大人っぽい男性の特徴7つ

大人っぽい男性の特徴7つ

実際の年齢より、大人っぽいと感じさせる人はいます。

男性の場合は、どんな特徴があるのでしょうか。

いろいろなことを経験してきて、考えていそうですよね。

良くも悪くも、ミステリアスだから、つい彼のことが気になってしまう人も多いでしょう。

大人っぽい男性の特徴

いつも冷静

普通の人は、喜怒哀楽の波があって、その人の素が見える瞬間があります。

でも、大人っぽい男性はあまり気分の揺らぎが感じられません。

感情はあるのがわかるのに、理性で抑えているのかと思うと、尊敬すらします。

人間的には明るかったり、接しやすい相手です。

でも、彼の独特のリズムがあって、その大きな波にいつのまにか乗せられているような感覚になりますね。

ちょっとしたハプニングがあっても、しっかり対処してくれそうな安心感があります。

慣れていない場所では、彼の傍にいたら安全です。

怒らない

大人っぽい男性は、簡単なことでは怒りません。

自分の思い通りにならないから怒っても、問題が解決する訳ではありません。

苛立たしい気持ちに一瞬なっても、それを抑えます。

自分の理性を忘れることで、後から困ることになるのが予想できます。

そんな時も、ちょっと間を置いて、落ち着きを取り戻します。

問題を解決することや、その後の時間のことを考えたり、視野が広いと言えます。

怒らないことで、相手と同じトーンになり、ケンカが余計こじれたり、取るべき方向への道を見失うことを避けるようにしているのです。

心が広い

大人っぽい男性は、いろいろな価値観があるのを知っています。

多くの人やものに出会ってきて、自分とは違うものが世界にたくさんあることを知っています。

だから、自分と違うものを間違っていると考えたり、簡単に排除しないのです。

自分が知識を吸収する姿勢も、人を受け入れる態度にも、心の広さが反映されています。

誰かが助けを求めてきたら、話をじっくり聞いてあげるでしょう。

そして、何が一番助けになるか考えてアドバイスしたり、行動してあげます。

相手の悩んでいることが大したことではないと言って笑ったり、批判することはありません。

できるだけ多くの人を受け入れてあげたいと考えています。

物知り

いろいろなことを知っている人は、大人っぽいという感じがします。

あなたの知らない世界のことも、たくさん知っているようです。

彼と一緒に行動したら、今まで知らなかった体験ができそうです。

自分で行動して迷ったら、彼にアドバイスを聞いてみるのも良いでしょう。

「こんなお店に行ってみたい」「こんなことに挑戦してみたい」など、彼に打ち明けてみたら、連れて行ってくれるかもしれません。

どこから始めたら良いかわからない状態より、少し取り組み方もわかって心強いですよ。

わからないことは彼に聞いてみたら、話を聞きながら楽しい時間が過ごせるかもしれません。

経験が多い

良い経験か、悪い経験だったのかは、あまり問題ではありません。

そこから学んだことを、どう生かすかです。

大人っぽい男性は、それまでの経験を自分の糧にしています。

反省もあったかもしれませんが、それを自分の毎日に良い方向で活用することを考えてきたのでしょう。

自分から体験を自慢するような薄っぺらい態度ではありませんが、落ち着きがあって心が深い場所に隠れているようです。

その経験は、あなたや周りの人がアドバイスを求めた時に少し教えてくれるかもしれません。

経験を一人占めすることなく、他の人の役に立てようと考えているのも、大人っぽい彼ならではですね。

同年代より落ち着いている

同じ年代の男女と比べてみると、大人っぽい男性は、年上に見えることが多いです。

見た目からというより、雰囲気が落ち着いているのです。

自分らしさが早くからわかっているので、流行にも、気が向いたら乗るくらいです。

服装も、仕草も、流行や多くの人とは違いますが、彼のスタイルがあります。

それを密かに真似したいと思っている人もいるかもしれませんが、何となく自分には似合わないと感じてしまうでしょう。

誰かに憧れることはできますが、中身が追いついていないと、その人に近づくことができません。

大人っぽい男性は、誰かの真似をすることがありません。

自分に満足しているのです。

気分が安定している

大人っぽい男性は、喜怒哀楽は自分でわかっていますが、気分は自分でコントロールしています。

特に、怒ったり八つ当たりすると周りに迷惑をかけたり、怖がらせたりすることがあるので、自分でストレス解消します。

自分の気持ちに素直でいるのと、周りにイヤな思いをさせないことの両立を目指しています。

何か、自分の思い通りにいかない時にイライラして不機嫌になったり、騒ぐのは幼い子供の行動です。

自分が落ち着いていないと、人のことを受け止めることができません。

それでは、誰かの助けになれないと考えているのです。

大人っぽい男性は、自分が安定していて、傍にいる人を助けようと考えているのです。