男臭い性格の特徴7つ

男臭い性格の特徴7つ

最近では、草食男子、女装男子など、性格や見た目も中性的な男性も増えてきましたよね。

あなたは恋人にするなら、中性的な男性と、男らしい男性、どちらの男性を選びますか?

今回は、男臭い性格の特徴についてご紹介していきます。

男臭い性格の特徴

細かいことは気にしない

男臭いな!と思わせる男性は、いちいち細かいこと気にはしません。

よく言えばおおらかな性格、悪く言えば大雑把と言ったところでしょうか。

ピンチに陥った時にも、男臭い男性が一言、「何とかなるさ!」と言えば、何とかなってしまいそうな気さえしてきます。

そこに根拠などなくても、大らかな気持ちでみんなの背中を押してくれる人の存在がどんなに有難いことか。

大雑把な性格なので、繊細な作品を作ることなどには不向きですが、多くの人を勇気づけてくれる温かみが好かれるポイントなのでしょう。

デートの支払いは男持ちは当然だと思っている

最近の若者は、デートの時に、男性も女性も割り勘で支払うカップルが増えてきているようですが、一昔前だと男性が女性の分を支払わないというのは考えられません。

しかし、今時の若者の中でも、男臭さのある男性は、例え金欠だろうが、女性の方から誘ってきたデートであろうが、女性にお金を出させようとはしません。

やはり、女性としてはご飯をご馳走してもらえることを心のどこかで期待していたりするものです。

女性が気がつかないうちにお会計を済ませておくスマートな支払い方でなくても、男性が奢ってくれたら、後味の良い食事ができたな、と思えるでしょう。

白黒はっきりつけたがる

男らしい男性は、決断力があります。

レストランでメニューを決める時も、将来を左右する大事な進路を決める時も、サクサク決めていくでしょう。

優柔不断でなかなか決断出来ない人を見ていると、イライラしてきて、堪らず口出ししてしまう事もあるようです。

あれこれ考えて悩んでいる時間が惜しいと思うのでしょう。

決断力があるだけではなく、待てない性格で、せっかちなところもあります。

ざっくり言うと江戸っ子のようなサバサバとした潔さ魅力で、白黒ハッキリさせないと気が済まないタチなのです。

このようなタイプは、好きな人からは大変好かれるし、苦手な人はうざったくて距離をおきたくなってしまうという極端な印象を持たれがちです。

女の子に興味津々

異性への関心が非常に高く、女の子に興味津々なのは、男性として健康で健全な証です。

最近の若者は、恋をしたことがない人や、恋人なんていらないと思っている人も少なくないと言われています。

若い人が、恋だ、愛だと賑わいを見せないなんて何だか寂しい気がしますよね。

単細胞と言われようが、可愛い女の子を見つけてテンションが上がって声をかけたり、女の子の前でカッコつけてしまうような男性の方が、活気があって安心できます。

草食系男子が増える中、生き残っている肉食系男子はまさに、男臭い生き物と言えるでしょう。

男の友情を大切にする

男臭い男性は、人情深く、友達との絆をとても大切にします。

幼い頃からの幼馴染や、一緒にスポーツで汗を流したチームメイト達と大人になった今でも交流が深いのではないでしょうか。

女性とのデートももちろん楽しいのですが、男同士でキャンプに出かけたり、居酒屋に集まって近況を語り合いながら飲み明かすのが何よりの楽い時間となっているのでしょう。

昔の懐かしい馬鹿話や、男のロマンを語り合っているうちに、仕事のストレスを綺麗さっぱり忘れられ、「明日も頑張ろう!」と前向きな気持ちになれるようです。

好奇心旺盛

新しいものを見つけると、ワクワク、ドキドキが止まらず、好奇心旺盛で、永遠の少年のような性格をしているでしょう。

特に男臭い男性の好奇心を掻き立てるのは、最新家電の並ぶと家電量販店です。

どんどん登場するハイテク家電の進歩にワクワクが止まらなくなってしまうようです。

また、男臭い男性は、思い立ったことはすぐに行動に移す行動力に溢れていて、生まれながらにして冒険家のような勇ましさがあります。

大人になるにつれて、好奇心や冒険心は薄れていってしまうのが一般的ですが、男臭い男性は、子供の頃に描いた夢や好奇心を持ったまま、真っ直ぐと育っていて、一緒に過ごしていると、こちらも忘れかけていた純真な心を取り戻すことが出来るでしょう。

一緒にいると楽しく刺激的な日々を過ごせるはずです。

強いものに憧れている

男の象徴と言えば「強さ」ではないでしょうか。

男臭い男性は、自分が男である事に誇りを持っていて、強いものへの強烈な憧れを持っています。

ジムに通って肉体を鍛えあげたり、武道を習って強さを身につけることに精を出すことを男の嗜みと考えているでしょう。

ヤンキーマンガを読んだり、ブイシネマを観るのも好きだったり、創作作品の中にも「強さ」の要素が入っているものを好んで見るようです。

このような作品の良さは、女性には永遠に分からないかも知れませんね。

実際にそんな世界には無縁の真面目な青年であっても、強さへの憧れが強いと、男臭いさがプンプンする作品の世界に浸りたいと思うのでしょう。