働きたくない女性の心理7つ

働きたくない女性の心理

「ああ〜、働きたくない!」「会社を辞めたい!」など、とにかく「働きたくない」が口癖の女性は多く存在しますよね。

あなたの周りにも、そんな女性が一人は居るのではないでしょうか。

そんな彼女達は 口を開けば「会社を辞めたい」とこぼし、中には「どうやったら働かなくて済むか」と真剣に考えている女性まで居ます。

「働きたくない」と考える女性達には、一体どのような心理があるのでしょうか。

働きたくない女性の心理

楽がしたい

「働きたくない」と口々にこぼす女性が最も考えている事とは、ずばり「楽がしたい」という事です。

やはり仕事をする以上は、毎日一定時間拘束され、それなりの苦労や嫌な事を避けては通れません。

また、どんな職場にもパワハラやモラハラなどが多少はあるものですよね。

極め付けには、世界でも「働きすぎな国」とされている日本では、仕事上の苦労によるうつ病や過労死のニュースが後を絶ちません。

そんな暗い雰囲気溢れ社会を見ていると、「もっと楽に働きたい」「楽な環境で生きていきたい」と思うのは自然の心理なのかもしれません。

働かずしてお金が欲しい

働きたくない女性は、「働きたくはないけど、お金だけ欲しい」という、何ともな豪快な考えを持っている事が多いです。

もちろん、そんな甘い考えはこの社会では通用しませんが、その考えを貫き通した結果、「結婚」に逃げる女性が居ます。

結婚をすれば、大体の場合は女性はパートやアルバイトとして働くか、専業主婦になるものです。

そんな「家に居るだけで生きていける」という環境は、働きたくない女性にとっては究極のオアシスと言っても過言ではありません。

口癖のように「仕事を辞めて専業主婦になって養われたい」と言う女性が存在しますが、それを本当に実現させる女性もいる為、ある意味感服せざるを得ません。

怒られたくない

怒られる事が苦手な女性やメンタルが弱い女性にとって、目まぐるしく回る社会に溶け込む事は憂鬱でしかありません。

やはり、社会には色々な性格の人が居るもので、怒りっぽい上司やパワハラをする上司など、嫌な相手が必ず存在するものです。

その為、「働く事とは、ある意味怒られる事」と言っても過言ではありませんが、社会人であればそんな事は百も承知の上で仕事をしていますよね。

そうは言っても、そんな環境に耐えられない女性は、「怒られないアットホームな職場でなら働く」「怒る人が居ない会社が良い」という考えを持つ事も珍しくありません。

さらに、彼女達は怒られる事が苦手すぎるあまり、実際に「会社で怒られてショックだから辞めた」という女性も存在するのです。

会社の駒になりたくない

「郷に入っては郷に従え」という言葉もあるように、働くという事は、ある程度覚悟を持って会社のルールに従わなければならないという事です。

特に、無理な働き方をする傾向にある日本には「体育会系」な会社も多く、そんな会社に勤める人々は「自分は会社の駒でしかないのだ」と愚痴をこぼす事も少なくありません。

また、職場によっては売上目標の到達やノルマを強いられる場合もある為、働くという事は決して容易い事ではないと言えます。

そんな現実を目の当たりにすると、「自分はこんな風になりたくない」と感じてしまうのも、少し頷けますよね。

その為、「会社の駒になるくらいなら働かない!」と言って、実際に無職を貫く女性まで存在するのです。

自由に生きたい

社会で働くという事は、決められた時間に起き、決められた時間に働き、会社や上司が定めたルールを守りながら生活するという言です。

しかし、「そんな縛られた生活は嫌だ!」という強い抵抗を持つ女性も少なくありません。

その為、結果的に「社会では働きたくない」という考えに至るのです。

そんな彼女達は、「いかに自由に働けるか」に重きを置き、勤務時間や労働環境に融通が利く職場を選ぼうとします。

「自由きままに生きたい」と願う彼女達は、常に自分のペースやプライベートを優先して生活するのです。

見た目を制限されたくない

社会人として働く以上、アパレル店員や美容師でもない限りは、暗い髪色や清潔感のあるメイクが義務付けられます。

しかし、見た目を気にする女性にとっては、そんな社会のルールが鬱陶しく感じる時もありますよね。

そんな、自分の好みや趣味とかけ離れた外見や「量産型」になる事に耐えられないあまり、働く事自体を嫌がる女性も多く存在します。

見た目を制限されるという言は、彼女達にとっては「会社の言いなりになる事」の為、くだらない事この上なく感じてしまうのです。

人間関係が苦手

純粋に人間関係を築く言が苦手な女性にとって、働くという事はもはや地獄と言っても過言ではありません。

学生時代であれば、極力人と話さずに生活をする事も可能でしたが、やはり社会ではそれは通用しませんよね。

会社で働く上では、どうしても毎日多くの人々と接し、時には気の合わない相手とのコミュニケーションを強いられる事が当たり前です。

特に、女性にはどんな職場でも「派閥」などの女性特有の人間関係がある為、実際に人間関係で悩まされている女性は少なくありません。

女性だけに関わらず、男女問わず社会人のほとんどが、職場で何かしらの人間関係に悩みがあるものです。

「皆が仲の良いアットホームな会社」を見つける方が難しいこの日本では、「働きたくない」と感じてしまっても仕方の無い事なのかもしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA