2、3日後にLINEの返信をする男性心理は?2、3日後に返信がくる男性は脈あり?脈なし?

2、3日後にLINEの返信をする男性心理は?2、3日後に返信がくる男性は脈あり?脈なし?

LINEの返信が2、3日後の男性について、紹介します。

あなたの周りにも、LINEの返信が2、3日後の男性はいませんか。

なかなか返信がないと悲しくなりますし、嫌われてるのかも…と思ってしまいますよね。

ここでは、そんなLINEの返信が2、3日後の男性の心理や脈ありサイン、脈なしサインについて見ていきたいと思います。

また、そんな男性の気持ちを確かめる方法についても触れていますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

2、3日後にLINEの返信をする男性の心理

まずは、2、3日後にLINEの返信をする男性心理について紹介します。

なんとなく、LINEを見たらすぐに返信するもの、というイメージがある人も少なくないでしょう。

しかしながら、2、3日後に返信する人もいますよね。

LINEの返信が2、3日後の男性心理には、以下のようなものがあります。

LINEが好きじゃない

LINEの返信が2、3日後の男性心理には、LINEが好きじゃないというものが挙げられます。

LINEの返信が遅い男性の多くは、LINEがあまり好きではありません。

元々男性は、女性よりもLINEを連絡ツールと捉えている人が多く、コミュニケーションツールとして使うという認識がないのです。

好きじゃないからこそ、返信も遅くなるのでしょう。

文字より会って話したい

LINEの返信が2、3日後の男性心理には、文字より会って話したいというものが挙げられます。

先ほども触れたように、男性はLINEが苦手な人も多いです。

文字でのやり取りよりも、会って顔を見ながら話したいという男性が多いんですよね。

LINEで言うより会って話したいと思っているため、返信も遅くなるのかもしれません。

忙しい

LINEの返信が2、3日後の男性心理には、忙しいというものが挙げられます。

LINEの返信が遅くなるのは、単純に忙しいから。

仕事が忙しくてなかなかプライベートの時間が取れず、返信が遅くなっただけの話です。

男性はLINEの優先順位が低いため、忙しいときにはLINEは率先して後回しになるのでしょう。

なんて返すか考えてる

LINEの返信が2、3日後の男性心理には、なんて返すか考えているというものが挙げられます。

女性からのLINEに対し、なんて返事をしようか考えていた結果、時間ばかりが経ってしまって結局2、3日もかかってしまった…というパターン。

好意のある人へのLINEだと、言い回しや表現などを考える男性も多く、時間がかかってしまうのかもしれません。

忘れていた

LINEの返信が2、3日後の男性心理には、忘れていたというものが挙げられます。

意外と多いのが、ただ単に忘れていたというもの。

仕事の合間などにメッセージだけ確認し、あとで返そうと思って忘れていた…という経験があなたにもあるでしょう?

