気配がない人の特徴や原因|職場で気配を消す方法とは

気配がない人の特徴や原因|職場で気配を消す方法とは

気配がない人の特徴について、紹介します。

あなたの周りにも、気配がない人はいませんか。

もしかすると、あなた自身が『気配がない人』で悩んでいるのかもしれませんね。

ここでは、気配がない人の特徴や原因、心理などについて掘り下げていきたいと思います。

記事の最後には、職場で気配を消す方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

気配がないの意味とは

まずは、『気配がない』の意味から説明します。

『気配』を辞書で引くと、以下のような意味がありました。

  • はっきりとは分からないが、何となく感じるもの
  • 漠然と感じられるオーラのようなもの

意味からも分かるように、『気配』は見えたり聞こえたりするものではありません。

なんとなく感じるものなので、具体的に『これが気配』と言えるものではないのです。

人の気配がする、などのように使い、『気配がない』の類語には『影が薄い』『存在感がない』などが挙げられます。

気配がない人の特徴

では、気配がない人の特徴を紹介します。

気配がない人は、まるで透明人間になったかのように自分の存在を消すことができます。

気配を消すのが上手い人は、良くも悪くも気配を消す能力があり、それはもはや才能とも呼べるレベル。

具体的な特徴は、こちらです。

物音がしない

気配がない人の特徴には、物音がしないことが挙げられます。

気配を消すのが上手い人は、何をするにも静かで物音をほとんど立てません。

歩くのも静かですし、ドアの開け閉めやタイピングの音もほとんどしないので、周りから存在に気づいてもらえないこともあるでしょう。

びっくりされることが多い

気配がない人の特徴には、びっくりされることが多いことが挙げられます。

無意識に気配がない人は、自分では気配がないことに気づいていません。

ただそこにいただけ、ただ声をかけただけなのにも関わらず、周りからびっくりされることも多いです。

自分では驚かせるつもりなどないのに、『驚かさないで』と言われることも少なくありません。

いなくても気づかれない

気配がない人の特徴には、いなくても気づかれないことが挙げられます。

気配がない人は、その場にいてもいなくても気づかれないことが多いです。

話し合いの場にいたのに、後から『あのときいなかったよね』と資料を渡されたり、資料を配る段階になって初めて『いたの?』といたことに気づかれたりすることもあるでしょう。

