気配りができる男性の特徴7つ

気配りができる男性の特徴7つ

気配りのできる男性が近くにいると、その余裕のある感じに包まれる感じがして安心できますよね。

そういう人がグループの中に1人いるだけで、他のメンバーが過ごしやすくなります。

職場でも、そんな先輩や上司がいたら、居心地が良いですね。

親しみやすい雰囲気を出しているので、真面目な話もしやすいです。

あなたが成長するのを見守ってくれているでしょう。

気配りができる男性

優しい

気配りが上手な男性は、人の心の動きが良くわかります。

相手が何を望んでいるかについて、想像力があるので、そのために行動します。

目標に向かっての手助けをしてくれるだけではなくて、誰かの心が疲れていそうなら、気持ちのケアをしてくれます。

彼と話をしたり、一緒に過ごしていると、癒されていることに気がつくかもしれません。

彼自身の望みよりも、こちらの気持ちを考えてくれるのが嬉しいですね。

それは、心が広い男性だからこそできることです。

優しい彼にも、頼もしさがあるので、自然にモテているでしょう。

すぐ動く

作業に没頭していると、自分では簡単に動きづらいことがあります。

手を放す暇もないという時ほど、簡単なことに時間を使うのはもったいないです。

そんな時、気配りのできる男性はさりげなく動きます。

コーヒーを持ってきてくれたり、自分にもできることをしてくれます。

一緒に暮らしているなら、家事を手伝ってくれるかもしれません。

彼のさり気ない働きのおかげで、実はストレスは減っているのではないでしょうか。

できるなら、男性全般に、もっと気配り上手な人が増えたら良いですね。

言わないと気がつかないどころか、人に甘えて自分は動かないという男性が多すぎます。

決断力がある

ちょっとしたことでも、気配りのできる男性は頭を働かせます。

何かが必要なら、さっとそれを差し伸べられるのは、決断力がある人です。

時間が経ってから出されても、もう必要ないこともありますよね。

行動をする時のスイッチが入りやすいのです。

決断を早くすることで、一緒にいる人の時間をムダにしなくて済みます。

相手を待っている間に何か時間を有効に使えるはずだという配慮をしているのでしょう。

気配りのできる男性は、忙しい人の気持ちも良くわかり、彼自身、仕事ができる人なのでしょうね。

サポート上手

気配り上手な男性なら、サポートも上手です。

相手とあまり話をしなくても、相手が考えていることを手伝うことができます。

コツは、さりげなく、こまめに確認すること。

何かの完成直前に、相手が想像していたものと全然違うことがわかっても、取り返しつかない時があります。

必要な時に確認を取り、こまめに方向修正をしていくのは大切です。

サポートしてくれる人がすごく助けになってくれるなら、完成予定が早まったり、その余裕ある時間で、より充実したものを作ることができます。

適度に引っ張っていってくれる

気配りができる男性は、サポートも上手ですが、信頼できるパートナーにもなってくれます。

迷った時は彼の意見を聞かせてくれたり、体調や気分がすぐれない時も、彼がその時だけ代わりに引っ張っていってくれるでしょう。

いつも、リーダーシップを取る素質はあるのに、あえて口出しをしていないのでしょう。

仕事以外でも、一緒に過ごしている時間は、何かと気にかけてくれたり、こちらもイヤではない範囲で何かを決めたり、リードしていってくれます。

彼の意見ばかりで振り回されることはありません。

気配りが上手な男性は、一緒にいても疲れません。

前向き

気配りができる男性が気配りをしている理由は、自分が誰かの助けになれるということにあるでしょう。

何かに気がついても見て見ぬ振りをすることはありません。

もし、それを見なかったことにして背を向けたら、後で気持ちがモヤモヤするのが予想できます。

それなら、実際に行動しようという前向きさがあります。

その明るさで助けられている人は多いでしょう。

すごいのは、周りに気配りをしながら、必ずしも自分のことが後回しになっていないことです。

自分もいろいろなものを眺めて、楽しんでいる余裕もあるのです。

自分の気持ちがくすんでいたり、疲れているのに気が付いたら、彼は早く自分の心を休ませるでしょう。

それが、上機嫌でいるコツです。

人の喜ぶ顔が好き

優しい男性は、人の喜んでいる姿を見るのが好きでしょう。

自分のちょっとした行動で、気持ちが明るくなった人がいたなら、今度はそれを見て、彼自身も嬉しくなります。

誰かを喜ばせたり、気持ちが和む助けをできたら幸せを感じます。

自分のことを大切にできているから、他の誰かのことも思いやれる心の余裕ができるのです。

優しくしたことは、彼自身の印象には残っていないかもしれません。

でも、彼の行動や言葉に助けられた人に取っては、特別な思い出になります。

その人の人生の支えになるかもしれません。

周りの人をどんどん幸せにしたい彼の気持ちや行動を、見習いたいですね。