言い訳ばかりする男の心理7つ

言い訳ばかりする男の心理7つ

自分の非を認めずに、言い訳ばかりしている男性はあなたの周りにいないでしょうか?

何かとつけて言い訳ばかりする男性は、大人気ないことに気づいている様子もなく、周囲を白けさせ、困ったものです。

そんな言い訳ばかりする男性の心理をまとめてご紹介します。

言い訳ばかりする男の心理

自分のミスを認めたくない

自尊心の高い男性は、素直に自分のミスを認める勇気がありません。

周囲に自分の有能さをアピールしたいので、自分の過ちは是が非でも無かったことにしたいのです。

自分のミスで周囲に迷惑を掛けてしまっても、説明が不十分だったから致し方なかったことにしたり、取ってつけて止むを得ず、こんな結果になってしまったかのような言い訳をして、自分のミスではないことを主張したりするでしょう。

本当に有能な男性なら、潔く自分のミスを認め、とやかく言わずにミスの挽回に徹するのでしょうが、言い訳男は、自分の自尊心を守ることに必死で、自分のミスをではないアピールをすることに精一杯でその先がありません。

責任を取りたくない

言い訳がましい男性は、総じて無責任な性格です。

そもそも大人になっても、責任という言葉の意味を理解出来ていないのでしょう。

ある程度の年齢になると、自分が取った行動には自分で責任を取らなくてはいけません。

自分の行動が原因で、周囲に迷惑を掛けてしまったら、責められるても仕方ありませんし、自ら謝罪をするなり、誠意を見せるしかないのです。

責められ、責任を取らされるなんて大事にしたくない男性は、責任から逃れる為の言い訳を繰り返すのでしょう。

それで周囲が責めるのを止めるのは、彼は悪くないことを信じたわけではなく、彼の責任感の無さに呆れたからです。

面倒臭いことに巻き込まれたくない

自分の非を認めてしまえば、後々面倒臭いことになるに違いないと思うと、卑しい男性は言い訳をして逃げる道を選びます。

言い訳をする程、辻褄を合わせなければいけなくなって、余計に面倒な思いをするのは自分自身なのですが、自分の非が露呈した瞬間に「面倒なことから逃げたい」と思ったら最後、アレコレと言い訳を重ねるしかなくなってしまうのです。

自分でも、言い訳を重ねているうちに、もう面倒臭くなっているのですが、どこで折れるかタイミングを見失ってしまっているのでしょう。

素直に非を認めて謝罪をするか、言い訳をして難を逃れるか、どちらが楽な道なのかは賢い男性ならすぐに分かるはずです。

怒られるのが怖い

人に怒られるのが極端に怖いと感じている人は、その恐怖から逃れる為に言い訳をしてしまいます。

器が小さい意気地なしであることは、自分でも分かっていても、人に怒られることが怖くて仕方がないのでしょう。

両親にあまりにも厳しく育てられるなどの環境下にあると、このような軟弱な精神の男性になりやすい傾向があります。

1番近くで自分を見守ってくれるはずの両親に認められたいと思うのは、子供として当然の心理です。

しかし、ほんの些細なことで怒られてきた幼少期の経験から、本能的に怒られそうなときは自分をかばう癖が出てしまうのです。

嫌われたくない

自分に自信がない男性は、失敗すると周囲から嫌われてしまうのではないかと、マイナス思考に考えてしまうのです。

「自分の地位を落としたくない。」

「ミスをしたことがバレて軽蔑されたらどうしよう。」

「失敗したかっこ悪い姿を好きな女性に見られたくない。」

そんな悪いイメージばかりが膨らんでしまい、嫌われたくない一心で、小心者の男性は、言い訳を始めるのです。

潔く謝ったほうが、女性からは潔くて男らしと思われ好感を持たれるのですが、マイナスのイメージにとらわれ過ぎて、嫌われる行動を取ってしまって損をします。

上手くやり過ごしたい

よく言い訳をすることが体に染み付いている男性は、言い訳をして上手く誤魔化せたらラッキーと言わんばかりに、軽々しく言い訳をしてきます。

言い訳の常習犯で、1番タチが悪いタイプの男です。

本当は自分が悪いと分かっていた上で言い訳をすることは、事実を歪めて嘘をつく行為であると認識していないのかも知れません。

或いは、嘘をつくことすら良心が痛まずに、何とも思っていないのかも知れません。

いずれにしろ、言い訳をすることに全く罪悪感を感じない男性は、これから先も平気で言い訳や嘘をついて生きていくことは間違いありません。

早く事態を収束させたい

トラブルが起きた時、出来るだけトラブルを大きくしたくないと思うのはみんな一緒です。

ですが、何事も穏便に済ませたい平和主義の人は、事実は事実として認めるので、どうか事態を早く収束させたいという思いに至るのです。

例えて言うと、火事をボヤだと申告する様に言い訳をすることで、少しでも刑が軽くなるように調整をはかっているのでしょう。

思っている程、事態は悪くないかの様に人に言い伝えたり、自分だけの責任ではない事を伝えて、ずる賢く事態の収束するタイミングを見計らっているのです。