親身になってくれる人の特徴や性格|親身になってあげる人になるには

親身になってくれる人について、紹介します。

あなたの周りにも、『親身になってくれる人』はいませんか。

相談をしたとき、親身になってくれる人がいるとありがたいですよね。

ここでは、そんな『親身になってくれる人』について、特徴や性格を詳しく見ていきたいと思います。

記事の最後には、親身になってくれる人になる方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

親身になってくれる人の特徴

まずは、親身になってくれる人の特徴から紹介します。

自分が困っているとき、悩みがあるときに親身になってくれる人には、一体どんな特徴があるのでしょうか。

『親身になれる』という長所を持っている人の特徴は、こちらです。

聞き役になれる

親身になってくれる人の特徴には、聞き役になれることが挙げられます。

親身になってくれる人は、人の話を聞くときには聞き役になることができます。

途中で自分の話をして話の腰を折ったり、食い気味に話すことはありません。

とことん聞き役になれるというのが、親身になってくれる人の最大の特徴と言えるでしょう。

包容力がある

親身になってくれる人の特徴には、包容力があることが挙げられます。

親身になってくれる人は包容力があるので、一緒にいると安心したり癒されたりすることでしょう。

イライラしたり悲しいことがあったときでも、包容力のある人といると気持ちが落ち着きますよね。

親身になってくれる人は、そういう包容力を持っているのです。

相談されやすい

親身になってくれる人の特徴には、相談されやすいことが挙げられます。

親身になってくれる人は、とにかく周りから相談されやすいです。

何かあると話を聞いてもらえる、と周りが思っているため、相談役として定着していることも。

親身になって話を聞いてくれるので、相談もしやすいのでしょうね。

関連記事はこちら▽ 話を聞いてくれる人の特徴|話を聞いてくれる人が欲しい時にやるべきこととは 話を聞いてくれる人の特徴|話を聞いてくれる人が欲しい時にやるべきこととは

気遣いができる

親身になってくれる人の特徴には、気遣いができることが挙げられます。

親身になってくれる人は視野が広く、気遣いもお手の物。

困っている人やいつもと様子が違う人を見つけると、『どうしたの?』『何かあった?』と声をかけることができます。

些細な変化も、敏感に感じ取ることができるのです。

友人が多い

親身になってくれる人の特徴には、友人が多いことが挙げられます。

親身になってくれる人は『話を聞いてくれる』人なので、友人も多いと言えるでしょう。

ただし、言い換えれば『誰とも深い関係にならない』ということでもあるので、親身になってくれる人が本当に心を開ける人は少ないのかもしれません。

親身になる人の性格

続いて、親身になる人の性格について紹介します。

親身になる人の特徴については先程紹介したとおりですが、親身になる人はどんな性格をしているのでしょうか。

親身になる人の性格には、以下のようなものが考えられます。

面倒見が良い

親身になる人の性格には、面倒見が良いことが挙げられます。

親身になれる人は、とにかく面倒見が良い性格をしています。

困っている人がいると、放っておくことができません。

長男や長女など、下に弟や妹がいる人で親身になれる人は、面倒見が良いことが多いと言えるでしょう。

優しい

親身になる人の性格には、優しいことが挙げられます。

親身になれる人は、みな優しい性格をしているといえます。

困っている人を放っておけないのも、優しいからですよね。

話を聞いているうちに、まるで自分のことのように感情移入してしまうこともあるでしょう。

親切心が強い

親身になる人の性格には、親切心が強いことが挙げられます。

子供の頃、『人には親切にしましょう。』と教わったと思いますが、その親切心が強い人も親身になれる人だと言えるでしょう。

ただ、親切心が強い人の中には偽善者ぶる人もいますので、本当に親身になる人かどうかは見極めなくてはなりません。

誠実

親身になる人の性格には、誠実なことが挙げられます。

親身になる人には、一度話を聞いてしまったら解決するまで放っておけない、誠実なタイプもいます。

首を突っ込んでしまったからには、最後まで付き合おうという感じですね。

誠実な性格の人は、あらゆる方向から解決策を導き出してくれるでしょう。

おせっかい

親身になる人の性格には、おせっかいなことが挙げられます。

親身になってくれる人の中には、融通が利かず、思わず『おせっかいだな』『そこまでいくと、ありがた迷惑だな』と感じてしまうこともあります。

本人は親切心から親身になっているだけで悪気はないのですが、中にはおせっかいなタイプもいることを覚えておきましょう。

親身になってあげる人になるには

最後に、親身になってあげる人になるにはどうすればいいのか、その方法を紹介します。

親身になってくれる人は周りから好かれるなどのメリットもありますので、親身になってあげる人になりたい、という人もいるでしょう。

親身になってあげる人になりたいのなら、以下のことを試してみてください。

相手の気持ちに寄り添う

親身になってあげる人になるには、相手の気持ちに寄り添うことが挙げられます。

親身になるというのは、自己満足ではなく相手が嬉しいと感じなければ意味がありません。

ですから、相手の気持ちに寄り添うことが必要不可欠なのです。

相手の気持ちに寄り添えば、必然的に親身な対応ができるはずですよ。

聞き役に徹する

親身になってあげる人になるには、聞き役に徹することが挙げられます。

親身に人の話を聞くためには、聞き役に徹さなくてはなりません。

途中で自分の話をしたり、アドバイスをすることなく、まずは相手の話を丁寧に聞く姿勢を持ちましょう。

相槌を打ちながら、相手の話を聞くことが大切です。

本を読む

親身になってあげる人になるには、本を読むことが挙げられます。

親身になることと本を読むことは関係ないのでは?と思うかもしれませんが、想像力を鍛えるという点で本を読むのは非常におすすめ。

相手の気持ちに寄り添うためには、『何を考えているのか』を想像しなくてはいけませんからね。

否定しない

親身になってあげる人になるには、否定しないことが挙げられます。

話を聞いていて、相手の言うことが間違ってるな…と感じても、頭から否定しないようにしましょう。

もちろん相手が間違っていることは教えてあげるべきですが、『教える』のと『否定する』のは全くの別物だということを忘れないでください。

共感する

親身になってあげる人になるには、共感することが挙げられます。

相手が『親身になって話を聞いてくれた』と感じるポイントは、自分の話に共感してもらえたかどうか。

『そうだったんだ、大変だったね。』
『それは嫌だね。』
など、相手の話に共感してあげましょう。

それだけで、親身になってあげることができますよ。

まとめ:親身になれると人間関係がうまくいく!

親身になる人の特徴や性格、親身になってあげる人になる方法について紹介しました。

親身になって人の話を聞けると、人間関係がうまくいきます。

誰だって、自分の話を親身になって聞いてくれる人には、好感が持てますからね。

自分の印象を良くしたい人などは、人の話を親身になって聞ける人を目指してみましょう。

人の気持ちに寄り添うことができれば、親身になってあげる人になれる日も近いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA