内気な性格の人の恋愛の仕方7つ

内気な性格の人の恋愛の仕方7つ

世の中には、「社交的な人」と「内気な人」の2種類のタイプの人間が存在します。

そして、その正反対の性格やそれぞれが持つ特性ゆえに、恋愛の仕方には大きな違いがあります。

今回は、「内気な人」の恋愛の仕方についてスポットを当て、その実態をまとめてみました。

内気な性格の人の恋愛の仕方

好きな人が出来ても何も出来ない

内気な人は、その内向的な性格ゆえ、好きな人に自らアピールをする事が出来ません。

そもそも、内気な性格の人は「どこか自分に自信が持てない」と感じている人が多いため、積極的に行動する事が苦手です。

好きな気持ちはあるものの、どうやってアピールすれば良いのかが分からず、そして恥ずかしさも相まって、恋愛に関しては非常に消極的です。

そして、その内気さが原因で、好きな人を他の人に取られてしまうという事も珍しくありません。

しかし、内気な人はこのように恋愛に消極的ではありますが、非常に一途な性格である事が多いため、内気な性格は決して悪い事ではないと言えます。

自分から告白出来ない

内気な人は、とにかく恋愛に消極的すぎるため、もちろん自分から告白する事はほとんどありません。

交際相手を持つ内気な人に「恋人との交際のきっかけ」を聞いてみると、「告白してくれたから」という回答がトップに上るほどです。

特に女性は受け身である事が多く、男性からの告白を待つタイプがほとんどです。

一方の男性はというと、「男から告白しなければ!」という使命感のもと一世一代の告白を決意する事もありますが、そこに行き着くまでがとにかく長いです。

内気な性格の人は、男女ともに「恋愛の発展するペースがゆっくり」という事が大きな特徴です。

何でも相手に合わせる

内気な人に晴れて交際相手が出来た場合、その内気な性格ゆえ、何でも相手に合わせてしまいます。

例えば、デートの行き先、食事の場所など、どんな事でも相手の希望に合わせ、自分の希望はほぼ口に出しません。

時には「本当は行きたくない場所だ」「本当は食べたくない物だ」と感じる事があっても、それらを口にする事が出来ず、無理をしてしまいます。

よくある「何でもいい」という言葉を使ってしまいがちなのは、まさに内気な人です。

また、ファッションなども相手の好みに合わせすぎる傾向にあり、内気な人はとにかく相手に遠慮をしてしまいがちです。

事なかれ主義

内気な人は、何でも相手に合わせてしまう事はもちろん、相手の少し嫌な部分や腹が立つ部分などを指摘する事が出来ません。

内気な人は消極的なため、とにかく自分の意見を口に出す事が苦手なのです。

争い事や揉め事を嫌うあまり、不満やストレスを自分一人で溜め込み続けます。

「何も心当たりが無いのに恋人にいきなり別れ話を告げられた」という人を時折見かけますが、それは相手が内気である事が多いです。

事なかれ主義で色々な事を溜め込みすぎた結果、限界が来て爆発してしまうのです。

それは恋愛だけに関わらず、友人や家族など、誰に対しても同じであるため、内気な人が抱える日頃のストレスは想像以上に計り知れないものです。

頼る事が苦手

人に自分の思いを伝える事が苦手な上、積極性が無く遠慮しがちな性格。

そんな性格ゆえ、恋人に頼るという行為が苦手です。

「相手に迷惑をかけてしまうのではないか」「自分でどうにかしなきゃ」そんな心理が働き、甘えたり相談したりする事を避けます。

相手からすれば、「もっと甘えてほしい!」「頼ってほしい!」と不満に感じてしまいます。

しかし、内気な人は、子どもの頃からその性格で生き続けているため、今更性格を大きく変える事も出来ません。

そのため、相手の事を心から信用し、かつ長い年月を共に過ごしていく事で、やっと少しずつ「頼る」という行為が出来るようになるのです。

結果、気を遣いすぎて疲れる

何事にも365日気を遣いすぎるため、結果的に精神が疲れ切ってしまう事は珍しくありません。

内気な人は、よく「一人で居るのが一番落ち着く」と発言しますが、それは決して他人を嫌っているのではなく、他人と居ると精神が疲労してしまうからです。

普段、他人にあまりにも気を遣いすぎるため、「休日は誰にも会いたくない」と言って家で過ごす人も多く存在します。

他の人から見れば、「そこまで気にしなくてもいいのに」「そんな事気にするの?」という事などを常に気にしているため、普通の人よりも疲れやすいのです。

この事からも分かる通り、内気な人というのは、非常に繊細な性格をしていると言えます。

LINEやメールでは饒舌

内気な人は、基本的に人見知りであったり大人しい性格であるため、他人と直接顔を合わせて話をする事が苦手です。

ですが、LINEやメールでは自分のペースで文章を打ち込めるため、「直接会うよりもよっぽど楽」と言う人が多く存在します。

直接は言いにくい事も、文章なら伝える事が出来るのです。

「普段は大人しそうな人が、LINEではしつこく連絡をしてくる」というような話を耳にする事がありますが、それはまさに内気な人の行動の典型です。

直接は片思いの相手にアピールをする事が出来ませんが、文章になった途端に饒舌になるパターンは多々あります。

それは恋愛だけでなく、友人などに対しても同じです。

内気な人にとっては、LINEやメールの存在は非常に有り難いものであり、もはや無くてはならない存在になっているのです。