自分の事を知ってほしい男性の心理は?自分の事を知ってほしい男性の脈アリサインを紹介!

自分の事を知ってほしい男性の心理は?自分の事を知ってほしい男性の脈アリサインを紹介!

あなたの身近には自分の事を何でも話してくる男性はいますか?「何で私にいちいち何でも報告するんだろう?」と不思議に思うでしょう。
男性が女性に自分の事を話すのは、相手に特別な感情がある場合が多いです。
今回は、自分の事を知ってほしい男性について紹介します。
自分の事を知ってほしい男性の心理や行動、更に脈ありサインについても解説していきます。

自分の事を知ってほしい男性の心理

男性が自分の事を女性に知ってほしいと望むのには、人によって様々な心理が隠されています。好意がある女性の興味を引きたい場合もあれば、多くの女性から関心を持たれたいと考えている場合もあります。
ここでは、自分の事を知ってほしい男性の心理を詳しく紹介していきます。

相手の事が異性として好き

自分の事を知って欲しいと望むのは、相手の事が異性として好きだからという場合が多いです。
好きな人に自分の全てを知って欲しいというのは、誰でも思うことでしょう。そう思うのは、自分の事を相手がよく知っていることで、深い関係であるという気分になれるからです。

興味を持ってほしい

自分の事を何でも話すのは、相手に興味を持ってほしいという気持ちの表れでもあります。
相手の興味を引くために自分の事を話す男性は、関心を持ってもらうために自分を取り繕う傾向があります。例えば、収入を実際よりも多めに言ったり、本当は高卒なのに有名大学出身であると偽るなど、自分を大きく見せようとするのです。

理解を求めている

相手に理解を求めている気持ちから、自分の事を知ってもらおうと考える男性もいます。女性に自分を理解して欲しいと思うのは、相手に対しての甘えがあるのでしょう。自分と同じ気持ちに立ち、楽しさや辛さなどあらゆる感情を共有してほしいのです。
理解してくれることで「この人は何があっても自分の味方」と、安心することができるのでしょう。

自分に自信がある

男性が自分の事を異性に知って欲しいと思うのは、自信の表れという場合もあります。つまり、自信のある部分を自慢して女性に「すごい」と褒めて欲しいのです。
仕事で良い功績を残した時や、頑張りが評価されて昇給・昇進した時、誰かに褒めてもらいたい・尊敬されたいというのは大抵の男性が思うことでしょう。
また、そういう時は同性よりも女性から褒められたいのです。

モテたい

モテたいという気持ちから、自分を知ってもらおうとする男性もいます。このように考える男性は自分には魅力があると思い込んでいる、いわゆるナルシストタイプです。見た目・性格・能力の高さなど、全てにおいて自己評価がかなり高いので、自分の事を知ればどんな女性もすぐに落ちると勘違いしているのです。
実際はそのナルシストな性格が女性から「痛い」「気持ち悪い」とドン引きされていますが、本人は全く気付いていません。

自分の事を知ってほしい男性の脈アリサイン

「自分の事ばかり話してくるのは、私の事がすきだから?」そう思う女性は多いでしょう。あなたに好意を持っているかどうかは、相手の発言や行動をしっかりと観察することで見極めることができます。
ここでは、自分の事を知ってほしい男性の脈アリサインを紹介していきます。

自分のいい所ばかりアピールしてくる

自分のいい所ばかりをアピールしてくる場合は、脈アリだと言えます。好きな女性に自ら自分のマイナスな点を知ってもらおうとする男性は、あまりいません。相手を落とすためにまず良い所を知ってもらい、好感を持ってもらおうとするものです。
ただ、この場合悪い部分は徹底的に包み隠そうとします。付き合ってから欠点が沢山見つかり「最低な男だった」と女性側が後悔する可能性もあるので、注意が必要です。

話を盛る

女性に自分の事を話す時、話を盛ってしまう人も少なくはありません。これは「相手に良く思われたい」という気持ちの表れなので、完全に脈アリと言えます。
話を盛るというのはつまり嘘をつくということで、後でその嘘がバレたらかなり印象が悪くなります。しかし、これは実は多くの男性がやっていることで、珍しいことではないのです。

