キザな男の特徴7つ

キザな男の特徴7つ

ドラマや映画の世界によく登場するキザな男と現実に遭遇したことはあるでしょうか?

日常生活を送っていて、突然キザな男が現れたら、笑ってしまうかもしれません。

しかし、ロマンチックな世界に誘うキザな男と接しているうちに、気がつくと心を奪われてしまっている事も!

今回は、キザな男の特徴についてご紹介していきます。

キザな男の特徴

自分大好きなナルシスト

キザな行動ができる男性は、大前提に「自分のことが好き!」「自分はカッコイイ!」という気持ちがあります。

自己肯定感が高く、自分にプラスのイメージしかないので、恥ずかしげもなくキザなセリフが口をついて出たり、ジェントルマンな素振りができるのです。

ハッキリ言えば、ナルシストなのでしょう。

ドラマや映画でもキザなセリフを言うのは大抵、カッコイイ2枚目の俳優ですが、自分もそれに匹敵する程のカッコ良さがあると思い込んでいるのです。

実際に周囲から見ても頷けるほどのイケメンかは定かではありませんが、少なくとも自分はそう思っているのです。

ロマンチスト

キザな男は感受性が豊かで、女性よりもロマンチックな事が大好きなのです。

夜景の見えるレストランでのデートや、記念日にはバラの花束を渡したり、女性に気に入られようと無理をしているのではなく、素直に自分の感性がロマンチックなシチュエーションや、美しいものに惹かれていくのです。

キザな男は、趣味や嗜好がどちらかと言ったら女性よりなのかも知れません。

これからも、この先も、自分がロマンチックだと思う場所に連れて行ってくれたり、綺麗なもの、美しいものをどんどん教えてくれるでしょう。

キザな男の言動に時々笑いが込み上げてくることもありますが、一緒にいると自分の感性まで磨かれてくることは間違いありません。

身だしなみに気を遣っている

キザな男は身だしなみには気を遣っていて、清潔感を大切にしています。

その点、その辺の男性のように寝起きでボサボサ頭のままデートに来たり、ヨレた服を着てこられて恥ずかしい思いはしなくて済みます。

スレンダーな体型をしていたら、自分の体型を生かした細身のジャケットやパンツでバッチリ決めたり、自分流のオシャレを貫いて登場するでしょう。

気になるのはここからです。

身だしなみに気を使うのは大変良いのですが、街を歩いていてショーウィンドーに移る自分の姿にいちいち反応して前髪を直したり、シャツの襟を正したりするので、彼女としては恥ずかしくなってしまいます。

褒め上手

キザな男は女性を喜ばせるのがとても上手です。

特に、女性を褒めて喜ばせるテクニックは圧巻です。

日本の男性はシャイな人が多いので、彼女を可愛い思っていても、彼女の可愛いところをいちいち口に出して褒めたりすることはありません。

しかし、それが勿体ないのです。

キザな男は、いつもはパンツスタイルか多い女性がスカートを履いていたらすかさず褒めますし、髪を切った時、メイクを変えた時、女性の変化にいち早く気づいて褒めてあげるでしょう。

男性は女性に褒められると嬉しくて、やる気が湧き上がってくるように、女性も褒められると嬉しくて気分が良くなるのです。

サプライズが好き

キザな男の得意技は、何を隠そうサプライズを仕掛ける事です。

キザな男を突き動かすのは、人に喜んでもらいたいという気持ちです。

友達のバースデーパーティーは今年は開催できないと思わせておいて、色々な人に密かに根回しをして盛大なパーティーを開催したり、彼女との記念日に部屋をバラで埋め尽くしてみたり、人をドキドキ、ワクワクさせる事が好きなのです。

あわよくばサプライズを成功させた自分をカッコイイと思って欲しいという気持ちも少なからずあるのではないでしょうか。

本当に突然、サプライズを仕掛けてくるので、一緒にいると楽しい事がたくさん起こるでしょう。

一生に一回は、フラッシュモブをやってみたいなんて壮大な事を考えているかも知れません。

女性の好みを知っている

普段からキザな行動が多い男も、特に女性に対しては、よくキザな面を見せてきます。

女性にモテたい、カッコイイと思われたいという思いからキザなセリフや行動を習得してきたので、それなりに女性の好きそうな物は心得ています。

時折、女性誌をチェックしたり、女性インスタグラマーのインスタをチェックして、今女性にどんな物が流行っているのか、何をしたら喜んでもらえるのか、予備知識を叩き込むこともあるでしょう。

もとからロマンチストなので、女性が好きなものには共感しやすいのもキザな男の特徴です。

自分の行動に酔っている

キザな男は、女性を喜ばせることが大好きなのですが、最終的には、女性を喜ばせることができた自分に満足しているのです。

夜景の見えるレストランで、ロマンチックな雰囲気の中、食事をしてトキメキを隠せない彼女を見て、こんなデートを企画できた自分のプロデュース力に酔いしれていたり、愛の言葉を彼女の耳元で囁く2枚目な自分のカッコ良さに完全に酔っています。

彼女の為だけを思った行動であれば、女性も純粋に嬉しいでしょうか、自分に酔っていることを見抜いてしまった時、女性はガッカリを通り越して幻滅してしまうかも知れません。