自己管理できない男の特徴7つ

自己管理できない男の特徴7つ

大人として普段から自己管理をしていくのはとても大切なことです。

仕事上でも、健康面でも金銭面でも、自己管理ができない男は苦労が絶えないでしょう。

今回は、自己管理できない男の特徴についてご紹介していきます。

自己管理できない男の特徴

肥満体質

アメリカでは、肥満体質の人は、自己管理能力が低いとみなされ、就職活動でも不利になります。

考えてみてください。

生まれつき肥満体質であるとか、病気で太っている人もいるかもしれませんが、その数は限りなく少ないでしょう。

多くの人は健康で平均的な体重で生まれながら、食欲を自分でコントロールできなかったり、不摂生な生活を送り続けたことで、立派な肥満体質が出来上がったのです。

食べたら太る量や時間帯も分かってはいるはずなのに、自分の欲望に負けてしまうということは、明らかに自己管理できていないことの表れです。

食欲さえコントロールできない男が、社会生活で我慢が効くのか疑問を持たれます。

そういう理由で、肥満体質の人は、就職活動で不利になってしまうのです。

忘れ物が多い

大人になっても忘れ物が多いのは、自己管理ができない男の典型的な特徴です。

使った物をすぐに片付けないので、いざ使うときにどこに置いたかが分からなくなり、使うべき道具を持っていけなかったり、時間ギリギリに起きて準備をするので、使う物を持ち忘れて出かけてしまったり、自己管理ができないせいでいつも万全ではありません。

そんな男に大事な仕事を任せられるでしょうか?

基本的な管理もできず、よく忘れ物をする人は社会人として完全にアウトです。

信用は皆無で、任せられる仕事いったら雑用が多いでしょう。

時間が守れない

自己管理がなっていない男は、遅刻の常習犯にあることが多いでしょう。

穴を開けられない大切な仕事の前日にも、夜中までお酒を飲んでいたり、美容室を予約している日なのに、のんきにゲームを始めたり、そもそもの時間の使い方を間違えているのです。

そういう男は、人との約束を軽く考えているのでしょう。

何かしらの理由をつければ、逃れられると思っていたり、一瞬怒られればそれで済むと考えているのです。

遅刻をしない為にはどうしたら良いかを考える気はサラサラないようです。

その時の気分に流されて、したい事をしたいだけするので、いつまで経っても自己管理能力が身に付かず、周囲に迷惑をかけるのでしょう。

マザコン気味

過保護な親は、子供の自立心の芽を削ぎ取っている事を自覚しないまま、間違った愛情を注ぎ続けます。

その結果、子供が大人になった時、1人では何も出来ない大人が育ってしまいます。

マザコン気味な男は、今までお母さんの管理下に置かれて、大変な事や面倒な事は全てお母さんがやってくれたので、大人になったのだから、今日からは自分でやりなさいと急に手を離されてもできないのです。

小さな頃から自分でやってこなかったものだから、明日使う物をの準備が出来なかったり、1人で服のコーディネートもままならなかったりするわけで、これは彼の責任というよりも、歪んだ愛情を注いだ親の責任です。

もの事に優先順位がつけられない

物事には優先順位が必ずあります。

慌てん坊で、注意力散漫な人に多いのですが、今何をするべきか、何をどういう順序でやっていったらスムーズに物事が進むのか、順序立ててできない人は、自己管理も上手くいきません。

大事なイベントの前に風邪を引いて出席できなくなるなど、運が悪かったと言われればそれまでですが、来たるその日に備えて、外出を控えたり、栄養のあるものを食べたり、体をゆっくり休めるなどの体調管理を怠ってはいなかったでしょうか?

その時、その時に優先するべき事を考えながら行動することは人生においてとても大切な心構えなのです。

楽な方に流されやすい

人はどうしても、楽な方に流れやすい生き物です。

成功者たちは、どうにかしてその気持ちを律して、楽な方に流れないように踏ん張りを利かせてきたから今があるのです。

お腹が空いているから、目の前のコロッケを何個も食べてお腹をいっぱいにする。

眠たいから勉強しないで寝る。

友達と遊ぶのは楽しいから明日は早起きしなくてはいけないけど、夜中まで遊ぶ。

そうやって自分の気持ちが楽で、楽しい方ばかりに流されている男は、未来の自分が成功を手にしている事はないでしょう。

整理整頓ができない

自己管理ができない男の身の回りに注目してみると、デスクの上は資料でぐちゃぐちゃだったり、食べた物の殻や飲みかけのお茶やジュースが何本も置かれていたり、汚たならしくて仕事どころではない様子です。

きっと彼の自宅も同じように物に溢れかえっているのでしょう。

会社のデスクですら汚しているような男ですから、ひょっとすると、自宅の部屋はもっと酷く、ゴミ屋敷のような状態になっているかもしれません。

自分の身の回りを整理整頓できない人は、心の中もグチャグチャしているし、頭の中もすっきりクリアではありません。

思考も感情も、目から入ってくる情報量も多すぎて、何をどうしたら良いか分からず、良い仕事はできないでしょう。