恩着せがましい女の特徴7つ

恩着せがましい女の特徴7つ

本当にお世話してくれる人は、恩着せがましい態度は取りません。

助けになったと感謝されるのも期待していないでしょう。こちらがほっとする顔を見て、向こうも安心します。

恩着せがましい女性は、自分の力で何かが解決したので、見返りに何かしてもらって当然と考えています。

すごく困った時は、助けになってくれることはなくて、都合の良い時だけ現れる、困った存在ですね。

恩着せがましい女の特徴

おしゃべり

恩着せがましい女性は、おしゃべりです。

どんなことも吹聴して回ります。

他人のプライバシーは気にせず、でも自分が関わることでトラブルが解決したと盛り込むことを忘れません。

自分の武勇伝を作り上げて、本当のことを知らない人に褒められるのが良い気分なのです。

実際は、誰かのために動いた訳ではなくても、「助けてあげた」と思う人には、見返りを要求します。

自分の労力に見合ったものやことと言うのですが、ちゃっかり得をしたいだけのような気もします。

それで相手にされなくても、また新しいおしゃべりの話題にします。

いつのまにか現れるのですが、できるだけ相手にしない方が良いでしょう。

良いように解釈する

迷惑だと伝えても、遠慮していると思われたり、何につけても誰かの行動を勘違いするかもしれません。

ある意味すごくポジティブに、自分にとって良い方向に解釈するのです。

してあげると言っていない約束を勝手に作られたり、当てにされ始めると大変です。

すごいエネルギーで追いかけてくるのです。

思い込みが激しいとも言えます。

誰かの言っていることを曲げて捉えて、自分の好きな部分しか耳に入りません。

自分が迷惑をかけられることはとても嫌うのですが、自分も他人に似たようなことをしょっちゅうしています。

そう指摘されても、面白くないことはやはり聞き流すでしょう。

おせっかい

頼んでもいないのに、関わってきたがるかもしれません。

恩着せがましい女性は、自分が中心的に関わって、問題を解決するヒーローでありたいと願っています。

そして、態度でも形でも、感謝をされたいのです。

本人は、親身でいるつもりですが、当事者にとってはあまり広げて欲しくない問題でも、大きく、ややこしくしてしまいます。

おせっかいを焼くのは、時間に余裕があるからです。

自分の趣味や、高めたいことがないから、暇を持て余して他の人に介入するのです。

自分で何かを得る努力よりも、棚からボタ餅が落ちてくるのを狙うタイプです。

ボタ餅を探しに、家に上がって来ることもあるかもしれません。

拒否をする時は、可哀想に思えても、きっぱりした態度を取りましょう。

上から目線

恩着せがましい女性は、なぜか上から目線で接してきます。

彼女のアドバイスに従えば全てが上手くいくと考えているようです。

実際、その通りにして失敗しても、責任は決して取ってくれません。

成功したら、彼女のアドバイスに従った訳ではなくても、偉そうになります。

その見返りを求めてきたら、失敗したこともあったので、その責任を一緒に取ってと匂わせたら逃げていくでしょう。

面倒な相手を撃退するには、そう言うのは良い方法です。

彼女のアドバイスを選ばなかったり、否定したら、恨みがましく何か言ってくるかもしれません。

何かと絡んでくることが多いですが、他の困っている人をターゲットにしたら、急に姿を消すでしょう。

自分の評価が高い

恩着せがましい女性は、自分に対する自分の評価はとても高いです。

プライドが高くて、周りに称賛されて当然だと思っています。

自分がそれにふさわしい行動を取っているかは、気にもしていません。

どうしてそんなに堂々とできるのか、聞いてみたいですね。

自分のことを好きと思えるのは良いことですが、本当に自分のことを好きと感じている人は、他人のことも認められます。

でも、恩着せがましい女性は、自分より褒められたり、注目される人の存在が許せません。

本当は自分にコンプレックスがあるから、他人の足をひっぱることで自分と同じか下のレベルに下げようとするのです。

人を批判する

おしゃべりしながら、彼女は人の噂もするでしょう。

良い話題に出すのではなくて、選ぶ言葉は優しめにしても、どこかで批判しています。

「だから困ることになった」と言わんばかりで、それを知っている自分のことを得意げに話します。

状況をしっかり把握していることと、解決に効果的な方法を知っていると見せびらかしたいのです。

実際に何か起こった後なら、自分がそんなに関わっていなくても、「困ることになって当然だった」と話題の人物を批判し、「それでも力になった優しい自分」のことを語ります。

話をしている相手に、自分のことを良く印象づけたいのでしょう。

相手には、ウソだとばれている場合が多いのですが、夢中になって話している恩着せがましい女性は気が付きません。

見返りを求める

何かした代わりに、何かをしてもらうことを求める。

それが同じような価値のあることなら、納得できます。

でも、見返りを求める人に限って、大したことはしていません。

それに、自分の行為に見返りを求めている時点で、本当は相手のためではなく、自分のための行動をしています。

恩着せがましい女性は、自己満足をしている場合が良くあります。

それなら、自分で頑張って手に入れたら良いのに、と気が付きません。

心が満たされていないから、「誰かにしてもらう」ことに意味があるようです。

そういう女性は、まず自分で心を満たせるようにしたら良いかもしれませんね。