口が悪い女性の心理は?

口が悪い女性の心理

女性は一般的に男性よりコミニュケーション能力が高く、穏やかな気質だと言われます。

しかし、実際には言葉で人を傷付けてしまう、口が悪い女性も少なくありませんよね。

その時、いったいどんな心理が働いているのでしょうか。

ここでは、そんな口が悪い女性の心理を詳しく見ていきましょう。

口が悪い女性の心理

人よりも優位に立ちたい

口が悪い女性の心理として、人よりも優位に立ちたいということがあげられます。

ここで言う優位に立つというのは、相手に対してということと、集団やグループの中でということの二つがあります。

口が悪い人は、男女問わずプライドが高い傾向がありますが、性別によって働く心理には差があります。

危険の多い狩りや外での仕事が多い男性とは違い、女性はコミニュケーションで生き残るための戦いをしてきました。

口が悪い人は、相手から反感を買うと同時に、威嚇したり恐れを抱かせることも出来ます。

そのように影響力を強めることで、女性は狭いグループの中で優位に立ち、より自分の身の安全を確保したり豊かさを手に入れてきたのです。

そのため、口の悪い女性は自身は、より豊かで安全な立場を得るために、人よりも優位に立ちたいたいという心理が働いていると言えます。

孤立することへの恐れ

口が悪い女性の心理として、孤立することへの恐れがあります。

口が悪い人に対して嫌な気持ちになるという人が多い反面、自分では言えないという人にとっては痛快な気持ちにさせられることがあります。

つまり、口が悪いと敵を作ると同時に、そのグループ内での賛同者を得ることが出来て、影響力を持つようにもなるのです。

人は影響力のある人のところに集まるという本能があります。

口が悪い女性は、人を傷つけたり悪口を言うことで、人が集まってくるということを本能的に悟っています。

そうするとこで、敵ばかりでなく、自分を慕ってくれたり、気をつかってくれる人も出てくるということも知っています。

口が悪い女性は、孤立することを恐れる心理が働いているために、敵を作ってでも味方を得ようとするのです。

情緒不安定

口が悪い女性の心理として、情緒不安定であることがあげられます。

口が悪い人でなくても、思わず汚い言葉や辛辣な言葉を使ってしまうことはあり得ます。

普段はそういった発言をしないという人も、ストレスがたまっていたり、お酒を飲んだりして理性が弱められるとつい失言をしてしまうものです。

普段から口が悪い女性は、もちろん習慣もありますが、理性が働いていない状態であると考えられます。

理由は様々ですが、情緒の不安定さによって理性が働かず、口が悪くなってしまうのです。

ただでさえ女性は男性に比べて情緒豊かな反面、気持ちに大きく波がありますから、感情をコントロールすることが難しいと言えます。

情緒不安定でも自分を律している女性も多いのですが、それが難しい人の場合、思わず攻撃的で汚い言葉が出てしまうのです。

強い攻撃衝動が働く

口が悪い女性の心理として、強い攻撃衝が動働くことがあげられます。

ほとんどの人は、子供の頃から家庭や学校などで、悪い言葉を使わないようにと躾を受けているものです。

それにも関わらず、人を傷つけるような言葉を使ってしまう人は、そのような汚い言葉を使うことを我慢出来ないという可能性が高いのです。

人を傷つけたりバカにしたりという、攻撃的で毒のある言葉を使うことは、穏やかな性格の人や常識的な考えをする人は抵抗を感じてしまうものです。

しかし、強い攻撃衝動が働くと、人はつい暴言を吐いたり毒づいたりしてしまいます。

口が悪い女性は、心理的に強い攻撃衝動が働いていると考えられるのです。

どこまで傷付けて良いか見極めている

口が悪い女性の心理として、どこまで傷つけて良いか見極めていることがあげられます。

そもそも、人を傷つけて良い理由はありません。

しかし、相手を傷つけても、自分にとって面倒なことやトラブルが起きなければ良いと考えてしまう人も少なくありません。

口が悪い女性もその一人で、悪い言葉を使い、相手をどこまで傷つけても大丈夫なのかを確かめているのです。

その目的の大部分は、ストレス発散です。

人はストレスがたまると、暴言を吐いたり罵倒したりしてストレスを発散します。

しかし、相手によっては当然、反撃されたりトラブルになってしまいます。

口の悪い女性は、相手が反撃しないかどうか見極めようという心理が働いて、普段から言葉で相手を傷つけるようなことを言ってしまうのです。

悪意を振りまくことが快感

口が悪い女性の心理として、悪意を振り撒くことが快感であることがあげられます。

人は物心がついた頃に、美徳の存在に気づき意識し出します。

物事を単純な損得で見るだけではなく、人格的な魅力の価値に気付いて、自らの内面を磨くようになるのです。

しかし、中にはそういった美徳をまるで理解できず、自分の人格を貶めるような振る舞いをしてしまう人も少なからず存在します。

口が悪い女性のタイプにも様々なものがありますが、悪意を振り撒くことで快感を得るという人は、相手ばかりだけでなく、自分の人格を貶めてしまう代表的なタイプと言えます。

快感を得るため、相手をどうやって傷つけようかという心理ばかりが働くので、反省したり努力することも放棄しがちです。

鬱憤が溜まっている

口が悪い女性の心理として、鬱憤が溜まっていることがあげられます。

人はストレスが大きくなると理性が正しく働かず、衝動的な行動をしやすくなります。

口が悪い女性の多くも、ストレスを抱えきれずに、結果的に汚い言葉を使ってしまうのです。

相手から何らかのストレスを受けているために、その相手に対して冷たい言葉や攻撃的な言葉を使ってしまうことも多いです。

しかし溜まった鬱憤を発散するため、誰彼かまわず八つ当たりで酷い言葉を浴びせることも多々あります。

ですから、口の悪い女性がイライラしているときは近寄らない方が身のためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA