足・膝が触れても避けない男性心理と脈あり・脈なしサインを徹底紹介!

足・膝が触れても避けない男性心理と脈あり・脈なしサインを徹底紹介!

飲み会や職場などで、男性と会話している時に自然と足や膝が触れてしまうのはよくあることです。そんな時、男性が避けることなく触れた状態をキープしてきたら、「もしかして好かれてる?」と期待してしまうでしょう。
今回は、足・膝が触れても避けない男性の心理について解説していきます。
また、足・膝が触れても避けない男性の脈ありサイン・脈なしサインと、自然に男性と足や膝が触れ合う方法についても紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

関連記事はこちら▽ テーブルの下で足に触れる男性心理!足に触れてくる男性の脈ありサインを紹介! テーブルの下で足に触れる男性心理!足に触れてくる男性の脈ありサインを紹介!

足・膝が触れても避けない男性心理

偶然とはいえ体の一部が触れているのに避けようとしない男性に対して、「一体何を考えているんだろう?」思ってしまうのは当然です。
足や膝が触れているのに避けない男性は、あなたに対して恋愛感情を抱いている可能性ももちろんありますが、特別な気持ちは全くないという場合もあります。
ここでは、足・膝が触れても避けない男性心理について詳しく解説していきます。

好きだから嬉しい

足・膝が触れても避けない男性は、あなたのことが好きだから触れている状態が嬉しいと思っている可能性が高いです。
ほとんどの男性は、好きな女性に「触れたい」という願望を持っています。たとえ偶然だとしても、大好きなあなたと足や膝が触れると「ラッキー」と思えるのでしょう。

脈ありか確認している

偶然触れた足や膝をずっと密着させて、あなたの反応を伺い脈ありか確認しようとしている場合もあります。
あなたも避けようとしないのであれば「脈あり」、あなたが嫌そうな表情を見せたり、サッと避けた場合には「脈なし」と判断し、それによって今後アプローチするか諦めるかを決めようとしているのでしょう。

相手をドキドキさせたい

男性が自分から足や膝をくっつけてくる場合は、あなたのことをドキドキさせたいと考えているのでしょう。
自分が魅力的だと思っている男性は、触れるだけで女性をドキドキさせることができるし、相手を自分に夢中にさせることができるとも思っているのです。
あなたのことが女性として気になっているか、もしくは単純に女遊びが好きな男性なのでしょう。

話に夢中になっている

男性が足・膝が触れても避けないのは、ただ話に夢中になっていて触れていることに意識が向いていないからという可能性もあります。
何かに集中している時、他のことに全く意識が向かない男性は少なくありません。
そんな男性は、相手が異性でも同性でも体の一部が密着している状態に気がつかないこともあるのです。

全く気にならない

そもそも人との距離感が近い男性の場合、女性と足や膝が触れたとしても全く気にならないものです。
この場合は、あなたに対して友人としての親しみを強く感じているのでしょう。ただ、当然触れているからといってドキドキもしないし、それをきっかけに異性として意識し始めることもありません。


足・膝が触れても避けない男性は脈あり?脈なし?

足や膝が触れても避けない男性が、必ずしもあなたに対して好意があるとは限りません。
男性のあなたへの態度や行動をよく観察して、脈ありかどうかを見極めましょう。
ここでは、足・膝が触れても避けない男性の「脈ありサイン」「脈なしサイン」を紹介していきます。

足・膝が触れても避けない男性の脈ありサイン

至近距離で接してくる

足や膝がいつ触れてもおかしくないくらいの至近距離でいつも接してくるのであれば、あなたに対して好意があるのは間違いありません。
積極的な男性は、好きな女性と接するときに自分からグイグイ距離感を近づけていきます。体や顔を近づけるのは、あなたと心の距離も縮めたいと思っている証拠なのです。

さりげないボディタッチが多い

足・膝が触れても避けないだけでなく、相手からさりげないボディタッチをしてくることが多くありませんか?もし該当するなら、脈ありと判断できます。
頭をポンポンしてきたり、偶然を装って手や指先に触れてくる…これは、男性が好きな女性にする典型的な好意のサインです。
ただ、あまりにもベタベタ触ってくる場合は下心で近づいてきている危険性があるので、警戒する必要があります。

関連記事はこちら▽ 頭ポンポンする年上男性の心理と脈あり・脈なしサインを紹介! 頭ポンポンする年上男性の心理と脈あり・脈なしサインを紹介! 付き合ってないのに頭ポンポンしてくる男性心理を徹底紹介! 付き合ってないのに頭ポンポンしてくる男性心理を徹底紹介!

よく目が合う

普段目が合うことが多いのであれば、彼があなたのことを好きなのは確実です。
あなたのことが好きだから、近くに居ても遠くに居てもついつい目で追ってしまうのでしょう。また、自分の気持ちに気づいて欲しいから、あなたが視線に気づいてくれるまで見つめているとも考えられます。
足や膝が触れても避けないのは、単純にあなたと触れ合えることが心から嬉しいからなのでしょう。

恋愛についての話題を頻繁に振ってくる

会話の中で相手から恋愛についての話題を頻繁に振ってくるのも、脈ありサインと言えます。
好きな人の恋愛についてのあれこれを知りたいと思うのは、男女問わず誰だって同じでしょう。積極的な男性は「知りたい」という自分の気持ちを抑えることなく、好きな女性の好みのタイプや過去の恋愛のことなどについて躊躇なく質問します。
また、足や膝など体の一部に触れながら恋愛トークに持ち込もうとする場合は、良い感じの雰囲気を作って一気に関係を進展させようと企んでいるのでしょう。

2人きりになりたがる

足・膝が触れても避けない男性の脈ありサインとして、2人きりになりたがるということも挙げられます。
例えば職場であなたが1人きりでいる時を狙って話しかけてきたり、会社からの帰り道を1人で歩いていると偶然会うことが多いといった場合、彼は「2人きりになってもっと親密度を上げたい」と考えているのです。
ただ、偶然を装って2人きりの状況に持ち込もうとすることが頻繁にあるなら、付きまとわれている可能性もあるので警戒した方が良いでしょう。


足・膝が触れても避けない男性の脈なしサイン

他の人と接する時も距離感が近い

他の人と接する時も足や膝が触れそうなくらい距離感が近い場合、あなたに対して特別な感情はないと判断できます。彼は他者と体の一部が触れ合うことに、抵抗を感じない人なのでしょう。
ただ単に社交的なタイプなだけで、あなたのことも「親しい友人の1人」としか思っていないと考えられます。

会話中笑顔が少ない

足・膝が触れても避けない男性があなたのことをどう思っているか知りたいなら、会話中の相手の表情にも目を向けてみましょう。
会話中明らかに笑顔が少ないと感じるのであれば、あなたのことを異性として意識していないと言えます。
好きな女性と話している時は、どれだけポーカーフェイスな男性でも自然と表情が緩むものです。

会話中目が合わない

基本的に会話中目が合わないのであれば、脈なしと判断できます。
目が合わないのは、相手が何か他のことを考えていたり、会話に夢中になりすぎているからでしょう。男性は好きな人と会話している時、目の前にいる相手のことしか考えられないし、会話に夢中になりすぎることもありません。
足や膝が触れても避けないのは、触れていることに気がついていないからという可能性が高いです。

必要以上に話しかけてこない

何か用件がある時は話しかけてくるけど、それ以外は必要以上に話しかけてくることがない…これも、男性が出す脈なしサインの1つです。
相手が好きな女性であれば、何も用がなくても積極的にコミュニケーションをとろうとするものです。
あなたと足・膝が触れても避けないことに、特に深い意味はないと考えられます。

プライベートな話題を持ちかけてくることがない

足・膝が触れるくらいの近い距離感で接しているにも関わらず、プライベートな話題を持ちかけてくることがないのであれば、彼にとってあなたは特別な存在ではないのでしょう。
仕事の話題ではよく盛り上がるけど、お互いの趣味や恋愛などについては一切知らない…こういった場合、相手はあなたと今以上の関係になることを望んではいないのです。


自然に男性と足や膝が触れ合う方法

好きな男性と自然に足や膝が触れ合う流れに持っていくには、まず彼との距離感をしっかりと縮める必要があります。
彼が「近づきたい」と思うような言動を、あなたから積極的に行っていきましょう。
ここでは、自然に男性と足や膝が触れ合う方法を紹介していきます。

相手が関心のある話題を振る

相手が関心のある話題を振ることによって、彼は話すことに夢中になって自然と距離を近づけてくるでしょう。
事前に彼の趣味や得意とすることを調べておいて、会話の中でさりげなく話題に出してみてください。男性は自分が興味のあることに関する話しなら前のめりになるので、足や膝が触れ合うほどの至近距離まで来てくれることが期待できます。

相談事を持ちかける

自然に男性と足や膝が触れ合う距離感まで近づくために、相談事を持ちかけるのも方法の1つです。
男性にとって、女性から相談事を持ちかけられるのは決して嫌なことではありません。むしろ頼られることを誇らしく思う人は多いでしょう。
「親身になって聞いてあげたい」という気持ちから、自然と至近距離で接してくることが期待できます。体の距離感が縮まるだけでなく、あなたが悩みを打ち明けることによって心の距離もグッと縮まるでしょう。

相手の話にしっかりと耳を傾ける

相手があなたにとってはどうでもいいと思えるような話を振ってきたとしても、最後までしっかりと耳を傾けてみてください。彼の目をじっと見つめ、ちゃんと相槌をうってあげることによって、彼は嬉しい気持ちになってどんどんあなたとの距離感を近づけてくるでしょう。
その結果自然と足や膝が触れるようになり、2人の親密度もグッと高まります。

さりげないボディタッチを繰り返す

自然と足や膝が触れ合うくらいの関係性になるために、あなたからさりげないボディタッチを繰り返すのも方法の1つです。
大抵の男性にとって、女性からボディタッチをされるのはとても嬉しいことです。さりげなく相手の手や肩に触れるなどしていけば、自然と相手もあなたに興味を持つようになり会話する時の距離感もどんどん近くなっていくでしょう。
しかしシャイな男性の場合は、ボディタッチすると恥ずかしがって離れていってしまう恐れがあるので、この方法は避けた方が良いでしょう。

大勢での食事や飲み会では常に隣をキープ

大勢での食事や飲み会は、好きな人との距離感をグッと縮めるチャンスです。常に彼の隣をキープするようにすれば、自然と足や膝が触れる状況を作り出せます。
ただ、相手がお酒が入ると過剰にボディタッチをしてくるようなタイプの場合は注意が必要です。あなたから積極的に近づきすぎると、その気になって肉体関係を迫ってくる可能性もあります。
また酔っぱらった勢いで女性にベタベタする男性は、酔いが冷めた時に全て忘れていることも多いので、アプローチは素面の時にした方が良いでしょう。


男性が足・膝が触れても避けないのは珍しいことではない

男性と体が触れた時、相手が避けないでいると思わずドキドキしてしまう女性は多いでしょう。
しかし、女性と足や膝が触れても避けない男性は決して珍しくはありません。女性に対して好意があってもなくても、何の深い意味もなく触れた状態をキープする人は意外と多いのです。
ですので、足・膝が触れただけで「両思いかも…」と過剰に期待するのはやめておきましょう。ただ、あなたのことを嫌いではないのは確実です。
脈ありかどうかをしっかり判断した上で、関係進展を目指しましょう。