2人きりになろうとする

大勢での飲み会であなたを連れ出そうとしたり、頻繁に食事に誘ってくる…そのように2人きりになろうとするのは、「もっと自分の事を知ってほしい」「距離を詰めたい」と思っているからでしょう。
異性としての好意がなければ、2人きりで会いたいとは思わないものです。

頻繁に連絡してくる

LINEや電話を頻繁にしてきて、どんなことでも逐一報告してくるという場合も、確実に脈ありです。
また、恋人でもない女性にこれといった用もないのに頻繁に連絡し、自分の話ばかりするのは、相手も自分の事が好きだという確信がないとできないことでしょう。彼はあなたに好かれている自信があり、今後確実に恋人同士になれると思っているのです。

相手の事も知りたがる

彼が自分の事を話すだけでなく、あなたの事も知りたがるのであれば、もっと関係を深めたいと考えているのでしょう。
好きな異性とお互いのことをよく分かり合いたい・何かを共有したいと思うのは、独占欲を満たしたいからです。特に男性は独占欲が強いので、好きな人にまつわる情報を「他の男よりも自分が一番知っている」と、優越感に浸りたいのです。

自分の事を知ってほしい時の男性の行動

男性が自分の事を知ってほしいと思っている時は、相手の関心を引くような行動をとったり、2人きりで話せる状況を自ら作ろうとします。
もし気になる男性にそれらの行動が見られたら、即座に興味を持った素振りを見せて、相手の話に耳を傾けてあげることで、彼を満足させてあげることができるでしょう。
では、自分の事を知ってほしい時の男性の行動について詳しく紹介していきます。

やたら質問してくる

男性が自分の事を知ってほしい時は、やたら相手に質問をしてきます。なぜなら、質問をしたら質問し返してくれて、自然な流れで自分の話に持ち込めると考えているからです。
自分の事について何の前触れもなく話し始めると、相手に変に思われそう…そう心配する男性は、そうやって相手から聞いてくれるよう仕向けるのです。

感情を態度に表す

例えば、目の前で物悲しそうな顔で思いっきりため息をついたり、鼻歌を歌ってご機嫌そうにニコニコ笑っているなど、わざとらしく感情を態度に表している時は「何かあったの?」と相手から聞いてくれることを望んでいると考えられます。
これも、自分の事を知ってほしいけど、自分から話すのは抵抗がある場合の行動です。

長文LINEを送ってくる

自分の事を知ってほしいと思っている男性は、やたらダラダラと長い文章のLINEを送ることがあります。
今日起こった出来事、それに対しての自分の思いなど、相手にとってはどうでもいいような事でも長文で送ってくるのは、自分のことを理解してほしい・考えに共感してほしいと強く望んでいるからです。このような行動をする男性は、相手が「その気持ち分かる」と共感してくれたり、「すごいね」と褒めてくれるまで、熱のこもった長文LINEを送り続けます。

デートに誘ってくる

自分の事を知ってほしいと思っている女性を、大抵の男性は食事やデートに誘います。自分の事を知ってもらい、相手の事も知るためには、2人きりでデートすることが一番手っ取り早いからです。
会話を通して自分の事を知ってもらうだけでなく、デートでの行動でも自分の良いところをアピールしたいのでしょう。また、例えば相手が飲食店で店員さんにどんな態度をとるのか?などで、相手の人間性もしっかり見極めようとも考えているのです。

家に招待する

家に招待してくるのは、自分の事を深く知ってほしいと強く望んでいるからです。
家はその人の趣味趣向が最もよく出る場所です。そこに招き入れたいと考えるのは、相手に心を許していて、自分の全てを見せてもいい・むしろ知ってほしいと思っているからなのです。

男性は自分の話をするのが実は大好き

「女性はお喋り好きで、聞いてもないのに自分の話をベラベラしゃべる」そんな印象を多くの人が持っているでしょう。しかし、実は男性も同じくらいかそれ以上に、自分の話をするのが大好きで、好きな人には自分の事を知ってほしいと望んでいるのです。
でも、彼女が楽しそうに自分の話をしていると聞き手にばかり回ってしまい、結局自分のことは何も言えない…という状況になってしまいがちなのです。
恋人や好きな人に自分の話ばかりするのではなく、時には彼の話も聞いてあげることを心掛けましょう。あなたから彼に色々質問してあげることで、「興味を持ってくれてる」と喜んでくれることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA