お気に入りの女性に対する男性の行動やLINEとは?男性心理も紹介!

お気に入りの女性に対する男性の行動や特徴とは?男性心理も紹介!

お気に入りの女性に対する男性の特徴について、紹介します。

好きな人ではなく、お気に入りの女性がいる男性があなたの周りにもいませんか。

男性は、お気に入りの女性にはどんな態度で接するのでしょうか。

ここでは、お気に入りの女性に対する男性の行動、会話、LINEそれぞれの特徴や、お気に入りの女性に対する心理について見ていきたいと思います。

ぜひ、最後まで読み進めてみてください。

お気に入りの女性に対する男性の特徴

まずは、お気に入りの女性に対する男性の特徴について紹介します。

お気に入りの女性に対して、男性はどのような態度で振る舞うのでしょうか。

お気に入りの女性に対する男性の「行動、態度」「会話、言葉」「LINE」それぞれの特徴はこちらです。

詳しく見ていきましょう。

お気に入りの女性にする男性の「行動・態度」の特徴

距離が近い

お気に入りの女性に対する男性の行動や態度の特徴には、距離が近いことが挙げられます。

お気に入りの女性に対し、男性は他の女性と接するときよりも距離が近くなります。

話すときに肩が触れるような距離だったり、普通の友達と接するような距離感ではないな…と感じるほど、男性はお気に入りの女性とは距離が近くなると言えるでしょう。

ありのままで過ごせる

お気に入りの女性に対する男性の行動や態度の特徴には、ありのままで過ごせるというものが挙げられます。

お気に入りの女性に対し、男性はありのままで過ごすことが圧倒的に多いです。

普通、好きな人の前ではかっこつけたり、自分を良くしたいと背伸びしてしまうもの。

しかし相手がお気に入りの女性なら、かっこつけることなくありのままで過ごすようになるでしょう。

気さくに振る舞う

お気に入りの女性に対する男性の行動や態度の特徴には、気さくに振る舞うことが挙げられます。

お気に入りの女性に対して、男性は好かれたいという気持ちがないため、気さくに振る舞うことが多いです。

女性として関わるというよりは、同性の友達といるような感覚で接することが多いと言えるでしょう。

ボディタッチが多い

お気に入りの女性に対する男性の行動や態度の特徴には、ボディタッチが多いことが挙げられます。

通常、男性は好きな人には嫌われたくない気持ちが強いため、ボディタッチも控えめになるもの。

下心を悟られたり、距離を置かれたくないため慎重になるのですが、相手がお気に入りの女性であれば下心を隠す必要がないと考えるのです。

2人で会う

お気に入りの女性に対する男性の行動や態度の特徴には、2人で会うことが挙げられます。

お気に入りの女性とは、男性は2人で会うことも多いです。

どこかに遊びに行くというよりは、夜飲みに行くことが圧倒的に多いでしょう。

昼間のデートではなく、夜会えるか誘うのも相手がお気に入りの女性だからです。


お気に入りの女性にする男性の「会話・言葉」の特徴

何でも話せる

お気に入りの女性にする男性の会話や言葉の特徴には、何でも話せることが挙げられます。

男性にとってお気に入りの女性は、友達以上恋人未満のようなもの。

好きな人や彼女には話せないようなことも、お気に入りの女性であれば躊躇いなく話すことができるのです。

自慢げに話す

お気に入りの女性にする男性の会話や言葉の特徴には、自慢げに話すことが挙げられます。

男性は、自分の凄さや過去の栄光などを武勇伝のように話したい、という願望があります。

好きな人に自慢話をすると嫌われるかも、引かれるかもと思ってできないのですが、お気に入りの女性は自分の話を聞いてくれるため、必然的に自慢げに話すことが増えるでしょう。

