インドア派な男性の特徴7つ

インドア派な男性の特徴7つ

インドア派な男性は、外で出会うことが難しいです。

かげろうのように儚い人もいます。

外に出かけて誰かと会って遊んだりするよりも、自分の部屋に作ったテリトリーの中で過ごすことに幸せを感じるのです。

彼の独特な世界に招待されたなら、まずは遊びに行ってみましょう。思いがけず素敵なものに出会えるかもしれません。

インドア派彼氏との付き合い方についてはこちらで詳しく説明しています。

インドア派の彼氏との付き合い方 インドア派の彼氏との付き合い方7選

また、アウトドア派な男子の特徴についてはこちらで詳しく説明しています。

アウトドア派男子の性格の特徴7つ アウトドア派男子の性格の特徴7つ

そしてインドア派女子の特徴についてはこちらで詳しく説明しています。

インドア派女子のあるあるな特徴7つ インドア派女子のあるあるな特徴7つ

インドア派な男性の特徴

色白

インドア派な男性は、当たり前ですが、あまり日に焼けていません。

外出することが少ないので、健康的ではない白さの人もいます。

少し線が細くて華奢な感じは、ちょっとお人形のようですね。

きめ細かく色白な肌は、羨ましくなる女性も多いのではないでしょうか。

大人しく、性格も穏やかです。

一緒にいたら、癒される時間が過ごせることでしょう。

インドア派の強みですが、長い時間を過ごすインドアの環境を心地良く整えているからです。

日々の喧騒は忘れて、リラックスするならインドア派の男性と過ごすのも良いでしょう。

彼と親しいなら、おもてなししてくれるでしょう。

あまり面識がなければ、中途半端なことにしかならないので、モヤモヤがたまるだけです。

受け身

インドア派の男性は、性格が内向的で、受け身です。

自分の趣味に合うことに関しては積極的になることもありますが、自己主張があまりありません。

アウトドア派の男性と比べると、行動力や体力は負けてしまいます。

精神的な強さも適わないでしょう。

気の強い女性に負けてしまうこともあります。

口下手で、押しも弱いので、誰かといたら流されてしまうことも多いです。

そのため、ストレスもよく溜まりますが、自分の世界に戻って休むことで、ゆっくりと回復します。

引っ張っていきたいタイプの女性と相性が良いです。

自分のテリトリーは大切

自分のテリトリーは、インドア派男性の趣味が詰まっていて、自分が安らげる場所です。

自分の世界を作るように、じわじわと広げています。そこで長く過ごすことが多いです。

自分を傷つける人やものが入ってこないので、安心できる場所です。

世間で起こっていることや、一般的な流行には無頓着です。

自分の興味を引くことなら、自分からのめり込んで、詳しくなります。

その集大成であるテリトリーに、外から誰かを招待するのは珍しいことです。

興味があれば、招待された時は一度覗いてみると良いでしょう。

深い世界が広がっているはずです。

体力がない

運動することが少ないので、体を鍛えるのが好きという人以外は、体力がないでしょう。

ゲームの好きな人なら、ゲームの世界にいる自分が体型も整っているので、現実世界を合わせようとはしないようです。

それか、絵画や工作など、体を動かさずに済む趣味があると、体力がなくても困ることはないのです。

自分のセンスや、同じ趣味の人との交流が大切ですが、インターネットを通じて誰かと触れ合うことができます。

体を動かさないと、知らないうちに体力は落ちるものです。

外出の好きな人がインドア派の男性とお付き合いすると、物足りなくなってくることでしょう。

頭脳派

トラブルを解決するには、体を動かすのではなくて、頭を使うタイプですね。

冷静に頭を働かせて困難を乗り越える方法を考えるのが得意です。

ただし、腰が重いと、実際に行動に移すのが遅くなることが多々あります。

パズルなど、頭を使うことは好きです。

体を動かさずに作業に没頭できるので、地道なことも結構好きだったりします。

作業を始めると、高い集中力をキープできるのも特徴です。

考え事をするのが好きで、空想にふけることもあります。

頭を使って糖分を良く消費するので、甘いものが好きな男性も多いでしょう。

コミュニケーションが苦手

インドア派の男性は、実際に人と会ってコミュニケーションするのは得意ではありません。

現実世界は、理想の世界といろいろな違いがあって、それに合わせるのも神経を使います。

誰かといたいという欲求はそれほど高くないです。

心を許せる相手と結びついていたら、多くの友達がいなくても耐えられます。

ただ、人間の本能的に、人とあまり触れ合わないのは寂しいと感じているはずです。

そのせいか、どことなく影が感じられて、そこに母性本能を刺激される女性もいるでしょう。

寂しがり屋ではありますが、追われると逃げてしまうので、付き合い方は難しいですね。

研究熱心

インドア派の男性は、研究熱心です。

同じ場所で、長い時間作業しているのが苦ではなくて、興味のある分野ならどんどんのめり込んでいくでしょう。

仕事としても、研究に携わる仕事が向いているでしょう。

教師や教授も知識はありますが、学生や多くの人と接するのが苦手なので、黙々と研究できる研究職は合っています。

または、細かい作業と独特のセンスを生かした、芸術家や陶芸家などの職も向いているでしょう。

インドア派の男性を無理に外に連れ出すと、ストレスも多く、体力が少ないので、すぐに潰れてしまうのではないでしょうか。

自分に何が向いているか、インドア派の男性はわかっているので、彼の判断を大切にしてあげましょう。