既婚者同士の片思いが辛い理由と対処法を紹介!

既婚者同士の片思いが辛い理由と対処法を紹介!

既婚者同士の片思いが辛いことについて、紹介します。

既婚者であるにも関わらず、恋をしてしまうこともあるでしょう。

そのとき、相手も既婚者だとしたら、お互いに辛い思いをすることは目に見えています。

ここでは、そんな既婚者同士の辛い片思いをする理由や辛い理由、辛いときの対処法、片思い相手の気持ちを確かめる方法について紹介しますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

なぜ?既婚者同士なのに辛い片思いしてしまう理由

まずは、既婚者同士なのに辛い片思いをしてしまう理由から紹介します。

なぜ、既婚者同士なのに片思いをしてしまうのでしょうか。

辛くなるのはわかっているのに、好きになるのをやめられないのはなぜなのか、その理由はこちらです。

刺激を求めるから

既婚者同士なのに辛い片思いをしてしまう理由には、刺激を求めるからというものが挙げられます。

結婚して落ち着き、安定した生活を送ると同時に失うもの、それはずばり「刺激」です。

結婚生活に刺激は要らないものですが、この刺激を求めてしまう人は、浮気や不倫などの一線を越えてしまうのでしょう。

ドキドキ感が欲しくなるから

既婚者同士なのに辛い片思いをしてしまう理由には、ドキドキ感が欲しくなるからというものが挙げられます。

刺激を求めることと似ていますが、結婚するとパートナーに対しての好きという気持ちは、だんだん家族としての好きに変わっていくもの。

そうすると恋愛独特のドキドキ感を味わいたくなり、既婚者なのに恋愛をしてしまうのです。

人のものがよく見えるから

既婚者同士なのに辛い片思いをしてしまう理由には、人のものが良く見えるからというものが挙げられます。

隣の芝は青く見えると言いますが、まさにその通り。

相手も既婚者ということは、既に誰かのものになっているわけですよね。

人のものがより良く見えてしまい、欲しくなってしまうのでしょう。

パートナーに不満があるから

既婚者同士なのに辛い片思いをしてしまう理由には、パートナーに不満があるからというものが挙げられます。

自分のパートナーに不満があり、離婚も視野に入れているのであれば、尚更恋に落ちやすい状態だといえます。

既にきちんと結婚生活を送っている相手なら、自分の不満を解決してくれると思うのかもしれません。

必要とされて嬉しかったから

既婚者同士なのに辛い片思いをしてしまう理由には、必要とされて嬉しかったからというものが挙げられます。

普段、パートナーから必要とされていない、夫婦仲が冷めていると感じている場合、職場などで優しくされたり、必要とされたことが嬉しくて恋をしてしまうということもあるでしょう。