友達が少ない

気配がない人の特徴には、友達が少ないことが挙げられます。

気配がない人は存在感も薄く影も薄いので、団体でも目立つ方ではありません。

元々集団行動や大勢で騒ぐのが苦手な人も多く、友達も少ないと言えるでしょう。

ただし、友達がいないわけではなく、本当に仲が良い人とは深い関係になれるのも特徴です。

見た目が平凡

気配がない人の特徴には、見た目が平凡なことが挙げられます。

気配がない人は、まるで背景に溶け込んでいるかのように、自分の気配を消すことができます。

それには見た目が平凡で目立たない、という特徴があることは間違いありません。

奇抜で目立つ服装ではなく、平凡で地味な服装、見た目をしているのです。

なぜ?職場で気配がない人の原因

続いて、職場で気配がない人の原因を探ってみたいと思います。

職場でも、影が薄くているのかいないのか分からない人っていますよね。

なぜ、職場で気配がなくなるのでしょうか。

職場で気配がない人の原因には、以下のものが挙げられます。

静か

職場で気配がない人の原因には、静かなことが挙げられます。

気配がない人の特徴で『物音がしない』ことを挙げましたが、静かすぎるために職場でも気配がなくなってしまいます。

大きな音を立てるのも周りの迷惑になるため良くありませんが、静かすぎるのも気配がなくなるため少し問題かもしれませんね。

発言しない

職場で気配がない人の原因には、発言しないことが挙げられます。

会議やプレゼンはもちろん、職場でほとんど発言しない人は『影が薄い人』認定されてしまいます。

人前での発言に限らず、同僚とのおしゃべりなどもほとんどしないので、職場の人から『いてもいなくても分からない』と思われてしまうのです。

目立たない

職場で気配がない人の原因には、目立たないことが挙げられます。

職場で気配がない人は、良くも悪くも目立つことがありません。

仕事が特別できるわけでもなく、逆にできないわけでもなく、言い換えれば『普通』なのです。

目立たない人ほど、職場で埋もれてしまう人はいないかもしれませんね。

黙々と仕事をこなす

職場で気配がない人の原因には、黙々と仕事をこなすことが挙げられます。

職場で気配がない人は、おしゃべりなどの仕事に関係ないことはせず、自分のやるべきことに黙々と取り組んでいます。

周りとの雑談やコミュニケーションを疎かにしてしまっているものの、仕事はきちんとやっているので評価が下がることはないでしょう。

感情がない

職場で気配がない人の原因には、感情がないことが挙げられます。

職場で気配がない人は、感情がありません。

意識的に感情をなくしている、と言った方が良いかもしれませんね。

仕事をこなす上で感情は必要ない、と割り切っているため、気持ちの浮き沈みもなく、周りから気にかけられることもありません。

気配を消す心理

次に、気配を消す心理について紹介します。

気配を消せる人は、なぜ気配を消すのでしょうか。

もちろん、自分では気配を消しているつもりは無い人もいますが、以下のような心理によって『気配を消して』しまっているのです。

気配を消す心理には、以下のものが挙げられます。

自信がない

気配を消す心理には、自信がないことが挙げられます。

気配を消せる人というのは、大抵が自分に自信がありません。

『指摘されたらどうしよう』『求められたらどうしよう』という自信のなさから来る不安から、声をかけられないようにと気配を消しているのです。

自分のことを知られたくない

気配を消す心理には、自分のことを知られたくないというものが挙げられます。

気配がない人に友達が少ないのは、『狭く深く』付き合いたいと思っているから。

不特定多数の人と仲良くなりたいとは思っておらず、自分が心を開いた人にしか自分のことを知ってほしくないと思っているのです。

だからこそ、話しかけられないようにと気配を消しているのでしょう。

人と関わりたくない

気配を消す心理には、人と関わりたくないというものが挙げられます。

自分のことを知られたくない心理と似ていますが、そもそも他人と関わりたくないために気配を消している人もいるでしょう。

注目されたくない、話しかけられたくないという気持ちの裏には、『人と関わりたくない』という本音が隠されているのです。

何を話せばいいか分からない

気配を消す心理には、何を話せばいいか分からないというものが挙げられます。

気配を消せる人の中には、人との関わりが苦手なコミュ障の人も多く、誰かに話しかけられても何を話せばいいか分からない、と悩んでいることも。

何を話せばいいか分からないから、話しかけられないようにしているのかもしれません。

1人が好き、楽

気配を消す心理には、1人が好きで楽というものが挙げられます。

誰かといて相手に気を使ったり自分のやりたいことを我慢するより、1人でいる方が楽、好きだという人もいるでしょう。

単純に1人の時間を楽しみたくて、他人に邪魔されないようにと気配を消している人もいるのです。

職場で気配を消す方法

最後に、職場で気配を消す方法を紹介します。

職場で自分の仕事に集中したいのに、周りがやたらと話しかけてきて困る…と感じたことはありませんか。

そんなときは、思わず『気配を消したい』と思うもの。

職場で気配を消すには、以下のことを試してみてください。

動作を静かにする

職場で気配を消す方法には、動作を静かにすることが挙げられます。

立つ、座る、歩くといった基本動作の他、デスクの引き出しを開ける、ドアを開ける、モノを置くなど職場では様々な音がするもの。

これらの音をすべて無くすことができれば、気配を消すのも難しいことではありません。

まずは動作を静かにすることから始めましょう。

足音を立てない

職場で気配を消す方法には、足音を立てないことが挙げられます。

女性でヒールを履いている人は特に、歩くといったカツカツといった足音が響いてしまうもの。

できるだけヒールの低い靴を履くのはもちろんですが、歩き方も意識してみましょう。

踵からついてきちんと重心を移動するようにすると、足音がしなくなりますよ。

やるべきことに集中する

職場で気配を消す方法には、やるべきことに集中することが挙げられます。

周りのことなど一切気にせず、自分のやるべきことに集中しましょう。

集中力が高まれば、周りの雑音など気にならなくなりますし、周りもあなたに話しかけることはなくなるはず。

集中力を高めることも、気配を無くすための方法の1つなのです。

感情をコントロールする

職場で気配を消す方法には、感情をコントロールすることが挙げられます。

感情の波が激しい人は、悪い意味で周りから注目されてしまいます。

これでは気配を消すにはほど遠いですよね。

自分で感情をコントロールし、落ち着いた状態を維持できるとGood。

無感情になることもおすすめです。

リラックスする

職場で気配を消す方法には、リラックスすることが挙げられます。

感情をコントロールすることと似ていますが、リラックスした状態でいることも気配を消すにはおすすめの方法。

リラックスした状態というのは、実は一番気配を消すには良い状態なのです。

あまり楽観的になりすぎるのもNGですが、程よく気を抜いて仕事に臨むのが良いのかもしれませんね。

気配がないことは悪いことではない

気配がない人の特徴や原因、心理などについて紹介しました。

気配がないことは、存在感がない、影が薄いなどと言われあまり良い印象ではありませんが、決して悪いことではありません。

気配がないために仕事に集中できる、などのメリットもあるのです。

気配がない人は、その良さを伸ばしていけるといいですね。

しかしその一方で、周りから驚かれたり気づかれないなどのデメリットもあるので、臨機応変に対応していきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA