大人っぽい女性の特徴7つ

大人っぽい女性の特徴7つ

同じ年齢でも、自分や周りの友人と比べて大人っぽいと言われる人がいます。

女性の場合、年齢も考慮しつつ、その人が持っている雰囲気、行動によって大人っぽさは出てきます。

そのような大人っぽさを兼ね備えている女性とはどのような特徴を持っているのでしょうか。

大人っぽい女性の特徴

年齢にあった見た目

人は第一に見た目でその人の判断をします。

見た目はその人の印象に大きな影響があります。

大人っぽい女性と言われる人は年齢にあった見た目をしており、見た目に気をつけています。

女性はメイクや服装で大きく変わります。

同じ女性であってもメイクや服装により、別人のような変化を作れます。

いつまでも気持ちは若いままでいても、全くメイクをしない、または派手すぎるメイク、子供のような服装を着ていれば大人っぽさは出て来ません。

それぞれの年齢に適切なメイク、服装があります。

またその人に合うメイク、服装があります。

自分を客観的捉えることが出来ており、しっかりと年齢に合っている身だしみをしていることが大人っぽい女性の特徴です。

清楚さ

大人っぽい女性には清楚さが大切です。

がさつな感じではなく、身の回りの整理が出来ている事でも清楚さは出ます。

仕事で自分の席の周りやロッカーの中、時にはカバンの中が見えていた場合などその人の身の回りを他の人は意外と見ています。

清楚さの判断要因の一つとしては常に身の回りを気にしていて、綺麗にしている女性です。

自分が使うものだからと適当、かつ汚く置いていれば清楚なイメージは伺えません。

また整理整頓だけではなく、日常の行動なども清楚さが伺えるかです。

手洗い時に服で水を拭くのではなくハンカチを持っているか、靴を脱いだ時に揃えるかも他の人は意外と見ています。

誰に言われることなく、清楚さが出ていることがポイントです。

丁寧な言葉遣い

大人としてその場にあった言葉遣いが出来るかが重要です。

目上の人やまだ会ったばかりの人に対してしっかりとした言葉遣いで対応が出来るかです。

例えば会社に入りたての頃は学生生活が長い学生からは未知の世界です。

何となく敬語を分かっていても上司や先輩からしてみれば敬語が適切でないことが多々あります。

その中で同じ新人の中にしっかりと場の雰囲気を読み、適切な言葉遣いが話せる人がいれば、その人に対しては周りの新人と比べて大人っぽさを感じられます。

普段の友達と話す時としっかりと大人として話す場での切り替えが出来るかも大切です。

しっかりと言葉遣いを使うことが出来たとしてもその言葉遣いを使わなければ周りからは大人っぽいとは思われません。

言葉遣いが悪ければ子供っぽいと思われがちです。

その場に適した言葉遣いの使用が出来るかで周りへの印象は大きく変わっていきます。

自分を持っている

しっかりと自分を待っていることも大切です。

他人が言ったから自分もその意見に合わせるようでは、自分の意見ではなく全て他人の意見になってしまいます。

他人に合わせるのではなく、しっかりと自分の意見を持っており、大人っぽい人は周りに流されず自分の意思の下、行動が出来ます。

自分の考えがしっかりとしており、周囲を気にしながら、自分の考えに沿い行動することが大人の対応でもあります。

周りと合わせる事もとても大切ですが、何もかも一緒では自分の意見がないと判断されてしまいます。

自分の意見をしっかりと考えを述べることも大人としても求められることもあり、実際に発言をすることで、求められたことに対応出来るという点で大人っぽさがあると見られます。

ワガママを言わない

彼氏や時には友人に対して自分の意見が通らないと気分を損ねてしまう女性がいます。

大人であれば我慢するべきところは我慢しなければいけません。

彼氏であるならばそのような自分も分かってほしいと言う思いで出てしまう場合もあり、許してくれることもあります。

しかしながら、友人に出した場合、なかなか彼氏のようには思ってくれません。

面倒くさい女性と思われてしまいます。

自分の意見を押し通し、わがままを言う女性であれば子供っぽいと思われても仕方がありません。

その為、内面的に大人っぽいと思われるにはやはり周りとの協調性を重要視して自分の意見を言う、または引く場面の判断をしっかりと出来る女性が内面的にも大人っぽい女性です。

適切なマナー

社会に入れば、適切なマナーが必要です。

仕事をすれば様々な人に出会います。

そして年齢と共に様々な経験をしていき、それぞれの場所で適切なマナーが求められていきます。

例えば、仕事での接待で適切なマナーが出来るかどうかも1つです。

座敷で座る席、酒類の注ぎ方、そして食べ方など食事を行うだけでも様々なマナーがあります。

普段友人と食事をする時に気にしないような事であっても、仕事上の場では適切なマナーが求められてきます。

その為、様々な場所に応じた適切なマナーを知っているかも大人っぽさがあるかどうかの見極め材料の1つとなります。

表情に出さない

日ごろの生活で様々な人と出会っていると時には自分にとって嫌なことを言われたりする事もあります。

仕事でミスをしてしまって怒られてしまうこともあります。

そしてその中には自分が悪くないことで責められてしまう事もあります。

そのような場合に感情をそのまま表して、嫌な顔や態度を出してしまえば、それはまた怒られる原因となってしまうことがあります。

感情を表現することはとても大切ですが、場合によっては感情抑えて、顔には出さずに進んで行かなければいけません。

また、仕事以外でも、友人でも同じことが言えます。

友達が遅刻をして自分が待たされた時などに嫌な表情をそのまま出して相手を責めるようでは、大人っぽさをあまり感じられません。

心では嫌だと思っていても、その気持ちを抑えて平然と保ち、相手が責めすぎずにいることで内面の大人っぽさを感じます。