうちに返事をする事すら諦め、またしても「好きだからこそ行動出来ない」という好き避けの行動に出てしまいます。

あからさまに冷たい態度を取る

シャイな男性を観察していると、「好きな人に対する態度があからさまに冷たい」という事に気付きます。

彼らがなぜそのような態度を取るかというと、やはり「恥ずかしいから」という心理が最もたる原因で、好きな人を目の前にした瞬間、分かりやすいほどのシャイ全開な態度を取ってしまうのです。

その為、相手からすれば「私って嫌われているのかな?」と感じてしまい、その恋が発展する事は一向にありません。

また、シャイな男性はただでさえ無愛想な印象を持たれやすい為、好き避けの行動は余計に悪印象に輪をかける羽目となります。

しかし、シャイな男性はそんな自分に反省をしつつも改善に移す事がほとんど無い為、彼らの恋愛はある意味前途多難であると言えます。

好きな人の親切心を否定する

最後は、「好きな人の親切心を否定する」という行動です。

例えば、相手が気を遣って「その荷物重くない?一緒に持ってあげる!」「大丈夫?手伝おうか?」などと声を掛けてくれた時、シャイな男性は素直に「ありがとう」と言う事が出来ません。

それどころか、「それくらい一人で出来るから!」などと言ってその気遣いを断り、相手の親切心を受け取ろうとしないのです。

そんな行動を取る原因には、シャイな男性ならではの「素直になれない」「好きだからこそ逃げたい」というどこか捻くれた心理がある為で、それゆえせっかくのチャンスを逃す事も日常茶飯事です。

その為、たとえ相手から好意を寄せられていたとしても、それを汲み取れない事はおろか、好き避けという最悪な行動を取ってしまいます。

そんな好き避けの行動は、相手からすれば「嫌われているのかな?」と悪印象に映ってしまう為、そんな行動を取るメリットは一つもありません。

そんな好き避けの癖を直さない事には、彼らが幸せを掴む事は到底難しいでしょう。