かわいそうな女性の特徴7つ

かわいそうな女性の特徴7つ

あなたの身の回りにかわいそうな女性はいませんか?

いつ見ても幸せとは程遠い表情を浮かべていて、思わず同情してしまう、そんな女性にはどんな特徴や共通点があるのでしょうか?

今回は、かわいそうな女性の特徴をご紹介していきます。

幸せのヒントが見つかるかも知れません。

かわいそうな女性の特徴

付き合う男がことごとくダメ男

女性にとって恋は、幸福感をもたらす最高のエッセンスにもなりますが、付き合う相手によって感じる幸福度かなり違ってきます。

好きな男性に愛してもらえるなんて、恋人がいない女性からしたら、羨ましい話ですが、相手がダメ男なら話は違ってきます。

ダメ男に一度でもハマった女性は、何故か次に付き合う男性もまたダメ男だったりする事が多いのです。

母性本能が強いあまり、世話が焼ける男が好きなのか、頼りになるからダメ男が集まってくるのか分かりませんが、次から次えとダメ男が集まってくる体質の女性は一定数いるものです。

そんな女性を見ていると、口では幸せと言っていても、その生活はかなり大変そうです。

借金まみれ

生きていく上で、何をするにもお金がついてまわります。

お金がない生活を強いられるのは、肉体的にも精神的にも辛いものがあるでしょう。

親の抱えた借金や、自らが作った借金があると、働けど働けど、お金は借金返済に消えていき、自分が自由に使えるお金はほとんど手元に残りません。

同世代の女の子たちが、女子会を開いたり、流行のファッションをしているのを横目に、自分は我慢しなくてはならないのです。

そんな生活が楽しいわけがありません。

一度きりの人生、旅行にも行きたいだろうし、ブランド品を持ってみたいと言う気持ちもあるでしょう。

借金があるせいで、それら全てに手を出せないのです。

家族がいない・家族が不仲

仕事で辛いことがあった時、風邪をひいて寝込んでいる時、あなたは誰の声が聞きたくなりますか?

頼りになる彼氏や、支えてくれる友達がいても、家族の愛に甘えたくなる時があるでしょう。

理由が何にせよ、自分に家族がいないというのはとても辛い状況です。

彼氏も、友人も言ってしまえば赤の他人です。

本音をぶつけてワガママに振舞ったら、その関係は壊れてしまうかも知れません。

しかし、家族ならどんなワガママも失態も無条件の愛で受け入れてくれる安心感があるでしょう。

家族がいたとしても、不仲だとか、機能不全な家族の場合はもっと辛いでしょう。

家族なのに自分に無関心だったり、過干渉で自分を追い詰めてくる親や兄弟を持つ人の苦しみや悲しみは計り知れません。

友達が一人もいない

友達なんて、いなければいないで良いなんて思っている人もいるかも知れませんね。

しかし、こんなにたくさんの人が居る中で知り合い、親しくなった人との縁は決して無駄な事は無く、友達同士で泣いたり、笑ったりできるという事は、凄く尊い経験なのです。

赤の他人なのに、心から信頼出来る人が居る事は、何とも心強く、幸せなことです。

誰一人として一緒に遊んだり、悩みを打ち明ける友達がいないという人も、一応友達なんて括りの上辺だけの友情しか築けない人も、人生たくさんの損をしているでしょう。

友達は一生の財産になります。

お金持ちになっても、どんなに偉くなっても、友達がいないという事は、あなたに感じる魅力がないということです。

そのことに気がつかず、友達なんて要らないと強がっている女性は、本当にかわいそうな人です。

物事を悪い方向に考える

かわいそうな人は、思考が既にマイナスの回路になっています。

同じ状況でも、プラスに考える人と、マイナスに考える人では結果が大きく違ってきます。

例えば、上司に仕事の仕方を注意された時、ポジティブ思考な女性は、
「今注意してもらって良かったな。上司は私の為を思って言ってくれているんだ。次こそは絶対に失敗しないぞ!」と前向きに考え、今回の失敗をバネにしようとします。

それに対してネガティブ思考な女性は、
「上司は私のことを嫌いだからおこるのかな。人前で怒るなんてあんまりだ…。」など、勝手にマイナスに解釈して、悪いところを次に生かそうとはしません。

物事を悪い方向に考える人は、自分が成長するチャンスを失ってしまうかわいそうな人なのです。

人とコミニケーションがとれない

人とコミニケーションがとれない人は、学校でも、社会に出ても、人間関係での悩みが尽きません。

人見知りが激しくて、人と話すことが出来ず、集団の中でも浮いた存在になったり。

そうなると、ますます人から話しかけてもらえなくなり、孤立してしまいます。

積極的に話すことが出来ても、無神経に人を傷つけるようなことを言ってしまったり、人の話を遮って自分の話ばかりしてしまったり、空気を読めない行動ばかりとる人も、人とのコミニケーションが上手くとれていません。

人とコミニケーションがとれないと、いつも孤独感を感じながら生きていくことになるでしょう。

自由がない

誰かに大切に思われることは、この上ない幸せです。

しかし、その気持ちが強すぎると、窮屈で、人をがんじがらめにしてしまいます。

親や恋人、友達から激しい束縛を受けている人は、心から自由な時間がなく、とてもかわいそうに思います。

大人になっても親が門限を設けていて、門限を破ろうものなら激しく怒られたり、進路や就職先、結婚相手など、親が全て決めてしまったり、選択の自由を奪われている女性もいます。

本当に我が子のことを思ったら、本人の自由に生きらせるべきでしょう。

彼女を愛するあまり、彼女の行動を制限する彼氏も同様です。

それでは、ただの支配であって、本当の絆は生まれません。

どんな形でも、自由を奪われるということは、本当に辛いことです。