男性が自分のものにしたくなる女性の特徴|自分のものにしたくなる男性心理とは?

男性が自分のものにしたくなる女性の特徴|自分のものにしたくなる男性心理とは?

男性が自分のものにしたくなる女性について、紹介します。

男性が自分のものにしたくなる女性とは、一体どんな女性なのでしょうか。

ここでは、男性が自分のものにしたくなる女性の特徴やその男性心理、自分のものにならない女性に対する男性心理、女性を自分のものにしたいときの男性の行動などについて、詳しく見ていきたいと思います。

また、付き合ってる彼女の全部がほしい心理についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

男性が自分のものにしたくなる女性の特徴

まずは、男性が自分のものにしたくなる女性の特徴について紹介します。

男性は、どんな女性に対してでも「自分のものにしたい」と思うわけではありません。

男性が自分のものにしたくなる女性には、以下のような特徴があると言えるでしょう。

人気が高い

男性が自分のものにしたくなる女性の特徴には、人気が高いことが挙げられます。

男性からの人気が高い女性ほど、男性は競争心を刺激されて「自分のものにしたい」という気持ちが強くなります。

他の男性も狙っている人気の高い女性を手に入れることで、周りに自慢したいという気持ちもあるのでしょうね。

聞き上手

男性が自分のものにしたくなる女性の特徴には、聞き上手なことが挙げられます。

自分の話をニコニコと相槌を打ちながら聞いてくれる聞き上手な女性は、男性にとって「失いたくない女性」でもあります。

他の男性に対しても聞き上手な面を発揮しているのかも…と思ったら気が気ではなく、早く自分のものにしたくてたまりません。

笑顔がかわいい

男性が自分のものにしたくなる女性の特徴には、笑顔がかわいいことが挙げられます。

笑顔がかわいい女性は、男性からの人気も高いです。

元々男性は女性の笑顔が好きという人も多く、笑顔がかわいい女性には、つい惹かれてしまうもの。

その笑顔を誰にも見せたくない、と思うのでしょうね。

忙しい

男性が自分のものにしたくなる女性の特徴には、忙しいというものが挙げられます。

何かと忙しくてなかなか連絡がつかない、なかなかデートをOKしてくれないような忙しい女性は、誰にもプライベートを見せていない印象を与えますよね。

忙しくてなかなか捕まらないからこそ、自分のものにしたい、という気持ちになるのかもしれません。

ミステリアスな雰囲気

男性が自分のものにしたくなる女性の特徴には、ミステリアスな雰囲気があることが挙げられます。

プライベートを簡単には話してくれなく、何をしてるのか容易に想像ができないミステリアスな女性は、男性の「知りたい」という好奇心を刺激するもの。

他の人が知らないことを知りたい、という気持ちが強く働くのです。

自分のものにしたくなる男性心理

続いて、自分のものにしたくなる男性心理について紹介します。

男性は、なぜ特定の女性を自分のものにしたくなるのでしょうか。

自分のものにしたくなる男性心理について、まとめてみました。

詳しく見ていきましょう。

俺だけのものにしたい

自分のものにしたくなる男性心理には、俺だけのものにしたいというものが挙げられます。

自分のものにしたくなるとき、大抵の男性はその女性のことを「俺だけのものにしたい」と思っています。

他の誰にも渡したくない、見せたくないという独占欲があるのでしょう。

独り占めしたい

自分のものにしたくなる男性心理には、独り占めしたいというものが挙げられます。

俺だけのものにしたい心理と似ていますが、男性はその女性を独り占めしたくてたまりません。

他の男性と話したり、遊びに行ったりするのは絶対に嫌だと思っています。

独り占めしたい気持ちがある男性は、相当強い独占欲があると言えるでしょう。

自信をつけたい

自分のものにしたくなる男性心理には、自信をつけたいというものが挙げられます。

男性はプライドが高いわりに、自信がないことも多いもの。

周りから人気のある女性を自分のものにすることで、「自分はこんな凄い女性と付き合えたんだ」と自信をつけることができるでしょう。

自信をつけたいからこそ、自分のものにしたいと思うのです。

誰にも渡したくない

自分のものにしたくなる男性心理には、誰にも渡したくないというものが挙げられます。

自分のものにしたくなる男性は、そもそも独占欲が人一倍強いもの。

その女性を、誰にも渡したくありません。

他の誰かのものには絶対にしたくないからこそ、自分のものにしたいと思うのです。

束縛したい

自分のものにしたくなる男性心理には、束縛したいというものが挙げられます。

自分に自信のない男性ほど、女性を束縛してしまいがち。

女性の全てを把握し、自分のそばに置いておかないと不安で仕方がないのです。

自分のものにしたくなる男性は、女性を束縛することで安心感を得ようとしているのかもしれません。

自分のものにならない女性に対する男性心理

続いて、自分のものにならない女性に対する男性心理について紹介します。

猛アピールをしても、なかなか自分のものにならない女性っていますよね。

自分のものにならない女性のことを男性はどう思っているのか、男性心理には以下のようなものが挙げられます。

自分を見てほしい

自分のものにならない女性に対する男性心理には、自分を見てほしいというものが挙げられます。

何をしても自分のものにならない女性に対し、男性はもどかしさを覚えます。

自分のものにならない女性の目に自分が映っていないと分かると、何をしてでも「自分を見てほしい」という気持ちになるものです。

何とかして手に入れたい

自分のものにならない女性に対する男性心理には、何とかして手に入れたいというものが挙げられます。

自分のものにならない女性のことを、男性は何とかして手に入れたいと思っています。

男性はプライドが高いので、何があっても自分のものにしないと気が済まないのです。

支配欲を満たしたい

自分のものにならない女性に対する男性心理には、支配欲を満たしたいというものが挙げられます。

相手を支配することで、男性は自分の価値を見出す傾向にあります。

自分の方が立場が上だと実感することで、「自分はすごい」という自信に繋げたいのでしょう。

思い通りにならない女性がいるからこそ、支配欲を満たしたくてたまりません。

他の男に負けたくない

自分のものにならない女性に対する男性心理には、他の男に負けたくないというものが挙げられます。

自分のものにならないということは、その女性は誰か他の男性のものになる可能性がある、ということ。

自分がアプローチしてダメだった女性が他の男性のものになったら、その男性に負けた気がして嫌なのです。

駆け引きだったらめんどくさい

自分のものにならない女性に対する男性心理には、駆け引きだったらめんどくさいというものが挙げられます。

何をしても自分のものにならない女性に対し、男性は「自分になびかないのは駆け引きしてるからかも」と思うこともあります。

割と恋愛経歴が豊富な男性、自信過剰な男性ほどそう思う傾向にあり、駆け引きだったらめんどくさいから関わるのをやめよう、と思うこともあるでしょう。

自分のものにしたい時の男性の行動

ではここで、自分のものにしたいときの男性の行動について紹介します。

男性が「この女性を自分のものにしたい」と思ったとき、男性はどんな行動に出るのでしょうか。

自分のものにしたいときの男性の行動には、以下のようなものがあります。

相手のことを知りたがる

自分のものにしたいときの男性の行動には、相手のことを知りたがるというものが挙げられます。

相手の女性を自分のものにしたいと思っているとき、男性はその女性のプライベートについてしつこく聞いてくるようになります。

特に恋愛経歴や恋愛観については、細かく聞いてくるでしょう。

自己アピールをする

自分のものにしたいときの男性の行動には、自己アピールをすることが挙げられます。

自分のものにしたいと思ったとき、男性は相手の女性に対して自分のことをひたすらアピールしてきます。