自分が求めていたものや言葉をくれた人を好きになるのは、当然のことかもしれません。


既婚者同士の片思いが辛い理由

続いて、既婚者同士の片思いが辛い理由について紹介します。

通常、恋愛は楽しいもの。

もちろん楽しいだけではないものの、常に辛いということはありません。

しかし、既婚者同士の片思いはとにかく辛い、その理由はこちらです。

誰にも言えないから

既婚者同士の片思いが辛い理由には、誰にも言えないからというものが挙げられます。

既婚者同士である以上、好きな人がいることは誰にも言うことができません。

家族はもちろん、友人にも相談することができない、孤独な恋愛になるわけです。

誰にも言えないというのは、頭で考えている以上に心を苦しめると言えるでしょう。

世間的にいけないことだから

既婚者同士の片思いが辛い理由には、世間的にいけないことだからというものが挙げられます。

既婚者同士の片思いは、世間的に見れば絶対に許されることではありません。

いわゆる不倫ですから、当たり前ですよね。

いけないことだという自覚があるからこそ、既婚者なのに既婚者を好きになってしまった自分を責めてしまい、辛いのです。

どうすることもできないから

既婚者同士の片思いが辛い理由には、どうすることもできないからというものが挙げられます。

既婚者同士で片思いをしていても、どうすることもできません。

何のアクションを起こすこともできず、当然ですがアプローチをすることもできません。

ただ思い続けるだけの恋ほど、辛いものはないでしょう。

叶わない恋だから

既婚者同士の片思いが辛い理由には、叶わない恋だからというものが挙げられます。

既婚者同士の片思いは、通常叶うことはありません。

どんなに好きだという気持ちがあっても、お互い家族がいるわけですし、叶うことは無いでしょう。

最初から叶わないことが分かっている恋ほど、辛いものはありませんね。

許されるものではないから

既婚者同士の片思いが辛い理由には、許されるものではないからというものが挙げられます。

既婚者同士の片思いは、許されるものではありません。

自分の家庭はもちろん、相手の家庭まで壊すことになるのですから、責任は重大ですよね。

そんな許されるものではないという気持ちが、余計に辛さを上乗せしていくのかもしれません。


既婚者同士の片思いが辛い時の対処法

ではここで、既婚者同士の片思いが辛いときの対処法について紹介します。

既婚者同士の片思いをしていると、はっきり言って辛いと感じることの方が多いです。

既婚者同士の片思いをしていて辛いときは、以下の方法で対処していきましょう。

距離をとる

既婚者同士の片思いが辛いときの対処法には、距離をとることが挙げられます。

既婚者同士の片思いは、やはり諦めるのが鉄則。

そのためにも、できるだけ距離をとって関わらないようにしましょう。

職場が同じなら、部署異動や最悪の場合は転職することも検討してください。

会わない

既婚者同士の片思いが辛いときの対処法には、会わないことが挙げられます。

どんなに頭の中で「諦めよう」と思っても、相手の顔を見てしまえば決心は薄れてしまうもの。

だからこそ、既婚者同士の片思いが辛いときには「絶対に会わない」ようにすることが必要不可欠なのです。

連絡を取らない

既婚者同士の片思いが辛いときの対処法には、連絡を取らないことが挙げられます。

既婚者同士の片思いで、辛いと感じているのなら、まず連絡を取るのをやめましょう。

自分から連絡しないのはもちろんですが、相手からの連絡も来ないようにするべき。

あらかじめ相手に伝えておくか、LINEをブロックするなどして徹底的に行いましょう。

新しいことを始めてみる

既婚者同士の片思いが辛いときの対処法には、新しいことを始めてみることが挙げられます。

今の生活に不満があるなど、満たされない心を埋めるために、何か新しいことを始めてみるのはいかがでしょうか。

資格を取ったり体を動かす趣味を作るなど、新しいことを始めると辛いことも忘れることができるでしょう。

趣味に没頭する

既婚者同士の片思いが辛いときの対処法には、趣味に没頭することが挙げられます。

既婚者同士の片思いが辛くて忘れようと思っても、なかなかすんなり忘れることはできません。

そういうときは、恋愛以外のことに没頭するのがおすすめ。

趣味に没頭したり、非日常的な体験をするなどして、相手のことを考えない時間を作ることが大切です。


既婚者同士の片思い相手の気持ちを確かめる方法

最後に、既婚者同士の片思い相手の気持ちを確かめる方法を紹介します。

何となくいい雰囲気だと思っても、お互いに既婚者である以上勘違いという可能性もあるでしょう。

既婚者同士の片思い相手の気持ちを確かめるときには、以下のことがポイントです。

異性として扱うか

既婚者同士の片思い相手の気持ちを確かめる方法には、異性として扱うかどうかが挙げられます。

既婚者であってもお互いに意識している場合は、「お互いを男女」として扱うようになります。

ただの職場の同僚への扱いとは異なり、「男として頼られてる」「女性扱いしてもらえた」と感じるなら、お互いに思いあっているのかもしれません。

パートナーに嫉妬するか

既婚者同士の片思い相手の気持ちを確かめる方法には、パートナーに嫉妬するかどうかが挙げられます。

既婚者同士でお互いに好きな場合、相手のパートナーに嫉妬することが多いです。

普通、好きじゃなければ相手のパートナーに嫉妬することなどありません。

嫉妬するような発言があったときは、間違いなくあなたのことを意識しているでしょう。

連絡頻度

既婚者同士の片思い相手の気持ちを確かめる方法には、連絡頻度を確認することが挙げられます。

たとえ職場の同僚であっても、プライベートな時間の連絡が毎日ある、ということはないでしょう。

朝や仕事が終わってからなど、毎日のように連絡があるのは好きである可能性が高いと言えます。

2人で飲みに行くか

既婚者同士の片思い相手の気持ちを確かめる方法には、2人で飲みに行くかどうかが挙げられます。

職場の男女で飲みに行くのは、珍しいことではありません。

しかし、男女2人きりで飲みに行くことが多いのは、お互いに好意がある可能性大。

既婚者であるなら尚更、パートナー以外の異性と2人で会うことは避けるはずだからです。

距離感

既婚者同士の片思い相手の気持ちを確かめる方法には、距離感を見ることが挙げられます。

既婚者同士の片思いであっても、お互いにいい雰囲気を出している場合、自然に距離感が近くなっていくもの。

他の異性と話すときより明らかに距離感が近いな、と感じるなら、お互いに好きなのかもしれませんね。


まとめ:既婚者同士の片思いは早いうちに見切りをつけるべき

既婚者同士の辛い片思いをしてしまう理由や、既婚者同士の片思いが辛い理由、対処法、相手の気持ちを確かめる方法について紹介しました。

恋愛は個人の自由ではありますが、既婚者であるなら話は別。

お互いに家族がいるわけですし、自由な恋愛を楽しめる状況ではありません。

自分の立場や状況を改めて自覚し、早いうちに見切りをつけることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA