恨みを買う人の特徴は?

恨みを買う人の特徴は?

本人には自覚が無いものの、「知らず知らずのうちに周囲から恨みを買っている」という人が居る事をご存知でしょうか。

そんな人達は、その癖の強い性格が原因で、常に誰かからの恨みを買いながら生活をしているのです。

さらには、そんな性格ゆえ、「どこに行っても周囲から孤立してしまう」という悲しい特徴も持っています。

今回は、そんな「恨みを買われる人の特徴」をまとめてみました。

恨みを買う人の特徴

いつでも自分が一番

一言に「恨みを買われる人」と言っても様々なタイプが存在しますが、どんなタイプにも共通している事は、ずばり「自分勝手な性格」という事です。

恨みを買われる人は、基本的に「いつでも自分が一番」「自分が最も正しい」という考えを持っている為、そんな性格では誰からも受け入れられる事はありません。

やはり、人から恨みを買われるというだけあり、その性格にはそれなりの難があるのです。

そして、そんな自分勝手な性格ゆえ、常日頃から「他人の気持ちを考えない」「自分の事ばかり優先する」という行動を取り、周囲からは嫌われていく一方です。

人を見下し、馬鹿にする

自分勝手すぎる性格は、「他人を見下す」「他人を馬鹿にする」という人柄をも引き起こします。

恨みを買われる人は、そもそもの価値観が「自分が一番」である為、自分以外の人間は全員見下しの対象なのです。

その為、日頃から他人を馬鹿にするような態度を取ったり、どんな相手に対しても常に上から目線な姿勢を見せます。

そして、時には平気で八つ当たりや嫌がらせをする事もある為、周囲からすれば迷惑かつ厄介な存在でしかありません。

そんな自分勝手すぎる性格をしていれば、周囲からの恨みを買ってしまっても仕方がありません。

嘘つき

平気で嘘をつく人が身近に居ると、咄嗟に「出来るだけ関わりたくない」と感じてしまいますよね。

そんな「嘘つきな人」もまた、恨みを買われやすい存在です。

嘘つきな性格をしている人は、日頃から息を吐くように嘘をつき、一体何が真実なのかが全く分かりません。

さらに、自分を守る為であればどんなバレバレな嘘でも貫き通す為、その姿には誰からも「ありえない」「性格が悪い」と批判を買ってしまいます。

平気で嘘をつく人が身近に居ると、自分の生活まで散々な目に遭わされてしまう為、厄介極まりない存在です。

人の物に手を出す

「友人の彼女ばかりに手を出す男性」「他人の旦那に色仕掛けをする女性」など、「人の物が大好きな人」は意外にも多く存在しています。

このタイプの人は、「人の物だから欲しくなる」という斜め上の考えを持っている為、お目当の異性にパートナーが居る事を、むしろ好都合に捉えます。

「人の恋人を奪った」というだけでも性格が悪すぎるものの、世の中には「人の配偶者を奪った」という恐ろしい人も多く存在するのです。

自分の大切な存在を奪われてしまっては、恨みを持たない人はほとんど居ないのではないでしょうか。

平気で人を裏切る

「信じていたのに裏切られた」「仲が良いと思っていたのに、急に裏切られた」という苦い経験はありませんか。

表面上は良い人のように繕っていても、心の中では何を考えているか分からないのが人間です。

そんな中に稀に存在するのが、「平気で人を裏切る」という人です。

このタイプの人は、自分にメリットが無いと感じれば平気で人を切り捨て、時には人を売り、その行動は冷酷以外の何物でもありません。

その為、その性格を見抜く事が出来ずに関係を持ってしまったが最後、散々な目に遭わされてしまいます。

そんな「人を人とも扱わない生き方」では、人から恨みを買われてしまっても文句は言えません。

八つ当たりや嫌がらせをする

人から恨みを買ってしまう人の多くは、人の気持ちを考える事が出来ません。

そして、そんな自分勝手な性格ゆえ、気に入らない人に八つ当たりをしたり、時には嫌がらせをする事もあるのです。

それは「自分の思い通りにならない事を嫌う」という特徴ゆえの行動で、自分の気分を満足させる為であれば、他人が傷付こうともどうでもいいのです。

さらには、「自分が間違っている」「悪い事をしている」という自覚が一切無い為、自らの行動を反省する事もありません。

その為、運悪く目を付けられてしまったが最後、悪夢ような生活を送る羽目になってしまいます。

借りた物を返さない

「人から借りた物はきちんと返す」という事は、人として当たり前に出来なければならない事です。

しかし、その当然の行為が出来ない人が、世の中には一定数存在するのです。

借りた物をいつまでも返さなかったり、最悪の場合には借りっ放しのまま音信不通にしたりと、その言動には非常に目に余るものがあります。

そした、その借りた物が相手の大切な物であればあるほど、相手からは「最低」という烙印を押されてしまいます。

さらに、「借りた物を返さない」という行為の中で、最もトラブルを招きやすいのは「お金」です。

物であればまだしも、人から借りたお金を返さない人は、人間として大切な物が大きく欠落していると言えます。

信頼していたからこそお金を貸したのに、それがいつまでも返って来ないとなると、もはや恨みを持つなと言う方が難しいでしょう。