貯金できない男の特徴や性格7つ

貯金できない男の特徴や性格7つ

あなたの彼はきちんと貯金が出来る派ですか?

それとも貯金できない派でしょうか?

どんなに好きな彼氏でも、貯金ができない男だと、結婚を考えた時、不安で仕方がありません。

今回は、貯金できない男の特徴や性格についてご紹介していきます。

貯金できない男の特徴や性格

趣味が多い

男性が働いたお給料を何に使っているのかというと、多くの場合は趣味にお金を費やすようです。

服が好き、サーフィンが好き、スノーボードが好きなど、趣味の方向性は様々でしょうが、やりたいことをやるには毎月お金がかかるものです。

趣味はあってもお金がない月は、趣味に使うお金をセーブ出来る男性は良いのですが、趣味がたくさんある男性ほど、道具を揃えたり、練習場所にお金を払ったり、趣味仲間との付き合いでお金がどんどん消えていくでしょう。

趣味を楽しむのは良いことですが、長い目で人生を楽しむにはお金を貯める必要がある事を理解した上で、趣味に捻出するお金を見直した方が良いでしょう。

コンビニによく行く

今や何でも揃っている便利なコンビニを全く利用しないという人は少ないでしょう。

24時間営業で、便利な分、コンビニの商品はスーパーやドラッグストアに比べて割高です。

もっと安く買える店があるのに気軽さから、コンビニばかり利用している男は、貯金ができないタイプでしょう。

コンビニでは、レジ横に揚げ物があったり、豊富なお菓子が揃っていたり、毎月新商品のおにぎりやスイーツなどが売られているので、誘惑に負けてついつい目当ての商品以外のものも購入してしまいやすいのです。

塵も積もれば山となり、コンビニによく通う男性がコンビニに費やすお金は結構な金額になっていると思われます。

外食が多い

頻繁に外食をしていると、間違いなくお金はたまりません。

外食が好きな人は、食に関心が高く、自分へのご褒美として珍しい食べ物や、高級な食べ物食べて満足するのが至福の時と感じているか、友人と集まってワイワイする雰囲気が好きかのどちらかでしょう。

ともかく外食はお金がかかります。

1番厄介なのが、人が集まると奢りたくなるタイプの男です。

仲間との食事が楽しくて、気分が良くなった男は、ついついみんな分の支払いをかって出たり、良いところを見せようと大盤振る舞いしてしまうので。

そんなことばかりしていると、いくら稼いでも稼いでも赤字になるのは当たり前です。

ギャンブルが好き

パチンコ、スロット、競馬に競輪、競艇などギャンブルが好きな男は典型的な貯金が出来ない男です。

貯金はおろか、借金を抱えている可能性も大ありです。

とは言え、ギャンブルで日頃のストレスが発散できているなら、強制的に辞めさせるのも難しいでしょう。

ギャンブルに使っても良いお金を月々いくらまでと決めて出来るなら、少しは貯金にも回せるでしょうが、それが簡単には出来ないのがギャンブルの魅力でもあり、罠です。

ギャンブルが原因で破産した友人がいても、自分だけはそうならないと思い込んでしまうのです。

ギャンブルで一旗あげたら貯金するんだ!なんて考えているのかもしれません。

お金を貯める目標が持てない

少ない収入でも、上手にやりくりをして数百万円、一千万円以上もの大金を貯金しているという強者もいます。

そうした人に共通しているのは、目標を持って貯金をしていることです。

実は、お金を貯めるにはこれこそが1番重要なことなのです。

彼女へ贈るプレゼントを買うために「5万円を貯めたい」「結婚資金に300万円貯めたい」「将来は自分のお店をオープンするために1.000万円貯めたい」とお金を貯める目標を明確にすると、意外とすんなりお金を貯められるのです。

貯金ができない男は、お金を貯める目的を持たずに生活しているから、平気で無駄な支出をしてしまうのです。

ストレスが溜まると買い物で発散してしまう

残業が続いたり、ストレスが溜まると人はパーっと買い物をしてストレスを発散したくなります。

頑張る自分へのご褒美と称して、高級ブランドの財布を買ったり、高い革のブーツを買ったり、ストレスが溜まる度に高い物を買っていては、日常生活に支障が無かったとしても、将来のための貯金は一向に出来ません。

お金を貯めたければ、ストレスの発散は、お金のかからない事にシフトして、自分へのご褒美の金額を下げるなど上手にコントロールしていきましょう。

貯金をしたいなら、貯金専用口座を作り、月々◯◯万円は必ず貯金するというノルマを自分に課して、残ったお金でご褒美を買うようにすると良いでしょう。

人にお金を使うのが好き

人に喜んでもらうのが好きで、お祝い事で人が集まる時や、家族や友達、恋人の誕生日、クリスマスなどのイベントの時には、たくさんのプレゼントを用意したり、豪勢な食事でもてなしてくれる人がいますが、そのような人もお金は貯まりにくいでしょう。

人に喜んでもらう為のお金の使い方をするのは非常に良いことだと思います。

もてなされた方も、もてなした方も、楽しい時間を過ごせて良い思い出になるでしょう。

しかし、毎年やってくるイベントの度にプレゼントやら食事やらを奮発していては、自分の為に使うお金を貯める余裕はなくなってしまいます。