字が汚い女性の性格7つ

字が汚い女性の性格7つ

美人な女性の書いた字が汚いと、なんだかがっかりしてしまいますよね。

綺麗な字を書く人からは、品格が感じられ、人の外見を見るよりも、その人の書いた字を見れば、内面が丸わかりです。

今回は、字が汚い女性の性格についてご紹介していきます。

字が汚い女性の性格

細かいことは気にしない

男性よりも、きれいな字を書ける女性が多い理由は、女性の方が手先が器用であることが一つと、細やかに気を配れる繊細な感性を持つ人が多いからなのでしょう。

女性の中でも汚い字を書く人は、性格的に大雑把でズボラな人が多いようです。

字を覚える時点で、字そのものの形を正しく習得していなかったり、ハネやハライを省略したり、常に行書体で読みにくい字を書いたりと、字を書くことへの意識が低いことが目立ちます。

そもそも綺麗に書こうという思いで字を書いていないのです。

ノートを取るときも、みんなが書いているから字を書いていて、ノートを取ることを義務としか考えていないので、殴り書きだろうか書けば、それで良し!といった感覚なのでしょう。

慌てん坊

落ち着きがなく、慌てん坊な女性は、字にも落ち着きのなさがよく表れています。

枠から字がはみ出していたり、急いで字を書きすぎて、自分でも解読不能な暗号のような事を書いたり、伝えたいことが全く伝わりません。

きれいな字を書こうと思ったら、まずは姿勢を正して、心を落ち着けないと美しい文字は書けません。

字には心の模様がよく写っているのです。

早く書いて課題を終わらせようと急いでいると、ミミズが這ったような汚い字をになってしまうのは仕方がありません。

慌てん坊な女性は、いつも何かに追われているように急ぎすぎてしまうので、汚い字しか書けないのです。

集中力がない

いつも心がそわそわしていて集中力がない女性や、いつも行動がギリギリで心に余裕がない女性は、心が落ち着く暇がなく、字を書いている時も、頭の中では別のことを考えたり、心ここに在らずな状態ではないでしょうか。

書道を思い出してみて下さい。

書道をする時は、綺麗な字を書こうと神経を集中させて、呼吸を整えてから始めの一筆を書くでしょう。

字の形、文字のバランスなどを頭にイメージして、そのイメージに近づくように一筆一筆、丁寧に描き進めていくのです。

書道が上手い人は、技術が高いだけではなく、字を書くために、心も精神も集中させているのです。

基本を大切にしない

物事を上達させるには、まずは基本が出来ていないと、お話になりません。

綺麗な字を書く基本は、正しい姿勢で机に向かい、正しいペンの持ち方をしていなければ、自分本来の美しい字が書けません。

背中を丸めて、おかしなペンの持ち方をする女性は、ものを書く以前に、挨拶や礼儀など、人としての基本が身についていないことが多いのです。

内に秘めた人間性が、字にはよく表れるのです。

字を上手に書こうと練習を重ねても、背中を丸めたままの姿勢では、何度やっても同じことでしょう。

基礎や基本を忠実に、地道に練習すれば必ず上達します。

こだわりが強い

物事へのこだわりが強い女性は、クセの強い字を書きます。

極端に右肩上がりだったり、偏と旁のバランスが独特だったり、一目見て、あの人が書いた字だ!と分かってしまうでしょう。

また、アスペルガー症候群や、ADHDといった発達障害の特徴の中にも、こだわりの強さや、字の汚さといった問題が含まれています。

子供の頃は普通学級に通っていた人が、不器用過ぎて生きづらさを感じ、専門の医療機関を受診したところ、大人になってから
自分が発達障害であったことが判明した例も最近ではよく聞かれます。

字が汚いことを始め、様々な自分の不得意に悩んだら、周囲に相談してみるのも一つの手です。

頭の回転が速い

頭の良い人は、字がきれいなイメージがありますが、天才と言われる類の人は、意外にも字が汚い人が多いと言われています。

反対に、努力で知性を獲得してきた秀才型のタイプの人は、日々の修練の成果もあり、しっかりと美しい字を書く人が多いようです。

頭の回転が速い人は、一つのものを見て瞬時に色々な発想が頭の中を駆け巡ります。

頭に思い浮かんだことを書こうとすると、頭の回転に手先が追いつかず、殴り書きになってしまうのです。

天才は、頭の中では物凄いスピードで情報を処理していきます。

字が汚いのは玉に瑕ですが、最早そんな小さな事は気にならないくらい、ズバ抜けた知能で周囲を魅了するでしょう。

思いやりに欠ける

いつも汚い字を書いている女性は、自分本位で、人を思いやる気持ちに欠けているのでしょう。

字を書いている最中、自分さえ分かれば良いという気持ちで書いていないでしょうか?

他人が見た時に、一体何と書いているのかサッパリ解読出来ない暗号のような文字を羅列させてはいないでしょうか?

人が読めない字は、文字ではありません。

自分が書いた字をあとで見返した時、自分でしっかりと読むことは出来るでしょうか?

今、この時が過ぎ去っても、しっかりと内容が分かる文字を書かなくては意味がありません。

「相手に伝わるように丁寧に書く」この事を意識すると、すぐにきれいな字が書けるようになるでしょう。