二人きりで食事する男性心理とは?二人きりで食事する男性は脈ありの脈ありサインを紹介!

二人きりで食事する男性心理とは?二人きりで食事する男性は脈ありの脈ありサインを紹介!

二人きりで食事する男性について、紹介します。

あなたの周りにも、二人きりで食事する男性はいませんか。

二人きりの食事に誘われると、どういう意味で誘ってきたんだろう?と色々考えてしまいますよね。

ここでは、二人きりで食事する男性の心理や特徴、脈ありサインと脈なしサイン、そして職場の男性から二人で食事に誘われたときの対処法や反応の仕方について見ていきたいと思います。

ぜひ、最後まで読み進めてみてください。

二人きりで食事する男性心理

まずは、二人きりで食事する男性の心理について紹介します。

二人きりで食事する男性は、一体どんなことを考えているのでしょうか。

二人きりで食事する男性の心理には、以下のようなものが挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

親しくなりたい

二人きりで食事する男性の心理には、親しくなりたいというものが挙げられます。

二人きりで食事をする男性の多くは、あなたと親しくなりたいという気持ちがあります。

個人的に親しくなるためには、やはり二人で会うのが一番ですよね。

食事なら会話に困るということもないため、誘いやすいのも理由でしょう。

距離を縮めたい

二人きりで食事する男性の心理には、距離を縮めたいというものが挙げられます。

二人きりで食事する男性は、あなたと距離を縮めたいと思っていることも多いです。

この心理がある場合、二人きりで出かける前にグループで出かけていたり、プライベートで話すなどある程度アプローチしており、次の段階として二人での食事に誘ったのでしょうね。

自分のことを知ってほしい

二人きりで食事する男性の心理には、自分のことを知ってほしいというものが挙げられます。

あなたに自分のことを知ってほしいと思っているときにも、男性は二人きりで食事をすることがあります。

食事なら気兼ねなく会話ができると思っており、自分のことを知ってもらうには絶好のチャンスだと思っているのかもしれません。

話を聞きたい

二人きりで食事する男性の心理には、話を聞きたいというものが挙げられます。

自分のことを知ってほしいのではなく、あなたの話を聞きたくて二人きりで食事をする男性もいます。

たとえば男性が職場の同僚や先輩である場合、あなたが職場で馴染めていないように感じたため、話を聞くために食事に誘った、という可能性も高いでしょう。

悩んでそうに見えたから

二人きりで食事する男性の心理には、悩んでそうに見えたからというものが挙げられます。

話を聞きたい心理と似ていますが、あなたが悩んでそうに見えたため、食事に誘ったというパターンも有り得ます。

二人きりでの食事なら、あなたが悩みを打ち明けやすいのではないか、と思ったのかもしれません。

こちらも、職場の上司や先発に多い心理です。


どんな人?二人きりで食事する男性の特徴

続いて、二人きりで食事する男性の特徴について紹介します。

二人きりで食事する男性の心理については先程紹介したとおりですが、二人きりで食事する男性にはどんな特徴があるのでしょうか。

二人きりで食事する男性の特徴は、こちらです。

兄貴肌

二人きりで食事する男性の特徴には、兄貴肌であることが挙げられます。

兄貴肌とは、一言で言うと困っている人を放っておけない、頼りがいのある人のこと。

あなたが何か悩んでいるように感じた、困っているように感じたという些細なサインを見逃さず、声をかけられる人だと言えるでしょう。

視野が広い

二人きりで食事する男性の特徴には、視野が広いことが挙げられます。

元々男性は、視野が狭い分遠くまで見ることができ、女性はその逆。

視野が広い男性は、あまり多くはないと言われています。

しかし、二人きりで食事に行く男性のうち、小さな変化に気づくタイプは視野が広いことが多いでしょう。

気遣いができる

二人きりで食事する男性の特徴には、気遣いができることが挙げられます。

二人きりで食事する男性は、周りへの気遣いができるタイプです。

周りに人がいるところでは話しにくいだろうと察し、わざわざ二人きりでの食事に誘うこともあるでしょう。

しかし、あえて二人きりでの食事に誘うことで、警戒されてしまうことも少なくありません。

下心がある

二人きりで食事する男性の特徴には、下心があることが挙げられます。

わざわざ二人きりで食事に行く男性には、少なからず下心がある可能性があることも忘れてはいけません。

特に休日の前の日の夜に食事に誘うタイプの男性は、下心がある可能性が高いため、気をつけるべきだと言えるでしょう。

女友達が多い

二人きりで食事する男性の特徴には、女友達が多いことが挙げられます。

二人きりで食事する男性は、元々女友達が多く、女性と二人で出かけることを特別なことだと感じていないのかもしれません。

このタイプの男性は、あなたを食事に誘ったのも他の女友達と食事に行くのと同じで、当たり前のこと、日常の一部だと思っている可能性が高いです。


二人きりで食事する男性は脈あり?脈なし?

ではここで、二人きりで食事する男性は脈あり脈なしどちらなのか?について、見ていきたいと思います。

二人きりで食事に誘われると、何となく脈ありなのかなと思ってしまいますが、必ずしも脈ありとは限りません。

二人きりで食事する男性の、脈ありサインと脈なしサインはこちらです。

二人きりで食事する男性の脈ありサイン

雰囲気のいいお店をチョイスする

二人きりで食事する男性の脈ありサインには、雰囲気のいいお店をチョイスすることが挙げられます。

好きな人と二人で食事に行く場合、男性は雰囲気のいいお店をチョイスするようになります。

デート向きのお店やムードのあるお店など、誘われた女性が「これはデートなんだな」と思うようなお店をチョイスされたら、それは脈ありサインと見て良いでしょう。

当日まで連絡がマメ

二人きりで食事する男性の脈ありサインには、当日まで連絡がマメであることが挙げられます。

二人きりで食事する男性が脈ありの場合、食事に誘ってから当日までの間、比較的連絡がマメに来るようになります。

あなたが自分の誘いに乗ってくれたことで自信がつき、積極的にアプローチしてくるようになった証拠ですね。

恋愛の話をする

二人きりで食事する男性の脈ありサインには、恋愛の話をすることが挙げられます。

二人きりで食事する男性が自分から恋愛の話をして来るのも、脈ありサインといえます。

自分からわざわざ恋愛の話をしてくるということは、男性はあなたに自分のことを恋愛対象として意識してほしいと思っている可能性が高いでしょう。

よく目が合う

二人きりで食事する男性の脈ありサインには、よく目が合うことが挙げられます。

二人で食事する男性と、普段からよく目が合うなと感じるのであれば、それはあなたのことを意識しているサイン。

お互いに見ているから目が合うのであり、あなただけが見ていたのでは目が合うことはありません。

よく目が合うのは、彼もあなたのことを気にしている証拠なのです。

違いに気づく

二人きりで食事する男性の脈ありサインには、違いに気づくことが挙げられます。

二人きりで食事する男性は、あなたの変化や違いに気づいてくれますか?

好きな人のことは普段からよく見ているので、小さな違いにも気づくもの。

あなたの見た目の変化などに気づき、「今日の○○いいね」などと言ってくれるのは、脈ありだと言えるでしょう。


二人きりで食事する男性の脈なしサイン

お店が騒がしい

二人きりで食事する男性の脈なしサインには、お店が騒がしいことが挙げられます。

二人きりで食事する男性が選んだお店が雰囲気のいいお店なら脈ありと言いましたが、逆に騒がしいお店であるなら脈なしだと言えます。

中には、そういうお店の方が気兼ねなく話せるという人もいるのでしょうが、初めて二人で食事をするのであれば、やはりそれなりのお店を選ぶはずでしょう。

仕事の話しかしない

二人きりで食事する男性の脈なしサインには、仕事の話しかしないことが挙げられます。

二人きりで食事をしているとき、会話の内容がすべて仕事関連の話だとしたら、そこに恋愛要素はありません。

あくまでもビジネスパートナーとして、あなたのことを食事に誘っただけなのでしょう。

この場合、お店は個室など人の目がないところであることが多いです。

距離が近い

二人きりで食事する男性の脈なしサインには、距離が近いことが挙げられます。

カウンターでもないのに、向かいではなくわざわざ隣に座る男性もいますよね。

テーブル席でわざわざ隣に座る男性は、あなたに対して下心があり、恋愛対象としてではなく遊び相手として見ている可能性が高いです。

関連記事はこちら▽ 距離が近くても嫌がらない男性心理と脈あり・脈なしサインを紹介! 距離が近くても嫌がらない男性心理と脈あり・脈なしサインを紹介!