返信するのを忘れてしまい、2、3日後になったというだけの話です。


LINEの返信が2、3日後の男性の脈ありサイン

続いて、LINEの返信が2、3日後の男性の脈ありサインについて紹介します。

LINEの返信が2、3日後だと、脈なしなんだろうな、と思ってしまいますよね。

しかし、LINEの返信が2、3日後であっても、以下のような特徴があるときは脈ありのこともあるようです。

必ず返信してくれる

LINEの返信が2、3日後の男性の脈ありサインには、必ず返信してくれることが挙げられます。

LINEの返信がなかなか来ない、いつも2、3日後になる場合でも、必ず返信してくれるなら脈ありの可能性は十分にあります。

そもそも、どうでもいい人ならわざわざ2、3日経ってから返信しようとは思わないからです。

遅れた理由を話してくれる

LINEの返信が2、3日後の男性の脈ありサインには、遅れた理由を話してくれることが挙げられます。

前回のLINEから2、3日後になってしまった場合、なぜ返信が遅くなったのか、をきちんと話してくれる男性は脈ありの可能性あり。

理由がない人は、相手の女性にどう思われてもかまわないという気持ちが伝わってきますね。

会ったときに楽しく話せる

LINEの返信が2、3日後の男性の脈ありサインには、会ったときに楽しく話せることが挙げられます。

たとえLINEの返信が遅く、やり取りがスムーズとはいえなくても、会ったときに楽しく話せるなら何の問題もありません。

その男性はLINEが苦手で、文字よりも話す方が好きなのでしょう。

特に気にする必要はありませんよ。

話の内容を覚えている

LINEの返信が2、3日後の男性の脈ありサインには、話の内容を覚えていることが挙げられます。

会って話したときの内容はもちろん、前回のLINEの話題など、話の内容を覚えているのは立派な脈ありサイン。

普通、どうでもいい人や嫌いな人との会話やLINEの内容など、すぐに忘れてしまうからです。

2人で会う

LINEの返信が2、3日後の男性の脈ありサインには、2人で会うことが挙げられます。

男性に限ってではありませんが、嫌いな人や興味のない人と2人で会うことはありません。

変に誤解されたら面倒だ、という気持ちがあるからです。

このことから、たとえLINEの返信が2、3日後であっても、2人で会うのなら脈ありと言えるでしょう。


LINEの返信が2、3日後の男性の脈なしサイン

続いて、LINEの返信が2、3日後の男性の脈なしサインについて紹介します。

返信が2、3日後でも脈ありのこともあると言いましたが、残念ながら脈なしの場合もあります。

以下は脈なしサインなので、当てはまるものがないか確認してみてください。

返事は一言のみ

LINEの返信が2、3日後の男性の脈なしサインには、返事は一言のみであることが挙げられます。

LINEの返信が2、3日後であり、尚且つその返事「うん」「了解」などの一言のみである場合、残念ながら脈ありの可能性は低いでしょう。

ただし、LINEをただの連絡ツールと捉えている人の場合は、嫌われているとは限りません。

会ってもそっけない

LINEの返信が2、3日後の男性の脈なしサインには、会ってもそっけないことが挙げられます。

LINEの返信が2、3日後であり、会ったときの態度もそっけない場合は、残念ながら脈なしでしょう。

好きな人に会うと、咄嗟に笑顔になったり照れたりなど、どうしても嬉しさが表情に出てしまうもの。

それがなく態度がそっけないのは、何とも思っていない証拠です。

笑顔がない

LINEの返信が2、3日後の男性の脈なしサインには、笑顔がないことが挙げられます。

会ったときの態度がそっけないことと似ていますが、一緒にいるときに笑顔がない、会ったときにつまらなそうにしているのは脈なしサイン。

好きな人に会うと笑顔になってしまうのが普通なので、一瞬でも笑顔にならない、常に不機嫌そうなら脈なしでしょうね。

質問されない

LINEの返信が2、3日後の男性の脈なしサインには、質問されないことが挙げられます。

LINEで一切質問されないのは、残念ながらあなたには興味がないというアピール。

興味があれば質問しますし、同じようにメッセージを返すはずですよね。

それをしない、一切質問されないのであれば、脈なしです。

話題の提供がない

LINEの返信が2、3日後の男性の脈なしサインには、話題の提供がないことが挙げられます。

LINEで話している内容は、どちらから始めたものですか?

もちろん話題はどんどん変わっていくものですが、常に自分からしか話題を提供していない、男性は答えるだけなら、脈なしの可能性が高いでしょう。


LINEの返信が2、3日後になる男性の気持ちを確かめる方法

最後に、LINEの返信が2、3日後になる男性の気持ちを確かめる方法について紹介します。

LINEの返信が2、3日後であっても、脈ありのこともあれば脈なしのこともある、ということが分かりました。

LINEの返信が2、3日後になる男性の気持ちを確かめるには、以下のことを確認してみましょう。

相手のタイプや性格をリサーチ

LINEの返信が2、3日後になる男性の気持ちを確かめる方法には、相手のタイプや性格をリサーチすることが挙げられます。

まずは、相手の男性が「LINEをどう思っているか」を把握することが大切です。

もし、LINEをただの連絡ツールと捉えるタイプの人であるなら、返信が遅くてもあまり気にすることはないでしょう。

他の女性への接し方

LINEの返信が2、3日後になる男性の気持ちを確かめる方法には、他の女性への接し方を見ることが挙げられます。

もし、他の女性とは親しげにしているのに、自分にだけ素っ気ない、冷たい、LINEの返信をしてくれないのであれば、残念ながら嫌われているのでしょう。

しかし他の女性にも同じような態度なら、少なくとも嫌われているということはありません。

デートに誘う

LINEの返信が2、3日後になる男性の気持ちを確かめる方法には、デートに誘うことが挙げられます。

相手の気持ちを確かめる方法として一番分かりやすいのが、デートに誘うこと。

2人きりで遊びに行こうと誘ってみて、OKしてくれたら、彼もあなたに好意を抱いている可能性が高いですね。

LINEの内容

LINEの返信が2、3日後になる男性の気持ちを確かめる方法には、LINEの内容を確認することが挙げられます。

LINEの内容を、もう一度確認してみてください。

脈なしサインで紹介したように、相手は返事をするのみであなたに興味を示さないようなら、現時点で彼の気持ちはあなたには向いていないと言えるでしょう。

遅くなった理由があるか

LINEの返信が2、3日後になる男性の気持ちを確かめる方法には、遅くなった理由があるかどうかが挙げられます。

なかなか返信ができなかったとき、「遅くなってごめん」などの謝罪や、「仕事が忙しくて」などの理由の説明はありますか?

謝罪や理由が一切ない場合、彼はあなたにどう思われてもかまわないと思っているため、残念ながら現時点では脈なしです。


まとめ:LINEの返信が2、3日後になる男性のサインを見逃さないようにしよう

LINEの返信が2、3日後の男性の心理や脈ありサイン、脈なしサイン、そしてLINEの返信が2、3日後になる男性の気持ちを確かめる方法について紹介しました。

好きな人にはLINEの返信も早くなることが多いものの、元々LINEが苦手な人や忙しい人などは、どうしても返信が遅れがち。

返信が2、3日後であっても脈なしと決めつけず、会ったときの様子などから総合的に判断することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA