秘密を打ち明ける女性心理7つ

秘密を打ち明ける女性心理7つ

人間であれば誰しもが一つは持っている物、「秘密」。

普通、秘密というものは、出来ればあまり他人には知られたくないものですよね。

しかし、普通であれば隠したい秘密を、あえて他人に打ち明ける女性は、意外にも多く存在します。

では、そんな女性達は、一体どのような心理あって秘密を打ち明けるのでしょうか。

秘密を打ち明ける女性心理

相手を信頼し、心を開いている

やはり、普段秘めている事をわざわざ他人に打ち明けるには、ある程度の信頼関係が必要です。

信頼関係も無く、信用出来るかも分からない相手には、自分の秘密はそうそう明かしませんよね。

まずは、相手が口の固い人間であるかどうか。

また、茶化さずに真摯に受け止めてくれる人間であるかどうか。

そして、自分が相手を信頼している気持ちと同じように、相手も自分を信頼してくれているかどうか。

その他にも沢山の点を考慮し、それらをクリアした相手だけに心は開けるものです。

「友人や彼女が秘密を話してくれた」という時は、彼女があなたの事を心から信頼しているからだと言えます。

相手との距離を縮めたい

親しい間柄の相手が出来た場合、人間には「相手との距離をもっと縮めたい」という心理が自然に働きます。

そこで、自分の秘密を打ち明ける事によって絆や仲を深めたり、より親密な関係を築く事を狙います。

秘密を打ち明けられた側の立場としても、「勇気を出して打ち明けてくれたんだ」「信頼してくれているんだ」と感じ、相手への信用を深めるきっかけに繋がります。

「秘密を共有した仲」というのは非常に特別な存在であり、普通の交友関係では得られないものです。

相手との距離を縮めたいと思ったら、まずは自分の事をさらけ出す事が第一歩なのかもしれません。

相手を試している

あまりにも深刻な秘密やデリケートな秘密を抱えている場合、「これを打ち明ければ相手に嫌われてしまうかもしれない」という心配がつきまといます。

特に、親友や恋人などの特別な相手に対しては、どうしてもその気持ちを強く持ってしまいます。

そこで、「思い切ってその秘密を打ち明け、相手の反応を見てみよう!」という心理が働きます。

もしも秘密を打ち明けた事により関係が破綻した場合、その相手との縁はそれまでだったという事が分かります。

「縁が切れるかもしれない」「破局するかもしれない」そんな最悪の場合のリスクを抱えてでも、特別な相手だからこそ自分の全てを知ってほしいのです。

隠し事が出来ない

こちらは、基本的に普段から隠し事が苦手で、「親しい相手に隠し事をするなんて落ち着かない!」というタイプです。

そのため、ある程度信頼している相手であれば、多少の秘密は躊躇なく打ち明けることが出来ます。

基本的に正直でオープンな性格のため、相手に心を許した瞬間に「早く何でも打ち明けたい!」という心理がすぐに働きます。

打ち明けられた方は当然驚いてしまいますが、当の本人があっけらかんとしているため、比較的軽く受け入れられるのです。

あまりにも隠し事が出来ないあまり、もはや秘密でも何でも無くなっている事が日常茶飯事です。

打ち明ける事で楽になりたい

秘密を一人で抱え続けている事に苦しみを感じている場合、「誰かに打ち明ける事で楽になりたい」という心理が働きます。

悩み事や愚痴でもそうですが、人は「気持ちを言葉に出す事」だけでも、ストレスを大幅に解消する事が出来ます。

そのため、別にアドバイスを求めているわけでもなく、誰かにただただ話を聞いてほしい時があるのです。

また、他人に話を聞いてもらう事で、自分では気付かなかった事に気付く事が出来ます。

そして、結果的に「もっと早く打ち明ければ良かった!」と感じたりと、得られる物は意外にも大きいのです。

しかし、それが出来る相手はほんの一握りですので、よほど相手に心を許しているという証拠です。

相談に乗ってほしい

こちらは「ただ話を聞いてほしい」という理由ではなく、「真剣に相談に乗ってほしい」という心理の元、秘密を打ち明けるタイプです。

普通、秘密とは自分一人で抱え込むものですので、どんなに悩んでいたとしても他人は助けてくれません。

それが深刻で重い秘密であればあるほど、その辛さは日に日に大きくなっていくものです。

その苦悩が限界に達した時、「誰にも秘密にしていたけど、どうにかして解決したい!」という心理が働き、他人に相談するという行動に出ます。

「三人集まれば文殊の知恵が出る」と言うように、他人に相談に乗ってもらう事で解決の策は一気に広がりますよね。

さらに、自分一人で抱え込まずに他人に相談に乗ってもらう事で、「私の悩みって意外に些細じゃん!」と思えたりします。

やはり、自分一人で苦しむのではなく、時には他人に頼る事も大切なのだと言えます。

むしろネタにしている

あまりにもクスッと笑えたり、ユニークすぎる秘密を持っていると、それをネタにして生活する女性も存在します。

例えば、多少の秘密であれば、派手な笑い話にしてみたり、自己紹介の十八番にしてみたり。

本来デリケートである「秘密」を、むしろネタに出来る前向きさがあるのです。

「人を笑わせたい」「楽しませたい」という気持ちが強い女性は、このように自らの秘密までを犠牲に出来ます。

明るい上に人当たりも良い性格のため、秘密を笑い話に出来る女性は、男女問わず周囲から高い人気を誇ります。

人はそれぞれ秘密を抱えているものですが、それらを明るいエピソードに変換できる人こそが、最も幸せになれるのかもしれません。