スキンシップが多い

二人きりで食事する男性の脈なしサインには、スキンシップが多いことが挙げられます。

距離が近いことと同様、二人きりで食事するときにやたらスキンシップが多いのも、下心があるサイン。

普通、好きな女性には下心があると警戒されたくないため、むやみやたらと体に触ることはありません。

関連記事はこちら▽ 付き合う前なのにスキンシップする男性心理と脈ありサインを徹底紹介! 付き合う前なのにスキンシップする男性心理と脈ありサインを徹底紹介!

当たり障りのない会話しかしない

二人きりで食事する男性の脈なしサインには、当たり障りのない会話しかしないことが挙げられます。

二人きりで食事をしているのに、当たり障りのない会話しかしないのも脈なしの可能性が高いです。

ただし、男性がひどく緊張している様子だったりするのなら、女性と二人で食事することに慣れていないだけという可能性もあるので、男性の様子もしっかり観察して判断してみてください。


職場の男性から2人で食事に誘われた時の対処法や反応の仕方

最後に、職場の男性から二人で食事に誘われたときの対処法や反応の仕方について紹介します。

職場の男性から二人で食事に誘われたとき、どんな反応をすれば良いのでしょうか。

あなたがその男性に好意がある場合とない場合、それぞれにおける対処法や反応の仕方はこちらです。

男性に対して好意がある場合

笑顔で返事をする

好意のある職場の男性から二人で食事に誘われたときの対処法や反応の仕方には、笑顔で返事をすることが挙げられます。

好意のある職場の男性から二人で食事に誘われたのなら、笑顔で返事をしましょう。

好きな人から食事に誘われたら嬉しいので、笑顔で返事をし、具体的な日程を決めていくとGood。

お礼を言うだけだと社交辞令と受け取られる可能性があるので、具体的に日程を決めていくことが大切です。

嬉しい、と言う

好意のある職場の男性から二人で食事に誘われたときの対処法や反応の仕方には、嬉しいと言うことが挙げられます。

好意のある職場の男性から食事に誘われたら、やはり嬉しいですよね。

相手がどういう意図で誘ってきたのかは分かりませんが、あなたの素直な気持ちを言葉にして伝えることをおすすめします。

仕事ですか?と聞いてみる

好意のある職場の男性から二人で食事に誘われたときの対処法や反応の仕方には、仕事ですか?と聞いてみることが挙げられます。

たとえ好意のある男性から誘われても、仕事関連の人である以上、仕事の延長として声をかけられた可能性もゼロではありません。

勘違いだったら恥ずかしいので、仕事ですか?と聞いてみるのも良いかもしれませんよ。


男性に対して好意がない場合

複数を提案する

好意のない職場の男性から二人で食事に誘われたときの対処法や反応の仕方には、複数を提案することが挙げられます。

好意のない男性から誘われても、職場の人である以上なかなか断れないこともありますよね。

そういうときには、複数やグループで食事に行くことを提案し、できるだけ二人きりになるのを避けましょう。

お酒は飲まない

好意のない職場の男性から二人で食事に誘われたときの対処法や反応の仕方には、お酒は飲まないことが挙げられます。

好意のない男性と二人で食事する場合は、お酒は飲まないようにしましょう。

お酒を飲むと判断が鈍りますから、あくまでも食事のみにすることを心がけてください。

お酒を勧められても、断る勇気を持ってくださいね。

平日を提案する

好意のない職場の男性から二人で食事に誘われたときの対処法や反応の仕方には、平日を提案することが挙げられます。

下心のある男性の場合、金曜日の夜など休みの前の日を提案してくることが多いので、あえて平日を提案しましょう。

平日ならば遅くなるわけにはいきませんし、次の日の仕事を口実に早めに切り上げることもできますからね。


まとめ:二人きりで食事をする男性の本心を見極めよう

二人きりで食事する男性の心理や特徴、脈ありサインと脈なしサイン、そして職場の男性から二人で食事に誘われたときの対処法や反応の仕方について、紹介しました。

二人きりで食事をするからといって、男性は必ずしもあなたに好意があるとは限りません。

場合によっては下心がある、というケースもありますから、二人で食事に誘ってくる男性の本心は慎重に見極めてくださいね。