自慢話や武勇伝など、自分は凄いというエピソードをたくさんしてくるでしょう。

相手の女性の興味を引きたいのです。

とにかく優しい

自分のものにしたいときの男性の行動には、とにかく優しいことが挙げられます。

自分のものにしたいとき、男性はいつも以上に女性に対して優しく接します。

言葉遣いや仕草なども、普段と比べると明らかに優しいもの。

これは、「優しくていい人」というイメージを相手の女性に植え付けたいからです。

あえて冷たくする

自分のものにしたいときの男性の行動には、あえて冷たくするというものが挙げられます。

優しくするタイプとは対照的に、あえて冷たくする男性もいます。

冷たくすることで相手の女性の興味を引き、自分のことを見てほしいと思っているのでしょう。

今まで優しかったのに急に冷たくするのは、自分のものにしたいからかもしれません。

周囲に俺のものアピールする

自分のものにしたいときの男性の行動には、周囲に俺のものアピールすることが挙げられます。

自分のものにしたいと思っているとき、男性は自分の周りの人に対して「あいつは俺のだから」などと言ったりします。

外堀から固めていく、ちょっと厄介なタイプですね。

付き合っている彼女の全部が欲しい心理

最後に、付き合ってる彼女の全部がほしい心理について紹介します。

片思いではなく、付き合ってる彼女に対しても、男性は全部が欲しい、自分のものにしたいという感情を抱くことがあります。

なぜ付き合ってる彼女の全部が欲しくなるのか、その心理について見てみましょう。

自分のだというプライド

付き合ってる彼女の全部が欲しい心理には、自分のだというプライドが挙げられます。

男性は元々プライドが高いのですが、付き合ってる彼女は「俺のもの」だと思っている人も少なくありません。

男友達などに自慢するという意味合いでも、自分のものだからこそ全てを知っていたい、全てが欲しいと感じるのでしょうね。

自分だけのものにしたい独占欲

付き合ってる彼女の全部が欲しい心理には、自分だけのものにしたい独占欲が挙げられます。

男性は、彼女に対して「自分のもの」という独占欲を持っている人も多いです。

自分のものだからこそ、誰も近づけたくないのでしょう。

自分だけのものにしたいという独占欲が強ければ強いほど、彼女の全部が欲しくなってしまいます。

今すぐ体を手に入れたい

付き合ってる彼女の全部が欲しい心理には、今すぐ体を手に入れたいというものが挙げられます。

付き合ってるにも関わらず、彼女がなかなか体を許してくれないという場合、男性は彼女と早く体の関係になりたくて、全部が欲しいと言うこともあります。

気持ちだけでなく、体まで手に入れないと不安でたまらないのかもしれません。

喜んでほしい

付き合ってる彼女の全部が欲しい心理には、喜んでほしいというものが挙げられます。

純粋に彼女に喜んでほしくて、彼女の好きなもの、欲しいものが知りたいのです。

また、女性は強く愛されたいという願望のある人も多く、だからこそ彼女に喜んでもらいたくて「彼女の全部が欲しい」という気持ちになるのかもしれません。

自分の知らないことがあるのは嫌

付き合ってる彼女の全部が欲しい心理には、自分の知らないことがあるのは嫌だというものが挙げられます。

付き合ってる彼女の全部が欲しい男性は、彼女について自分の知らないことが1つでもあるのが許せません。

特に、自分以外の男性が知っていて自分が知らないことがあるなら、何がなんでも知ろうとするでしょう。

まとめ:魅力的な女性ほど男性は自分のものにしたくなる!

男性が自分のものにしたくなる女性の特徴や、自分のものにしたいと思う男性心理、自分のものにならない女性に対する男性心理、自分のものにしたいときの男性の行動、そして付き合ってる彼女の全部が欲しい心理について紹介しました。

男性が自分のものにしたいと思うのは、それだけ魅力的な女性であると言えるでしょう。

簡単に自分のものにならなそうだと感じるからこそ、どんな手を使ってでも自分のものにしたくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA