蠍座(さそり座)AB型の性格とは?意思が強い頑固者!

蠍座(さそり座)AB型の性格とは?意思が強い頑固者!

ただでさえ不思議で、何を考えているのがわからないと言われることも多いAB型。

蠍座という星座と合わせると、何ともミステリアスで近寄りがたい独特のオーラさえ感じられます。

目立ちたがりではないのに、どこか寂しそうで、気になってしまう相手です。

何を見つめているのか、遠いところに向けたような視線が気になりますが、ふとこちらを振り向いたときの目は、私たちの心の中まで見通してしまうようですね。

さっそく、AB型蠍座に話しかける準備として、ちょっとだけ性格を覗いてみましょうか。

また、蠍座全体の性格についてはこちらで詳しく説明しています。

蠍座(さそり座)の性格の特徴とは?大人しくて寂しがり屋な一面もある 蠍座(さそり座)の性格の特徴とは?大人しくて寂しがり屋な一面もある

蠍座AB型の性格

意志が強い

表面的には物静かで、おとなしい性格をしているのではないかと思ってしまいます。

雰囲気も言葉も物静かな人が多いです。

でも、頭はいつも早く回転して、何か考え事をしています。

同時にいくつかのことを考えられます。

そして、大切な考えを固めようとしています。

それが仕事であれ、恋愛であれ、趣味であれ、人生の設計についてかもしれませんが、何かを決めたなら実行しようとします。

周到に計画を立てて、ストイックなくらい努力を重ねて、いばらの道だって黙々と進んでいきます。

普段おとなしくしていたのはこの為のエネルギーを温存していたかのようですね。

そう、蠍座AB型は意志がとても強いです。

大切なのは自分が決めたことであって、他のことに目を向けたり、他の人の言葉に耳を傾けることもしません。

ひたすら頑固

一回決めたことは、ひたすらそれを守ろうとします。

状況が変わって、それがもう必要ではなくなっても、自分が苦しくなったとしても、こだわり続けます。

例えば、お付き合いしていた恋人のために作り始めたものを、別れてしまっても作り続けるように。

感傷に浸りながらも、何かしていたいのです。

そして、途中でやめてしまうことが何だか気に入らない。

その姿は周りから見て痛々しくて、見かねて声をかけた友達の言葉だって聞き入れません。

もう何のためなのか、自分でもわからなくなっても、続けようとします。

立ちどまることが苦手なのは、ふと気が抜けた瞬間に自分の涙に溺れることを避けたいからです。

意外に負けず嫌い

何かに負けて悔しいと思う気持ちがバネになって、伸びていく人もいます。

でも、蠍座AB型は何度も挑戦しますが、負けを認めたくありません。

ある意味、自分が何かを征服することで、優越感を得られたときにやっと止まります。

一緒に遊ぶことを楽しむ程度なら良いのですが、何度も追いすがられると相手は疲れてきます。

早く決着をつけようとして、相手がわざと負けるフリをしたなら、それもまた気に入りません。

その面では子供っぽいところがあるかもしれません。

いつもは大人っぽくてクールなのに、これも意外な一面です。

不思議な勝負強さ

蠍座AB型には魔法が使えるのかと思うくらい、良い時に力を発揮します。

ここ一番、外せないところはぜひお願いすると良いかもしれません。

例えば、いろいろな人が見守る最後のシュートだったり、一人に注目が集まる場面などです。

多くの人は、プレッシャーに負けてしまいますが、蠍座AB型の人は観客がいることで興奮もしていますが、落ち着いて集中できます。

何かハイの状態になって、最後の勝負で大逆転できる風を起こします。

ドラマや映画であるような、スローモーションのように見えているのかもしれません。

そんな場面で落ち着いていられるのは、普段の努力と、度胸があるのですね。

突き詰めるのが好き

一言で言うなら、蠍座AB型は凝り性の人が多いです。

体を鍛えることをしたり、スポーツが自分に向いていないと思えば、研究や趣味に没頭します。

興味の持てるものに狙いをつけたら、飽きずに続けていくので、その道を極めていきます。

音楽家や芸術家、陶芸家など、何か表現したり作ることも向いています。

好きなものに凝りながら、自分と向き合っていく時間が必要です。

自分の世界を周りに作り上げ、確認することで安心します。

繊細な面があり、多くの人とズレがあるのも自分でちゃんとわかっているので、そういう世界に馴染めなくても、帰って休める場所が欲しいのです。

優しいけれど不器用

本当は、すごく優しくて思いやりのある人なのに、誤解されがちな性格は少し損です。

誰かに軽く声をかけたり、嘘でも慰めを言ったりすることは不誠実だと感じるので、考えてから確かな言葉を言いたいと思っています。

耳障りの良いことよりも、本当のことを言うので、きつい言葉もあるかもしれませんが、蠍座AB型の人に言われたことは嘘ではないでしょう。

褒められたなら、嬉しいですね。

ですが、真実を語りたいと思うのは、心を開いた相手だけ。

興味のない相手や、向き合う価値の感じられない相手になら、言葉をかけることさえしないドライな面もあります。

その結果、軽々しく近づけないイメージになってしまいます。

面倒見が良い

何人かで集まって、面白おかしく話をしている輪に入っていくことは蠍座AB型はしません。

でも、そんな仲間の前では強がっていたけれど、一人になって落ち込んでいる人を見たら、その背中をちゃんと見ています。

他の人には秘密にして欲しい相談を持ちかけられたり、本当に困っていそうな人を見たら、蠍座AB型は手を差し伸べます。

いつも傍にいる友達のような相手ではないけど、困ったときには安心して頼りに行きたい人です。

真剣に話を聞き、役に立つようなアドバイスをしてくれます。

口先だけではない言葉に、蠍座AB型の人の優しさが感じられます。

問題が解決した後も、実は気にかけてくれているので、報告をしてあげると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA