アラフォー女性の魅力7選

アラフォー女性の魅力7選

年を重ねるにつれて、どんどん体は衰えが来ます。

しかし、そのような衰えにも負けずに努力をして若さを保ち、生活を楽しむアラフォー女性はたくさんいます。

アラフォーはたくさんの魅力を兼ね素えています。

10代、20代にない大人の魅力があります。

アラフォー世代で頑張っている人の魅力はどこにあるのでしょうか。

また、アラフォー女性の恋愛観についてはこちらで詳しく説明しています。

アラフォー女子の恋愛観7つ アラフォー女子の恋愛観7つ

アラフォー女性の魅力

大人のキレイさ

10代20代はまだまだ周りから若いと言われてチヤホヤされる年齢です。

しかしアラフォーになると次第にそのチヤホヤもなくなり、肌も昔のようにツヤやハリが失われてきます。

しかし、若い時には感じられない大人のキレイさが生まれてくる年代です。

もちろん、何も努力をしなければその魅力は減少していきます。

エステなどに行けばその分、魅力は上がります。

そしてお金をかけなくとも、正しい食生活をする、運動をする等で健康維持、そして若さと大人の魅力を兼ね備えた見た目は作られます。

若い時は最先端の服を着て、派手なメイクをしていたとしていてもこの年代になるとそのようなことはなく、大人の女性の服やメイクに変化します。

若い人から感じることの出来ない魅力がその人の努力によって作られて、生まれます。

アラフィフやそれ以上の年齢でもそれぞれ魅力はありますが、若い年代から大人の年代へ入ったアラフォー世代ならではの魅力がそこには存在します。

落ち着き

若いうちは流行に乗り、最新の流行りばかりを追っていた人たちでもアラフォーになると、次第に落ち着きが出てきます。

見た目はもちろんの事ですが、内面でも落ち着きが出てくる年代です。

今までノリで行動していた人たちも後先を考えて行動をすることが多くなります。

そしてそれが大人の魅力へとなります。

のんびりとしている大人のデートを楽しむことが出来ます。

若いうちは元気に満ちており、たくさん遊びます。

しかし。この年代あれば落ち着きがあるデートが出来ます。

そして男性も女性から安心感が得られます。

相手への気遣いが出来る

年齢を重ねるにつれて精神的にも落ち着いてきます。

昔は尖っていたとしても、仕事やその他でさまざまな人と出会い、そして学び、色々な人と接してきました。

その為、年齢が若い人に比べてコミュニケーション力が優れている傾向もあり、相手への大人としての気遣いが出来ます。

若いうちは自分中心で考えてしまっていたことも、より周りの状況を把握し、より良い対応が出来ています。

相手への少しの気遣いを行えるかで、その人の魅力は大きく違います。

若いうちは出来なくとも、年齢を重ねて行くうちに相手への配慮が出来てきます。

そして若い目線ではない大人としの対応が出来るため、男性もしくは若い世代からはその気遣いこそが大人の女性だから出来る事と魅力として感じられます。

経験値が高い

アラフォー世代になってくると多くの人が様々な経験をしています。

その経験で得ている経験値がそこにはあります。

人それぞれで経験していることは違います。

しかしながら、それぞれが経験していることはその人の人生にとってプラスになることもたくさんあります。

そのプラスの部分が年齢を重ねて行くうちに積み重なり、その人の魅力へと変化していきます。

例えば、自分が辛いときに友人に相談に乗ってもらい気持ちが明るくなったとします。

そのような経験があれば、次は自分が相談に乗る側に立とうと思い、誰かの助けになります。

その助けられた友人からしてみれば、相談に乗ってくれた人は良い印象になります。

経験とは時には仕事などで大変な経験もあります。

しかし、それを乗り越えることで何か得られることがあるかもしれません。

経験値が高く寝れば、包容力も増します。

それはその人の魅力になっていきます。

求めすぎない

若いうちの恋愛ではつい、理想が高くなってしまいます。

そしてその理想に合う人を探していく、もしくはお付き合いしている彼と理想を比較してしまい、その違いにいら立ちを感じることも時にはあります。

しかし、この理想も年齢が進むにつれて落ち着いてきます。

相手に求めることが少なくなってきます。

自分のパートナーを探すときの条件も少しずつ、理想を下がります。

それと同時に相手にばかり求めずに、自分で出来る事はしようと言う考えにもなります。

相手に何かしてほしい、のみだけでなく自分で出来ることはして無理なら相手の力を借りる等、変化があります。

諦めと言う言葉が当てはまるかもしれませんが、それは気持ちの余裕感から生まれることもあります。

言葉使いが丁寧

若い人達の言葉は正しい日本語でないことも多々あります。

所謂、若者言葉と言われている言葉です。

本来の日本語にはない造語をどんどん作り、時代の流れを作っています。

そのような若者言葉は流行の言葉を使い、彼らにとってそれが話のネタにもなり、友人とのコミュニケーション内では必要な事かもしれません。

しかし、やはり本来の日本語を話すことが美しいと感じる人もたくさんいます。

ましてや、社会に出てからはそのような若者言葉はなかなか仕事では上手くいきません。

若者言葉は10代を中心に話されていますが、20代の人も話すことも多く、また20代の場合は学生時代の感覚が完全に抜けきれておらず、曖昧な日本語で話す人もいます。

しかし、アラフォーになると社会生活も長くなり正しい日本語が見に付きます。

休みの日はそのような言葉を使っていても、場をわきまえて話し方の使い分けが出来るようになります。

正しく、きれいな日本語が話せるのも一つの魅力になります。

自分の意見を明確に発言

若いうちはやはり、周りに流され生活をしてしまう傾向があります。

自分の意見は言わずに周りに合わせてしまう人が多くおり、本来の個性が出ていないことがあります。

仕事などでは立場場なかなか言えません。

言うべき所でもなかなか言えない事もあります。

しかし、ある程度の年利になってくると、そのようなこともなく、しっかりと自分を持って発言、行動をします。

自分一人の独断で全て行うわけではなく、その状況に応じては回りに合わせますが、より自分の意見を明確にし、物事を言えます。

この部分は若い世代にはなかなか出来ないことであり、アラフォーの魅力の一つでもあります。