挙動不審な男性の心理7つ

挙動不審な男性の心理7つ

「この人、何でいつもビクビクしているんだろう?」「オドオドしすぎて逆に心配!」、思わずそんな風に感じてしまう男性に出会った経験が、誰しも一度はあるのではないでしょうか。

彼らは誰に対しても挙動不審な態度を取る為、そんな態度が災いし、時に反感を買ってしまう事も珍しくありません。

しかし、そんな彼らには、挙動不審な行動を取ってしまう切実な心理があるのです。

今回は、そんな「挙動不審な男性の心理」を紹介します。

挙動不審な男性の心理

人間関係が苦手

挙動不審な行動を取る人は、男性だけでなく女性にも多く存在するものです。

そして、そんな性格を持つ全ての男女に共通している事は、ずばり「人間関係が苦手」という事です。

彼らは、「いじめられた経験がある」「人に裏切られた経験がある」などの大きなトラウマを持っていたりと、何かしらのデリケートな理由から人間不信に陥っています。

そんな性格になってしまった以上、彼らにとって他人とは「恐怖の存在」です。

その為、人と関わりを持つ事に多大なる苦痛を感じ、無意識に挙動不審な行動を取ってしまうのです。

出来れば人と関わりたくない

人間関係を築く事を苦手としている彼らは、「出来る限り他人と関わらない」というスタンスを持ち、極力一人で過ごそうとします。

その為、普段は友人と過ごす事もせず、学校や職場においても、周囲に馴染めていない事が日常茶飯事です。

そして、そんなスタンスを貫いていたとしても、やはり他人とのコミュニケーションを必要とされる場には必ず直面します。

そんな時彼らは、普段から周囲との関わりをあまりにも断絶しすぎているがゆえ、他人との接し方が分かりません。

「他人とはどのように話せば良いのか」「コミュニケーションはどのように取るのか」そんな当たり前の感覚が一切欠落している彼らは、挙動不審な行動しか取れないのです。

自分に自信が無い

自分に自信が無い男性は、「僕の考えなんて世間に受け入れて貰えるわけない」「僕は劣っている」というネガティブな思考を持っています。

その為、職場などで会議や話し合いの場では、自分の意見を全く主張する事が出来ません。

そして、そのあまりの自信の無さが態度に表れすぎている結果、「挙動不審でビクビクした人」という印象を与えてしまうのです。

また、自分に自信の無い男性は、「人と目を合わせる事」を苦手としている場合がほとんどです。

「この人、挙動不審だなあ」と感じる男性を観察してみると、自信の無さそうな態度と共に、「目が合わない事」にも気付きます。

人の目が怖い

人間関係が苦手で、自分に自信が無く、そんな自分を守る為に一人行動を貫く。

そんな彼らにとって、「人の目」とは最大の敵であり苦痛な存在です。

「自分の発言がどのように受け取られるのか」「変な人だと思われているのではないか」など、とにかく人の目を気にしては精神のバランスを崩します。

他人と会話をするという事は、その瞬間はダイレクトに自分に視線が向いているという事です。

そんな瞬間に耐える事が出来ず、「早くこの場から去りたい」と瞬時に考える彼らは、その動揺が「挙動不審」として態度に表れてしまうのです。

自分よりも上の立場の人が苦手

「普段は普通の性格に見えるけど、相手によっては挙動不審」という男性が存在します。

そんな男性を観察してみると、「相手が自分より上の立場である場合、態度がおかしくなっている」という事に気付きます。

このような「目上の人間との会話が極端に苦手」という男性は意外にも多く存在しており、「他の人とは普通に話せるのに、上司だと無理」という悩みを持っている男性はは少なくありません。

このタイプの男性は、決して人間不信やネガティブな性格をしているわけではないものの、元々の性格が「あがり症」「緊張しい」であるパターンが多いのです。

その為、「優秀なのに上司からは評価されない」「出世が遅い」という状況にも陥りやすく、社会では非常に損をしやすい性格です。

女性慣れしていない

ここからは、「女性に対してのみ挙動不審」というタイプの男性の心理を深堀りしていきます。

「男性には普通なのに、女性には明らかに態度がおかしい」そんな彼らが持つ一つ目の心理は、「女性への接し方が分からない」という事です。

女性慣れをしていなければしていないほど、女性へのコミュニケーションの取り方が分からず、パニックを起こしてしまうのです。

その為、唐突に女性に声を掛けられた場合などは、心の準備が出来ていません。

そんな時、普段から女性との関わりが少ない男性は、反射的に挙動不審な態度を取ってしまうのです。

相手の女性に好意がある

「女性に対してのみ挙動不審」な男性の二つ目の心理は、「その相手に好意がある」です。

このタイプの男性を観察してみると、「特定の相手と接する時だけ明らかに挙動不審」という事に気付きます。

彼らの場合、「相手の事が好きなのだが、奥手でシャイすぎるあまり挙動不審になってしまう」という心理を持っています。

単純な恋心が引き起こしているその態度には、ある意味可愛らしさや初々しさをも感じますよね。

しかし、このタイプの男性は、相手の女性に「何で私には挙動不審なのかな?嫌われているのかな?」と勘違いをされてしまう事も多い為、時に損をしてしまう事も多いのです。