見切りをつけた方がいい女の特徴やサインとは?見切りをつける方法も紹介!

見切りをつけた方がいい女の特徴やサインとは?見切りをつける方法も紹介!

見切りをつけた方がいい女性について、紹介します。

あなたの周りにも、見切りをつけた方がいい女性はいませんか。

どんなに好きでも、自分を不幸にする可能性がある女性とは早めにお別れするべきです。

ここでは、そんな「見切りをつけた方がいい女性」の性格、態度、会話の特徴や、見切りをつけた方がいいのか迷ったときに判断する方法、そして男性から上手に見切りをつける方法について紹介していきます。

ぜひ、最後まで読み進めてみてください。

見切りをつけた方がいい女の特徴やサイン

まずは、見切りをつけた方がいい女性の特徴やサインについて紹介します。

見切りをつけた方がいい女性には、どんな特徴やサインがあるのでしょうか。

今回は、見切りをつけた方がいい女性の特徴やサインのうち、性格、態度、会話の3つに注目してみたいと思います。

詳しく見ていきましょう。

見切りをつけた方がいい女の「性格」の特徴

自己中心的

見切りをつけた方がいい女性の性格の特徴には、自己中心的なことが挙げられます。

自己中心的で自分のことしか考えていない女性は、一緒にいてもあなたが振り回されてしまいます。

そもそも「誰かのため」に何かをするという意識がないので、あなたには何のメリットもないでしょう。

わがまま

見切りをつけた方がいい女性の性格の特徴には、わがままであることが挙げられます。

男性は、女性の小さなわがままは可愛いと感じる人も多いものですが、「わがまますぎる」のは問題です。

自分の思い通りにならないとすぐに不機嫌になったり、物に当たったりする女性は論外ですね。

八方美人

見切りをつけた方がいい女性の性格の特徴には、八方美人であることが挙げられます。

八方美人とは、誰にでもいい顔をしている、ということ。

自分の立場が良くなるように誰にでもいい顔をしている、相手によって言うことが異なるような女性は、あなたのことも他の人の前では悪く言っている可能性もあるでしょう。

浪費家

見切りをつけた方がいい女性の特徴には、浪費家であることが挙げられます。

自分の欲しいもののために惜しみなくお金を使うという人もいますが、やはり限度があります。

ブランド物ばかり買ってしまって食費が足りず、不摂生をしているなど、浪費が激しい女性は付き合ってからも苦労が絶えなくなるでしょう。

ネガティブ

見切りをつけた方がいい女性の性格の特徴には、ネガティブなことが挙げられます。

物事を何でも悪い方に考えてしまうネガティブな人は、一緒にいると自分まで暗い気持ちになってしまうもの。

どうなるか分からないことをひたすら考えたり、終わってしまったことをいつまでもネチネチ考えているような女性は、悪い意味で周りを巻き込んでしまいます。


見切りをつけた方がいい女の「態度」の特徴

媚びを売る

見切りをつけた方がいい女性の態度の特徴には、媚びを売ることが挙げられます。

男性や上司に対し、媚びを売る女性っていますよね。

特に、外見がいい女性はそのことを自覚しており、かわいこぶってることもあるでしょう。

こういう態度は、男性からだけでなく女性から嫌われることも多いものです。

人によって態度を変える

見切りをつけた方がいい女性の態度の特徴には、人によって態度を変えることが挙げられます。

全ての人に平等に接する、というのは難しいかもしれませんが、明らかに人によって態度を変える人のことは信用できません。

男性や上司にはいい顔をして、後輩にはキツく当たる、というのがよくあるパターンですね。

悪口や陰口を言う

見切りをつけた方がいい女性の態度の特徴には、悪口や陰口を言うことが挙げられます。

本人の前ではいい顔をしているのに、その人がいなくなった途端に悪口を言い始める女性もいます。

悪口や陰口というのは、聞いている方はいい気分ではありませんし、陰湿な感じがして嫌ですね。

責任転嫁する

見切りをつけた方がいい女性の態度の特徴には、責任転嫁することが挙げられます。

仕事で何かミスをしたとき、素直にミスを認められる人ばかりではありません。

見苦しい言い訳をして、挙句の果てには誰かにその責任をなすり付ける人もいます。

自分が良ければそれでいい、という気持ちが伝わってきますね。

損得勘定で動く

見切りをつけた方がいい女性の態度の特徴には、損得勘定で動くことが挙げられます。

自分にとって得になるもの、良い結果を得られるものはどちらなのか、を瞬時に判断し、利益を優先する損得勘定で動く人。

頭の回転が速く、それは決して悪いことでは無いのですが、感情や恩などは一切考慮しないため、思いがけないところで裏切られることもあるでしょう。


見切りをつけた方がいい女の「会話」の特徴

自分の話しかしない

見切りをつけた方がいい女性の会話の特徴には、自分の話しかしないことが挙げられます。

会話というのは、お互いに「話し役」と「聞き役」を行うことで初めて成立するもの。

しかし、自分の話はするのに人の話は聞かない人もいます。

自分の話しかしない人は、自分勝手で自己中心的な人だと言えるでしょう。

言葉遣いが乱暴

見切りをつけた方がいい女性の会話の特徴には、言葉遣いが乱暴であることが挙げられます。

ガサツで乱暴な言葉遣いの女性は、やはり品がないと感じてしまうのも無理はありません。

自分(男)と話すときは比較的丁寧な言葉遣いでも、友達同士で話しているときが乱暴なのであれば、そちらが素である可能性が高いです。

口調がキツい

見切りをつけた方がいい女性の会話の特徴には、口調がキツいことが挙げられます。

言葉遣いが乱暴なわけではないのに、言い方がキツい人もいます。

同じことを伝えるにしても、「そんな言い方しなくても…」と思うこともあるでしょう?

特に、年下や後輩に対する口調がキツくなることが多いです。

人を見下す発言が多い

見切りをつけた方がいい女性の会話の特徴には、人を見下す発言が多いことが挙げられます。

自分よりも立場が下の人に対し、やたらとバカにした発言をしたり、明らかに見下す人もいますよね。

自分よりも学歴が低い、経験が浅い人などに対し、あからさまに見下す言い方をするのは、見ている方も嫌な気分になってしまいます。

敬語が使えない

見切りをつけた方がいい女性の会話の特徴には、敬語が使えないことが挙げられます。

初対面の人や目上の人には、敬語を使うのが当たり前です。

プライベートで仲良くなっていれば年齢は関係無いかもしれませんが、それでも仕事中は敬語を使うのが普通ですよね。

仕事とプライベートの線引きができない、店員などに敬語が使えない女性は、一体どんな教育を受けてきたのだろう…と思ってしまいます。


見切りをつけるべき女性か迷った時の判断方法

では続いて、見切りをつけるべきか迷ったときの判断方法について紹介します。

好きという気持ちがあると、見切りをつけるべきかどうかなかなか判断できないもの。

恋は盲目、といいますからね。

そういうときは、以下の方法で見切りをつけるべきかを判断していきましょう。

客観的に見てみる

見切りをつけるべき女性か迷ったときの判断方法には、客観的に見てみることが挙げられます。

見切りをつけるべき女性かどうかは、自分自身を含め客観的に見ることが必要不可欠。

固定観念に囚われ、主観的にしか物事を見れていないと、正しい判断をすることはできません。

一度距離を置いてみる

見切りをつけるべき女性か迷ったときの判断方法には、一度距離を置いてみることが挙げられます。

見切りをつけた方が良いのか迷ったら、客観的に見るためにも一度距離を置くことをおすすめします。

一歩下がって見ることで、普段は見えないことが見えるようになるものです。

友人に相談する

見切りをつけるべき女性か迷ったときの判断方法には、友人に相談することが挙げられます。

自分ではどうするべきか判断できないときには、共通の友人に相談してみましょう。

恋人目線では見えなくても、第三者の目線から見えることもあるものです。

友人に聞いてみると、思いがけない答えが見つかるかもしれませんよ。

親に紹介できるか考えてみる

見切りをつけるべき女性か迷ったときの判断方法には、親に紹介できるか考えてみることが挙げられます。

あなたはその女性のことを、自分の親に堂々と紹介することができますか。

「親に紹介できるか」をひとつの判断基準にしてみると、自分の中ではっきりと答えが見えてくるのではないでしょうか。

お願いを断ってみる

見切りをつけるべき女性か迷ったときの判断方法には、お願いを断ってみることが挙げられます。

彼女がいつもあなたにお願いをしてくるのであれば、そのお願いを断ってみてください。

お願いを断ったとき、彼女がどんな態度や反応を示すのかを見逃さないようにしましょう。

そこに彼女の本性が現れるはずです。


男性から上手に見切りをつける方法

最後に、男性から上手に見切りをつける方法について紹介します。

この女性とは早めに見切りをつけた方がいい、と決断できても、どうやって見切りをつけたらいいのか悩んでしまいますよね。

なるべく後腐れなく関係を終わらせるためにも、以下の方法を試してみてください。

少しずつ距離を置く

男性から上手に見切りをつける方法には、少しずつ距離を置くことが挙げられます。

相手の女性と見切りをつけようと決めたのなら、少しずつ距離を置くようにしましょう。

いきなりではなく、少しずつ距離を置くことがポイントなので、デートの誘いを3回に1回、2回に1回と断っていくなどがおすすめです。

連絡頻度を遅くしていく

男性から上手に見切りをつける方法には、連絡頻度を遅くしていくことが挙げられます。

相手に察してもらおうというセコいやり方ではありますが、連絡頻度を遅くしていくのもおすすめです。

今までより返信ペースを遅くし、尚且つ自分から連絡する頻度を少なくしていきましょう。

察しのいい女性なら、見切りをつけられることを察するはずです。

お願いを断る回数を増やす

男性から上手に見切りをつける方法には、お願いを断る回数を増やすことが挙げられます。

彼女がわがままなタイプなら、あなたにしょっちゅうお願いをしてくるのでしょう。

そういう「お願いごと」を断る回数を増やしていってください。

場合によっては、彼女の方から見切りをつけてくれるかもしれません。

どこを直してほしいかはっきり言う

男性から上手に見切りをつける方法には、どこを直してほしいかはっきり言うことが挙げられます。

あれこれ考えるよりも、はっきり伝えた方が効果的な場合もあります。

彼女としっかり話し合う時間を作り、お互いに相手の嫌なところを言い合うのもあり。

そういうときに、はっきりどこを直してほしいか伝えてください。

どうしてもダメなら「もう無理」と伝える

男性から上手に見切りをつける方法には、どうしてもダメなら「もう無理」と伝えることが挙げられます。

何をしても彼女が変わってくれない、変わろうとする様子を見せないのであれば、もうどうすることもできません。

その場合は、はっきり「もう無理」と別れを告げて、関係を終わらせてしまいましょう。


まとめ:見切りをつけた方がいい女性かどうかは早めに見極めよう

見切りをつけた方がいい女性の性格、態度、会話の特徴や見切りをつけるべきかどうか迷ったときの判断方法、そして男性から上手に見切りをつける方法について紹介しました。

見切りをつけた方がいい女性とは、いわゆる自分を不幸にする女性です。

自分のことしか考えておらず、世界は自分を中心に回っていると思っている女性と一緒にいるのは、疲れてしまいますからね。

そういう女性のことは早めに見極め、早めに見切りをつけましょう。