意地を張る女の心理7つ

意地を張る女の心理7つ

些細な事で、つい意地を張ってしまう人がいます。

周囲から見れば、意地を張らずに素直になれば良いものの、意地を張る人は一度そうのようになれば、なかなか治りません。

では、なぜ人は意地を張るでしょうか。

意地を張る女性の心理にはどのような特徴があるでしょうか。

意地を張る女の心理

プライドを維持したい

プライドの高い人は意地を張ってしまう傾向があります。

意地を張るつもりがなくとも、気づけば意地を張っていることもあります。

一度、意地を張ってしまえば、そのまま進みます。

後に戻るようなことはしません。

更にプライドが邪魔をして、自ら下がろうとは多くの人がしません。

プライドは少し持っていた方が良いですが、時にはプライドが自分にマイナスになってしまう影響を与える事があります。

自分にマイナスになってしまうと分かっている人もなかなかそのプライドを崩すことは出来ません。

そして結局、似たような出来事があった時にもプライドが前に出てしまい、意地を張ります。

自分を理解してほしい

自分の気持ちを分かってほしい場合にも意地を張ってしまいます。

誰かと話しているときに、自分の核心の部分に触れられる、または自分の中で譲れないことについて相手が意見を言うと、不愉快になります。

その時に自分の信念や気持ち、考えを相手にも理解してもらいたい気持ちが強いと、その事に対して考えを強く言います。

相手が分かってくれなければ、相手が理解しようとするまで何度も言います、

その核心に来るような部分が相手にしてみれば、ほんの些細なことの場合もあります。

些細なことであれば、「こんな事で」と、相手は思います。

そして意地っ張りと言う印象が根付くことがあります。

しかし、本人にしてみれば自分にとってはとても重要な考えや出来事であるが故、相手に理解してほしいだけです。

負けたくない

話している相手をいつの間にか勝負相手に見ています。

相手が自分のことに対して何かマイナスのことを言ってきた場合に、そこに反抗心が出てきます。

勝負に負けたくないと言う競争心が心の中に出てきてしまいます。

自分の言っている事が正解であると、相手に分からせようと思い必死になってしまいます。

相手は喧嘩をするつもりが無くても、勝手に勝負のように思い込んでしまい、意地を張り、考えの押し付けをします。

競争心を常に持っている事が原因になっている場合もありますが、その競争心は相手には伝わりません。

単に意地っ張りであると相手からは思われます。

アマノジャク

特に理由がある訳ではないですが、女性は彼氏などに自分の考えとは真逆の事を言ってしまう
アマノジャク体質の人がいます。

相手が言っていることにそのまま同感するのを嫌と思ってしまい、つい拒んでしまいます。

正反対のことを言う事で自分により興味を抱いてほしいと思っている場合もあります。

例えば好きであるのに嫌いと言ってしまう事などです。

そしてアマノジャクになっていると、意地を張ってしまう傾向があります。

本当は相手が言っていることが正しいと分かりつつも、アマノジャクの人は反対の意見を言います。

その為、より強く自己主張をしなければ相手に言いくるめられます。

言いくるめられないよう、更に強く言い、結果意地を張ってしまいます。

後に引けない

ケンカになった際に、つい勢いが増してしまい売り言葉に買い言葉で言ってしまうことがあります。

本音では思っていないことでも、その喧嘩に対抗する為に口走ってしまうことがあります。

その時に一度言ってしまい、心の中では言うべきではなかったと思いつつも後に引けないことがあります。

そしてその喧嘩している状態で謝ることも出来ず、意地を張り続けてしまいます。

今さら後に戻ることが出来なくなってしまうのです。

そのまま意見を主張するしか自分の立場を維持する方法がなくなってしまい、今さら言葉の訂正が出来ないため意地を張ってしまいます。

気分のムラ

女性は気分に波がある人がたくさんいます。

その日の気分により、同じことを言われたとしても受け答えも違います。

友人や会社の人と話をするときには普通に接していても家族の人や彼氏と話をするときには素で話します。

その時の気分によっては気分が乗らない日には意地を張りたくなり、つい意地を張ってしまうことがあります。

自分の考えを分かってくれないことにイライラ度が増してしまい、意地を張ります。

気分で意地を張っている時には何を言ってもその意地の張りはなかなか治りません。

時間を変えてまた同じことを言うと今度は素直に受け入れてくれる可能性もあります。

本音を知られたくない

自分の本音を知られたくない時にはつい、意地を張ってしまいます。

例えば彼氏に会えずに寂しい時に素直になれず、寂しくないと言ってしまうことがあります。

本音を言えば良いのですが素直になれない時です。

素直に言うことで恥ずかしさを感じることもあります。

そして自分の気持ちに嘘をついてしまいます。

また、もし会えない理由が彼の仕事が忙しすぎて会えないなどであれば、本音を隠して彼を気遣おうとしている場合もあります。

その気遣いを彼に気づかれずにいようとしている間に次第にむきになってしまい、強く意地を張ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA