膝をくっつけてくる男性心理!膝をつけてくる男性は脈あり?脈なし?

膝をくっつけてくる男性心理!膝をつけてくる男性は脈あり?脈なし?

飲み会のときや隣に座ったときなど、膝をくっつけてくる男性っていますよね。

膝が触れるとドキッとしてしまいますが、なぜそんなことをしてくるのか、不思議に感じることもあるでしょう。

ここでは、膝をくっつけてくる男性心理について詳しく見ていきたいと思います。

また、膝をくっつけてくる男性の脈ありサインや脈なしサイン、対処法についても解説していますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

関連記事はこちら▽ テーブルの下で足に触れる男性心理!足に触れてくる男性の脈ありサインを紹介! テーブルの下で足に触れる男性心理!足に触れてくる男性の脈ありサインを紹介!

膝をくっつけてくる男性心理

あなたの隣にいる男性が、わざわざ膝と膝が触れるようにしてくるのは、一体なぜなのでしょうか。

男性と膝をくっつけていると、妙にドキドキしてしまいますよね。

男性はどう思っているのだろう?と思いますが、男性はあなたに好意を持っている場合と、下心がある場合のどちらかになります。

親しくなりたい

膝をくっつけてくる男性は、あなたと仲良くなりたいと思っていることが多いです。

あなたと仲良くなりたい、親しくなりたいという気持ちから、隣に座って膝をくっつけてくるのです。

どうでもいい人や苦手な人であれば、わざわざ近づくこともなければ、膝をぶつけてくることもないでしょう。

距離を縮めたい

親しくなりたい心理と似ていますが、あなたと心の距離を近づけたい場合にも、男性はボディタッチやスキンシップをすることがよくあります。

人との距離を縮めるためには、ボディタッチをするのが一番、と思っている人もいるのでしょう。

確かに、小さい頃クラスメイトと仲良くなるために握手をする、という習慣があった人もいますよね?

これと同じで、あなたとの距離を縮めたくて座ったときに膝をくっつけてくるのです。

関連記事はこちら▽ 付き合う前なのにスキンシップする男性心理と脈ありサインを徹底紹介! 付き合う前なのにスキンシップする男性心理と脈ありサインを徹底紹介!

下心がある

実は、膝をくっつけてくる男性に多いのは「体の関係になりたい」「お持ち帰りしたい」などの下心が強いこともあります。

飲み会などで膝をくっつけてくる男性の多くは、下心があると言っても過言ではありません。

うまいことお酒を飲ませて女性を酔わせ、そのままお持ち帰りできたらいいな、などと考えているのでしょう。

反応を伺っている

自分と体が触れたとき、女性がどんなリアクションをするのか気になる、という男性も、わざと膝をくっつけてくることがあります。

あなたの反応が初々しくて可愛い、と思っていたり、あなたのことが気になっているため、自分のことを拒否しないか知りたい、というケースもあるでしょう。

どちらにせよ、あなたに好意的な感情を持っていることは間違いありません。

気にしていない

また、場合によっては女性と膝がぶつかっていても、全く気にしない男性もいます。

鈍感なタイプの男性であれば、たとえ女性と膝がくっついても、気づかないこともあるでしょう。

自分から膝をくっつけてきているのに…と女性からすると思ってしまうかもしれませんが、何も気にしていない男性もいるのです。


膝をくっつけてくる男性は脈あり?脈なし?

男性と膝がぶつかるような距離にいるのは、女性としては緊張してしまったり、ドキドキしてたまらないと感じてしまうもの。

男性は、相手の女性のことが好きで膝をくっつけてくる場合と、そうではない場合があります。

脈ありかどうかを見極めるのは非常に難しいのですが、男性はしっかりサインを出していますので見逃さないようにしましょう。

膝をくっつけてくる男性の脈ありサイン

よく目が合う

特定の男性と、なんだかいつも目が合うな、と感じたことはありませんか。

人はみな、好きな人や気になる人のことは無意識に目で追ってしまうもの。

男性の場合は特に、自分でも気づかないうちに好きな人を見てしまうものなのです。

だからこそ、膝をくっつけてくる男性とよく目が合うのであれば、あなたのことを見ている証拠だと言えるでしょう。

ニコニコしている

あなたと膝がくっついたとき、男性はどんな表情をしていますか。

男性が優しい笑顔を見せている場合、あなたのことを愛しいと思っていることが多いです。

男性がニコニコしているのは、あなたに好意的な感情を持っている証。

ただし、笑顔を見せていても、ニヤニヤしている場合は下心があるため注意しなくてはなりません。

プライベートを知りたがる

好きな人のことは何でも知りたい、と思ったことはありませんか。

誰であっても好きな人のことは知りたいと感じるので、小さなことでも気になってしまうもの。

特に趣味や恋愛観などのプライベートなことは、聞き逃したくないと思いますよね。

男性も同じなので、あなたのプライベートを知りたがる様子があるなら、脈ありだと言えるでしょう。

変化に気づく

男性は女性よりも視野が狭いと言われており、小さな変化には気づかないことも少なくありません。

女性が髪を切ったり、ネイルを変えたくらいでは気づかないことも多いでしょう。

しかしながら、好きな人であれば普段からよく見ているので、小さな変化にも気づくことができるのです。

膝をくっつけてくる男性が、あなたの変化を指摘してきたのなら、脈ありの可能性は高いですよ。

褒めてくれる

小さな変化に気づくことと似ていますが、あなたのことを否定せず、褒めることが多いのも脈ありサインの一つです。

好きな人には自分の印象を良くしたい、という気持ちがあるので、否定せずに肯定したり、褒めたりすることが多くなります。

特に、あなたの変化に気づいて「その○○可愛いね」「それ似合ってるね」などと褒めてくれるのは、間違いなく脈ありです。


膝をくっつけてくる男性の脈なしサイン

誰とでも近い

膝をくっつけてくる男性は、普段どのくらいの距離感であなたと関わっていますか。

あなたと距離が近いとしても、他の女性や男友達とも距離が近いのであれば、脈ありとは言えません。

誰とでも距離が近いのであれば、あなたのことを特別扱いしているわけではないので、脈なしの可能性の方が高いと言えます。

関連記事はこちら▽ 距離が近くても嫌がらない男性心理と脈あり・脈なしサインを紹介! 距離が近くても嫌がらない男性心理と脈あり・脈なしサインを紹介!

ベタベタ触る

男性は、本当に好きな人には積極的なボディタッチやスキンシップを行うことができません。

なぜなら、体だけだと思われ、警戒されるのが怖いからです。

好きな女性に誤解されることだけは避けたいと思っているので、むやみやたらと触れないのです。

そのため、膝をくっつけてくる男性があなたにベタベタと触ってくる場合、脈なしなのは確実です。

ボディタッチが多い

ベタベタ触ることと似ていますが、やたらと体を触ってくる男性も脈なしだと言えるでしょう。

先程も触れましたが、男性は相手が好きな人であるほど自分から触ることができません。

だからこそ、膝をくっつけるなどの偶然を装った触れ方をしてくるのです。

意外と臆病なので、ボディタッチが多いな、馴れ馴れしいなと感じるのであれば脈なしだと思った方が良いかもしれません。

関連記事はこちら▽ ボディタッチが多い男性心理!ボディタッチが多めな男性は脈あり?脈なし? ボディタッチが多い男性心理!ボディタッチが多めな男性は脈あり?脈なし?

下ネタばかりする

膝をくっつけてくる男性は、あなたにどんな話をしてきますか。

本当に嫌いな人には自分から話しかけたりしませんが、たとえ話しかけてくることが多いとしても、その内容が下ネタ系ばかりであるなら、恋愛感情としての好意はありません。

この場合、あなたのことを遊び相手と認識しており、体の関係になりたい、という以外の感情はないでしょう。

何のリアクションもない

そして、あなたと膝がぶつかったときに何の反応もないのは、完全なる脈なしサイン。

膝がくっついているにも関わらず、それに気づかないというのは、彼はあなたのことを「どうでもいい人」だと思っている証拠です。

あなたに興味そのものがないため、膝などが触れていても何とも思わないのでしょう。

飲み会などで隣に座ってきたとしても、たまたまであり理由はないことが多いです。


膝をくっつけてくる男性への対処法や反応の仕方

男性から膝をくっつけてこられたら、そのままにしておくべきなのか、それとも避けるべきなのか迷ってしまうもの。

もちろん、どうするかはあなた次第です。

あなたが相手の男性のことをどう思っているのか、によっても対応の仕方は変わってくるので、自分の気持ちに素直に応じていきましょう。

男性に対して好意がある場合

そのままにしておく

膝をくっつけてくる男性のことが好きであるなら、ぶつかっている膝をそのままにしておきましょう。

びっくりして避けたり、膝をズラしたりせず、そのままにしておくことで、好意があることを相手の男性にも伝えることができるはずです。

好きな人と膝がくっついているのは緊張してしまいますが、嬉しさに変えてしまいましょう。

相手の膝に手を乗せてみる

好きな男性が膝をくっつけてきたら、さりげなく男性の膝に自分の手を乗せてみるのもアリ。

膝がぶつかっているわけですから、自分の膝に手を置くような感覚で、少しだけ男性の膝にも触れてみてはいかがでしょうか。

相手の男性をドキッとさせたいときに、効果的ですよ。

ぜひ試してみてくださいね。

じっと見つめる

好きな人と体の一部が触れたときには、ドキドキしながら相手の男性の目を見てみるのもおすすめです。

異性からじっと見つめられたら、誰だってドキドキしてしまいますよね。

膝をくっつけてくる男性に好意があるのであれば、膝がぶつかったときに相手の目を見つめてみると、相手の本音を見極めることができるかもしれません。


男性に対して好意がない場合

膝の向きを変える

好きではない人と膝がぶつかると、正直ちょっと気持ち悪いな…と思ってしまうでしょう。

そんなときは、さりげなく膝の向きを変えて男性と膝が触れるのを避けるのが先決です。

やはり、好意のない人と触れているのは嫌ですからね。

ただし、相手との関係性によっては思い切り避けるのは失礼なので、さりげなく避けるようにしてください。

ちょっと狭いね、避ける

もし、飲み会などで座ったときに隣の男性と膝がぶつかってしまったら、「あ、ごめんね」と膝をずらしましょう。

自分から膝をくっつけたわけではなく、相手の男性から膝をくっつけてきたとしても、「狭かったね、ごめん」と言って膝をずらしてしまえば、角が立つことなく体が触れているのを改善することができますね。

距離をとって近づかない

何度も膝をくっつけてきたり、明らかにいやらしさを感じるような場合は、はっきりいってその人とは関わるべきではありません。

できるだけ距離をとり、必要最低限の関わりに留めておくのが得策です。

こういう人は、あなたのことを遊び相手としか思っていませんし、関わりを続けてもろくな事にはなりません。

早い段階で距離をとってしまうのが、今後のためにもおすすめです。


まとめ:膝をくっつけてくる男性はデリカシーがない人かも…

残念ですが、わざと膝をくっつけてくる男性はあなたに好意があるケースよりも、下心を持っているケースの方が多いです。

飲み会の席などで隣に座り、わざわざ膝を寄せてくるというのは、はっきり言ってデリカシーのない行動とも言えます。

あまり親しくない間柄であれば尚更、嫌悪感を覚えることもあるでしょう。

膝をくっつけてくる男性の本心を見極めるのは簡単ではありませんが、しっかり男性を観察していくことが大切です。