復縁したい元彼から連絡こない理由とその対処法とは?

復縁したい元彼から連絡こない理由とその対処法とは?

元彼と復縁したいのに連絡がこなくて不安になっていませんか?

自分から連絡するのもそれはそれで不安ですし、やっぱり元カレから連絡がくるのがべすとですよね。

しかし、何もしないままだとこれから先も連絡がこないかもしれません。

ある程度はあなたの方から動いて彼氏の気持ちを揺さぶってみることもおすすめです。

そこでここでは復縁したい元彼から連絡こない理由とその対処法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

復縁したい元彼から連絡こない理由

元カノよりも魅力を感じている人がいる

復縁したい元彼から連絡がこない理由として、元カノよりも魅力を感じている人がいる場合があります。

別れた彼氏や彼女にまだ未練がある場合、気にしないようにしていても相手のことを考えてしまうものです。

また新しい恋に飛び込んでみても、別れた恋人の良さに改めて気付くということもあります。

もしこちらだけでなく、お互いに復縁を望んでいれば、どちらともなくコンタクトを取りあうものです。

それがないということは、その時既に元カノよりも魅力を感じている人がいる可能性が高いのです。

その人と既に恋愛関係にあるかどうかは分かりませんが、元彼は過去の恋愛よりも新しい恋愛に気持ちが向いているということです。

とはいえ、悲観しすぎることはありません。

新しい恋愛は新鮮ですが、その分ストレスもあり、落ち着くことも難しいからです。

もし元彼と過去に良い関係を築けていたのであれば、リスクを負うよりも心地よい関係を元カノと再び保ちたいという気持ちになる可能性も十分ありますよ。

元カノを嫌っている

復縁したい元彼から連絡がこない理由として、元彼から嫌われているということがあげられます。

これは復縁したいと思っている人には酷ですが、可能性としては低くありません。

別れた後に復縁したいと思う人は案外多いのです。

復縁したいと思う人は、少しクールダウンしたあとは必要以上に冷たい態度をとったり無視をしたりすることは希です。

なぜなら、一度別れてしまった以上は二人の関係は不安定であり、少しでも相手との関係を安定させたいという心理が働くからです。

そのため、相手と喧嘩しないように落ち着いて丁寧に接するか、すぐに復縁したいと言い出すかのどちらかが多いのです。

不安定な関係で相手に冷たくしたり無視をしてしまうと、復縁の可能性を自ら壊してしまうようなものです。

別れてからずっと連絡が来なかったり、こちらが元彼に連絡したのに返してくれない場合は、通常の人間関係として考えてもかなり冷たいと言わざるを得ません。

少なくとも復縁したいという意思がないと判断して良いでしょう。

気まずくて躊躇っている

復縁したい元彼から連絡がこない理由として、気まずくて躊躇っているという場合もあります。

復縁したいと思っているにも関わらず連絡を寄越さないというのは、別れ方や元彼の性格的な理由が関係することもあります。

もし元彼が悪くて別れてしまったのであれば、復縁したいとは言い出しにくいでしょう。

性格的な理由なら、たとえばプライドがとても高い元彼であれば、一度別れた元カノにこちらから下手に出るなど考えられないという場合もあるでしょう。

また非常にシャイな元彼であれば、自分から元カノに告白し直すことが困難であることも考えられます。

このように何らかの気まずさのせいで、連絡してこない場合もあるのです。

そんな場合は、こちらから少しでも話しやすく気さくな雰囲気をつくることが大切です。

元彼の気まずさを取り除ければ、復縁に効果的な大きな一歩になります。

復縁したい元彼から連絡こないときの対処法

覚悟を決めて自分から連絡する

元彼と別れてしまったことには、必ず理由があるはずです。

ケンカをして一時的に感情が高ぶり、売り言葉に買い言葉だったかもしれませんし、長い時間をかけてお互いが不満を溜め込んだ結果だったのかもしれません。

ただ理由がどんなものであったにせよ、まず元彼と話をしてみないことには復縁の可能性はゼロのままです。

色々と思うところはあるかもしれませんが、元彼の方から連絡がないのであれば、「覚悟を決めて自分から連絡する」ことが最も現実的な対処法になるでしょう。

確かにある程度の時間を置いてお互いに頭を冷やすことも大切ですが、ずっと連絡を取り合わないままでは、どちらにしてもそのまま別れるしかなくなってしまいます。

直接会話するのが怖いと感じるなら、最初のひと言はメールやSNSからの発信でも構いませんので、勇気を出して自分から連絡を取ってみましょう。

共通の友人に頼む

お互いが一度別れを決意したということは、その時点で二人の関係性は最悪なものになっていると考えるのが普通です。

あなたが元彼に連絡しづらいと考えているように、元彼もまた同じ思考に陥っていることが想像できます。

そんなとき一番頼りになるのは、やはり友人の存在です。

あなたにどれだけ復縁をしたい気持ちがあったとしても、それを元彼に伝える場が設けられないなら意味はありません。

ですから、代わりに復縁の意思を伝える場を、共通の友人にセッティングしてもらえばいいのです。

共通の友人であれば、二人が別れに至った経緯についても多少は知っているでしょうし、元彼を話し合いの場に呼び出してくれる可能性も高くなります。

元彼と二人きりで話しても、結局はお互いが感情的になって話がまとまらないケースも多いわけですから、むしろ友人に間に入ってもらった方が復縁のチャンスも増えるでしょう。

元彼がいつも利用していた場所で待つ

元彼から何の連絡もなく、さらに自分から連絡する勇気もわいてこないとき…

それならもう復縁など無理だと思ってしまうかもしれませんが、実はそんなことはありません。

どうしてかというと、「彼がいつも利用していた場所で待ってみる」という最後の手段があるからです。

たとえば、元彼がよく利用していた飲食店が見える場所で待ってみるのもいいでしょうし、図書館によく通っていたなら、自分もそこへ足を運んでみると話せるチャンスがあるかもしれません。

復縁をしたいなら元彼と接触するしかないわけですから、とにかくそうできる可能性を探すのです。

ただし、たとえば元彼のバイト先に行くといった行動はNGになります。

仕事中に来られても職場に迷惑がかかりますし、そんなことをされると復縁どころかさらに険悪なムードになることが目に見えているからです。

その点だけには注意して、まずは元彼と話し合える状況を作ってください。

「復縁したい元彼から連絡こない理由とその対処法」に関する記事の紹介

復縁したい元彼から連絡きたときどう行動するか? 連絡先知らない元彼と復縁する方法とは? 復縁したい元彼の脈なしサインとは?