虚勢を張る女の心理とは?

虚勢を張る女の心理とは?

いつも自信満々なデキる女性は、人からは優秀だけど何となく近寄りがたいというイメージを持たれます。

しかしそういった自信満々な人も、虚勢を張っているだけということがあり、本当に自信を持っているとは限りません。

ここでは、そんな虚勢を張る女の心理について追究していきましょう。

虚勢を張る女の心理

プライドが高い

虚勢を張る女の心理として、プライドが高いことがあげられます。

これは女が虚勢を張る理由の中でも、もっとも大きなもので、分かりやすいものでもあります。

プライドが高い女は、自分が全てにおいて優れているというような振る舞いをしてしまいます。

そんなことはあり得ないのですが、高すぎるプライドのために、冷静な判断が出来ないのです。

自分の欠点や短所にも気づくことが極端に少ないのも、このタイプの特徴です。

たとえ自分の能力や実力に見あっていない場面でも、何でもかんでも前に出てきたり、人を見下すような発言も目立ちます。

気が強いため、強い人が好きだというタイプの人がそばに寄ってきます。

しかし本当に実力のある人や、冷静な人には呆れられたり嫌われたりして、敵も多いタイプです。

負けず嫌い

虚勢を張る女の心理として、負けず嫌いということがあげられます。

虚勢を張るメリットとして、一見優秀だったり何らかの力を持っていて頼りがいがある人物に見られるということがあります。

しかし虚像は虚像でしかないので、ウソをついたり誇張することはデメリットも大きいのです。

虚勢を張ると現実の自分とのギャップが大きくなるので、自分自身でプレッシャーを強めたり、本当の自分を見破られないかとひやひやしたりします。

そんなデメリットがあっても虚勢を張るのは、人に負けたくないという気持ちが強いからです。

このタイプは、人よりも優れている自分でありたいという気持ちが強くあらわれるので、欠点や短所など自分の弱点を隠して虚勢を張ってしまうのです。

傷付きやすく素直になれない

虚勢を張る女の心理として、傷付きやすく素直になれないというものがあげられます。

いつも強気に振る舞っている女が、本当は自信がないというケースも実際には少なくありません。

素直になったり弱音を吐くのは、人によっては強がりを言うよりも簡単なことです。

しかし、これらは自分の本心をさらけ出すということでもあります。

自分の弱いところを批判されたり攻撃される可能性もあるため、傷付きやすい人は素直になれないのです。

男の場合は闘争心が強くプライドが高いために、虚勢を張ってしまうというのが原因の多くを占めています。

女の場合はそれだけでなく、傷付きやすさのために素直になれず、虚勢を張ってしまうという心理的な傾向も強くなります。

敵対心のあらわれ

虚勢を張る女の心理として、敵対心のあらわれであることがあげられます。

虚勢を張る女には、プライドが高く勝ち気なタイプが多くいます。

そういったタイプの女でも、内心では自信がないという時に、必ずしも虚勢を張るわけではありません。

何故なら、強気な振る舞いで自分を実際よりも良く見せることにはそれなりにリスクがあり、自分の首を絞めることにもなるからです。

虚勢を張っても実際には違うということがバレれば、弱点が知られたり、評価が下がったり、侮られたりする可能性もあるのです。

それでも虚勢を張るのは、強気に振る舞うことで相手を威嚇したり、怯ませられるかもしれないメリットがあるためです。

虚勢を張ってメリットを得られるかどうかは、ある意味ギャンブルです。

それでも賭けに出るのは、相手にそれだけ敵対心を抱いているからなのです。

強迫観念が強い

虚勢を張る女の心理として、強迫観念が強いことがあげられます。

強迫観念が強いと、あることに対して執着し強迫的な感情を抱くために、強い思い込みをして極端な行動をとってしまいます。

このタイプは自分はこうしなければならないという思い込みが強く、その思い込みに沿って自分を演出して虚勢を張ります。

理想が高い人とも似ていますが、その思い込みは理想というよりも呪いのように本人を拘束しており、自分の思考や行動に病的なまでに執着してしまうのです。

そのため、人に対して素直ではいられず、弱音を吐くことも出来ません。

虚勢を張ることで自分自身の首を絞めてしまう上に、強い思い込みにとらわれているため、精神的にも追いつめられやすいタイプと言えます。

自信のなさ

虚勢を張る女の心理として、自信のなさがあげられます。

虚勢を張るタイプはプライドが高く、勝ち気な人が多いです。

そのため、たとえ自信がなくても簡単に逃げたり負けを認めたりすることはないのです。

通常、自信がない時には正直に言った方がハードルが下がります。

しかし、このタイプはプライドが高いため、自信がないと正直にいうことは負けを認めているように感じてしまうので出来ないのです。

むしろ自信がないからこそ負けを認めたくないという気持ちが強くなって、つい虚勢を張ってしまうのです。

目立ちたがり

虚勢を張る女の心理として、目立ちたがりということがあげられます。

虚勢を張る人はプライドが高く勝ち気なタイプが圧倒的に多いです。

しかし、単純に人の注目を浴びたいという目立ちたがりな心理で虚勢を張ってしまう女もいます。

人は優秀な人や才能ある人にカリスマを感じて惹かれるものです。

そのため、目立ちたがりの女は虚勢を張って実際よりも自分を良く見せ、人の注目を浴びようとしてしまうのです。

強気な発言や振る舞いは、評価はともかく人目を引くのは確かです。

目立ちたがりなタイプは人目を引きたいだけで、自分の理想に拘るタイプではありません。

ただただ目立ちたいという心理が強く働くために虚勢を張るだけで、発言や態度の割りに努力をせず、成長もしません。