曲者な女の特徴7つ

曲者な女の特徴7つ

どんな場所に行っても、「この人、曲者すぎる…!」と感じてしまう女性が必ず一人は存在します。

彼女達には何かしらの「癖の強すぎる特徴」がある為、「出来れば関わりたくない」と密かに距離を置いている人も多いのではないのでしょうか。

また、彼女達はそんな特徴を持っているゆえ、人間関係においてトラブルを起こす事は日常茶飯事です。

今回は、そんな厄介者すぎる「曲者な女」の特徴を掘り下げていきます。

曲者な女の特徴

噂好き

「ひとたび口を開けば人の噂話ばかり」というタイプの、非常に厄介者な女性です。

このタイプの女性は、他人のデリケートな噂話やスキャンダルが大好物である為、常に情報収集を欠かしません。

彼女達は、何か面白い話を聞きつけては聞き耳を立て、どこで仕入れたのか分からないような話まで知り尽くしています。

その為、弱みを握られたが最後、最悪の場合はその場の笑い者になってしまう事もあるのです。

そんな最悪の事態を避けるべく、周囲の人々はなるべく彼女達を避けて行動しています。

しかし、それでもどこかしら情報を仕入れてくるのが彼女達。

このような女性が身近に一人でも存在すると、自らの生活を振り回される羽目となってしまいます。

常にいじめのターゲットが居る

女性社会であれば、どんな場所に行っても必ず一人存在するのが「ボス的立場の女性」です。

そもそも女性というものは、すぐに派閥やグループを作り、同性同士のバトルを始めたがります。

中でも最も権力を持つ、いわば「ボス」の立場である女性は、常に暇つぶしのターゲットを探しています。

その為、彼女達に「あいつ、気に入らない」と目を付けれたが最後、いじめや嫌がらせの対象になってしまいます。

彼女達は、どんな場所でもどんな時でも、常に暇つぶしの相手が居ないと気が済まないのです。

自分の気分が良ければ相手の感情など知ったこっちゃない為、出来る限り絶対に関わりを持ちたくない存在です。

自分が一番でないと気が済まない

曲者な女性にも様々なタイプが存在しますが、どんなタイプであれ「自分が一番可愛い」という自意識の高さが共通しています。

常に自分が一番で済まないと気が済まない為、まるでお姫様のようにワガママな態度を取っては周囲を困らせます。

さらに、彼女達は「褒められる事」に強いこだわりがある為、常にちやほやされていないと不機嫌になるのです。

そんな面倒すぎる性格には、「関わりたくない」「近付きたくない」と思わざるを得ません。

男が大好き

「常に男に囲まれている女性」を、誰もが一度は目にした事があるのではないでしょうか。

このタイプの女性は、「男性を従える事こそがステータス」である為、同性の友人はほとんど存在しません。

彼女達は常に大勢の男性に囲まれた生活を送り、男性の目だけを気にして人生を送っています。

普段は同性に危害を与える事はあまりありませんが、彼女達の「男ウケを意識した態度」や「男ウケを狙いすぎている容姿」は同性の反感を買いやすく、自然と同性からは距離を置かれてしまう存在です。

また、真面目な性格の女性には「だらしがない」「理解出来ない」と強く批判されてしまう事も珍しくありません。

人の物を取る

どれだけ男が大好きであろうとも、他人に迷惑を掛けないのであれば、周囲からすればどうでもいいですよね。

しかし、男好きをこじらせた結果、「人の彼氏を取る」「人の旦那と浮気をする」など、「他人のパートナーに手を出す」というとんでもない女性が存在します。

この手の女性は、「他人の物」という状況にこそ燃える為、いざ略奪した後は釣った魚に餌をやらない事も特徴です。

その為、略奪をされた側からすれば憎悪と怒りしか無く、非常に厄介な存在です。

さらに、彼女達は「自分が悪い」とは感じる事が一切無い為、この捻くれた性格はまさに曲者と言えるでしょう.

謝らない

どれだけのミスをしてしまっても、どれだけの過ちを犯してしまっても、頑なに謝らない女性が存在します。

このタイプの女性はプライドが異常に強い為、自分の非を認める事を極端に嫌い、「私は悪くない」という姿勢を貫き通します。

さらには、「道を歩いていて人とぶつかった」程度の事でも謝らず、常に「私じゃなくて相手が悪い」という考えを持って生活しているのです。

彼女達は、そんな性格が原因で人間関係にヒビが入る事も多く、職場でも「話が通じない人」「面倒くさい人」というレッテルを貼られがちです。

一言謝ればすぐに終わる事に対して「私は悪くないでしょ!」と異常なほど執着する為、これには曲者であると評価されても仕方がありません。

上下関係を気にしない

職場において「この人曲者だな」と感じる女性は、大体は「気が強く自己主張の強い女性」である事がほとんどです。

気分屋でいつ怒り出すか分からないヒステリックな女性や、どこに地雷があるか分からない自己中心的な女性など、どの女性を見ても「人の目を気にしていない」という事が分かります。

そして、そのような性格は、相手が上司であろうとも関係ありません。

目上の相手に対しても自分の思った事はしっかりと主張し、不満があれば遠慮なく文句をぶつけるのです。

そんな姿に周囲はついハラハラしてしまい、当の上司も「曲者だなあ」と感じざるを得ません。

彼女達にとっては常に自分こそが中心である為、上下関係や立場など到底どうでも良い事なのです。