過去の恋愛の話をする

お気に入りの女性にする男性の会話や言葉の特徴には、過去の恋愛の話をすることが挙げられます。

男性は、過去にどんな女性と付き合った、何人と関係を持ったということを、自分の栄光のように思っていることも少なくありません。

そういう過去の恋愛の話をするのは、お気に入りの女性だけでしょう。

何かあった?と心配する

お気に入りの女性にする男性の会話や言葉の特徴には、何かあった?と心配することが挙げられます。

お気に入りの女性に対し、男性は小さな変化も見逃しません。

そして、何かあったかな?と感じたら、すぐに声をかけます。

自分のことを心配してくれるので、女性は勘違いしてしまうことも多いでしょう。

彼女はいらないと言う

お気に入りの女性にする男性の会話や言葉の特徴には、彼女はいらないと言うことが挙げられます。

お気に入りの女性に、男性は「彼女はいらない」「彼女を作るつもりは無い」などと平気で言います。

たとえ体の関係になっていたとしても、彼女はいらない、と言うでしょう。


お気に入りの女性に送る男性の「LINE」の特徴

優先順位は低め

お気に入りの女性に送る男性のLINEの特徴には、優先順位は低めであることが挙げられます。

お気に入りの女性からのLINEに対し、男性の優先順位は低いと言わざるを得ません。

お気に入りの女性からLINEが来たとき、すぐに見ても返事を返すのは後だったりするでしょう。

用事があるときのみ返信する

お気に入りの女性に送る男性のLINEの特徴には、用事があるときのみ返信することが挙げられます。

お気に入りの女性とは仲が良いイメージがありますが、LINEを頻繁にするとは限りません。

男性は、お気に入りの女性に自分からLINEをするのは用事があるときのみ。

頻繁に連絡をするのは、好きな人だけです。

今ヒマ?と誘う

お気に入りの女性に送る男性のLINEには、今ヒマ?と誘うことが挙げられます。

お気に入りの女性に男性がLINEをするときは、「今ヒマ?」といきなり誘うことが少なくありません。

彼女ではないので、前もって遊ぶ約束をしていることはほぼなく、「今から飲まない?」などといきなり誘うのです。

暇なときはスタンプだけ送る

お気に入りの女性に送る男性のLINEには、暇なときはスタンプだけ送ることが挙げられます。

男性は基本的にLINEを送ることが少ないのですが、自分が暇なときにはLINEを送ることも多いです。

自分が暇なときにLINEをするときは、メッセージではなく「スタンプだけ」を送り、相手の女性の出方を伺う傾向があるでしょう。

LINEより電話が多い

お気に入りの女性に送る男性のLINEには、LINEより電話が多いことが挙げられます。

何度も言いますが、男性はLINEをマメにすることは少なく、好きな人以外とは連絡手段としてのみ、LINEを使います。

お気に入りの女性に連絡をするときは、LINEというめんどくさい手段を用いるよりも、電話や直接会って話をすることの方が多いでしょう。


お気に入りの女性に対する男性心理

最後に、お気に入りの女性に対する男性心理を紹介します。

お気に入りと聞くと、大切なもの、好きなものというイメージがありますが、男性にとっての「お気に入りの女性」は必ずしも好きな人ではありません。

お気に入りの女性に対する男性心理には、以下のようなものが挙げられます。

一緒にいて楽しい

お気に入りの女性に対する男性心理には、一緒にいて楽しいというものが挙げられます。

お気に入りの女性のことを、男性は「一緒にいて楽しい特別な人」だと思っています。

彼女ではないものの、一緒にいて楽しいという点では特別な存在なのでしょう。

友達以上恋人未満、という関係が一番しっくりくるかもしれませんね。

体の関係になりたい

お気に入りの女性に対する男性心理には、体の関係になりたいというものが挙げられます。

お気に入りの女性と体の関係になりたい、と思っている男性は多いです。

好きな人というわけではないので下心を隠すこともせず、積極的にチャンスを狙っていると言えるでしょう。

夜ばかり誘うのも、あわよくば体の関係になれるかも、と思っているからです。

嫌われたら仕方ない

お気に入りの女性に対する男性心理には、嫌われたら仕方ないというものが挙げられます。

好きな人には嫌われないようにするものですが、相手がお気に入りの女性なら嫌われてもかまいません。

ぐいぐい迫っていって、その結果嫌われたら仕方ないと割り切っているのです。

嫌われたくない、という気持ちは、お気に入りの女性相手にはありません。

何でも話せて気楽

お気に入りの女性に対する男性心理には、何でも話せて気楽だというものが挙げられます。

お気に入りの女性に対しては、何でも話せると感じている男性が多いです。

変に気を使うこともなく、自分らしくいられるため、何でも話せて気楽でいい相手なのでしょうね。

恋愛感情はない

お気に入りの女性に対する男性心理には、恋愛感情はないというものが挙げられます。

お気に入りの女性は、男性にとって特別な存在ではありますが、そこに恋愛感情はありません。

好きか嫌いかで言えばもちろん「好き」なのですが、それは恋愛感情ではないのです。

思わせぶりな行動も多いので、女性は勘違いしないように気をつけなくてはなりませんね。


まとめ:お気に入りの女性=好きな人とは限らない

お気に入りの女性に対する男性の行動・態度、会話・言葉、LINEそれぞれの特徴と、お気に入りの女性に対する男性心理について紹介しました。

多くの男性にとって、お気に入りの女性と好きな女性は必ずしもイコールではありません。

友達以上恋人未満のような相手を、お気に入りと捉えている男性もいるでしょう。

恋愛感情として好かれているのかどうかをしっかりと見極め、今後のアプローチの参考にしていってくださいね。